ばけばけばけばけ ばけたくん  ばけくらべの巻 ばけばけばけばけ ばけたくん ばけくらべの巻 ばけばけばけばけ ばけたくん  ばけくらべの巻の試し読みができます!
作: 岩田 明子  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
レビューコンテスト、スタートしました!
絵本ナビでしか買えない!自慢したくなる『ねないこだれだ』グッズ
  • イベント
  • 長野県

2017/07/22(土)〜 2017/09/24(日)

11ぴきのねこと馬場のぼるの世界展@黒姫童話館&童話の森ギャラリー

 絵本『11ぴきのねこ』のシリーズは、好奇心旺盛で、貪欲で、ちょっとずるいところもある、けれどもなぜか憎めない11ぴきのねこたちが繰り広げる物語。空前のねこブームですが、1967年の第一作誕生から、そののびやかな表現とユーモアあふれるストーリーは、幅広い世代に今も愛され続けています。
 作者の馬場のぼる(1927 - 2001年)は青森県三戸町に生まれ、戦後にまず漫画家としてデビューし、児童雑誌で『ポストくん』や『ブウタン』を発表。親友でもあった手塚治虫や、福井英一とともに「児童漫画界の三羽ガラス」として呼ばれるほど人気を博します。
 その後絵本作家としても活動し、第一作『きつね森の山男』から遺作となった『ぶどう畑のアオさん』まで多くの絵本を発表し話題を呼びます。そのほのぼのとした画風は漫画でも絵本でも生涯を通じて変わることはありませんでした。
本展ではそうした馬場の『11ぴきのねこ』のシリーズをはじめとした絵本や漫画の印刷原稿や原画、スケッチなどの資料に加え、2010年に生まれ故郷の三戸町で見つかった幼少期や青年期の貴重なノートやイラストなども合わせて展示し、馬場のぼるの世界をご紹介します。今回特別に、小林一茶の俳句から着想を得て描いた作品も展示します。お楽しみに!!
 特設ショップでは『11ぴきのねこ』シリーズのグッズを販売しますので、合わせてお楽しみください。

詳細はこちら

提供:絵本ナビ
最終更新日:2017年7月7日


おこづかいの見方が変わるかも!?親子で楽しめるお金絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット