ねんねのうた ねんねのうた
作: えがしら みちこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
おばけたちと仲良くなって、ぐっすり眠りにつくまでのお話。

ぽこさんママさんの公開ページ

ぽこさんママさんのプロフィール

ママ・50代・長野県、女の子10歳

自己紹介
好きなものがたくさん。やりたいことがたくさん。
そのわりに手も遅くお尻も重くなかなか進んでいけない(汗)。
一日が36時間ぐらいあって、睡眠時間が2時間ぐらいで満足できる体だったらいいのになあ。
自分のブログの他に、絵本についてのライター的ブログも書かせてもらっています♪
好きなもの
読書。旅。80年代。文章を書くこと。にゃんこ。コーヒー。温泉。佐野元春。編み物。季節が動いていく瞬間。ツーリング。おいしいもの。山登り。妄想。
ひとこと
娘が小学生になってしまうと、絵本とは少し距離ができてしまいますね(寂)。でもずうっと絵本や児童書、本とかかわっていきたいです。

子どもが生まれて、子どもをだしにして、心おきなく自分が好きな絵本を手に入れることができるようになりとってもしあわせです。子どもも本が大好きになってほしいなあ。できればおんなじ本を読んで、おいしいコーヒーを飲みつつ、おいしいケーキを食べつつ、それぞれの感想を語り合ったりしたいなあ。
ブログ/HP
いろんな旅の記録。読書の記録。日々の妄想。二分脊椎という先天異常を持って生まれた子どもとのおもしろい毎日。などごちゃまぜに綴っています。

ぽこさん本棚その1

公開

ぽこさんママさんの声

2489件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい みんな  掲載日:2018/2/2
わたしたちのたねまき
わたしたちのたねまき 作: キャスリン・O・ガルブレイス
絵: ウェンディ・アンダスン・ハルパリン
訳: 梨木 香歩

出版社: のら書店
みんな、生きているだけで、たねをまいているのだ
なあと思ったら、なんだかすごくうれしくなりました。
たねをまくのは生き物だけでなく、風や、雨、太陽もそうです。
壮大で、力強くて、元気が出ます。
そもそも、「たねをまいて」「発芽して」「その植物が育つ」
ということ自体、元気が出ることですものね。
私は、どこでどんな風にどんな植物のたねをまいているかな。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 世界観  掲載日:2018/1/15
はりねずみのルーチカ 星のうまれた夜
はりねずみのルーチカ 星のうまれた夜 作: かんの ゆうこ
絵: 北見 葉胡

出版社: 講談社
クリスマスの前に読もうと思っていたのに
とっくにお正月まで過ぎてしまってから読みました(汗。

ああ、いいなあ。やっぱりルーチカの物語って素敵。
独特の優しくてのんびりとした世界観があると思うのです。
クリスマスの物語だから、なおさらその優しさやきらきらした
雰囲気が際立っていて。かんのさんが紡ぐ物語だけでなく
北見さんの描く挿絵もその世界観にぴったりでいいなあって
思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 5年生はさめていた(笑)  掲載日:2017/12/27
おふろでなんでやねん
おふろでなんでやねん 文: 鈴木 翼
絵: あおき ひろえ

出版社: 世界文化社
小学校で、娘のクラスの読みきかせにどうかなあ?と
思い、家でまず娘に読んだのですが。
「ママ、みんな引いちゃうよー」と言われてしまいました。
うーむ。楽しい絵本だけれど、小学校5年生に読むのには
幼過ぎるか(笑)。
でもね、この絵本、読みきかせスタイルで娘に読んだわけ
ですけど、もし娘に読んでもらったならば、きっと娘は
楽しく読むだろうなあとも思ったのです。
「なんでやねん」って言葉、聞いているより、自分で言った
方が楽しいと思うもの!
今度、娘に読んでもらおうっと。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ハンセン病  掲載日:2017/12/24
カミングアウト
カミングアウト 作: 島田 和子
絵: 尾崎 曜子

出版社: 新日本出版社
ハンセン病とたたかってきた森元美代治さんと奥さんの
美恵子さんをモデルにした物語です。
東京で暮らしていた時、私は、全生園も知っていたのですが
詳しいことは全く知らずに過ごしてきてしまいました。
この本を読んで、あらためて、ハンセン病になってしまった
方々の、病気との闘い、差別との闘いに触れ、とても苦しく
なりました。おつらかっただろうな・・というひと言では
片付けることなど決してできないのですけれど、本当に
おつらかっただろうな、と思います。
娘は、赤ちゃんの頃からこども病院通いをしていますので、
重い病気や障がいなどとはわりと近しい位置にいますが、
おそらくハンセン病、という病気のことは全く知らないと
思います。機会をみつけて娘にも読んでもらいたいなあと
思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 遊んであげて!  掲載日:2017/12/19
なにしてあそぶ? 福知さんちの親子あそび日記
なにしてあそぶ? 福知さんちの親子あそび日記 作: 福知 伸夫
出版社: 福音館書店
我が子(小学5年生)と遊ぶには、すでに遅すぎた感の
ある本でした。もう少し小さい子どもと遊ぶ方が、絶対
楽しい!と思いました。
先輩ママさんが「あんなこともしてあげればよかったこんな
こともしてあげればよかった・・って思うのだよねえ」と
言っていたけれど、ほんと、子どもの成長はあっという間で。
気づいた時には「わー、もっとこうしてあげればよかった」
と思うことがたくさん。
この本を読んだ時にもそう感じたのです。
子どもと楽しく遊べるものがたくさん載っています。
思い立った時にすぐ遊ぶことができることばかりです。
小さいお子さんがいる親御さんは、ぜひぜひ一緒に
あそんであげて下さい。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 言葉遊び  掲載日:2017/12/7
あいすくりーむにありをのせたらあいうえお
あいすくりーむにありをのせたらあいうえお 作: accototo ふくだとしお+あきこ
出版社: イースト・プレス
楽しい言葉遊びの絵本です。
「あ」の言葉から「ん」までテンポよくどんどん
進んでいきます。
小学校での読みきかせで読んだことはないのですが
きっと楽しく聞いてくれそうだなあって思います。
どのフレーズが楽しいか、読んだヒト同士で話すのも
いいですね。
私は「おばあちゃん おなべをあけたら おじいちゃん」と
「はだかの はかせが はいきんぐ」が好きです(笑)。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい このあとどうなっちゃうのだろう?  掲載日:2017/11/28
じいちゃんバナナばあちゃんバナナ
じいちゃんバナナばあちゃんバナナ 作・絵: のしさやか
出版社: ひさかたチャイルド
子どものバナナよりも、じいちゃんバナナ、ばあちゃん
バナナの方が断然おいしい!甘くてやわらかくて。
この絵本の中のじいちゃんばあちゃん達も余生を楽しむ
かのように(笑)、よりいっそうおいしそうなバナナに
変身します。変身していく様がとても楽しかったです。
しかし、こうやって変身した後はどうなっちゃうのだろう?
と思ってしまいました(笑)。やっぱり私のようなバナナが
好きな人に食べられてしまうのだろうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい お金  掲載日:2017/11/28
100円たんけん
100円たんけん 文: 中川 ひろたか
絵: 岡本 よしろう

出版社: くもん出版
小さな子どもにとって、お金って100円でもすごく
大きなものだと思うのです(いや、大人だって100円足りなけ
れば何も買えませんね)。その100円でどんなものを買うこと
ができるのか、同じ100円でも買うものによって量や数も
様々になり、また買う人のものに対する気持ちによってもいろい
ろと変わってくる・・ということが楽しく描かれている絵本だなあ
と思いました。小学校5年生の娘と読んだのですが、もっと小さい
子が読んだら、もっともっと「へえええ。そうなんだねえ」といっ
た気持ちになっただろうなと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 共感してるのかな?(笑)  掲載日:2017/10/11
グレッグのダメ日記 やっぱり、むいてないよ!
グレッグのダメ日記 やっぱり、むいてないよ! 作: ジェフ・キニー
訳: 中井 はるの

出版社: ポプラ社
娘と図書館に行った時に、いつの間にか娘が借りていました。
グレッグ、あまりにだめだめなので、私はもうあまり読もうと
いう気持ちがなくなっていたのですが・・(笑)。
娘はあのだめっぷりに共感しているのかなあ。

それでも、せっかくあるのだから読みましたよ。
あいかわらずだめだめではありますが、今回のは、「ほんと
しょーもないねえ。だめだめなせいで自分の首をしめてるよね」
と、呆れるだけだったので、悪くなかったです(笑)。
それに、もしかして、グレッグのおとうさんもやっぱり似てる
のかしらん?とも思ったりして、なんとなく微笑ましいような
気持ちにもなって。
結構、楽しかったです(笑)。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 特別な日  掲載日:2017/10/8
月火水木金銀土日 銀曜日になにしよう?
月火水木金銀土日 銀曜日になにしよう? 作: 益田 ミリ
絵: 平澤 一平

出版社: 幻冬舎
特別な曜日、銀曜日。
特別だから、普段やらないことをやっちゃおう。
こちこちにこりかたまった大人の私には
思いもよらないことがたくさん描かれていて、
わくわくしながら読みました。
たくさんあった銀曜日にやること、中でも
「おおきなクリームソーダ」が気に入ってしまいました。
私の銀曜日を作って食べたいな。
参考になりました。 0人

2489件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

新米パパママへ贈る  子育てはツライ!?楽しい!? 本音トーク 座談会

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット