くまの子ウーフ くまの子ウーフ
作: 神沢 利子 絵: 井上 洋介  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
遊ぶこと、食べること、そして考えることが大すきなくまの子ウーフ。ほら、今日もウーフの「どうして?」が聞こえてきます!
アマアマ47さん 40代・ママ

考えさせらる、色々な事を
6歳の息子と3歳の娘に読みました。 …

しまゆかさんの公開ページ

しまゆかさんのプロフィール

ママ・40代・北海道、男14歳 女9歳

しまゆかさんの声

1件中 1 〜 1件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 結末の謎  掲載日:2011/12/19
どこいったん
どこいったん 作: ジョン・クラッセン
訳: 長谷川 義史

出版社: クレヨンハウス
くまがお気に入りの帽子を探しに行く。
いろんな動物に聞くが、だれも知らないと言う。
でも気がついた。そういえば・・・ うさぎがかぶっていたのは・・・
 うさぎがかぶるとピッタリでとても可愛い三角の赤い帽子。
くまがかぶると ちょこんと頭にのって なんだか可愛い。
くまのとぼけぶりも可愛い。  でも、最後に帽子を取り返したくまがうさぎにしたことは・・・
 原作にはeatとあるようです。
長谷川さん(すばらしい感性と視点がすてきな方)の翻訳が本当にすばらしく、子ども視線であること 言葉をえらんだ関西弁にとても引きつけられること、そして結末の謎に余韻が残り、子どもの反応が楽しみになります。子どもには決してほんとうの結末は言わないようにしましょうか。
参考になりました。 5人

1件中 1 〜 1件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

「学研の幼児ワーク」<br>編集者・工藤香代子さんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット