すきなことのみつけかた すきなことのみつけかた すきなことのみつけかたの試し読みができます!
作: たかい よしかず  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
すきなことが見つかると心はればれ!さあ、チャレンジ!

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

4913件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 薬味という分類  掲載日:2018/2/18
レモンちゃん
レモンちゃん  作・絵: さとう めぐみ
出版社: PHP研究所
キュートなレモンちゃんの造形に、やはり魅せられました。
レモンちゃんがお友だちを探すストーリーです。
いわゆる、アイデンティティ探しでしょうか。
意外にも、酸っぱいという理由で、果物からも疎外され、
もちろん野菜でもなく、行きついたのは、薬味!
わさびやショウガ、唐辛子といったイカツイ面々にびっくりですが、
ハートは温かいようですね。
後半は、そんな薬味たちが大活躍なのです。
これはうれしい展開です。
薬味へのイメージ一新といったところでしょうか。
もちろん、仲直りの大団円。
レモンに愛着がわきそうです。
幼稚園児くらいから共感してくれると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 塗り絵のよう  掲載日:2018/2/18
あか き あお みどり
あか き あお みどり 文・絵: ディック・ブルーナ
訳: まつおか きょうこ

出版社: 福音館書店
ブルーナの色彩学習絵本とでも言えましょうか。
ブルーナカラーと呼ばれる4色で、塗り絵感覚で展開していきます。
(ブルーナカラーは、正確には、のちに灰色と茶色が追加されたらしいですが。)
グラフィックデザイナーということもあり、鮮やかな配色と造形が絶妙ですね。
ちょっとした知育絵本としてもいいと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 福井県立恐竜博物館  掲載日:2018/2/18
きょうりゅうオーディション
きょうりゅうオーディション 著: たしろ ちさと
出版社: 小学館
表紙から、不思議な色彩に惹かれましたが、
作者初挑戦の、版画・コラージュ作品だそうで、納得です。
福井県立恐竜博物館での見聞や体験からの創作だそう。
オーディションということで、それぞれの恐竜が自己PRをするという趣向ですね。
きちんとした解説もあり、さながらちょっとした図鑑のような面白さです。
プテラノドンのところで、翼竜は恐竜じゃない、とあり、なるほど!と学ばせていただきました。
司会は福井県で発掘されたフクイベナートルがモデルというのも滋味深いです。
恐竜と言えば、いかついイメージがありますが、
コラージュの色合いが絶妙にマッチしていて脱帽です。
恐竜が劇団を作るという発想も素敵です。
幼稚園児くらいから楽しめそうです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 古いビスケット型押し板から  掲載日:2018/2/18
おかしのくに
おかしのくに 作: マブリナ
出版社: 福音館書店
ロシアのタチアーナ・アレクセーブナ・マブリナの作品。
博物館で調べた古いビスケット型押し板からの創作だそうです。
こねた生パン(生地)に型を押し付け、いろいろな形のビスケットを焼いたとか。
ということで、そのいろいろな形から膨らむファンタジーです。
ねこがこねこのためにビスケットを焼いたのですが、
そのビスケットが逃げ出しての騒動です。
冒険あり、のどかな暮らしがあり、そして、まぎれもなく、お菓子の国です。
ぼんやりとした独特な絵は古風ですが、
それだけに、時の流れにとじ込められた世界をのぞくようです。
小学生くらいから、その豊潤な世界を感じてほしいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 赤ずきんとコラボ!?  掲載日:2018/2/18
えほんからとびだしたオオカミ
えほんからとびだしたオオカミ 作: ティエリー・ロブレヒト
絵: グレゴワール・マビール
訳: 石津 ちひろ

出版社: 岩崎書店
『もしかしてオオカミ!?』に描かれた本棚にさりげなくあって気になって
読んでみました。
題名の通り、本棚から落ちてきた絵本から転がり出てきたオオカミが、
部屋ネコから追われて、いろいろな絵本に潜り込んでは追い出されるストーリー。
ちょっとしたスリリングさと、オオカミの慌てぶりがツボでしょうか。
ラストでは、赤ずきんとコラボ!?
これは赤ずきんのお話を知っていないと、面白さ半減ですね。
復習も兼ねて、赤ずきんのおはなしもどうぞ。
そこここにある本も、実在の本が混在していて、たまりません。
小学生くらいから楽しめそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 果物アラカルト  掲載日:2018/2/18
くだものさがしもの
くだものさがしもの 作・絵: はらぺこめがね
出版社: PHP研究所
たくさんの果物が登場しますが、ダジャレあり、探し物、迷路、間違い探しなど、
さながら、果物アラカルトといったところでしょうか。
でも、なかなかのクオリティにうなりました。
文章も、バラエティ豊かで、ワクワクします。
なにより、リアルで鮮やかな色彩が楽しいです。
やはり極めつけは、ラストのみかんのヘタ。
大人の私ですら、思わず躍起になってしまいました。
ちょっとした知育絵本としても使えそうですね。
幼稚園児くらいから参加型で盛り上がりそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 15歳が発明した点字  掲載日:2018/2/18
6この点 点字を発明したルイ・ブライユのおはなし
6この点 点字を発明したルイ・ブライユのおはなし 文: ジェン・ブライアント
絵: ボリス・クリコフ
訳: 日当 陽子

出版社: 岩崎書店
今やあちこちで使われている点字を発明した、ルイ・ブライユの、
子ども時代のエピソードです。
子どものための伝記などを手掛ける筆者による文章は、
ルイ自身の一人称でかかれているだけに、親しみやすいと思います。
注目は、15歳が発明したということです。
5歳の時に失明して、学びたいのに本が読めないという困難に、
それなら、当事者の自分が発明すればいい、という発想です。
ヒントが、軍用の暗号というのが、その時代を感じます。
病気を併発しながらも、改良に没頭した姿勢に頭が下がります。
読み書きに対する情熱を体感できますね。
小学生以上から、点字学習の時にでも、合わせて読んでほしいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う やはり連続技  掲載日:2018/2/18
たかい たかーい
たかい たかーい 作・絵: オームラ トモコ
出版社: フレーベル館
作者に見覚えがあったので手に取ったら、『なんのぎょうれつ?』の方でした。
やはり連続技ですね。
題名よろしく、いろんな物が積み上がる趣向です。
注目は、仕掛け仕立てで、その様子が迫力満点であることです。
本やパンケーキ、洗濯物などなど。
もちろん、関西人としては、なんでやねん!と突っ込みたくなる光景です。
確かに、「たかい たかーい」ですが、
赤ちゃんの遊びではないのが、ポイントです。
幼児以上にはツボの、進化した「たかい たかーい」でしょうか。
聞き手の突っ込みがいっぱい聞けそうです。
ラストの図は、ブラボー!だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 魔法の在り処  掲載日:2018/2/18
マララのまほうのえんぴつ
マララのまほうのえんぴつ 作: マララ・ユスフザイ
絵: キャラスクエット
訳: 木坂 涼

出版社: ポプラ社
ノーベル平和賞を受賞した、パキスタンのマララ・ユスフザイさんの作です。
彼女自身が、子どもたちに向けたメッセージです。
小学生のころ見たテレビアニメに出てくる「魔法の鉛筆」に、
いろいろな思いを託すマララさん。
やがて、彼女の境遇が、さらに思考を深め、魔法の在り処を悟るのですね。
魔法の鉛筆は、自分の言葉と、自分の行動の中にある。
その発信力と行動力を目の当たりにしているだけに、その言葉の重みを感じます。
子どもにもできること、という視点は、とても力強いと思います。
小学生くらいから、ぜひ、感じ取ってほしいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 春はすぐそこに  掲載日:2018/2/2
つららがぽーっとん
つららがぽーっとん 作: 小野寺悦子
絵: 藤枝 つう

出版社: 福音館書店
つららの様子を眺めながら、春の訪れを感じる作品です。
題名はまさに、つららが溶ける様子です。
さりげなく置かれたひな人形も発見。
家の周りに大きなつららが下がり、一面雪景色というのは、雪国でしょうか。
つららに話しかけるというのも、子どもらしくていいですね。
温かい室内との対比も面白いです。
幼稚園児くらいから感じ取ってくれると思います。
参考になりました。 0人

4913件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

【連載】「ポニー・ブックス」シリーズ 編集者・佐々木さんインタビュー

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。
  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

全ページためしよみ
年齢別絵本セット