1歳のえほん百科 1歳のえほん百科 1歳のえほん百科の試し読みができます!
監修: 榊原洋一  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
シリーズ累計220万部の「年齢別えほん百科」を全面改訂版。1歳児の発育にぴったり!

グリム童話 かえるの王さま」 たれ耳ウサギさんの声

グリム童話  かえるの王さま 作:グリム
絵:ビネッテ・シュレーダー
訳:矢川 澄子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,900+税
発行日:1992年
ISBN:9784001106152
評価スコア 4.18
評価ランキング 17,614
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く
  • えっ!これだけ?!!

    • たれ耳ウサギさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 女の子20歳、女の子18歳、女の子16歳

    美しくわがままなお姫様が泉に大切なまりを落としてしまい、
    それを取ってきてもらうために、カエルと適当な約束をしてしまう。
    いざ、まりが戻ってきたら約束は無視。
    実はカエルは呪いにかけられていた王子さま。
    呪いがとけて二人は結婚。

    昔、読んだ記憶があるのだけれど、この作品の物語ではカエルから
    王子様に戻るところと、二人の結婚に至るまでが、あまりに
    あっさりしずぎてて、物足りないのですが、忠実なグリム童話では
    もう少し奥がふかいのでしょうか。

    ただ、王様のどんな相手でも約束したからには守らなくてはいけないと
    お姫様をさとすところは、人格の素晴らしさがにじみ出ていて救われるところです。(なのに娘はしょうもない)
    それとカエルに変えられた王子様を想う忠臣ハインリヒの切なくなる
    ほどの忠誠心には心打たれます。

    この本を選んだのは、ビネッテ・シュレーダーの挿絵によるものだから。
    不思議な魅力がありますよね。
    好みである、とは決して言えないのですが、幻想的でシュールな趣が
    たまりません。
    何度もながめ返してしまいます。やはり好きなのでしょうか…

    掲載日:2011/06/02

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「グリム童話 かえるの王さま」のみんなの声を見る

「グリム童話 かえるの王さま」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / そらまめくんのベッド / てぶくろ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「てざわりえほん」シリーズ <br>編集者・清水剛さんインタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.18)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット