やっぱり ノミタくん! やっぱり ノミタくん!
作: ヘレン・スティーヴンズ 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
ノミだらけのコイヌに、新しい家族と名前ができるまで
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

お友達
ノミタくんは、ボブとお友達になれてよか…

らずもねさんの公開ページ

らずもねさんのプロフィール

ママ・30代・東京都、男の子7歳 男の子5歳

らずもねさんの声

1681件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 精霊だらけ  掲載日:2015/4/17
大出現!精霊図鑑
大出現!精霊図鑑 作: 軽部武宏
出版社: あかね書房
いろんなところにいる精霊。
怖いけれども共存していると思い込むと
なぜかとても愛らしく感じます。
そして根拠もなく
私にも見えるような気になってきます。
解説が楽しくって小学生の息子と楽しく読みました。

子供達は
守り神といった感じで精霊を理解しているようで
「味方」というカテゴリーのようです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ももだらけ  掲載日:2015/4/17
ももも
ももも 作: 川之上 英子 川之上 健
絵: 川之上 英子 川之上 健

出版社: 岩崎書店
ももがいっぱい。
ももをこんなにたくさん見たこともなかったので
もももも おしり
もももも ハート
みたいにいろんなものに見えてきて不思議!
うちの息子は生まれて初めてしゃべった言葉が
「も」でした。
すべて「も」で解決していた時期がありました。
小さい赤ちゃんにも楽しめると思いますね。
ももがいっぱいの楽しい絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大人も楽しい  掲載日:2015/4/17
どうぐ
どうぐ 作・絵: 加古 里子
出版社: 瑞雲舎
さまざまなものが「どうぐ」を使って
適した「どうぐ」をつかって作られたりしていることが
わかりやすく解説されています。
加古里子さんの絵本は本当に役に立つものが多く
大好きです。
どうぐを使いこなせるのが人間である以上
頭をつかって適切などうぐをつかえるようになりたいものです。
子供が普段目にしないようなどうぐもあえて載せているところが
加古さんっぽくって大好きです。
息子たちも
興味津々でみています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい こわい。でも見たい!  掲載日:2015/4/17
大接近!妖怪図鑑
大接近!妖怪図鑑 作: 軽部武宏
出版社: あかね書房
こわい!でもみたい!みたいな絵本です。
実に怖い妖怪の絵で
しかも見開きまであって迫力満点なのです。
解説はわかりやすく、
いい妖怪もいれば悪い妖怪もいるんだなと
大人がよんでも感心してしまうくらいの情報量です

ちなみに5歳の幼稚園児は泣いてしまいました
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 成長するルビー  掲載日:2015/4/17
ルビーのねがい
ルビーのねがい 作・絵: やなせ たかし
出版社: フレーベル館
アンパンマンのお話は
なんてたくさんの大事な要素が凝縮しているのだろうと
感心してしまいます。
わがままをするルビーが
相手の気持ちを感じることができるまで
その成長が読んでいても感じることができてうれしくなります。

5歳のむすこ、まだまだアンパンマンだいすきです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい じゃんけんたのしー  掲載日:2015/4/17
じゃんけんゴリラ
じゃんけんゴリラ 作: 矢崎 節夫
絵: 尾崎 真吾

出版社: 教育画劇
ちょっと賢いゴリラのお話。
カニやらシマウマやらとじゃんけんしては
戦利品をもらっていきます。

幼稚園の息子はとっても楽しんで読みました。
じゃんけんのリズムもたのしいし
もっと小さいお子さんから読めると思います。

でももっと賢い子が現れて、たべものいっぱい持っていかれてしまいます。
だれでしょう?
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい しあわせなこと  掲載日:2015/4/17
すいかのめいさんち
すいかのめいさんち 作: 平田 昌広
絵: 平田 景

出版社: 鈴木出版
なんてしあわせなお話なのでしょう。
最近では核家族で少子化こともあって
スイカをまるまる一つかっても一回では食べきらない、
冷蔵庫に入らない・・・と半分とか4分の1とかで売っていることが多いのです。
そして、
たねをお庭にぺぺぺぺぺーなんて
私たちが小さいころのように自由にはできずに
マンションのベランダからぺぺぺぺーなんてしたら
間違いなくおかあさんに怒られてしまうのです。

そんな日常から離れたなんてしあわせな素敵な世界だろうと
しみじみと感じてしまいました。
子供達はどうおもったでしょう?
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 想像力  掲載日:2015/4/17
おはなしトンネル
おはなしトンネル 著者: 中野 真典
出版社: イースト・プレス
子供の頭の中という感じの絵本です。
子供って思っていることや夢の話を話そうとしても
つじつまも合わなくって
次から次へめまぐるしくかわって聞いてて
訳が分からない時ってありますよね(うちだけですか?)

そんなことを思い出しながら読みました。
暗いトンネルの中で怖いやらわくわくやらで
風船のように広がっていく想像力そのものな絵本です。

狭い空間なので広がり続ける世界が対照的で面白かったです
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 美しい絵本  掲載日:2015/4/17
ぴっぽのたび
ぴっぽのたび 著者: 刀根 里衣
出版社: NHK出版
なんて美しい絵本なのでしょうか
子供のものにしておくのはもったいなくと
自分の本棚にしまいそうです。

ひっぽが旅をします。
一匹のひつじと12か月をたびします。
でも大きな過ちをします。
ひつじを置いてひとりでも大丈夫と言ってしまったのです。
離れてみるとともだちの大事さを痛感するものなのですよね。

そして探しにでます。

どのページも美しく穏やかで魔法にかけられているような
すてきな時間です
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 仲良し家族  掲載日:2015/4/17
のんびりつむりん あめのひいいな
のんびりつむりん あめのひいいな 作・絵: おおいじゅんこ
出版社: 教育画劇
カタツムリの親子のお話です。
雨が降ってきて
喜んでお出かけします。
私たちは雨が降ると外で遊べないし
何だかよくないことが多い気がするけれど
この絵本を読んだ後は
なぜか雨ふらないかなぁ…みたいな
気持ちになってしまいました。

お天気を楽しむすてきな絵本ですね
参考になりました。 2人

1681件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

出版社おすすめ


スペシャルコンテンツメニュー

全ページためしよみ
サイン本販売中