とんたん イスたん とんたん イスたん とんたん イスたんの試し読みができます!
作: 新井 洋行  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
リズミカルなおとって、どんなおと? さあ、やってみよう!

日本の妖怪すがた図鑑 (2) 男のすがたをした妖怪」 てんぐざるさんの声

日本の妖怪すがた図鑑 (2) 男のすがたをした妖怪 監修:常光 徹
序文:京極夏彦
出版社:ミネルヴァ書房
本体価格:\2,800+税
発行日:2012年03月20日
ISBN:9784623062966
評価スコア 4
評価ランキング 25,885
みんなの声 総数 1
「日本の妖怪すがた図鑑 (2) 男のすがたをした妖怪」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 黄金のかっぱ太郎

    • てんぐざるさん
    • 50代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子23歳、女の子18歳

    巻頭の京極夏彦さんのコラムの中にのせてある「東京台東区のかっぱ橋」に立っている黄金の「かっぱたろう」の銅像に笑えました。こんなかっぱもいるんですね〜。
    「やまわろ」が一番最初に紹介されています。
    紹介文は関係つでわかりやすいのですが、この姿はちっとも山に入った“かっぱ”の仲間には見えませんでした。(絵描きさんはどの文献を参考に描かれたのでしょうか)
    最近一番人気の妖怪、“豆腐小僧”“雨降り小僧”は外せませんね〜。

    「坊主の妖怪」の枠に“そろばんぼうず”というがいました。この妖怪はこの本を読むまで知りませんでした。
    悪さをしないけど、ちょっと不気味な妖怪というのは結構好きです。

    最後の方には現代の妖怪を紹介していました。
    “ちいさいおじさん”や“さとるくん”は都市伝説のお話しでよく聞くものですが、とうとう、「妖怪」仲間に食い込んできたみたいです(笑)

    投稿日:2018/08/09

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「日本の妖怪すがた図鑑 (2) 男のすがたをした妖怪」のみんなの声を見る

「日本の妖怪すがた図鑑 (2) 男のすがたをした妖怪」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける


幼児期から英語を始めたい方へ、ネイティブスピーカーによるCD付

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット