もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

Pocketさんの公開ページ

Pocketさんのプロフィール

ママ・40代・大阪府、女の子15歳 男の子11歳

自己紹介
絵本が大好き、図書館大好き、子どもが大好きです。
子どもと関わる仕事をしていることもあり・・絵本は特に好きなものの一つです。

絵本ナビに投稿を始めたころはまだ子どもも小さく、たくさん読み聞かせしてきました。
こちらに投稿することがきっかけで、子どもと読んだ貴重な絵本の記録にもなっています。

小学生になった下の子は今は絵本から児童書、図鑑、少し長い児童書も読むようになりました。高学年になってからは歴史にも関心が出てきて歴史漫画をよく読んでいます。

仕事柄、絵本と触れ合う機会も多く、色々な絵本との出会いを通して、喜んだり・・考えたり、笑ったり。
キラキラした瞳で絵本を見つめる子どもの姿が大好きです。
まだまだこれからもたくさん素敵な絵本に出会いたいです。


本が大好きな子になーれ♪
ひとこと
絵本は心を育ててくれる大切なもの。

小さな頃に絵本にたくさんたくさん親しんだことは、大人になっても忘れません。
何か支えになったり、助けになったりもします。

ここでのレビューが増えていくに連れて親子の絵本時間もどんどん中身の濃いものになっていく・・
そう信じて始めたレビュー記録もいつしか1300を超えました。

一つ一つのレビューを丁寧に・・をモットーにしながら今後も絵本ナビを利用していきたいと思います。

Pocketさんの声

1402件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う お雛様が旅に出る  掲載日:2017/9/20
おひなさまの いえ
おひなさまの いえ 作: ねぎしれいこ
絵: 吉田朋子

出版社: 世界文化社
お雛様が自分の家を探す旅に出るという面白い絵本です。

お雛様が冒険に出るなんて絵本、今まで読んだことなかったように思います。そしてこの絵本を読みながらふとうちにあるお雛様を思い出しました。
ここ数年きちんと飾ってあげていなくて、もしかしたら家探しの旅に出てしまうかもしれません。
お雛様も人形とはいえ、やはり色々な思いが込められて作られた大切なもの。
今年こそはきちんと飾って出してあげなくてはと心に誓った私でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 低年齢からでも楽しめるさがしもの絵本  掲載日:2017/9/20
さがしてごらん
さがしてごらん 作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ
出版社: イースト・プレス
様々なさがしもの絵本はありますが、対象年齢が少し難しかったりします。
これなら低年齢のお子さんでも楽しめます。3歳児さんでも充分楽しめそうです。
探し物の数も3つと少なめなので、隣のページを見ながら探せばきっと簡単に見つかります。ページを追うごとに少しずつ難易度も上がっていくので盛り上がるでしょう。イラストも可愛いですし眺めているだけでも楽しめます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ユニークで面白いお月様絵本  掲載日:2017/9/20
おつきさまはまあるくなくっちゃ!
おつきさまはまあるくなくっちゃ! 文・絵: ふくだ じゅんこ
出版社: 大日本図書
お月様をまんまるにするために大奮闘するおばあさんという設定がユニークで面白いお月様の絵本です。

月の満ち欠けを知っているお子さんなら、食べなくってもどんどん丸くなっていくことを知っているでしょうが、おばあさんが必死に美味しいごちそうをふるまってまだ丸くならないねーと山盛りのごちそうを作るシーンはとても楽しいです。

最後のオチは、私の予想とはちょっと違いました。
まんまるになって、あれだけ食べてやれやれと思って空を見上げたらまた、お月様が痩せて行っているという展開かと思っていました。

まさか!まんまるすぎるくらい太ってしまっているとは。

おばあさんとお月様と登場人物がシンプルでわかりやすくて、面白い絵本だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 次への期待と余韻が残ります  掲載日:2017/9/20
あるひ こねこね
あるひ こねこね 作: 高畠 那生
出版社: 好学社
淡々とすすんでいくストーリーがなんだか病みつきになります。
宇宙人もがこねこね??初めは何のお話だろうと思いましたが、なるほど納得!
楽しい言葉遊びです。
でも宇宙人が作るからなんだかどこか不思議で奇想天外。
作者のユーモアが溢れる絵本だと思いました。

そして絵本の最後も次への期待が込められたというか、余韻を残して終わるところが憎い演出だと思いました。

もしかしたら、まだ続きがあるのかな?
そんな期待をしてしまう楽しい絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい なんて素敵なたからもの!!  掲載日:2017/9/19
たからもの みつけた!
たからもの みつけた! 作: くすのき しげのり
絵: 重森 千佳

出版社: 廣済堂あかつき
おとうさんの誕生日にたくさんの木の実を集めているリスくん。
一生懸命でとても可愛いリスくんです。驚かせて喜んでもらいたいからと目印を残して隠したものの風のせいで見つからない。

途方に暮れているところに助けてあげるという森の仲間たち。
私もリスくんと同じで、見つけてしまって、一緒にたべてしまうのではないかと初め思ってしまいました・・。

でも、みんなとっても純粋。そして最高の友達です。
宝物が見つかったことを心から喜んでくれるシーンにはこちらもリスくんと一緒に涙がほろりと流れそうなほどの感動です。

嬉しいですね。仲間がこうして助けてくれると。みんなのお陰で、沢山の木の実をプレゼントしてあげることが出来て、読んだ後は、こちらも何か宝物をもらった、そんな気がします。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい りすとどんぐりの木との温かな友情  掲載日:2017/9/19
どんぐりのき
どんぐりのき 作・絵: 亀岡 亜希子
出版社: PHP研究所
秋が深まって、ちょっと寂しさと寒さが漂う表紙にひかれました。色々な友情の絵本があるけれど、これはどんぐりの木と一匹のりすとの間に生まれた友情が描かれています。
とても細かく描かれた繊細なイラストにも惹き込まれます。

温かな友情に心も温かくしてもらえました。
秋が深まってくるころに読みたい一冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 楽しくて食育にもなる良い絵本  掲載日:2017/9/19
ちびころおにぎり でかころおにぎり おじいちゃんちへいく
ちびころおにぎり でかころおにぎり おじいちゃんちへいく 作・絵: おおいじゅんこ
出版社: 教育画劇
シリーズで出ているこちらの絵本。
これが3作目となっているようですが、知らずにこちらから読んでしまいました。

可愛いおにぎりたちが出てくる楽しい絵本というだけではなく、食育にもなる為になる絵本でした。

うめぼしができたよーとおばあちゃんからの連絡があり、旅に出ます。
でかコロちゃん、大きすぎて・・・形も崩れるし大変!
でも愛嬌たっぷりです。

そして、その中身は驚きです!
子ども達もえーすごい!!と感嘆の声をあげていました。

保存食のページは私も初めて知ることもありとても勉強にもなりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい シリーズで読むと楽しい  掲載日:2017/9/19
ちびころおにぎり なかみはなあに
ちびころおにぎり なかみはなあに 作・絵: おおいじゅんこ
出版社: 教育画劇
みんなが大好きなおにぎりがテーマの美味しくてかわいい絵本です。
きっとこちらの絵本が一作目?ですね。そうとは知らずに別のシリーズの絵本から読んでしまいました。

ちびころくんのおにぎりの中身を探すのですが、冷蔵庫の中も細かく詳しく書かれていて眺めているだけでも楽しいページが満載でした。

おかかをつめてもらって幸せそうなちびころくん。
読んだ後は心もほっこり。
ほかほかのおにぎりが食べたくなってしまいます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 自分のいいところに気づくには傍にいる大人も認めてあげること・  掲載日:2017/9/19
ぼくのいいとこ
ぼくのいいとこ 文: スティーブ・メツガー
絵: ジャナン・ケイン
翻訳: いしい むつみ

出版社: 少年写真新聞社
ちょうど子どもの宿題の作文のテーマが「友達のいいところ探し」でした。
近頃は自己肯定感の低い子が増えているなどという話も聞きますが、あえていいところに目を向けるというのはとても大切なことだと思います。
ぼく、わたしって駄目なんだ・・なんていうネガティブな感情ではなく、いいところ探しをしてもっともっと自分を好きになる必要があると思います。

日本人は謙虚さを美徳とするところもありますが、やはり、いいところを胸張って言える子であってほしいです。いいところが言えるって素敵なこと!それをさりげなく絵本で感じさせてくれます。


友達の良いところをたくさん見つけられた我が子は、また学校で自分の良いところを友達に見つけてもらってとても嬉しそうでした。

やっぱり誰でも褒められたいという気持ちは大きいですね。
大人の私もそうです。

大人になればなるほど謙遜したり・・自分なんてとネガティブな感情を抱いたりしてしまいがちですが、こういうポジティブな考え方、素敵だと絵本を読んで改めて感じました。

もっともっと自分のいいところを言えるためには・・やはり傍にいる大人も
子どもを褒めて存在を認めてあげなくてはなりませんね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい スイーツいっぱい見ているだけで楽しい絵本  掲載日:2017/9/18
スイスイスイーツ
スイスイスイーツ 作・絵: さいとう しのぶ
出版社: 教育画劇
さいとうしのぶさんの絵本って本当に美味しそうな食べ物がずらりと並びます。そして語り口調がご自身の出身地の泉州弁(関西弁)なのが尚更親近感を抱きます。

ページをめくるのを忘れるほどに美味しいスイーツが並んでいます。
主人公のあやちゃんの好きなスイーツベスト10!まずはこのページを見ているだけで数分経過・・。

ところどころに書かれているコメントがつぶやきのようで面白いです。
でもその魅惑のスイーツの次のページの現実。
そうそう!と妙に納得。おせんべいにゼリーにラムネ。
このパッケージ・・あれね!と忠実に書かれたイラストに更に親近感がわきます。

お母さんの好きなベスト10やおばあちゃんの子どもの時のおやつ、どんどん遡って明治、江戸、平安時代・・と為になる豆知識も満載です。

さいとうしのぶさんってきっと食べる事が大好きなのでしょうね?
あんなにも美味しそうに食べ物を書ける方ってそういないのではないでしょうか?

何度でも読み返したくなるとっても美味しそうな絵本でした。
参考になりました。 0人

1402件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

どんぐりころころ どんぶりこ〜 まるごと、うたえる絵本!

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット