ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
KUMONが大切にしてきた「うた200」の知恵をご家庭で! 人気の童謡から手遊びうたまで、親子で楽しく歌える200曲を収録。

桜守のはなし」 恵里生(えりお)さんの声

桜守のはなし 作:佐野藤右衛門
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2012年03月06日
ISBN:9784062175197
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,089
みんなの声 総数 7
「桜守のはなし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 【内容】
    京都の植藤造園の16代目、佐野藤右衛門が語る桜を守る活動を写真で紹介する絵本。
    桜が咲き終わってから、一年間の桜との付き合い。珍しい桜の写真、桜守の七つ道具。
    桜と人との歴史が、温かに語られる。

    【感想】
    地道な努力を続けて、愛情深く桜とその周辺の自然や歴史、文化を守っていく
    姿に感動した。このような人がいる事を知り、誇りに思う。
    まるで桜が繊細で高貴な人のようで、桜守の佐野さんはその従者のような印象を受けた。
    本当に桜が好きで、深い愛情をもって丁寧に毎日を積み重ねている職人の充実した人生が
    温かに語られる。素晴らしい仕事をしているのに、決して偉ぶらず、素朴な人柄がかっこいい。

    この写真絵本は、簡単でわかりやすい言葉で、深い内容が語られている。
    桜の生命力を感じさせる迫力のある写真、繊細さや可憐さを感じさせる写真など、写真も
    とても魅力的だ。
    何度読んでも心が清々しくなり、癒される。年齢問わず、多くの人に是非とも読んでもらいたい一冊。

    掲載日:2017/09/08

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「桜守のはなし」のみんなの声を見る

「桜守のはなし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / だるまちゃんとてんぐちゃん / まどから おくりもの / ぼちぼちいこか / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / ベンのトランペット / きつねと私の12か月

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



独特の造形と色彩の世界観を楽しんで!

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット