もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

らずもねさんの公開ページ

らずもねさんのプロフィール

ママ・30代・東京都、男の子9歳 男の子7歳

らずもねさんの声

1904件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい なにがきらい?  掲載日:2016/12/20
きらいさ きらい
きらいさ きらい 作: 中川 ひろたか
絵: 工藤 ノリコ

出版社: 理論社
わかるわかる。
大人はすぐに「すききらいしない」という。
でもすきがあるのだから
当然のことながらきらいも存在する。
私もむかしから夕方がきらいだった。
あえて人にはいわなかったけど
ずーときらいだった。そんなきらいをこどもたちに聞いてみよっとと
きらいに対して興味津々になりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 世界はひとつ  掲載日:2016/12/20
誰も知らない世界のことわざ
誰も知らない世界のことわざ 著者・イラスト: エラ・フランシス・サンダース
訳: 前田 まゆみ

出版社: 創元社
なんておしゃれな絵本なのでしょう?
いろんな言語でのことわざが紹介されています。
もちろん聞いたこともないようなことわざばかり。
でもなぜかわかるところがあるのです。
共感できて、言語を超えて心はひとつ。
人種、民族の違いは関係ないんだと実感できるのです。
どんな人がこの言語なのかもわからないのですが
世界はひとつだと感じることができる一冊です
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい すてき!  掲載日:2016/12/20
おとうさんのクリスマスプレゼント
おとうさんのクリスマスプレゼント 著: スギヤマ カナヨ
出版社: 赤ちゃんとママ社
なぜか不意になみだが 出そうになりました。
最後の一言が
とってもすてきです。
いいこにサンタがくるとついつい大人たちは言ってしまい
これを子供は信じます。
でも大人になり子供時代を振り返るとそんな風に感じるのです。
わたしもしあわせな子だったなぁと感謝の気持ちでいっぱいになります。
どんなふうにその気持ちを大人になった子供たちに
そっと引き継げるのだろうかと胸が熱くなってしまいました
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 一生懸命さがしています  掲載日:2016/12/15
みつけてかぞえて どこどこどうぶつ ゆかいなまきば
みつけてかぞえて どこどこどうぶつ ゆかいなまきば 絵: ガレス・ルーカス
デザイン: ルース・ラッセル
文: カースティーン・ロブソン
訳: 小林 美幸

出版社: 河出書房新社
おぼえたてのひらがなで一生懸命によんでいます。
他にも探す系の絵本はあるのですが
低学年ではさがせないことも多く我が家ではなかなかヒットしませんでした。
でもこのシリーズだけは
息子もじーーーっと探します。
カラフルなのと愛嬌のある絵がいいのかもしれません。
とても大好きな一冊です
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい そこに行ったか!  掲載日:2016/9/28
ドングリ・ドングラ
ドングリ・ドングラ 作: コマヤスカン
出版社: くもん出版
壮大なお話です。
もりに行くとどんぐりがどさっと落ちているところを
見たことがあり、「なんで固まっておちてるんだろう」と不思議に
感じたことをいの一番に思い出しました。
そして、こんな感じで
ドングリ ドングラ と集まっている様子を想像しておかしくなりました。
そしてどこに向かっているのだろうとわくわくしながら
読み進めます。そうか!そこに向かってたか!と壮大なテーマに感動しました
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子供らしい  掲載日:2016/9/28
だいすき、でも、ゆめみてる
だいすき、でも、ゆめみてる 文: 二宮 由紀子
絵: 高畠 那生

出版社: 文研出版
おばあちゃんがかわいい孫にキリンの赤ちゃんをくれた。
そして一緒に暮らし始めます。
でもだんだん大きくなってきてしまってベランダに出ることになるのです。
すると上の階の女の子の方がきりんの顔を見れて頭を撫でてあげれて
うらやましがります。
そして下の階の子キリンを飼うことを願うのです。なんてかわいらしい
すてきなお話なのでしょう。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ふかーい!  掲載日:2016/9/14
おたからパン
おたからパン 作・絵: 真珠 まりこ
出版社: ひさかたチャイルド
「おたらからパン」という人気のお店に
泥棒が入ります。
おたからがほしかったのです。
でも見つかってしまいました。そしてそのパン屋さんで
働くことになります。
はじめはおたからほしさに働いたのですが
真の意味でのおたからとは何かが見えてくる感じがしました。
深いお話なんですね
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい デイジー!!  掲載日:2016/9/14
ほんとに ほんと
ほんとに ほんと 作: ケス・グレイ
絵: ニック・シャラット
訳: よしがみ きょうた

出版社: 小峰書店
子守にきたおねえさんに
ほんとに、ほんとと
次々と嘘をついていくのです。
親たちのいないうちに好き勝手していて笑えます。
自分ちの子だったらと想像したらひゅーーーっとします。
でもうそがばれないようにっていうおまじないも
かわいらしくって笑ってしまいます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ヘンテコかいじゅう  掲載日:2016/9/14
へんしんかいじゅう
へんしんかいじゅう 作・絵: あきやま ただし
出版社: 金の星社
ひらがなを読み始めた息子がとってもたのしそうに読んでいます。
へんてこなかいじゅうに変身しちゃうのもたのしいです。
カラフルで奇抜なかいじゅうばかりです。
何事もなかったかのようにへんしんするのがおもしろいですよ
へんしんトンネルだいすきの息子には
同じノリで楽しめました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 民話ならではの楽しさ  掲載日:2016/9/14
そらをとぶふね
そらをとぶふね 作: 西郷 竹彦
絵: 滝平 二郎

出版社: 岩崎書店
そらをとぶふねを作ってお城に参上したものが
お姫様と結婚できると王さまがいったので出かけます。
そして森で不思議なおじいさんに会って
そらとぶふねの作り方を教えてもらって完成します。
そこからがまた面白くって
旅の途中に出会った人を仲間にして連れていけというのです。
その予言通りに次々と面白いおじいさんが現れてどんどんと仲間にしていきます。
仲間を増やすたびにその後の展開を想像しては
興味津々でした。
とっても面白いお話です
参考になりました。 0人

1904件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

絵本に登場した「クスノキ」に会いに行ってきました!

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット