キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

シェイプ・ゲーム」 ジュンイチさんの声

シェイプ・ゲーム 作・絵:アンソニー・ブラウン
訳:藤本 朝巳
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2004年
ISBN:9784566007840
評価スコア 4.36
評価ランキング 10,524
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く
  • 親子で一緒に楽しめる作品

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    Ehon Naviに出会う前に、息子達と親子ともどもはまっていたのが、アンソニー・ブラウンの作品です。
    全部読破したのですが、投稿していない作品ばかりなので、再度読むことにしました。

    この作品は2003年の発刊ですが、最初の但し書にあるように、彼にとっても大きな意味合いのある作品のようです。
    2001年6月〜2002年3月まで、ロンドンのテート美術館で「絵を見て歩こう」というプロジェクトに参加し、ロンドン市中心街の小学生に絵の見方を教えたそうです。
    そこで試みたのが、シェイプ・ゲーム。
    最初の人が描いた形に、別の人がその形に何かを描きこんで一つの作品にするというもので、この絵本にも、その時の作品らしいものが沢山収められていました。

    その時のことから発想したのが、この作品なのでしょう。
    ママが、誕生日に「みんなで、いつもとはちがうところへ行きましょう!」と美術館に行くシーンから始まります。
    人の気持ちを、絵の明暗で表現することが多いアンソニー・ブラウンですが、この作品も前半は、一様に暗いもの。

    でも、だんだんと絵を見ているうちに、楽しくなってきます。
    絵を見ながら、自由な発想をして楽しむようになるのですが、その発想が最高です。

    どれも愉快なものばかりなのですが、一番のお気に入りは、
    ピーター・ブレイクの「こんにちは、ホックニーさん」
    登場人物、動物が全てパパになっています。
    ローラースケートをする短パンの女性しかり、犬の頭もパパ、巨大なフォークの先にはソーセージが刺さっていたりと、大爆笑間違いなしです。
    そんな経験をしたから、帰りの道は正に薔薇色というに相応しい色合いの絵になっています。
    所々に散りばめられた隠絵は、何度見ても楽しめるもので、美術館の入り口の隠絵だけでも、一見の価値あるものだと思います。

    作品として、親子ともども楽しめる作品です。
    家族にこんな提案をして、いつもと違うところに行ってみたくなる気持ちにもなりました。

    掲載日:2011/03/20

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「シェイプ・ゲーム」のみんなの声を見る

「シェイプ・ゲーム」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / そらまめくんのベッド / てぶくろ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『たからもののあなた』まつおりかこさんインタビュー

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット