モリくんのおいもカー モリくんのおいもカー モリくんのおいもカーの試し読みができます!
作: かんべ あやこ  出版社: くもん出版
おいもで作ったおいもカーで、実りの秋の森を楽しくドライブ! 愉快で楽しい冒険絵本。

ぽこさんママさんの公開ページ

ぽこさんママさんのプロフィール

ママ・50代・長野県、女の子10歳

自己紹介
好きなものがたくさん。やりたいことがたくさん。
そのわりに手も遅くお尻も重くなかなか進んでいけない(汗)。
一日が36時間ぐらいあって、睡眠時間が2時間ぐらいで満足できる体だったらいいのになあ。
自分のブログの他に、絵本についてのライター的ブログも書かせてもらっています♪
好きなもの
読書。旅。80年代。文章を書くこと。にゃんこ。コーヒー。温泉。佐野元春。編み物。季節が動いていく瞬間。ツーリング。おいしいもの。山登り。妄想。
ひとこと
娘が小学生になってしまうと、絵本とは少し距離ができてしまいますね(寂)。でもずうっと絵本や児童書、本とかかわっていきたいです。

子どもが生まれて、子どもをだしにして、心おきなく自分が好きな絵本を手に入れることができるようになりとってもしあわせです。子どもも本が大好きになってほしいなあ。できればおんなじ本を読んで、おいしいコーヒーを飲みつつ、おいしいケーキを食べつつ、それぞれの感想を語り合ったりしたいなあ。
ブログ/HP
いろんな旅の記録。読書の記録。日々の妄想。二分脊椎という先天異常を持って生まれた子どもとのおもしろい毎日。などごちゃまぜに綴っています。

ぽこさん本棚その1

公開

ぽこさんママさんの声

2473件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う   掲載日:2017/9/14
78円の命
78円の命 作: 谷山 千華
出版社:
犬や猫の殺処分が0となることを願って、クラウドファンディング
で制作資金を募ってできあがった絵本、だそうです。
小学生の女の子が書いた作文が元になっています。
殺処分される動物は処分1匹につき78円お金がかかる・・
命はもっともっと重いもののはずなのにね。

我が家で飼っているにゃんこ2匹も保護猫です。
殺処分の計算でいったら156円の行政のお金が使われなかった
ってことになるのかしら。それ以上の、もっともっと何百万円以上
のしあわせを私達家族はもらっています。

むやみやたらと犬猫を増やしたり、捨てたりするヒトが
少しでも減っていきますように。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ぐっときちゃった  掲載日:2017/9/8
捨て犬たちとめざす明日
捨て犬たちとめざす明日 著: 今西乃子
写真: 浜田 一男
取材協力: NPO法人キドックス

出版社:
うまく人間関係を築くことができずに、家にひきこもって
いた人達、それから、捨てられてしまった犬達。そのどちらも
が、しあわせに生きていかれるように、ということを目指して
活動している「キドックス・ファーム」について書かれた本です。
犬と少しずつ信頼関係を築きながらトレーニングを行っていた
人が、だんだんと自信をつけ(犬の方も!)、笑顔が増えていく
様子に触れ、ぐっときてしまいました。犬のためでもあり、人の
ためでもある。どちらも幸せに、っていうのがすごくいいなあと
思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ヨチヨチ母  掲載日:2017/9/6
ヨチヨチ父 とまどう日々
ヨチヨチ父 とまどう日々 作: ヨシタケシンスケ
出版社: 赤ちゃんとママ社
私の夫は、なんだかもう娘が赤ちゃんだった頃から
大変なイクメンなので、この本に描かれているヨチヨチ・・は
むしろ私の方です。ヨチヨチ母です(笑)。
とても共感できます。
しかし、ヨシタケさんってすごく子どもの心を掴む絵本を
作っているので、こんなにヨチヨチだったとは!?
と、意外に思いました。もっと余裕な父かと思っておりました。
これからも、お互い、一生ヨチヨチしていきましょう。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おいしいもの  掲載日:2017/8/20
まじょにはクッキーおとうとうさぎ!
まじょにはクッキーおとうとうさぎ! 作・絵: ヨンナ・ビョルンシェーナ
訳: 菱木 晃子

出版社: クレヨンハウス
おいしいものって、みんなを幸せにする力が
あるなあって思います。おばけさえも!
こわかった魔女だって、しあわせクッキーを食べたら
ゴキブリくらいの大きさになってしまうものなのです。
あの魔女があの後、どうなっちゃったのかなあ。
ただ小さくなっただけなのかしら?それともいつかそのうち
いい魔女となって姿をあらわすのかしら?
気になりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 経験も大事  掲載日:2017/8/20
ものしり五郎丸
ものしり五郎丸 作・絵: にしむら かえ
出版社: 文溪堂
本ばかり読んでいる人は(五郎丸にかぎらず)、とかく
頭でっかちなところがあるかもしれません。
とにかく「知っている」から「すべて知ったような気持ち」に
なりがちかもしれないなあ。
でも、本当に「知る」ことって、たぶん、身をもって知ること
だと思うから・・この絵本の五郎丸のように世界に飛び出して
衝撃を受けるのがいいですよね。本で知ったことも、実際に
体験することによって、なるほどなるほどって、もっと強く
心の中に残るもの。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 時間  掲載日:2017/8/20
いのちのおはなし
いのちのおはなし 作: 日野原重明
絵: 村上 康成

出版社: 講談社
日野原先生が95歳の時の絵本です。
10歳の子ども達との授業で、「いのちとは自分のもっている
時間だ」と話します。その時間をどのように使うか。
自分のためだけでなく、誰かのためにも使うことができるのか・・。

日野原先生は、とても長生きをされましたが、その多くの時間を
人のために、世の中のために使われたのだと思います。
私は10歳からはもう40年経ってしまいましたが、残りの時間を
有意義に使っていかなければいけないなあと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う こどもの世界  掲載日:2017/8/20
あたしって、しあわせ!
あたしって、しあわせ! 作: ローセ・ラーゲルクランツ
絵: エヴァ・エリクソン
訳: 菱木 晃子

出版社: 岩波書店
子どもにとっての世界は大人よりもはるかに小さくって。
だから、学校が大きな割合を占めていたりします。
そうして、その学校生活で大事なのは「ともだち」。
お互いに楽しいと思うことができるともだちがいるかいないかで
人生が変わってしまうほど。仲良くしていたともだちが引越して
しまって落ち込むドゥンネの様子を読みながら、ああ、子どもって
大変だなあ・・そう思いました。
でも、それだけ、豊かでもあるってことなのだよなあとも。
濃い学校生活を送っているってことだと思うから。
こんな風に「あたしって、しあわせ!」と思うことなど
もうなくなってしまった私は、ドゥンネからみたら
「つまんないだろうねえ」ってことなのかもしれません。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 強力  掲載日:2017/8/20
かとりせんこう
かとりせんこう 作: 田島 征三
出版社: 福音館書店
かとりせんこうのけむりって、ほんとに強力です。
音にしたら「もんもん」っていうのもよくわかる。
ぽとんぽとんって次々といろんなものが落ちてしまうのも
わかります。開放感のない部屋でつけていると、喉が痛くなって
きますし。
消える時の、あの、じゅっ、がいいですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 言葉遊び  掲載日:2017/8/19
ねことこねこね
ねことこねこね 文: 林 木林
絵: 山村 浩二

出版社: BL出版
言葉って楽しいなって思います。
おんなじ言葉でも「切る」場所によって意味がまるで
違ってしまったり、「イントネーション」の違いによって
まるで違ったり。
小学生の頃「何してるの?」「パン作ってるの」というのが
流行ったよなあなんてことも思い出しました(笑)。
突拍子もないことが次々と起きますが、ハッピーエンドで
よかった。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ふたごって  掲載日:2017/8/7
玉子の卵焼き
玉子の卵焼き 作: 上条 さなえ
絵: 陣崎 草子

出版社: 文溪堂
ふたごちゃんを見ると、ついつい「かわいい」「似てる」
なんて言ってしまいますが、実際のところ、それぞれ性格や
性質は違うのですよね(と、「よく似た顔のふたごちゃん」の
親である友人が言っていました)。
この物語のふたごちゃんも、まるで違います。
玉子は、がさつでなんだか女の子っぽくない。
自分の片割れがこんなだったら、ちょっと恥ずかしかったり
するかもしれない。
だけど、やっぱりきょうだいだから、大切なのですよね、お互い。
参考になりました。 0人

2473件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

可愛いプリンちゃんのお話4作目は、お父さんとおでかけ♪

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★
  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語

全ページためしよみ
年齢別絵本セット