@絵本ナビ 今日から役立つ絵本えらびのヒント 2008/10/02発行


お友達にもオススメしてね!

◎メルマガの購読登録
(絵本ナビのメンバー登録)


◎メルマガの配信停止

(まぐまぐご利用の方はこちら)


◎事務局へのご意見ご希望
↑励ましのお便り大歓迎

◆広告掲載について


こんにちは。絵本ナビ編集長のイソザキです。

ご好評頂いた、先週号メルマガの「おこる特集」。
絵本クイズ内のアンケートにて
「怒る、泣くなどの感情について、日頃思っている事があれば教えてください。」
とお聞きしましたところ、とても印象的なご意見を頂きました。

「息子に対してすごく怒ってしまった時は、絵本を声を出して読む事にしています。
だって 怒っていながら絵本は読めないから。」


そうすると、気持ちが少し落ち着くとのこと。(これはすぐにでも実践できる方法かも!)
そうなんですよね。「声にだして読む」というのは、思いのほか気持ちの良いものなのです。
そして、同時にその作品の違う魅力にも気付かされたりもします。

最近では、齋藤孝さんの『声に出して読みたい日本語』という本がとても話題になりましたね。日本の名文を声にだして読んでみる、という方法は授業でも取り入れている学校が多いのではないでしょうか?

ところで、その『声に出して読みたい日本語』がもう少し小さい子にも楽しめるよう、
絵本シリーズも創られているのはご存知でしたか?
知らない?
知らざあ言って聞かせやしょう(←こちらもそのうちの1冊です!)

日本の様々な名文を題材に、個性的な絵本作家さん達が取り組まれ、
とても新鮮な魅力を放った、その『声にだすことばえほん』シリーズを今号ではご紹介したいと思います。
それでは、今号のコンテンツです。

(1)特集・・・「声にだすことばえほん」シリーズ
    ◆「声にだすことばえほん」シリーズとは?
    ◆どんなこだわりがあるのでしょう?
    ◆見所はここです!
    ◆このシリーズの楽しみ方は?
                  ・・・などなどです。
(2)注目作ピックアップ・・・今話題のあの映画から飛び出した絵本です。
(3)絵本クイズ
・・・クイズに答えてポイントゲット!
(4)編集後記・・・今週からスタートするフェア内容はあの人気作品です。

どうぞ最後までお付き合いください。
 

 

1) 特集・・・「声にだすことばえほん」シリーズ

「声にだすことばえほん」シリーズとは?

「声にだすことばえほん」シリーズは、現在14冊出ています。

こうして並べてみると、とてもバラエティー豊かなラインナップでワクワクしてきますね。
今回は、このシリーズを担当されているほるぷ出版の編集の方にご協力頂いて、
それぞれのみどころや、楽しみ方などを教えて頂きました。

このシリーズをつくられるきっかけは・・・?

まず「声にだすことばえほん」シリーズがつくられる「きっかけ」というものはあったのでしょうか?

齋藤孝先生の『声に出して読みたい日本語』をみて、これを絵本にしたら面白いのではないか、と考えたことがきっかけです。この本は大人の読者を中心に読まれていました。
でも、齋藤先生は子どもに向けて編集したものと考えられておりました。
そこで、より子どもに向けて発信できるメディアとして絵本での刊行を提案しました。」


とのことでした。また、シリーズ最初に創られたつちだのぶこさんのラフがとても素晴らしく出来上がっているのをご覧になって、もっと色々な題材が絵本になるのではないか、と考えられたそうです。
その記念すべく最初の作品がこちらです↓
ファンも多いこの作品は、レビューでご紹介しますね。


 「おっと合点承知之助

 作:
齋藤 孝
 絵: つちだのぶこ
 出版社: ほるぷ出版


子供と一緒に声を出して楽しもう!
「声に出して読みたい日本語」の作者でお馴染みの齋藤孝さんだけに、
絵本の中に出てくる日本語は、楽しくて子供たちにも伝えておきたいものばかりです。
日本語の面白さをこんな風に、絵本にしてしまうなんて、本当に驚き桃の木山椒の木です。
お話は、おじいちゃんと、その孫である子供たちが、忍者ごっこをしながら繰り出す楽しい言葉遊びです。
あまりにもよくできていて、恐れ入谷の鬼子母神です。
こんなおじいちゃんがいたら、毎日言葉遊びから日本語が楽しく身に付いていいですね。
我が家でも、早速、声に出して子供たちと練習しています。
早く、お茶の子さいさい河童の屁で、この言葉を使いこなせるように、ただいま特訓中です。
子供たちにも大受けのこの絵本、是非続編も出るよう期待したいですね。
それまで、さよなら三角またきて四角。
はなしんさん 30代・ママ 千葉県市川市 女5歳、男3歳 )

絵本にする際に選ばれる題材には、どんなこだわりがあるのでしょう?
  また、絵本作家さんとの組み合わせもとても興味深いですね。

「題材を選ぶ時は、リズムのよさ、言葉の面白さが一番。
それから、絵本にしたときに、場面がいきる展開をつくれるかどうかで考えていきます。」

 

↑まるで、最初から飯野先生が考えた言葉ようにマッチしていますね。
また「あの絵の人が、この文章に絵を描いたの!?」という意外性を感じるような
文章と絵のカップリングをする、ということも意識されているそうです。例えば・・・。


←「春はあけぼの
たんじあきこさんは「和風の絵を描く」イメージが殆どなかった所を
敢えてお願いしたそうです。
結果的に、清少納言の頭の中で風景が展開されるという、
ユニークなアイデアと、納言ちゃんのかわいさ、何より風景の美しさ
・・・という魅力たっぷりの、斬新な絵本が完成したそうです!
「古典なのに新しいすごい絵本だと思います。」
(編集者談)
 


工藤ノリコさんも 「意外性」という事でこの題材を選ばれたそうなのですが、この強烈な可愛さを放つ寿限無くんを生み出してしまう辺りが、さすが!
子ども達も、楽しく覚えられそうですよね。
「寿限無 寿限無、五劫のすりきれ、海砂利水魚の、水行末・・・。」

 


←どなたが絵を描かれたかわかりますか!?
かわいい子どもが描かれている「ますだくんのランドセル」等の作者武田美穂さんです。
どーんと描かれたおじさんの絵。この迫力ある雰囲気も新たな武田美穂さんワールドですね!
 

こんな変わった絵本もあります!


 「ごびらっふの独白

 作:
草野心平
 絵: いちかわなつこ
 出版社: ほるぷ出版
 


「るてえる びる もれとりり がいく。」
え・・・?何だ何だ、わからない。
「ぐう であとびん むはありんく るてえる。」
この不思議と耳をついて離れない詩は、日本を代表する詩人草野心平の作品です。
何と「蛙語」でかかれた詩だという。意識を持ってしまった蛙「ごびらっふ」の心境独白。
それを思いながら、声に出して読んでみる。何だか生命力にあふれているではありませんか。
そして絵をみると、幸せそうな気分も伝わってきます。
最後は、草野心平自身による日本語訳を読んで、すっと心に染み入る。
「音と絵で最初に詩を味わう」。これは、とっても面白い体験です!
(磯崎園子 絵本ナビ編集長)
↑是非、体験してみてください。

まだまだあります!見所を教えて頂きました。


←芭蕉の歩いた日本各地の情景。
 実際に現地まで取材に行って描かれたという美しいイラストは
 眺めているだけでも楽しいのです。
 


長谷川さんの味わい深い結婚式の絵を見ているうちに、
 一つ一つの早口言葉には、実は深ーい意味があるのではないか?
 と思えてきます(実際には特にないです)。
 これぞ絵本の力だと思います。
 


←一篇の詩を一冊の絵本として読むことが、すごく豊かな体験だと
 感じさせてくれる絵本です。肩の力を抜いて、くりかえされる
 「ゆあーん〜」という場面に酔いしれてほしいです。

 

この絵本シリーズの楽しみ方!

子ども達には、どんな風に楽しんでもらいたいですか?
「とにかく言葉自体の面白さ、リズムのよさなどを楽しんでほしいと思います。
シリーズの中には漢文、古文などの意味をとるのが難しいものや、文章自体に文学史的ないわれのあるもの、それからことわざ、四字熟語などの「学習」的な雰囲気の強 いものなどもあるのですが、それに対し「覚えよう」「意味を考えよう」などとかたく考えずに、文と絵の面白さを、まず楽しんでほしいです。」


最後にこのシリーズを通して、メッセージがございましたらお願いします!
「この絵本のよさは、『文学』や『国語』という舞台で取り上げられると、どうしても小難しく考えられてしまう色々な言葉を、絵本として読むことで、(文学上の位置づけや、言葉の意味などを、ほとんど気にせずに)気楽に親しむことができるところだと思います。
大人の方々も、このシリーズの『春はあけぼの』や『吾輩は猫である』を一度開いてみてください。
学生の頃に学んだときにはもしかして感じなかったような、文章の美しさ、リズムのよさなど言葉としての面白さを純粋に感じることができると思います。
(担当編集者である、私が実際に、そう感じました)。」


各絵本の最後には、齋藤孝先生が題材となった文章について、じっくりと解説してくれています。
(口語訳も記されています。)
とても読み応えがあると同時に、楽しみ方を教えてくれるので更に日本語の世界を広げてくれます。
子どもから大人まで、本当に長く愛用できそうな絵本ですね。

今後の刊行予定は・・・?

今後、、まだまだ続々と新しい絵本が出される予定があるそうです!
ちらっとご紹介しますと・・・。
来年春頃には長野ヒデ子さんで『外郎売り』が登場予定。
その後も、新進気鋭の作家陣竹内通雅さんやかわかみたかこさんなどなど・・・。
楽しみですね。


 

(2) 注目作ピックアップ

少し話題は変わりますが、今話題の映画「パコと魔法の絵本」はご覧になりましたでしょうか?
とってもユニークなお話なのですが、
可愛い少女パコちゃんと、偏屈なじじい「大貫」のやり取りには涙が止まりませんでした・・・。
この映画のもう一つの主人公が『しかけ絵本』の物語。
その中に出てくるキャラクター達が登場する絵本がこちらです!

話題の映画『パコと魔法の絵本』の劇中キャラが絵本で登場!



 「いつもわがままガマおうじ

 作:
えんどう しゅうこ
 絵: マクティコ
 出版社: ワニブックス
 税込価格: \1,365(本体価格:\1,300
 発行日: 2008年08月27日


大人のわがままは困りますが、子どもがわがままなのは当たり前。
いくら大人が言って聞かせたところで徒労に終わるもの。
子ども自身が周りの人の気持ちに共感し、これじゃだめなんだ、と気づくことが大切です。
我が子のわがままがひどくなってきたなあ・・・とため息が出たら、
こんな絵本を読んでみるのはいかがでしょう。
(金柿秀幸 絵本ナビ事務局長)


2008年9月公開映画「パコと魔法の絵本」の劇中に登場するキャラクター達が
アニメ「いつもワガママガマ王子」(テレビ東京系全国ネット毎週月曜20:54〜O.A中)で
活躍する中、アニメがオリジナルストーリーで絵本になりました。
声に出して読むたびに、リズミカルな言葉たちが心と体に沁み入って、
誰かへの思いを強く持てる、読み終わった後、誰かに対してやさしくなれる、そんなお話です。

 

(3)絵本クイズ

前回は、いろんな「泣く」について考える絵本、「ないた」からの出題でした。
お父さんが言った赤ちゃんがすぐ泣く理由とは・・・

 ・・・の「泣くのが赤ちゃんの仕事なんだ」でした。

さぁ、今週の問題です。今回は「声にだすことばえほん」シリーズの最新刊「サーカス」からの出題です。
今週も正解者の中から抽選で
   1名様に絵本ナビポイント500ポイントプレゼント
   20名様に絵本ナビポイント50ポイントプレゼント

しちゃいます!!
 


【問題】 (難易度★★☆☆☆
天才詩人・中原中也の詩の世界を絵本にした「サーカス」。
「ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん」
この有名なフレーズは、一体何の音を表わしているのでしょう?
(※TV「にほんごであそぼ」でもとりあげられていましたね。)
 


  A.
サーカスのピエロの泣く声?
  B.
サーカスのぶらんこがゆれる音。
  C.
サーカスが始まる合図の音。
  D.
特に意味はない・・・?

クイズに回答する >>>

*絵本ナビメンバー限定になります。
  メンバー登録はこちらからどうぞ。



>>> この作品の紹介ページはこちら

 


前回のクイズのポイント獲得当選者はこちらの方々です。おめでとうございます!

 ☆1等(1名様)☆
500ポイント進呈
   「くじらぐも」さん
 ☆2等(20名様)☆
50ポイント進呈
   「TAMANYAN」さん、「いちいちご」さん、「えのきん」さん、「キキ・ララ・ラブ」さん、
   「けいご!」さん、「さたちゃん」さん、「じゅりえまま」さん、「ずるいくん」さん、
   「はり〜」さん、「ぴーかしゃん」さん、「ふ〜ちゃん☆」さん、「ポロくん」さん、
   「まままーい」さん、「モリゾー&キッコロ」さん、「リーパンダ」さん、「リッキーレンコウ」さん、
   「りんごの片思い」さん、「レイラ」さん、「わんちゅう」さん、「杜」さん

また次回もお楽しみに!

 

(4)編集後記

第1弾、第2弾と好評頂いた「出版社フェア」!
また今週から新たにスタートしました。
今回は、この絵本シリーズが主な対象作品です。

                             
↑最新刊!

たまごにいちゃん」シリーズを出されている「鈴木出版」さんのフェアです!
あきやまただし先生のこんな作品もラインナップされていますよ。


賞品も、「たまごにいちゃん」グッズ!
これは珍しいですね。さぁ、今すぐチェックしてみて下さいね。

フェア会場はこちらから >>>

もう一つお知らせです。
8月6日のメルマガで募集しました、
「ちびくろ・さんぼ」お絵描きの大募集

この度、大賞作品が決定いたしました。

作品を掲載しました!こちらからどうぞ >>>


受賞された「りりかちゃん」には、瑞雲舎さんから
ちびくろ・さんぼ ビッグブック」が贈呈されます。
おめでとうございます!!

 


それでは、また次号でお会いしましょう。
最後までお付き合い下さってありがとうございました!


 


@絵本ナビ 今日から役立つ絵本えらびのヒント
絵本ナビでは皆様のお越しを心よりお待ち申しあげております。
配信停止はこちらから (まぐまぐご利用の方
もしよかったら、お友達にもこのメルマガをオススメしてくださいね!
※このメールマガジンの送信元アドレス
magazine@ehonnavi.net は送信専用のアドレスですので、メールを送られても発行者には届きません。お問い合わせ等は下記アドレスへお願いいたします。
 絵本ナビ事務局 info@ehonnavi.net
 絵本ナビShop shop@ehonnavi.net
 絵本クラブ order@ehonnavi.net

その他、絵本ナビへのご意見、ご要望などはこちらから。

発行:株式会社絵本ナビ
EhonNavi Corporation

INFORMATION

●メールソフトやブラウザによっては一部読みにくい表示となる場合があります。ご迷惑をおかけします。

----------------
おいでよ絵本ナビ!お友達招待キャンペーン
お友達にも「幸せな時間」を!
招待していただいたお友達がメンバー登録すると、今なら「あなた」「お友達」それぞれに絵本ナビポイント50ptをプレゼントいたします。

----------------
 


今年も可愛いカレンダーが
揃いました!
2009年カレンダーはこちら↓


バムとケロの
カレンダー2009




ぐるんぱの
カレンダー2009




エリック・カール
カレンダー2009




ぐりとぐら
カレンダー2009





2009こぐまちゃん
シールつきカレンダー




2009
14ひきのカレンダー




他にも手帳やカレンダーが
たくさん!↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright (C) 2008 EhonNavi Corporation All Rights Reserved.