1日10分でせかいちずをおぼえる絵本 1日10分でせかいちずをおぼえる絵本
作: あきやま かぜざぶろう  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ライオンはドイツ、獅子舞は中国、クジラはロシア…… 世界中の国々の場所と大きさが、かわいいイラストでたのしくおぼえられる絵本。

田んぼの昆虫たんけん隊」 なーお00さんの声

田んぼの昆虫たんけん隊 文:里中 遊歩
絵:田代 哲也
出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2012年04月
ISBN:9784892945144
評価スコア 4
評価ランキング 19,777
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く
  • 生き物たちのことを考える

    開発によって、自然が減少している・・・
    そして、そこに住む生き物たちが、どんどん減っている。

    森や山に関しては、よく言われていることですが
    田んぼもそうなのかと驚きました。

    お米を作る場所なので、
    なかなか無くならないものだと思っていたのですが・・・。

    人間はある程度の条件が揃っているところであれば
    地球上のどこでも暮らしてゆけますが、
    生き物たちはそうではありません。
    彼らは、自分たちの力ではどうにも出来ないまま
    流れに身を任すしかないんだと、胸が痛みました。

    安易に開発してゆくと、どんな結末が待っているのか・・・
    考えさせられる絵本です。

    掲載日:2014/01/31

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「田んぼの昆虫たんけん隊」のみんなの声を見る

「田んぼの昆虫たんけん隊」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / だるまさんが / からすのパンやさん / くっついた / もこ もこもこ / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



道端にいるカエルが、実はカエルをやめたがっていたら…?

みんなの声(6人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット