もったいないばあさん かわを ゆく もったいないばあさん かわを ゆく
作・絵: 真珠 まりこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
川を舞台に、水の循環、命のつながりをテーマにした絵本です。

こぶたのレーズン」 ムスカンさんの声

こぶたのレーズン 作:バーリント・アーグネシュ
絵:ブローディ・ベラ
訳:うちかわ かずみ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2012年06月01日
ISBN:9784034316108
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,609
みんなの声 総数 4
「こぶたのレーズン」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 親子のお気に入りに!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、女の子1歳

    こびとのマノーと、レーズンみたいに小さいこぶたが、
    出合って、一緒に住みだして、絆を深めていく物語です。


    普段、もうちょっと絵の多い絵本を好む6歳の息子は、
    ほとんど絵がないこの一冊に、あまり乗り気でなかったのですが、

    夜寝る前に、部屋を暗くして、ベッドに寝た状態で、
    ランプをつけて読み聞かせしてあげると、
    それがとても気に入ったようで、
    毎日一話ずつ、一緒に楽しめるようになりました。


    ちょっと甘えん坊でワガママな、だけど愛らしいこぶたのレーズンと、
    レーズンの甘えを時には受け止め、
    時にはうま〜くかわして動かす、マノーのオトナの対応や、
    レーズンへの愛情が、
    暗い部屋の中で聞くと、とってもよく伝わってきたようです。

    一話、一話と、話が進むにつれて、
    マノーとレーズンの絆が深まっていくのが、とてもよく感じられます。

    季節は冬、外は雪が降り氷が張る中、
    マノーとレーズンの住む、暖かなかぼちゃの家の中のお話というのも、
    よりいっそう、寝る前の読み聞かせにぴったりのような気がしました。

    投稿日:2012/09/27

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「こぶたのレーズン」のみんなの声を見る

「こぶたのレーズン」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / おばけのバーバパパ / ぐりとぐらのかいすいよく

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


幼児期から英語を始めたい方へ、ネイティブスピーカーによるCD付

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット