貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

本、だ〜いすき!」 koyokaさんの声

本、だ〜いすき! 文:ジュディ・シエラ
絵:マーク・ブラウン
訳:山本敏子
出版社:新日本出版社 新日本出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2013年01月30日
ISBN:9784406056601
評価スコア 4
評価ランキング 20,675
みんなの声 総数 3
「本、だ〜いすき!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 動物たちも!

    絵や文章、色使いが外国の作品、翻訳物の絵本という印象が強いです。
    私は深い理由はありませんが
    翻訳物より日本の作家さんの絵本を選びがちでした。
    移動図書館の車をまちがって
    動物園に入れたら。。
    そこに次々と現れた動物たちは
    本に興味を持っていく。
    いろんな動物がそれぞれ選ぶ本と夢中で
    本を読み楽しんでいる様子が
    とてもいい文章なんです。
    タイトルがピッタリです。
    本というものを知らなかった動物が
    本を大好きになって夢中になるというのは
    作られたお話ですが
    なんだか動物たちの気持ちがわかるんです。
    本、だ〜いすき!
    動物たちが夢中になったという本のいくつかは
    実際にある本なので
    それも興味が持てる展開です。
    私も翻訳ものの 絵本だ〜いすき!になりました。

    掲載日:2016/11/16

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「本、だ〜いすき!」のみんなの声を見る

「本、だ〜いすき!」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

からすのパンやさん / バムとケロのおかいもの / きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん / もこ もこもこ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



道端にいるカエルが、実はカエルをやめたがっていたら…?

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット