新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

だんごむしと恐竜のレプトぼうや」 ルートビアさんの声

だんごむしと恐竜のレプトぼうや 作・絵:松岡 達英
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
税込価格:\1,650
発行日:2003年
ISBN:9784097271093
評価スコア 4.21
評価ランキング 23,698
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く
  • 架空色

    ダンゴムシのシリーズなのですが、今までの二作に比べると、少しばかりテイストが違います。
    なぜかというと、本の中、という、架空の世界に入り込むお話だからです。
    失われた恐竜たちが登場する絵本。
    その中に入り込み、だんごむしたちは、レプトぼうやのお父さんお母さんを探して、冒険します。
    このレプトぼうやの顔はとても秀逸です。
    可愛らしく、表情も豊かです。(泣いてばっかりですが)
    ただ、一方その他の恐竜たちの顔が、平面的で、イマイチ表情がないように見えてしまいました。
    だんごむしのシリーズは想像の世界でありながら、妙にリアルで、そこが私たちにとっては魅力的だったのですが、
    この絵本はちょっと「架空色」が強くて、とまどってしまいました。

    投稿日:2006/09/08

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「だんごむしと恐竜のレプトぼうや」のみんなの声を見る

「だんごむしと恐竜のレプトぼうや」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • みみカスいっか
    みみカスいっか
    出版社:ニコモ ニコモの特集ページがあります!
    たっくんは、みみそうじが だいきらい。 そんなあるひ、どこからか こえが きこえてきて・・・・・・。


本の世界に踏み出そう〜ディズニーの夏をめいっぱい楽しむ

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.21)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット