しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

らずもねさんの公開ページ

らずもねさんのプロフィール

ママ・30代・東京都、男の子9歳 男の子6歳

らずもねさんの声

1883件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 自分の良さ  掲載日:2016/6/29
ペチューニアのうた
ペチューニアのうた 作・絵: ロジャー・デュボワザン
訳: ふしみ みさを

出版社: 復刊ドットコム
ぺチューニアのお話です。
なんとものびやかですてきな白鳥です。
とっても歌がすきなのですが
ぺチューニアの声は車のクラクションみたいって歓迎されません。
他の動物のすてきな鳴き声がうらやましくって仕方ありません。
でも、あるときそのクラクションのような声で
泥棒を捕まえることができ、みんなに感謝されました。
たぶんカナリアだったら、声はきれいですが夜中にみなを
起こすことはできなかったでしょう。
人の良いところはすぐうらやましくなってしまいますが
自分の良さにはなかなか気づきませんよね。
みな同じじゃないけど、それぞれ良いところがあるんだと、
そんなことにそっと気づかせてくれる絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おだやかな時間  掲載日:2016/6/29
ぼくの ベンチに しろいとり
ぼくの ベンチに しろいとり 作・絵: 葉 祥明
出版社: 至光社
いつものベンチにしろいとりがいました。
話をきくとむれからはぐれてしまったといいます。
一緒になかまたちをさがします。
そしてなかまを見つけて急いで別れをして飛び立っていくのです。

そんなお話の中でもハラハラすることなく
穏やかに時が流れて
もちろん穏やかに別れをうけいれている感じが私な好きです。
やっぱり癒されてしまいます
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい なつかしい  掲載日:2016/6/29
新ウォーリーをさがせ!
新ウォーリーをさがせ! 作・絵: マーティン・ハンドフォード
訳: 唐沢則幸

出版社: フレーベル館
小学一年になった息子が今まさにはまっています
私もむかし本当に楽しんだ絵本なので
親子で夢中になってウォーリー探しをしてます。

このタイプの絵本は多く経験したのですが
やっぱりこの精巧さはウォーリーだなぁと感心です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい がんばれー  掲載日:2016/5/17
ゆうやけカボちゃん
ゆうやけカボちゃん 作: 高山栄子
絵: 武田 美穂

出版社: 理論社
小学一年生になった息子を思いながら読みました。
わくわくしながら新しいランドセルで学校に行くものの、
想像以上に大変なことだらけ・・・
いろんなお友達もいるし、
給食に食べられないものが出たりもするし。。。。
親としてはすべてを知って守ってあげたくなってしまいますが
子供が自分で乗り越えなければいけないことなのでしょう。
親の私がドキドキしながら読みました。

また、明日学校に行こうと背中を押してくれる一冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 協力して  掲載日:2016/5/17
カボちゃんのえんそく
カボちゃんのえんそく 作: 高山栄子
絵: 武田 美穂

出版社: 理論社
5月のえんそくシーズンで
うちの子たちも遠足に行ってきたばかりです。
教室から飛び出して遠足にでかけるものの
簡単にはいきません。
クラスのみんなで協力して助け合いながら達成するすがすがしさが
絵本を通じても伝わってきます。

お友達っていいなぁと改めて感じます
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい うらやましい  掲載日:2016/5/7
ポテトむらのコロッケまつり
ポテトむらのコロッケまつり 文: 竹下 文子
絵: 出口 かずみ

出版社: 教育画劇
いいなぁいいなぁと呟く息子と一緒に読みました。
コロッケのつくりかたもわかりやすく作ってみたくなりました。
そして、みんなで協力して大きなコロッケを作っているようすが
本当に楽しそうでした。

そして出来上がったコロッケを囲んでのコロッケまつりが素敵です!
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい だよね!  掲載日:2016/5/7
とんでもない
とんでもない 作: 鈴木 のりたけ
出版社: アリス館
他の人のいいところに目が行ってしまって
「いいなぁ」って思うこと大人も子供もありますよね。
そんな気持ちが
興味深い動物たちの絵にのせてかかれていて
ケラケラと笑ってしまってしまいました。
鼻ほじりながら横になっている表紙ライオンも
実はたいへんなんだなと同情してしまいました。
みんな大変なんだな・・・
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 文房具好きにはたまらない  掲載日:2016/5/4
文房具のやすみじかん
文房具のやすみじかん 文: 土橋 正
絵: 小池 壮太

出版社: 福音館書店
本当に楽しい絵本です。
まもるくんがしゅくだいを 終えて部屋から出ていくと
机の上の文房具たちの楽しい時間が始まります。
一見、トイストーリーみたいなのですが
面白いのは文房具ついての詳しい説明。
鉛筆を消しゴムで消すということは
どういう作業なのかとか砂けしとか、今流行りの
フリクションとかとか・・・・
「けす」ことにとても詳しくなってしまいます。
そして文房具への愛着と興味がわいてしまう一冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい つながり  掲載日:2016/5/4
おじいちゃんのおじいちゃんの おじいちゃんのおじいちゃん
おじいちゃんのおじいちゃんの おじいちゃんのおじいちゃん 作・絵: 長谷川 義史
出版社: BL出版
6歳と9歳の子に読みました。
6歳はひぃひぃひぃと続く感じが楽しくって仕方ない風でしたが
9歳の息子は自分のルーツというか
祖先について思いを巡らせてわくわくしていた感じです。
自分の身近にいる祖先だけでなく
すでに亡くなっている先人に思いを巡らせるのはとても楽しいと思います。
すてきな絵本です
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい リゾート!!  掲載日:2016/5/3
のせてのせて100かいだてのバス
のせてのせて100かいだてのバス 作: マイク・スミス
訳: ふしみ みさを

出版社: ポプラ社
乗り物だいすきの息子と興奮気味で読みました。
バスがルートを外れて進んだ大冒険。
乗りたい人がふえてふえてバスがどんどん上に高くなっていきます。
最後には100かいに!
リゾートバスみたいで本当に楽しそう。
大人目線ではきっと「危険」と感じますが、
こどもたちはあったらいいなぁ、のってみたいなぁの大合唱でした。
参考になりました。 0人

1883件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『トムとジェリーをさがせ! びっくりタウンはおおさわぎ』まつやまたかしさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
サイン本販売中