いもむしれっしゃ いもむしれっしゃ いもむしれっしゃの試し読みができます!
作・絵: にしはら みのり  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
サイン本発売中!

アダムのママさんの公開ページ

アダムのママさんのプロフィール

その他の方・40代・神奈川県

アダムのママさんの声

372件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 長く読み継がれるのには理由があります  掲載日:2018/2/9
きのうえのおうちへようこそ!
きのうえのおうちへようこそ! 作: ドロシア・ウォーレン・フォックス
訳: おびか ゆうこ

出版社: 偕成社
クラシカルな絵の雰囲気とツリーハウスに住んでいる主人公に惹かれて、読んでみました。

人に会うのがちょっと苦手なのというツイグリーさんは、木の上にたてたツリーハウスに住んでいて、ニャンコという名前の犬と暮らしています。

ニャンコは、とてお利口さんで、お買い物なんかもしてくれます。

町の人々には、ちょっと変わり者だと思われているみたい。。。

ところが、その町に大きな台風がやってきて、町には水があふれてしまいます。
濡れずに暖がとれるのはツイグリーさんのツリーハウスぐらいしかありません。

そんな災害時に、ツイグリーさんがとった行動とは?

日本でも大きな災害が、あちらこちらで起きています。
そして、その度に、人と人とが助け合うことの大切さを痛感します。

さらには災害の時だけではなく、日頃から心がけたいなと思います。

他人の個性を尊重しつつ、助け合いの精神を忘れない。とても大切なメッセージが込められた名作だと思います。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい おいしいドーナツ!  掲載日:2018/1/23
ドーナツやさんのおてつだい
ドーナツやさんのおてつだい 作: もとした いづみ
絵: ヨシエ
企画: アサヒ飲料株式会社
発行: 絵本ナビ

出版社: 泰文堂
最近は、コンビニで手軽にドーナツが買えてしまうので、作ろうなんて思いもしないのですが、この絵本を読んだらとっても作りたくなりました。

砂糖をまぶしたドーナツもおいしそうですが、「かいぶつ」に注文されて子どもたちとつくったチョコペンシルでデコレーションしたドーナツがとてもおいしそう!
さっそく、作ってみたくなりました。

みんなで、「かいぶつ」に注文されたとおりに100個の、おいしくてきれいなドーナツをつくって、山のうえまで届けますが、出てきた「かいぶつ」のかわいらしいこと!

な〜んだ、子どもみたいな「かいぶつ」だったのね!

それに、ちゃんとお礼もしてくれましたよ〜

早く春がこないかなぁ。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う PVの雰囲気そのもの  掲載日:2017/12/18
雲の森のマーカス
雲の森のマーカス 絵: なつのはむと
文: 松井 亜弥

出版社: 創藝社
アニメのお仕事をされている方の作品のようで、youtubeで見られるPVは、まさにアニメ映画のようなクオリティです。

日本を代表するアニメ映画のような雰囲気があって、夢のある世界観になっています。子供達も行ってみたいと思うんじゃないかな。

どちらかというと、普段、読み聞かせなどで選ぶ絵本とは違う雰囲気をもった作品ですが、続きが気になりますし、シリーズ化されたらいいなと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい むねんーーー  掲載日:2017/12/4
ももちゃんと じゃまじゃまねこと クリスマス
ももちゃんと じゃまじゃまねこと クリスマス 作: にわ
出版社: マイクロマガジン社
もともと絵本にハマったのが、猫絵本という私としては、久々に新キャラに会えた喜びをかみしめながら読みました。

ころころしていて可愛いビジュアルなのに、悪さばっかりして、ももちゃんの邪魔をしてばかりのニャンコたち。

うちの猫も、こっちが腰を落ち着かせて何かやろうとするときに限って必ず、構ってーと言ってくるので、猫あるあるですね。また、そういうところが愛らしい生き物なのですが。

この絵本では、そんな猫たちを見つけたり、振り払うために、『息を吹きかけて見ましょう』とか『本をたてにふってみましょう』と書かれていて、アクティブに楽しめるようなしかけもあるので、子供たちも楽しめると思います。

集団向けの読み聞かせでも活用できそうです。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 愛らしいカエルちゃん  掲載日:2017/12/4
オレ、カエルやめるや
オレ、カエルやめるや 文: デヴ・ペティ
絵: マイク・ボルト
訳: 小林 賢太郎

出版社: マイクロマガジン社
カエルちゃんの気持ち、わかるーと共感しながら読みました。
隣の芝は青く見えるものですよね!

カエルちゃんは、身体がヌルヌルしてて虫ばっかり食べなきゃならないカエルよりも、毛がふさふさなネコとかフクロウとかになりたいと言うのですが、パパがいくらカエルにしかなれないんだよといっても、なかなか聞く耳を持ちません。

どうやって、この子は気がつくのかなぁと思っていたら、なるほどーというオチが。

カエルはカエルでも、どんなカエルになりたいか。

これからは、そんな風に夢をもつの出しょうね〜
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 不思議なお話  掲載日:2017/12/4
ざしき童子のはなし
ざしき童子のはなし 作: 宮沢 賢治
絵: 岡田 千晶

出版社: 三起商行(ミキハウス)
座敷わらしの、さまざまないわれを何個かのエピソードに分けて紹介している絵本です。
宮沢賢治がこのようなお話も書いていたとは知りませんでした。

おもに東北地方で、昔から伝わる不思議な子供の姿をした精霊的な存在のおはなし。

もう少し怖い風貌で描かれることが多いように思いますが、岡田さんの座敷わらしは、可愛らしい子供でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かわいい💕  掲載日:2017/11/24
Cookies for you マローネとつくるクッキー
Cookies for you マローネとつくるクッキー 著者: 刀根 里衣
出版社: NHK出版
モカとつくるホットチョコレートより、もっとカラフルでポップな色使いでワクワクします。
女子ウケ間違いなしですね〜

あーもう絵を見ているだけでヨダレが出てきました。クッキー食べたい!

クッキーもいろいろな型で抜いたり、トッピングをして、バリエーション豊かなお菓子なので、想像力をかきたてられます。
今度はどんなクッキーを作ろうかとか、どんなクッキーを買ってこようかと想像するだけで幸せな気分に。

そして、一緒にクッキーを作ってくれるマローネも可愛いです
クッキーのお供は紅茶。
私もクッキーだったらコーヒーより紅茶かな。

たまには優雅にゆっくりとお茶の時間を持ちたくなります。

モカとつくるホットチョコレートとペアで手元においておきたい絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 刀根さんの絵が大好き  掲載日:2017/11/24
Hot chocolate for you モカとつくるホットチョコレート
Hot chocolate for you モカとつくるホットチョコレート 著者: 刀根 里衣
出版社: NHK出版
刀根さんの絵が大好きで、ほとんどの絵本を持っています。
寝る前などに、今日はどれにしようかなと選んで、じっくり味わいます。

刀根さんの絵本にでてくる動物たちは、どの子も可愛くて大好きなのですが、モカちゃんが一緒にほっとちょこを作ってくれるというコンセプトの絵本が登場しました。

ホットチョコレートも、いろいろなフレーバーをつけたり、トッピングをしたら、自分だけのとっておきのオリジナルができるので、これからの季節に、モカと一緒に選んでいるような気分で作ってみたくなりました。

冬にぴったりの癒し系絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 答え合わせが面白い  掲載日:2017/11/22
名画で遊ぶあそびじゅつ!世界の楽しい美術めぐり
名画で遊ぶあそびじゅつ!世界の楽しい美術めぐり 著: エリザベート・ド・ランビリー
訳: 大澤 千加

出版社: ロクリン社
このシリーズの絵本は、様々な名画の細かい部分や描かれているアイテムを探してみたり、よく見てみたりして、ディテールから絵画の面白さを知ろうというコンセプトで作られています。

見開きごとに、様々な時代の様々な様式の絵画が取り上げられていて、あまりピックアップしたものの統一感はないと感じたので、ただただ面白いものや作者が好きなものを選んだのかなという印象です。

あまり、美術史や美術の様式などとらわれずに、ディテールから絵画を楽しむというスタンスなので、そうなったのかもしれません。

とはいえ、若干、クセのある絵画が多いように感じました。

こういった、探しものの絵本で困るのは、答え合わせができないものが、ときどきあって、モヤモヤが残るのですが、この絵本にはきちんと答えが載っているので心配無用です。

子供達もゲーム感覚で名画を見ることができて楽しいのではないでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 絵画のディテール  掲載日:2017/11/22
名画で遊ぶ あそびじゅつ!絵が語る歴史と物語
名画で遊ぶ あそびじゅつ!絵が語る歴史と物語 著: エリザベート・ド・ランビリー
訳: 大澤 千加

出版社: ロクリン社
絵画を漠然と鑑賞しても、どうしても何も感じることができないことがあります。
せっかく、美術館に来たのに、スタスタと通り過ぎてしまい、何も感じることができないまま出口に向かっていることもあります。

でも、もし、この絵本のように、絵画の中からフクロウを三羽さがしてみましょう、とか、ヴァイオリン弾きはどこにいる?と聞かれたら、一生懸命探し出して、探す過程で、どうしてこの画家はこのモチーフを描いたのかな?などと考えることができます。

そういった意味で、あまり美術や絵画に興味がない子供たちでも、遊びながら興味を持てるような工夫がされている画期的な絵本だと思いました。
シリーズで何冊かあるうちの、今作は、歴史という副題があるように、古代エジプトから中世、ルネサンス、広重、印象派、現代アートと、かなりとびとびですが一応時系列になっています。
参考になりました。 0人

372件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

全ページためしよみ
年齢別絵本セット