はーくしょい はーくしょい
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
ルルちゃんが「はーくしょい!」セーターをきても、マスクをかけても「はーくしょい!」そこで、まほうつかいをよびますが……?

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

4973件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 言葉遊び(ダジャレ?)も  掲載日:2018/4/19
なにができるでしょーか?
なにができるでしょーか? 作: 大森 裕子
出版社: 白泉社
『なにからできているでしょーか?』が、かなり衝撃的だったので、
こちらもピン!ときました。
前回は分解でしたが、今回はパーツから全体像を推測ですね。
なるほど、やはり本格的ですね。
難易度は低いですが、パーツのクオリティは高いです。
加えて、言葉遊び(ダジャレ?)も。
こちらの完成度もなかなかです。
最後に全部集まって大団円も素晴らしいです。
この視点、大切にしたいですね。
幼稚園児くらいから、盛り上がりそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 審判ジェスチャーやサインプレー  掲載日:2018/4/19
耳の聞こえないメジャーリーガー ウィリアム・ホイ
耳の聞こえないメジャーリーガー ウィリアム・ホイ 文: ナンシー・チャーニン
絵: ジェズ・ツヤ
訳: 斉藤 洋

出版社: 光村教育図書
2017年度読書感想文コンクール小学校中学年の部課題図書。
もちろん、実話なのですが、その内容にかなりのインパクトがありました。
1862年生まれのウィリアム・ホイは、野球の才能があったのですが、
聴覚障がいがあったのですね。
だからこそ、自分に不利な状況を改善するために、審判ジェスチャーやサインプレーを編み出し、
それが今も続いて入るのですね。
これは、障がい者の視点が、健常者にも有益だということを示していますね。
メジャーリーガーにまでなったウィリアム、素晴らしいです。
実話だからこその説得力に脱帽です。
2008年の課題図書、『耳の聞こえない子がわたります』も併せて読んでほしいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子どもたちのまなざし  掲載日:2018/4/16
戦火のなかの子どもたち
戦火のなかの子どもたち 作・絵: 岩崎 ちひろ
出版社: 岩崎書店
岩崎ちひろさんの最後の作品です。
彼女の平和への思いがひしひしと伝わってきます。
モノローグと、たくさんの子どもたちの姿と、その状況。
子どもたちのまなざしが、たくさんのことを物語っているような気がします。
なにより、子どもたちを見つめ続けた、筆にこめられた思いを感じます。
逝去の前年、1973年初版。
まだまだ、戦争の記憶が残っていたのでしょうし、
世界には進行形の戦争があった時代です。
小学生くらいから、ちひろさんのメッセージ、受け止めたいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 30アイテムが小気味よく  掲載日:2018/4/16
おしゃべりさん
おしゃべりさん 作・絵: さいとう しのぶ
出版社: リーブル
新聞の連載童話を、見開きで30話まとめたものです。
歯(乳歯)、風邪薬、ランドセル、トイレのマーク(!?)などなど、
いづれも、小学生には親しみのあるアイテムばかりではないでしょうか。
それだけに、意外なおしゃべりに、ワクワクすると思います。
おばけちゃんの告白は、案外説得力がありますよ。
ぶたさんには、突っ込みの連続でしょう。
フィナーレのふうせんは、うまくまとめましたねえ。
おはなし会のちょっとした時間調整時に重宝しそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい チョコレートって素敵  掲載日:2018/4/16
ぎょうれつのできるチョコレートやさん
ぎょうれつのできるチョコレートやさん 作: ふくざわ ゆみこ
出版社: 教育画劇
「ぎょうれつのできるおいしいえほん」シリーズ、今度はチョコレートですって。
なるほど、チョコレートと相性のいい木の実、ということで、リスが主人公なんですね。
ふわふわしっぽのキタリスくんと、しましましっぽのシマリスくんが、
森の中で木の実を拾っているチョコレート屋さんのお兄さんと仲良くなるのですね。
初めて食べたチョコレートの効用が丁寧に描かれます。
もちろん、キタリスくんとシマリスくんの性格の違いも。
そして、二人の良さを発揮して、なんと、チョコレート屋さんを開店することに!
チョコレートって素敵!ときっと実感できると思います。
幼稚園児くらいから、体感してほしいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 春色をまとって  掲載日:2018/4/16
はるのワンピースをつくりに
はるのワンピースをつくりに 文: 石川 睦美
絵: 布川 愛子

出版社: ブロンズ新社
国語の教科書などで有名な読み物「すみれちゃん」シリーズの作者、石井睦美さんですもの、
この題名に、すぐ飛びつきました。
さきちゃんが、仕立て屋さんのミコさんに、春のワンピースを作ってもらう物語です。
昔ながらのアンティークなインテリア、足踏みミシン。
そして、丁寧なカウンセリングで選ばれる素材の豊かさ。
そう、シンプルなワンピースといっても、たくさんのセレクトから誕生するのですよ。
服に込められた思いがいっぱい伝わってきます。
布川愛子さんの絵も、この世界観にとてもよくなじんでいます。
まさしく、春色をまとった、さきちゃんのワンピース。
是非ご覧くださいね。
幼稚園児くらいから、特におしゃれな女の子に。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う いちご  掲載日:2018/4/12
じゃぶじゃぶ じゃぐちくん
じゃぶじゃぶ じゃぐちくん 作: 新井 洋行
出版社: 講談社
さわやか手洗い絵本、と副題にあります。
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
蛇口から出てくる水の気持ちよさをたっぷり体感して、
手を洗うことへ誘う、という訳ですね。
洗うというより、まずは水とお友だち、という感覚でしょうか。
新井洋行さんのスタイリッシュな造形の蛇口がなんともキュート。
後半ではイチゴが登場するので、春から初夏に読むのがぴったりでしょうか。
もちろん、きれいな手でいただきますの、とびっきりの笑顔!
この水の造形、さすがです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい たまちゃんにとっては、妹  掲載日:2018/4/12
たまちゃんとあかちゃん
たまちゃんとあかちゃん 作: どい かや
出版社: 学研
どいかやテイストがいっぱい詰まった作品です。
ネコのたまちゃんから見た、赤ちゃんの様子が描かれます。
ある日、たまちゃんの家にやって来た赤ちゃん。
興味津々のたまちゃんですが、やがて、一緒に育つのですね。
ちょっとした姉妹ストーリーでもあります。
もちろん、ネコと人間の違いで、赤ちゃんの方が大きくなりますが、
たまちゃんにとっては、妹、という視点がほほえましいです。
ネコ好きにはたまらないでしょうか。
幼稚園児くらいから、共感できると思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ハートの形  掲載日:2018/4/12
どこどこハート
どこどこハート 著者: ツペラ ツペラ(tupera tupera)
出版社: ブロンズ新社
各ページの絵の中の、ハートの形をさがす趣向です。
tupera tuperaさんが描くので、造形や配色もスタイリッシュです。
光沢のある紙質なので、華やかですね。
ハートという形を取り上げてあるのも素敵です。
そして、こんなにバリエーションがあるとは驚きです。
でもやはりうれしいのは、ラストページ。
お祝いケーキに、おめでとう!のメッセージ。
小さい子から、この祝福を感じてほしいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 臨場感  掲載日:2018/4/10
かぜビューン
かぜビューン 作・絵: ツペラ ツペラ(tupera tupera)
出版社: 学研
表紙から、風圧を感じます。
仕掛け仕立てで、風が吹いた後の様子を臨場感たっぷり描きます。
鼻水だったり、カツラだったり、その面白さがわかるのは、
やはり幼稚園児以上くらいでしょうか。
意外に高度な状況把握力が求められます。
単にページを開くだけなのですが、この臨場感、たまりませんねえ。
波型のめくり口も、スタイリッシュです。
ありそうでなかった仕掛けが、新鮮でした。
参考になりました。 0人

4973件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『ふつうの主婦が見つけたやる気のエンジンのかけ方』朝山あつこさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット