いしゃがよい いしゃがよい
作・絵: さくらせかい  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
からだの弱いパンダとエンおじさんの温かいお話
みちんさんさん 30代・ママ

ずっとなかよし
エンさんは、パンダのファンファンととっ…

らずもねさんの公開ページ

らずもねさんのプロフィール

ママ・30代・東京都、男の子8歳 男の子5歳

らずもねさんの声

1703件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい かわいい!  掲載日:2015/5/26
おばけパーティ
おばけパーティ 作: ジャック・デュケノワ
訳: 大澤 晶

出版社: ほるぷ出版
おばけの本なのになんて楽しいきもちになるのでしょうか?
アンリの仲間のおばけたちがあつまって
お茶をしているのですが
あれよあれよと体の色までもかわってしまって
ふしぎふしぎでかわいらしい。
男の子にも女の子にもいいですね。
そして最後もアンリのいたずらにおばけたちも
びびっちゃうのもかわいいです
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい たのしい  掲載日:2015/5/26
ポカポカフレンズのおんがくえほん たいこ
ポカポカフレンズのおんがくえほん たいこ 絵: さつき ねむ
出版社: 三起商行(ミキハウス)
1歳の時にかいました。
弱い力でも押すことができて
ランプも光って本当にたのしそうにあそんでいました。
そして音楽が大好きになりました。
手を動かすことを楽しめる絵本です。
しかも5歳になった今も時々だしては楽しんでいます

お友達の出産があるとついこれを選んでしまいます
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい やさしい視点です  掲載日:2015/5/26
いもうとガイドブック
いもうとガイドブック 文: ポーラ・メトカーフ
絵: スザンヌ・バートン
訳: 福本 友美子

出版社: 少年写真新聞社
我が家は兄弟です。
でもほんとうにうなずけることだらけで
おねえちゃんってかっこいいなぁと思ってしまいます。
いもうとの生態をただしく理解して
やさしさにあふれた視点で感心してしまいます。
まさにガイドブックです。

わけっこのときの
姉妹のお皿のようすが我が家にそっくりで笑ってしまいました。
そんなところでいい思いをしないと
姉としてやっていられませんよね。

とってもすてきなやさしい絵本です
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい よかった!  掲載日:2015/5/26
つきよのキャベツくん
つきよのキャベツくん 作・絵: 長 新太
出版社: 文研出版
トンカツにであいます。
そしてソースまで現れて、
キャベツくんとブタヤマさんがトンカツを食べる条件は
整ったのです。
でも何とも言えない恐ろしさにためらっていたのでしょう。
私でもあのトンカツがどんなに美味しいにおいを
出していてもあれにかぶりつくには相当の勇気が必要です。
そうこうしているうちに
お月さまがぱくっと食べてしまいます。

きっと安心しているブタヤマさん。
共食いですもんね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい むしとりのあるある話  掲載日:2015/5/26
ブタヤマさんたらブタヤマさん
ブタヤマさんたらブタヤマさん 作・絵: 長 新太
出版社: 文研出版
ブタヤマさんがちょうをつかまえようと夢中です。
「ブタヤマさんったら
ブタヤマさん
うしろをみてよ」と
いろんな生き物が真後ろに構えているにも関わらず
ブタヤマさんはむしとりに夢中です。
そして時々拍子抜けするようなタイミングで
振り向くのですが
何にもいません・・・
むしとり中の我が家の息子たちも実にこんな感じです。
「まったくブタヤマさんは〜!」と親子で楽しく読みました
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ねこがおかしすぎます  掲載日:2015/5/26
キャベツくんのにちようび
キャベツくんのにちようび 作・絵: 長 新太
出版社: 文研出版
またいつもの通りに
おなかをすかせたブタヤマさんを
3匹のネコがおいしいものがありますよーと
誘います。
おいでおいでをしながら歩く様子が
おかしすぎてたまりません。
そして一面のきゃべつやネコ、そしてぶたが現れてはきえます。
何とも不思議なストーリーです。
そしていつもながらきゃべつくんは優しく
お食事に誘うのでした。
きゃべつくんって本当にいい子です
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい しあわせな時間  掲載日:2015/5/26
「えいっ」
「えいっ」 作: 三木 卓
絵: 高畠 純

出版社: 理論社
くまのおとうさんとこどものおでかけです。
私はこの絵本を読んで
すぐさま「パパによんでもらわないと」と思いました。
おとうさんとこどもの何気ない散歩での
何気ないありがちな会話なのですが
なんて幸せなときなのでしょうと感じました。
子供の成長は思っている以上に早く、
こんな幸せな会話をしながらでかけられるのはきっと
短い間だけではないでしょうか?

この幸せを逃してはいけないと強く感じてしまいました。
こども目線で思ったことを( )にしてあるのも
面白かったです。
こどもは言葉に出す以外にもいっぱい考えているのです。
こどもの成長も感じ、親子の幸せも感じられるすてきな絵本でした
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ゴオー ゴオー  掲載日:2015/5/26
キャベツくんとブタヤマさん
キャベツくんとブタヤマさん 作・絵: 長 新太
出版社: 文研出版
キャベツくんとブタヤマさんのお話。
はじめは長新太さんの絵本を読むたびに考えていたことがあります。
何かを暗示しているのだろうか?
どんなメッセージをのせているのだろうか?と・・・
でもそんなことではないのだと解放されて読むようになってからは
本当に心臓から震えが出るほどのおもしろさを感じます。
もしかしたら長さんからが思っていることがあるかもしれませんが
そんなことを押し付けてこない、感じさせない自由さが何とも言えない魅力です。

そしてつり橋の上で
ながーい生き物が次々と出てくる奇妙さに笑っていたら
かわに落ちてしまうというハラハラ感、
テンポよく楽しませてくれます。
川に落ちた後、見開き使って「ゴオーゴオー」だけの
ページがあるあたりが本当に間がよく「詩人」だなぁと
かっこよく思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい コミカルだわぁ  掲載日:2015/5/21
しゃっくりがいこつ
しゃっくりがいこつ 作: マージェリー・カイラー
絵: S.D. シンドラー
訳: 黒宮 純子

出版社: らんか社
しゃっくりが出てしまって困っているがいこつ。
しゃっくりをとめたいと
いろんなことを試してみるのですが
がいこつだけあって無意味な感じのことばかり・・
親子で大笑いです。

結局どうやってしゃっくりを止めれたかというと
またコミカルでおかしいです。
こんながいこつ怖くない!と息子。
かわいいがいこつでした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい すべりたい  掲載日:2015/5/21
す〜べりだい
す〜べりだい 作: 鈴木 のりたけ
出版社: PHP研究所
すべりだい一つとってもこんなにたくさんのアイデアにあふれることに
感心してしまいます(大人目線で)
子供はいろんなすべりだいの登場に興奮して
すーーーーーーーべりだい!と楽しそうに
長ーいすべりだいを読んでいました。

こんなすべりだいを滑ってみたいという
衝動をおさえきれません!!!
参考になりました。 0人

1703件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

出版社おすすめ


スペシャルコンテンツメニュー

全ページためしよみ
サイン本販売中