@絵本ナビ 今日から役立つ絵本えらびのヒント 2010/10/13発行


絵本を探そう!
0歳 1歳 2歳 3歳 4歳
5歳 6歳 7歳 8歳 9歳
10歳 11歳 12歳 大人

ママ パパ 先生
じいじ・ばあば その他

お友達にもオススメしてね!

◎メルマガの購読登録
(絵本ナビのメンバー登録)

◎メルマガの配信停止
(まぐまぐご利用の方はこちら)

◎事務局へのご意見ご希望
↑励ましのお便り大歓迎

◆広告掲載について

----------------

●メールソフトによっては一部読みにくい表示となる場合があります。
この場合はこちらでご覧ください。








こんにちは。絵本ナビ編集長のイソザキです。

みなさんは、絵本を選ぶときどんなことを参考にされますか?
「おもしろそう!」「絵が好き」というのはもちろん、
作者テーマシリーズ対象年齢などで選ばれることも多いでしょうね。

出版社で選ぶというのはどうでしょうか?
出版社によっては作品の傾向が見えてきたりして、ちょっと“つう”な感じがしますよね。

そんな切り口で紹介したくなる出版社さんのひとつに、
ガブリエル・バンサンデイヴィッド・ウィズナーデュボアザンツヴェルガードン・フリーマンなど
絵本好きな大人の方にもファンの多い海外作家の深みのある作品から、
カロリーヌシリーズ」、「ぞうのエルマーシリーズ」、「マドレーヌシリーズ」、「トゥートとパドルシリーズ
など、どこか懐かしい雰囲気もある人気キャラクターのシリーズ、
おへそのあな』、『ぼくのかえりみち』、「ワニくんシリーズ」など
絵本ナビでも評価の高い作品の多い創作絵本など、個性的な絵本を多く出されている
BL出版さんがあります。
そこで、今号ではそんなBL出版さんの作品の中からピックアップしてご紹介します。
興味を持たれたら他の作品もチェックしてみてください。
絵本を選ぶ楽しみ方がまた一つ増えるかもしれません!

それでは今号のコンテンツです。

(1)特集1・・・「新しい絵本のスタイルの追求を」BL出版の作品の世界
      ◆BL出版のBLとは・・・?
      ◆おすすめの翻訳絵本の紹介です。
      ◆おすすめの創作絵本の紹介です。
(2)特集2・・・直筆サイン本の販売です!
(3)絵本クイズ・・・クイズに答えてポイントゲット!!
(4)編集後記

どうぞ最後までお付き合いください。

 

(1) 特集1・・・ 「新しい絵本のスタイルの追求を」BL出版の作品の世界

絵本好きな大人の方にもファンの多いBL出版さん。確かなデッサン力や深い表現力により創作された世代を超えて楽しめる作品から、 ユニークな絵本、じっくりと読ませてくれるお話までどの絵本もとても個性的です。
どんな出版社さんなのでしょう?興味を惹かれますね。

BL出版のBLとは・・・?

その成り立ちについて、簡単にわかりやすくコメントをいただきました!

 「BL出版(旧社名:ブックローン出版)は、ブックローン株式会社の販売する商品「チャイクロ」などを企画制作する部門として、1974年に独立いたしました。今年で36年になります。
 1980年からスタートした書店向け絵本では、
ガブリエル・バンサンデイヴィッド・ウィズナーロジャー・デュボアザンの作品をはじめ世界の秀作絵本を紹介してきました。また、日本の作家の個性あふれるオリジナル作品を出版、読者に子ども、大人を問わない新しい絵本のスタイルを追求しています。
 今日までの絵本制作にあたっては、特にベルギーの絵本作家、ガブリエル・バンサンとの出会いの中で生まれた、オリジナル絵本ナビル ある少年の物語』『ヴァイオリニストを出版できたことが印象に残っています。
 BL出版のBLはFor the Best Libraryです。このコンセプトのもと、今後も読者の心に響く絵本を出版していきたいと思っています。」

BL出版の作品一覧をご覧になる方はこちらからどうぞ >>>

BL出版のおすすめ、話題の絵本をピックアップ!

個人的にご紹介したい作品はたくさんありますが、全てというのはとても無理なので・・・
今おすすめしたい話題の作者、絵本をBL出版さんにピックアップしていただきました!
その魅力についてのコメントとともにご紹介しています。
まずは、亡くなってから今年で30年を迎えるというこの作者の作品から。どれもお部屋に飾りたくなるほどお洒落です。

★子どもから大人まで心うばわれるポップな色彩!ロジャー・デュボアザン作品の魅力について
鮮やかな色彩が魅力の、絵本作家ロジャー・デュボアザン。彼が亡くなって今年で30年を迎えました。
自然や動物をこよなく愛したデュボアザンは、よく実在の動物や人をモデルに絵本をつくっていたのだそう。昨年よりBL出版から復刊している、人気シリーズごきげんなライオンがそのひとつ。フランスのサーカスから逃げ出したライオンの実話が元に誕生しました。またマリーのお人形は、お人形遊びが好きだった孫のアンがモデルに。日本語版でも原書と同じように人形用のミニ絵本をつけ、作者の子どもに対する愛情を感じられるようにしました。なにげない日常や自然のできごとをすくいとり、美しい色彩やデザインで表現しているからこそ、今でも世界中で愛されつづけているんでしょうね。ぜひ、この機会に読んでみてください。


ごきげんなライオン たのしい空のたび
作: ルイーズ・ファティオ
絵: ロジャー・デュボアザン
訳: 今江祥智&遠藤育枝
出版社: BL出版
税込価格: \1,365 (本体価格:\1,300


どこかまのぬけた、愛すべきライオンくんが活躍する「ごきげんなライオン」シリーズ。
嬉しい復刊の最新作である今作の表紙では、何とライオンくん、気球に乗っています!
どうしてこんなところにいるのでしょう・・・それはもう色々なハプニングが起こるのです。
ことの発端は、ごきげんなライオンくんとなかよしのフランソワくんが海に行くことに決めたことから。
「ぼくのライオンくんのことは、だれだって知ってるもの、どうぶつえんのそとで見かけたって 
きっと だれも おどろいたりしないさ」と出発する二人なのですが。
主人公の二人の、こののん気な雰囲気と、まわりの大人たちの慌てぶりのギャップが最高!
ユニークで愛らしい翻訳文で親子ともども楽しめる一冊、1967年の復刊です。


ごきげんなライオン
シリーズ第1弾は福音館書店より
出ています。
おりの戸があいていたので街へ
散歩に出かけたライオンくん。
ところが・・・
 


ごきげんなライオン アフリカでびっくり
動物園にすむごきげんなライオンくんが
サーカスのフラボー団長に盗まれてしまい
ました。でも、ライオンくんはこっそり抜け出して・・・。
 


ごきげんなライオン しっぽがふたつ
ため息をついてばかりのライオンくん。美しいメスライオンに出会い、
恋にがんばるライオンくんのお話です。
 


ごきげんなライオン ともだちさがしに
仲良しのフランソワくんが遠くの中学校に行ってしまって元気のないライオンくん。
「たずねて行けばいいんだ」とこっそり動物園を抜け出すライオンくんですが・・・。
 

その美しい色彩と洗練された豊かな表現方法、そして優しさにあふれたデュボアザンの世界をお楽しみください。

その他ロジャー・デュボアザンの作品一覧はこちら >>>
『MOE 2010年10月号』の中でデュボアザンの作品と生涯について特集されています >>>

★日本でもそのキャラクターが大人気!「スージー・ズー」シリーズの魅力について
あかちゃんあひるのウィッツィーがぬいぐるみのお友達と無邪気にあそんだりおひるねをしたり・・・
そんなスージー・ズーの魅力は、なんと言っても絵にあります。
あひるのウィッツィー』『ウィッツィーとブーフでは水彩絵の具を使い、ふわふわのウィッツィーや、ぬいぐるみたちのやわらかな質感を描いています。一方いつまでもともだちやそのほかの作品はマーカーを使って、ウィッツィーやブーフたちのしぐさや表情をより愛らしく表現しています。シリーズすべてに共通していえる明るい色彩は、作者の住んでいるカリフォルニアの空気を感じさせてくれます。
アメリカでは35年以上前からポストカードなどを中心に知られてきたスージー・ズーシリーズ。長い時間を経てきたどことなくクラシカルなイラストが、ママ世代だけでなくおばあちゃん世代にまで抵抗なく受けいれられているのもこの人気の秘密のひとつといえます。


あひるのウィッツィー
きょうもぽかぽかいいおてんき。あひるのウィッツィーは、ぬいぐるみたちとおひるねの時間です。
でも、ちっともねむたくありません。ちょうどそのとき何かがピョンピョーンととんできて・・・。
ふわふわで、よちよち歩きの、赤ちゃんあひるウィッツィーの可愛いこと!!
日本ではキャラクターグッズが大人気ですが、この絵本の世界の愛らしさもたまりません。


ウィッツィーとブーフ
バッタをおいかけて池にとびこんだあひるのウィッツィー。ブーフもあとをおいますが・・・。
ブーフはウイッツィーのお気に入りのテディベア。赤いハートがトレードマークです。
ウィッツィーとブーフの愛くるしいしぐさは、どちらがぬいぐるみかわからなくなる位(!?)。
透明感のある水彩で描かれた、美しいイラストレーションが魅力です。

BL出版さんのHPではラフスケッチも公開中です! >>>

・小さなサイズのおはなし絵本


ブーフはどこ?
みんなであそんでいると、
あれあれ?ブーフの姿が
見えません。みんなで  
探しに行きますが・・・。 
 


いつまでもともだち
たんぽぽの綿毛が見つからなくて、
がっかりしているウイッツィー。
そこでみんなでみつけて
あげることにしました。

・ボードブック版も新登場!


もうすぐハロウィーン
ハロウィーンが近づいています。ララはかぼちゃを探しているのですが、どれも虫に食われていて・・・。
 


あきを あつめたよ!
ウイッツィーたちは、はらはらと木から落ちてくる枯葉を楽しそうに集めています。
うさぎのララに呼ばれて行ってみると
そこにはたくさんのリンゴが!

※更に10月下旬にはクリスマスプレゼントにぴったりな内容の新刊も発売予定!お楽しみに・・・。


絵本ナビShopの「スージー・ズー」コーナーでは、
写真の可愛いぬいぐるみのほか、
各種グッズも販売中です!

絵本ナビShop スージー・ズー コーナー >>>

★おすすめの創作絵本は・・・絵本ナビでも評価の高いこの作品!
創作絵本のおすすめは、人気の長谷川義史さんの作品の中でも特にレビューがたくさん寄せられているこの2作品!
そのレビューからのピックアップも一緒にご紹介します。


おじいちゃんのおじいちゃんの おじいちゃんのおじいちゃん
作・絵: 長谷川 義史
「ねえ、おじいちゃん。おじいちゃんのおじいちゃんはどんなひと?」
5歳の男の子の素朴な質問から、時がどんどんさかのぼる。
おじいちゃんからおじいちゃんへ、そのまたおじいちゃんへ……。
そしてたどり着いたところは、原始時代!

今や大人気の絵本作家、長谷川義史さん。その長谷川さんの記念すべき絵本第1作がこの絵本です。「おじいちゃんのおとうさんはどんなひと?」という素朴な疑問から物語ははじまって…。命はつねに誰かから誰かにつながっている、そんな命のリレーを描いたこの作品には、「生まれてきただけですごいこと」という長谷川さんの思いがこめられています。

読み聞かせでも大人気作品なんですよね。その理由は・・・?


幼稚園でも先生が読んでくれたそうで、そのときは「ひいひいひいひい…」のところはみんなで読んだんだそうです。
読んでいて酸欠になりそうです、笑。
でも、まじめに考えると気になるなぁ〜って思いました。
息子も気に入り何度も読んでとせがまれ、いつもひいひい…の所で爆笑します。
悠花さん 30代・ママ 男4歳、女2歳)

更に評価も人気もダントツなのがこちらの作品!


おへそのあな
作・絵: 長谷川 義史
赤ちゃんは、お母さんのおなかのなか。
おへその穴から見えるのは、お兄ちゃん、お姉ちゃん、お父さん。
みんな、赤ちゃんが生まれてくるのを待っています!

この作品も、「命」がテーマ。赤ちゃんが生まれてくるのを、お父さんもお母さんもお姉ちゃんもお兄ちゃんも、みんな楽しみに待っています。そして赤ちゃんも、おなかのなかでみんなに会えるのを待っているんですね。お子さんに、あなたはこんなふうに望まれ、祝福されて生まれてきたんだよ、とぜひ伝えてあげてください。

パパからの感動の声も!


あかちゃんの生誕に対する気持ちの高揚を、こんなに上手く描いた作品に御目にかかったことはありません。
我が身を振り返り、あの感動が蘇ってきた思いで一杯になりました。
最後の2頁は、とても涙なしには読めません。
ジュンイチさん 40代・パパ・東京都世田谷区  男12歳、男6歳)

次におすすめする作家さんは、絵本ナビでもデビュー作品から大きな話題となったひがしちからさん。
こちらの2作品も既に人気作品となっています。その独特な世界観と透明感のある絵は大注目!


ぼくのかえりみち
作・絵: ひがし ちから
ある日の放課後、そらくんは道にかかれた白線の上をたどって家に帰ることにしました。
落ちないように、ゆっくりゆっくり、そろーりそろり…。
まぶしいくらいの青い空に、あざやかな緑の田舎道。
そんななかで、そらくんの頭の中には さまざまな想像が広がります。

主人公のそらくんのように、道路にかかれた白線をたどったことってありますよね。作者のひがしさんは、幼稚園で絵画や造形のワークショップもされています。子どもの興味や想像力を見事にとらえたこの絵本は、そんなひがしさんならではの作品。「この本を読んでから子どもがいつも線の上を歩くので困ります」という、うれしい声もあったそうです。


自分だって子供の頃は、こうゆうことしてたなぁ。
でもすっかり忘れてしまっていて、息子が横断歩道を渡るときいつもきまって白い線の上だけをぴょんぴょんと飛び跳ねて渡るのを見て、
『もうどうしてまわりに注意しながら普通に歩けないんだろう…』なんて思っちゃってました。ちょっと反省。
いやぁ、すごい!!と思います。
こうゆう大人が忘れてしまっている感覚、昨日のことのように生き生きと思い出させてくれるこの本。
もちろん息子も共感しまくりのこの本、すごく引きつけられたようで、集中して聞き入ってました。
まりちゃる★さん 30代・ママ・東京都八王子市  男7歳)


いま、なんさい?
作・絵: ひがし ちから
きょうは、ゆきちゃんの5さいのたんじょうびです。
「わたしは いま なんさい でしょうか?」
ゆきちゃんは、みんなにきいてみることにしました。
でも、みんなのこたえは……。

なんというインパクトのある楽しい表紙でしょうか。この絵本は、ひがしさんがはじめて「ことば遊び」に挑戦した絵本です。
「わたしは、いま なんさいでしょうか?」というゆきちゃんの質問に、いろんな「さい」が飛び出します。
みなさんも、お子さんとおもしろい「さい」をつくって遊んでみてください。


6歳の息子に読んであげたのですが、期待通りの大爆笑!!!
『いま、なんさい?』で表紙の絵を見たらストーリーは大体想像出来ると思うのですが、イラストの可愛らしさで面白さ倍増!
読み終わった後は私の手から奪い、自分で何度も何度もページをめくりゲラゲラ笑ってました。
こんなに面白いのに絵本ナビでの感想が少ないのはナゼ?
おはなし会で盛り上がるのはもちろん、親子で読んでいてもウケる事間違いなしだと思うので、笑える絵本が大好きな子供たちに自信を持ってオススメします。
キョッチさん 40代・ママ・神奈川県川崎市  男6歳)

 


(2) 特集2
・・・ 直筆サイン本の販売です!

今回の特集でピックアップした作品の中から、大人気の2作品。
長谷川義史さんとひがしちからさんの直筆サイン本を用意してくださいました!
数量限定商品となっています。この機会をお見逃しなく・・・。


【長谷川義史さん サイン本】 おへそのあな
数量限定 30

 


←お馴染みの長谷川義史さんの
 素敵なイラスト入りサイン。
 大切な人への贈り物に・・・欲しいですね!

「おへそのあな」サイン本
今すぐ購入される方はこちらから >>>


【ひがしちからさん サイン本】 ぼくのかえりみち
数量限定 30


←ひがしちからさんの素敵なイラスト入りサイン。
 ほっぺが・・・可愛い!!

「ぼくのかえりみち」サイン本
今すぐ購入される方はこちらから >>>

 


(3) 絵本クイズ
・・・クイズに答えてポイントゲット!!

前回は、いわむらかずおさん「14ひきのシリーズ」の中の『14ひきのかぼちゃ』からの出題でした。
おじいちゃんがかぼちゃの種のことをさして言った言葉とは・・・

  ・・・の「いのちのつぶだよ」、でした。

さぁ、今週の問題です。
今週は、BL出版さんの大人気シリーズより『ぞうのエルマー』から出題します。
正解者の中から抽選で
   1名様に絵本ナビポイント500ポイントプレゼント
   20名様に絵本ナビポイント50ポイントプレゼント
しちゃいます!!


【問題】 (難易度★★☆☆☆
きいろに オレンジ、あかに ピンク、あおくて みどりで むらさきいろ・・・。体中あふれるばかりの色でいっぱいの
ぞうのエルマーはジャングルの人気者!
でも、エルマーは悩んでいました。いったいどうして?


  A.
もっと珍しい色が欲しいのに!

  B.
水玉の方が好きなのに!

  C.
鼻や耳など体の形ももっと個性的になりたい!

  D.
みんなと同じ、普通がいいのに!


クイズに回答する >>>

*絵本ナビメンバー限定になります。
  メンバー登録はこちらからどうぞ。

 


>>> この作品の紹介ページはこちら

前回のクイズのポイント獲得当選者はこちらの方々です。

 ☆1等(1名様)☆
500ポイント進呈
   「ふくまろ」さん
 ☆2等(20名様)☆
50ポイント進呈
   「うっちっちー」さん、「きえ」さん、「クッキーでーす!」さん、「けいぼん」さん、
   「ごぐまちゃん」さん、「こっこっこ」さん、「しろくまちゃんのママ」さん、「たむーしゃ」さん、
   「たらぽん」さん、「どくだみ茶」さん、「ネコうさぎ猫」さん、「ねこのバロン」さん、
   「ぱ〜ぷる」さん、「ホットママ」さん、「ま坪栗」さん、「みかぞう♪」さん、
   「みゃんみゃ」さん、「めいうたママ」さん、「ももんまま」さん、「新幹線が好きー!!」さん

また次回もお楽しみに!

 


(4) 編集後記





今号の特集はいかがでしたでしょうか。
絵本ナビでは出版社さんごとに特集ページを作っており、(BL出版さんはこちら >>>
おすすめ作品情報の他、各種ランキング、出版社の方のブログ記事やイベント情報など
それぞれ個性的な情報を掲載しています。是非他の出版社さんのページものぞいてみてくださいね。
 ※BL出版の特集ページがあります!マークの付いている出版社名をクリックしてください!

◆お知らせです。

宮西達也さんの人気絵本
おまえうまそうだなのシリーズの
映画化が話題になっていますね。
いよいよ10/16(土)全国ロードショー!!

映画公開に合わせ、公式サイトの方も色々なコンテンツが充実してきたようですよ。

映画「おまえうまそうだな」公式サイト >>>
お絵描きキャンペーン開催! >>>
コメントも寄せられています! >>>
テレビアニメ版もスタート! >>>

◆「バムとケロ」シリーズ、おまけ付商品の登場です!

「バムとケロ」シリーズの4冊に、
それぞれバムとケロオリジナルバッチと
携帯待ちうけがダウンロードできるQRコード付台紙1枚をセットにした
数量限定商品を販売中です!※詳細は表紙画像をクリックしてください。


 


 

「ガラゴ」シリーズの2冊には、
それぞれこちらの柄のバッチと
携帯待ちうけがダウンロードできるQRコード付台紙1枚がセットです。
 

◆大好評企画開催中!


【特集】テーマで選ぶ秋の絵本
>>> 「絵本ナビおすすめ!テーマで選ぶ秋の絵本」特集ページはこちら

 

それでは、また次号でお会いしましょう。
最後までお付き合い下さってありがとうございました!

@絵本ナビ 今日から役立つ絵本えらびのヒント
絵本ナビ では皆様のお越しを心よりお待ち申しあげております。
配信停止は
こちらから (まぐまぐご利用の方
もしよかったら、お友達にもこのメルマガをオススメしてくださいね!

※このメールマガジンの送信元アドレス
magazine@ehonnavi.net は送信専用のアドレスですので、メールを送られても発行者には届きません。お問い合わせ等は下記アドレスへお願いいたします。
 絵本ナビ事務局 
info@ehonnavi.net
 絵本ナビShop
shop@ehonnavi.net
 絵本クラブ 
club@ehonnavi.net

その他、絵本ナビへのご意見、ご要望などは
こちらから。

発行:株式会社絵本ナビ
EhonNavi Corporation

 

INFORMATION


絵本ナビの数量限定商品です
残りわずかのサイン本!

【ほりかわりまこさん サイン本】 げんくんのまちのおみせやさん

【たかおゆうこさん サイン本】 もねちゃんのたからもの

【石津ちひろさん サイン本】 かわいいことりさん

【田島征三さん サイン本】 どうしてちがでるの?

Copyright (C) 2010 EhonNavi Corporation All Rights Reserved.