貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

おばけにてそうろう」 しいら☆さんの声

おばけにてそうろう 文・絵:井上 洋介
出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2013年08月05日
ISBN:9784477026640
評価スコア 4.13
評価ランキング 18,562
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く
  • 固定観念おばけではありませんよ

    「〜にて そうろう」の言い回しが
    いいなぁ〜

    それが「おばけ」でしょ
    これは、期待して・・・

    絵が
    とても大変失礼なのですが
    上手!とは思えないのですが
    こどもってとてもひきつけられるんですよね
    井上さんの作品って

    これも、構図的に部屋なんでしょうが
    私は最初屋根の上?に見えちゃって(^^ゞ
    なぜ3時をさしてる時計?とか
    なぜ剣玉?とか

    そんな周囲のものより
    次々出てくるおばけが
    「え〜っ」
    なんです

    これは、ナンセンスなんですね

    日常のものがいろいろ出てきます

    おばけを固定化していると
    とんでもないわけですね

    終わりは、きっとないのでしょう
    続きを子ども達と考えるのもおもしろいかもしれません

    掲載日:2013/08/30

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「おばけにてそうろう」のみんなの声を見る

「おばけにてそうろう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / だるまさんが / こんとあき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おでんしゃ
    おでんしゃの試し読みができます!
    おでんしゃ
    作:塚本 やすし 出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
    コンビニのおでんを見て思いついた楽しい知育絵本。おでんしゃ、出発しまーす!


『きょうふのおばけにんじん』<br>中川ひろたかさんインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.13)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット