もったいないばあさん かわを ゆく もったいないばあさん かわを ゆく
作・絵: 真珠 まりこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
川を舞台に、水の循環、命のつながりをテーマにした絵本です。

文庫版 少年探偵・江戸川乱歩(18) 奇面城の秘密」 渡辺諦さんの声

文庫版 少年探偵・江戸川乱歩(18) 奇面城の秘密 作:江戸川 乱歩
絵:藤田 新策
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\600+税
発行日:2005年02月
ISBN:9784591084298
評価スコア 4
評価ランキング 25,786
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く
  • ポケット小僧、大活躍!

    • 渡辺諦さん
    • 30代
    • その他の方
    • 東京都

    1958年に雑誌「少年クラブ」に連載された作品。
    いきなり明智探偵事務所に、事件の依頼が来る。それからは泥棒と警察官たちの知恵比べ、捕物劇、知恵比べなど、スピーディーにずんずん物語が展開していく。騙したと思ったら騙されたり、意外な人物が大活躍したりとスリル満点の展開だ。

    今回は全面的にポケット小僧が活躍する。「ポケットに入るくらい、ちいちゃい少年」でチンピラ別動隊の団員。厳しい生活をしていたので、我慢がきくという設定だが、今回はずいぶんスゴイ目にあっている。カバンの中に数時間がんばったり、猛獣に遭遇してみたり…あちこち逃げ回ったり、盗賊団の食事を盗んだりするあたりは、面目躍如といった感。イタズラの延長のようにも見えて、爽快感を感じてしまう。

    物語をしっかり読んで楽しめるお子さんには、いいかと思う。(ミステリものになるが、残酷な場面は殆どない)
    大人もしっかり楽しめると思う。ミステリ初心者向け。

    昭和30年代という時代背景を理解して読むと、より楽しめる。最近の映画だと「三丁目の夕日」が昭和30年代という設定らしいが、「少年探偵」シリーズは、もう少し暗い印象。1950年代に作られた映画を見てみたりすると、物語の様子が具体的に想像できるので、物語をよりリアルに楽しめる。

    投稿日:2019/02/24

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「文庫版 少年探偵・江戸川乱歩(18) 奇面城の秘密」のみんなの声を見る

「文庫版 少年探偵・江戸川乱歩(18) 奇面城の秘密」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



幼児期から英語を始めたい方へ、ネイティブスピーカーによるCD付

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット