話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

TOP500

めむたん

ママ・40代・岡山県、男の子21歳

  • Line
自己紹介
初めまして。
人気絵本作家を目指して、創作活動をしています。
このサイトでは、いろんな絵本を読むことで、たくさんの勉強をさせてもらっています。
よろしくお願いいたします。

好きなもの
絵本、お絵かき、お話を創ること、短歌、家族とのおしゃべり、お昼寝
ひとこと
アメーバのサイトで、平日はほぼ毎日ブログを更新しています。
タイトルは、「めむたんは人気絵本作家になるの」です。
内容は、お話や絵、短歌、それから日常の記録です。
良かったら、訪問してみてください。

めむたんさんの声

1117件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 地道な努力  投稿日:2024/05/23
タンポポの金メダル
タンポポの金メダル 作: 山本 早苗
絵: 青井芳美

出版社: BL出版
アイコさんという名のおばあさんを想うバス停たちの優しさが、心に響きました。
それにしても、バス停たちの地道な努力に感心します。

簡単には動けない自分たちの体を何か月もかけて移動させ、とうとう完璧にやりとげました。
途中くじけそうになっても諦めずにやりとげるなんて、なかなかできることではありません。

彼らの地道な努力はアイコさんを幸せにして、そして、自分たちも幸せになりました。

努力の成果が幼い子にも響く、とても優しい絵本でした。

参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 躍動的な絵  投稿日:2024/05/22
きゅうしょくたべにきました
きゅうしょくたべにきました 作: シゲリ カツヒコ
出版社: KADOKAWA
とてもおもしろく読みました。
小学校の献立表が風に飛ばされ、それを雲の上の小鬼が手にしたことから展開していくお話。
内容もさることながら、絵がとても躍動的で、惹きつけられます。
給食もおいしそうに描かれていて、食欲をそそります。
久しぶりに、シチューが食べたくなりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大地が生んだ赤ちゃん  投稿日:2024/05/21
あかんぼっかん
あかんぼっかん 作: ザ・キャビンカンパニー
出版社: 偕成社
とても突飛な絵本でした。
大地から赤ちゃんが生まれるなんて。

赤ちゃんが島の山になったということは、もともとあった島も、出現したばかりのときは別の赤ちゃんだったのでしょうか?

色々なことを想像してしまえる絵本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい すぐには信じられなかった  投稿日:2024/05/20
たまたまタヌキ
たまたまタヌキ 作: 内田 麟太郎
絵: 高畠 那生

出版社: 佼成出版社
変身しすぎて、自分が本当にタヌキなのかどうか分からなくなったタヌキ。
そんなタヌキに、カラスがささやきます。

すぐには信じられないような、突飛な展開のこの絵本。
結局、タヌキは本当にタヌキではなく……、天丼?
本当に?

展開がぶっとびすぎて、すぐには信じられません。
読み終えてしばらく経ちますが、今でも信じられません。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい こういう絵本もあるのだな  投稿日:2024/05/16
ほげちゃんとこいぬのペロ
ほげちゃんとこいぬのペロ 作: やぎ たみこ
出版社: 偕成社
ほげちゃんの、悪い子なのか良い子なのか分からない展開が、とてもおもしろいです。
今回も、叫んでいましたね。

やぎたみこさんの絵本はどれもおもしろいので、どの絵本も好きです。

それにしても、絵本の登場人物は良い子であることが一つの条件かと思い込んでいましたが、ほげちゃんシリーズはその常道から明らかに逸脱していて、こういう絵本もあるのだなあと、感心してしまいます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 興味深い  投稿日:2024/05/15
魔女の一日 魔女になるための秘密
魔女の一日 魔女になるための秘密 作: 飯島 都陽子
絵: 山村 浩二

出版社: 金の星社
物語ではないけれど、とても興味深い絵本でした。
魔女は、健康的な一日を過ごすのですね。
夜明け前から外に出るのは、驚きでした。

山村浩二さんが描く魔女は優しそうで、親近感が持てます。
こんな魔女なら、お近づきになってみたいと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ユーモアたっぷりのとっても美味しそうな絵本  投稿日:2024/05/14
おいしいふくやさん
おいしいふくやさん 作・絵: のしさやか
出版社: ひさかたチャイルド
ユーモアたっぷりな絵本です。
色々な食べ物が”うまいもんコンテスト”優勝を目指して、「おいしいふくはごろもや」で衣を選びます。

具だけでも美味しそうなのに更に衣までつけてもらって、とっても美味しそうなおかずやご飯。
てんぷらえびさんが駆け込んできたときにはどうなるかと心配になりましたが、さすがははごろもさん。
おにぎりと合わせて天むすにしてしまいました。

優勝は、もちろん天むすさん。
とっても美味しそうな絵本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 私も作ってみようかしら  投稿日:2024/05/13
まほうのわくわくおにぎり
まほうのわくわくおにぎり 作: まいのおやつ
出版社: KADOKAWA
とても美味しそうな、わくわくおにぎり。
私が作るおにぎりは、ふりかけを混ぜただけとか、うめぼしとごまを混ぜただけとか。
それでいいと思ってきましたが、この絵本のおにぎりは、なんて美味しそうなんでしょう!
作り方も、そんなに難しくないようです。
今度作ってみようかしらと思わせてくれるような、美味しそうで親近感のわく絵本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 健気な少女  投稿日:2024/05/10
ちいさな魔女とくろい森
ちいさな魔女とくろい森 作: 石井 睦美
絵: 岡田 千晶

出版社: 文溪堂
ちいさな魔女が、とても健気でかわいらしいです。
南の森に行かなければならないおおきな魔女の代わりに北の森にとどまったちいさな魔女。
絵本ではそこまでしか書かれていませんが、その後が知りたいと思いました。

きっと、ちいさな魔女は、困難なことがあってもあきらめずに、森を粘り強く治していくのでしょうね。

小学校に上がったくらいのお子さんにお勧めだと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ラストで一安心  投稿日:2024/05/08
おべんとう ひゅーるひゅる
おべんとう ひゅーるひゅる 作・絵: 古内 ヨシ
出版社: 大日本図書
お弁当のおかずをみんなに食べられて、泣いてしまったきつねくん。
とても切ない気持ちになりましたが、ラストではみんなからお弁当を分けてもらえて良かったですね。

実は案外いい子たちだったみたい。

たぬきくんが残ったお米でおにぎりを作ろうとしたのも、きつねくんのためだったのかもしれませんね。

参考になりました。 0人

1117件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

出版社おすすめ

  • こどもべやのよる
    こどもべやのよるの試し読みができます!
    こどもべやのよる
    出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
    岩波の子どもの本 最新刊。こどもべやに夜がきました。せかいじゅうで、おきているのは、いっちゃんだけ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット