雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

4714件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 訳あってのインスタント食品  掲載日:2017/7/21
ほうちょうさん ききいっぱつ
ほうちょうさん ききいっぱつ 作・絵: 宮西 達也
出版社: 教育画劇
なんと、包丁が主人公!?
しかも渋い顔だち、ええ、人情いっぱいのストーリーです。
台所の戸棚で嘆いているのは調理器具たち。
それもそのはず、台所で幅を利かせているのが、インスタント食品だからです。
我慢の尾が切れた包丁さんを止めたは、まな板さん。
その諭し方が見事です。
そして後半、意外な事実が明らかに。
そうそう、インスタント食品って、悪い面ばかりが強調されますが、
こんな側面もあるんですね。
それは、調理担当者への気配りも垣間見えます。
このにじみ出る愛、これこそ、宮西達也ワールドです。
それにしても見事な造形に、脱帽です。
やや古風なので、小学生くらいから、一種の食育も兼ねて。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい ローラーコースター、信号  掲載日:2017/7/21
あそぼ
あそぼ 作: エルヴェ・テュレ
訳: 谷川 俊太郎

出版社: ポプラ社
『まるまるまるのほん』『いろいろいろのほん』に続く、エルヴェ・テュレさんの作品。
谷川俊太郎さんが軽快に翻訳しています。
題名もきっぱりと、歯切れがいいですね。
今回は黄色い丸が主役。
序盤はいつもの参加型の魔法?でウォーミングアップ、
慣れてきたら、本題のローラーコースター的展開です。
今話題のド・ドドンパみたいなスピード感ですよ。
もちろん、赤丸や青丸も出演して場を盛り上げます。
終盤はクールダウンでしょうか、
何と信号が登場。
私的にはここがツボでした。
やや長いですが、感性で遊んでほしいです。
やや高度なので、小学生くらいからがいいと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う もしゃもしゃ髪の毛の中から  掲載日:2017/7/18
ちょきちょきブロッコリーさん
ちょきちょきブロッコリーさん 作・絵: ふくだ じゅんこ
出版社: PHP研究所
独特の画風のふくだじゅんこさん。
ほら、表紙からただならぬオーラを感じませんか?
ブロッコリーが床屋さんですって。
なるほど、確かに個性的な髪型のように見えます。
しかも、もしゃもしゃ髪の毛の中から道具を取り出すなんて、
なかなかシュールです。
本題はなすびくんのカットですが、
他のお客さん(野菜たち)のカットの様子も、面白いです。
さあ、なすびくんの固いヘタ、いえ、髪の毛の運命は?
このバリエーションに脱帽です。
幼稚園児くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 図書館が救いの手  掲載日:2017/7/14
風をつかまえたウィリアム
風をつかまえたウィリアム 文: ウィリアム・カムクワンバ ブライアン・ミーラー
絵: エリザベス・ズーノン
訳: さくま ゆみこ

出版社: さ・え・ら書房
『THE BOY WHO HARNESSED THE WIND』が原題。
日本でも、スーパープレゼンテーションという番組でおなじみの
TED(世界的講演会)に作者自身が登壇していたをたまたま視聴していたので、
ピン!ときました。
そう、アフリカの貧しい少年が、独学で風力発電の風車を作った実話です。
マラウィという国に住むウィリアム少年の家は貧しく、
とうとう学校にも行けなかったのですね。
幸運なことに、近所に図書館があったので、そこで、
英語の辞書片手に科学の本を読破し、風力発電の風車を手作りしたのです。
図書館が救いの手になったということが嬉しいですね。
もちろん、ウィリアム少年のまっすぐな意志の強さもあってのことです。
巻末には、その後のウィリアム少年の姿も掲載されています。
TEDにより資金が集まり、ウィリアム少年も復学し、家の畑も再生し、
地域のためにさらなる学びを続けているそう。
小学生くらいから届けた作品です。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う かっこいいお母さん  掲載日:2017/7/14
ふってきました
ふってきました 作: もとした いづみ
絵: 石井 聖岳

出版社: 講談社
表紙絵からは想像がつきませんが、かなりぶっ飛んだ展開です。
怪しい空模様、でも、降ってきたのは、動物たち!?
つるこちゃんがお花摘みをしていると、動物たちが降ってきて、
邪魔をしたからと、お花摘みを手伝ってくれるストーリー。
そもそも、つるこちゃんのペットはカメ。
ゾウ、パンダ、ワニなど、そうそうたる動物たちにビックリです。
でも一番の驚きは、空から降ってきた??お母さん。
なんてかっこいいのでしょう。
つるこちゃんの気持ちにもほっこりです。
幼稚園児くらいから、おはなし会では盛り上がりそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 双六用語が語源の数え歌  掲載日:2017/7/11
ちゅうちゅうたこかいな
ちゅうちゅうたこかいな 作: 新井 洋行
出版社: 講談社
聞いたことはあるけど、意外に知らない、「ちゅうちゅうたこかいな 」。
二つセットで数える、「にー、しー、ろー、はー、とお」が
「ちゅう、ちゅう、たこ、かい、な」、
双六用語が語源の数え歌です。
とはいっても、表紙から漂う陽気なタコくん、一筋縄ではいきません。
軽快なリズムに乗って、最後の「な」にちなむものが次々登場するのです。
極めつけは、あのよく似た仲間。
当然、その後の展開は…。
なるほど、見事な着地です。
もちろん、エンターテインメント調に読んでみましょう。
幼稚園児くらいからでしょうが、意外に小さい子にもいいかもしれません。
奥が深いです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい トリカブト!?  掲載日:2017/7/11
狂言えほん ぶす
狂言えほん ぶす 作: もとした いづみ
絵: ささめや ゆき

出版社: 講談社
狂言えほん。
有名な「附子」のおはなしで、ポプラ社からも内田麟太郎&長谷川義史コンビで出ていますが、
私はこちらの方がこざっぱりとしていて好感を持ちました。
主人のツボの中身をめぐっての、家来の太郎と次郎の騒動。
狂言らしい、リズミカルな掛け合い場面はその様子を上手に残してあります。
このシリーズは、巻末に詳しい解説があって、勉強になります。
附子って、トリカブトの猛毒ですって。
それにしても、耳には印象に残る言葉ですからね。
狂言入門にもいいと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 苔の魅力  掲載日:2017/7/11
こけこけコケコッコー
こけこけコケコッコー 作・絵: にしはら みのり
出版社: PHP研究所
『いもむしれっしゃ』もなかなかの視点に感嘆したのですが、
今度のテーマは、苔!
なんて渋いんでしょう。
でも、その奥深さに、きっと苔の魅力を感じると思います。
かえるのケロロが出会ったのは、苔のコケコッコー。
その名の通り、苔に覆われた(トピアリー風?)にわとりもどき。
ということで、一緒に散歩に出かけての道中記です。
物語に様々な苔のキャラクターが登場し、その様子を描写することで、
苔の生態が体感できるという訳です。
そうそう、モスグリーンのmossって、苔でしたねえ。
あちこちに散りばめられた苔ネタをぜひチェックしてほしいです。
もちろん、ダジャレ風言葉遊びも、ね。
やや高度な知識も盛り込まれているので、小学生くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 女のサンタとトントゥ  掲載日:2017/7/11
クリスマスわくわくサンタの日!
クリスマスわくわくサンタの日! 作: ますだ ゆうこ
絵: たちもと みちこ

出版社: 文溪堂
12月に入ったら、クリスマスに向けて読みたい作品です。
サンタクロースになりたい女の子、レミが主人公です。
レミのエピソードを追って、アドベントカレンダーや、サンタクロースへの手紙、
クリスマスのごちそうなどがわかる構成です。
巻末などには詳しい解説も添えてあります。
クリスマスの知識は、私も今までずいぶんクリスマス本を読んで知っていましたが、
妖精トントゥや、サンタクロースの呼び名など、知らないこともたくさんあり、
学びました。
何といっても衝撃的だったのは、女のサンタクロース。
スウェーデンのサンタ・ルチアがモデルのようですね。
小学生くらいから、ぜひ読んでほしいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい カワセミの動き  掲載日:2017/7/6
雲をつかむはなし
雲をつかむはなし 作: あべ 弘士
出版社:
カモシカとカワセミの物語を、あべ弘士さんが鮮やかに描きます。
カワセミは、友人であるカモシカに、狙っている獲物の魚の話をします。
背中の模様が空の雲そっくりな、目の鋭い大きな魚。
カモシカもその姿を確認し、カワセミの一歩を後押しします。
カワセミの、その後の行動がすごいです。
まさしく、あべさんが描く臨場感が迫力満点です。
この魚は?
雲ととらえた感性にも拍手です。
幼稚園児くらいから体感できると思います。
参考になりました。 0人

4714件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

絵本のなかのくろくまくんといっしょにトイレトレーニング♪

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット