宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

おかあさん、すごい!」 きゃべつさんの声

おかあさん、すごい! 作:スギヤマ カナヨ
出版社:赤ちゃんとママ社
本体価格:\1,200+税
発行日:2013年11月06日
ISBN:9784870140912
評価スコア 4.72
評価ランキング 1,099
みんなの声 総数 66
「おかあさん、すごい!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • お母さん応援歌

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子12歳、男の子9歳

    お母さんの存在は、子供にとって格別です。
    当たり前にそばいて、自分のためにてきぱき世話をしてくれる。
    そんなお母さんがそばにいて、お母さんは、すごい」と思って育つ子供たちは幸せです。

    だけど、そんなお母さんになろうと無理しすぎなくていい。
    というこの本から聞こえてくるメッセージはとても温かいですね。
    子供よりも、新米ママさん、これからママになる方々への応援歌のように感じました。

    私自身も、子どもが小さいときは、頑張ってたなーと懐かしく思い出しました。そのパワーの源はこどもへの愛情だと思うとすごいですね。

    うちの子供たちは、そろそろお母さんの出来ない部分もわかってきて、「お母さんはそれほどすごくないかも?」と思い始めてる年齢だと思います。
    でも、小さいときにこの本のお母さんのように自然に接していれば、きっと思春期になっても
    いい親子関係が築けるのではないかなと思いました。
    自然体を心掛けることの大切さを、改めて教えてもらった気がします。

    投稿日:2013/11/09

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「おかあさん、すごい!」のみんなの声を見る

「おかあさん、すごい!」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

どうぞのいす / 三びきのやぎのがらがらどん / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / ぐりとぐら / おおきなかぶ / うずらちゃんのかくれんぼ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


クマ大好きな三戸なつめさんが描く優しいイラストとストーリー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット