語りかけ絵本 いちご 語りかけ絵本 いちご 語りかけ絵本 いちごの試し読みができます!
文・絵: こが ようこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
絵本での語りかけの様子がわかる動画も見られます!

犬になった王子 チベットの民話」 ムスカンさんの声

犬になった王子  チベットの民話 文:君島 久子
絵:後藤 仁
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2013年11月15日
ISBN:9784001112429
評価スコア 4.82
評価ランキング 196
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く
  • 民話って、いいな。

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子2歳

    美しい挿絵と、チベットの民話というのが気になり、
    図書館から借りてきました。

    心の優しい王子様が、「穀物のたね」を入手するため、
    冒険に出ます。

    見事に「穀物のたね」を見つけますが、
    これで終わりでないのがこの絵本の素敵なところ。

    逃げ帰る際に犬にされてしまい、
    この絵本のヒロイン、村長の娘さんとは
    犬として出会います。

    そして王子様が人間に戻るまでが、また一つの物語なのですが、
    その中になんと、チベットの主食「ツァンパ」に繋がる
    ストーリーも、併せて紹介されているのです。
    チベットの方々はツァンパをまず犬にあげる習慣があるそうですが、
    なぜそうなったのか。

    全部あわせて一つのストーリーなのですが、
    その中でも物語がいくつもあって、
    かなり読み応えがあり、7歳の息子も大満足。
    挿絵も素敵でした。

    民話って、いいな。
    心からそう思える一冊でした。

    掲載日:2014/01/17

    参考になりました
    感謝
    2

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「犬になった王子 チベットの民話」のみんなの声を見る

「犬になった王子 チベットの民話」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / まどから おくりもの / ぼちぼちいこか / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ごぶごぶ ごぼごぼ / がちゃがちゃ どんどん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.82)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット