アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

4831件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい ぽんぽこまつり  掲載日:2017/11/17
うみやまてつどう さいしゅうでんしゃのふしぎなおきゃくさん
うみやまてつどう さいしゅうでんしゃのふしぎなおきゃくさん 作・絵: 間瀬 なおかた
出版社: ひさかたチャイルド
間瀬なおかたさんお得意の乗り物絵本です。
ノスタルジックな電車を舞台に、不思議な世界が展開します。
海辺の町と山奥の村を走るうみやまてつどうのエピソードです。
最終電車ということで、ミステリアスです。
なぜか、たくさんのお客さんが乗車するのですね。
目的地はぽんぽこやま(本鉾山)えき。
なぜか真ん丸の容姿のお客さんたち、切符がしばらくして葉っぱになってしまうなど、
王道のストーリーですが、ひねりが効いています。
改札口に降りてきたおじさんが着ている法被、よおく見ると、
あかさたな〜のロゴ?
いえいえ、ちゃんと、「た」抜き。(笑)
後半は、予想通り、ぽんぽこ祭りですが、駅員さんを巻き込んでのはじけっぷりが
ほほえましいです。
葉っぱの切符でだまされた?
いえいえ、ちゃんと活用方法があるなんて、平和ですねえ。
そうそう、女性の駅員さんも活躍していて、嬉しいです。
昔ながらの駅舎も、温かいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ハプニングでも  掲載日:2017/11/17
ルラルさんのえほん(8) ルラルさんのだいくしごと
ルラルさんのえほん(8) ルラルさんのだいくしごと 作: いとう ひろし
出版社: ポプラ社
のんびり、ゆったりのルラルさん、今日は大工仕事ですって。
器用なルラルさんの腕前に、やはり感嘆ですね。
屋根の修理もスイスイのはずが、ハプニング発生!
なんと、降りようと思ったら梯子が倒れてしまっているのです。
運よく庭の仲間たちに声がけして、一件落着のはずが、
梯子を見て、汽車ごっこが始まってしまい、
屋根の上で待ちぼうけのルラルさん。
この後の行動が、ルラルさんらしさです。
きっぱり予定をあきらめ、違う楽しみを見つけるのです。
この臨機応変、見習いたいものです。
気の持ち方で、世界観が変わる様子を体感した思いです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 帽子の中から  掲載日:2017/11/16
うるしー
うるしー 絵: ロロン
監修: 開一夫

出版社: ディスカヴァー・トゥエンティワン
「あかちゃんが選んだあかちゃんのための絵本」シリーズ。
帽子からいろいろな物を取り出してみせる、くまの手品師が主人公。
うるうるうるしー、という呪文?という訳ですね。
バナナや三輪車、ゾウなど、バラエティに富んでいます。
後半は季節ものですが、ほぼ四季を網羅しているので、ありがたいですね。
もちろん、ラストはほのぼの。
くまの立ち位置も感じられます。
どちらかといえば、地味な色調ですが、どこかしら温かみを感じるのが不思議です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 認知症理解  掲載日:2017/11/13
ばあばは、だいじょうぶ
ばあばは、だいじょうぶ 作: 楠 章子
絵: いしい つとむ

出版社: 童心社
2017年度読書感想文コンクール小学校低学年の部課題図書。
作者の実体験を踏まえて、認知症や介護について描いた作品。
ぼくの大好きなおばあちゃん、ばあばが、忘れてしまう病気にかかってしまうのです。
その具体的な行動が切ないです。
完全に忘れてしまうのではないところが、本人にとってもつらいということが、
よくわかるエピソードです。
近所の人々も、戸惑いながらも温かいです。
そう、目をそらしたいけど、理解する事が大切なんですね。
あとがきも滋味深いです。
そう、決して大変なだけの世界ではなく、学ぶことがあり、心が満たされる世界だということ。
心の持ちようを教わった読後感でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 子どもの楽隊パレード  掲載日:2017/11/13
チータカ・スーイ
チータカ・スーイ 作・絵: 西村 繁男
出版社: 福音館書店
獅子舞を検索していてヒットした作品。
子どもの楽隊パレードの様子を描きます。
鳴り物の後からは、龍や獅子舞まで。
練り歩く街中は、昭和の風情です。
ただただ、行進するだけですが、少し不思議な存在感です。
たくさんのサブストーリーが繰り広げられていて、
何とクイズまでありますが、なかなか難しいです。
それだけ、見どころ満載、ということなのですが。
小学生くらいから、大人もじっくり味わえそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 獅子舞の由来  掲載日:2017/11/13
ししときつね
ししときつね 作: 岩崎 京子
絵: 村上 豊

出版社: ほるぷ出版
獅子舞で検索していてヒットした作品。
獅子舞の由来エピソードになります。
天竺(インドに)いた獅子の王様は、大声の威力がすごかったのですね。
そのうわさを聞き付けた、日本のキツネが、獅子の王さまを訪ねるのです。
その道程も丁寧に描かれ、天竺への道のりも体感できます。
何とか面会でき、獅子の王様をおだてて、その大声を聞くくだりが、
なんとも迫力満点です。
唖然の結末ですが、妙に納得させられます。
村上豊さんの絵は実に豪快で、滋味深いです。
やはり音読してじっくりと味わいたいですね。
幼稚園児くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 「なぜ」に応えるお話  掲載日:2017/11/13
おそばのくきはなぜあかい
おそばのくきはなぜあかい 作: 石井 桃子
絵: 初山 滋

出版社: 岩波書店
「なぜ」にまつわる3つの昔話を収めた作品。
初版が1954年ですが、石井桃子さんの再話、初山滋さんの絵ということで、
クオリティの高さを感じます。
・おそばのくきはなぜあかい
大きな川のそばで、お蕎麦と麦がおじいさんに出会うのですね。
親切にしたお蕎麦と、不親切だった麦の行く末に、納得です。
冷たい川で真っ赤になった足元、というのが、リアルです。
・おししのくびはなぜあかい
天竺(インド)のおさるが、遊び相手がいなくて、お獅子と遊んだ時のエピソードですね。
お獅子の大きな声の迫力がすごいです。
おさるらしい機転が面白いです。
真っ赤になってうなるお獅子の様子が目に浮かびます。
同時に、首だけになった理由、風呂敷が付随する理由、うーん、納得です。
獅子舞の由来ですね。
・うみのみずはなぜからい
塩を出し続ける臼というお話は、どこかで聞いたようですが、
そこまでのくだりが、込み入っていますが、面白いです。
昔話ですが、意外に絵が斬新で、びっくりです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 秋満喫、工作のヒントになるかも  掲載日:2017/11/13
おちばいちば
おちばいちば 作: 西原 みのり
出版社: ブロンズ新社
幼稚園で作ったドングリのお馬さんを眺めていたさっちゃんが遭遇したファンタジー。
さあ、このお馬さんに乗って、おでかけです。
たどり着いたところが、落ち葉市場という訳ですね。
木の実や落ち葉、虫や生き物たちが繰り広げる世界です。
画面いっぱいたくさんの見所があるので、じっくり読めるといいですね。
工作のヒントにもいいかもしれません。
リサイクル的な物もありますよ。
虫食いをレースに見立てるところも、ナイスアイデアです。
秋満喫の気分が味わえそうです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う つまんない考  掲載日:2017/11/12
つまんない つまんない
つまんない つまんない 作: ヨシタケシンスケ
出版社: 白泉社
ヨシタケシンスケさんお得意の哲学?です。
ほら、表紙からヒタヒタと迫ってくる「つまんない」オーラに身をゆだね、
一緒に考えてみましょう。
いつものように、男の子がいろいろと哲学していますよ。
今回のお題は、「つまんない」考。
その発想に唸ります。
その中に面白いことを見つけられるのが、子どもの特権でしょうか。
つまんない人が300人集まった光景など、圧巻ですね。
しかも、大人にまで思考を広げるのがいいです。
最後はお父さんがまとめてくれるのですが、
子どもに付き合うのは、難しいですね。
小学生くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 王様は・・・  掲載日:2017/11/6
ねむれない おうさま
ねむれない おうさま 原作: ベンジャミン・エルキン
絵: ザ・キャビンカンパニー
訳: こみや ゆう

出版社: 瑞雲舎
『世界でいちばんやかましい音』の作者による作品。
何となく同じ世界観を感じてしまいました。
ある国のカール王は眠れずに困っていたのですね。
そこで大臣たちが対策に奔走するストーリーです。
その努力たるや、涙ぐましいですよね。
独特の繰り返しが印象的です。
語りでも聞いてみたいです。
そして、なかなか登場しない王様が、ラストで存在感を発揮します。
なるほど!
この顛末、やはりすごいです。
参考になりました。 1人

4831件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

読んで笑ってつっこんで!家族みんなであたたまる絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット