おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

しゅうくりぃむさんの公開ページ

しゅうくりぃむさんのプロフィール

ママ・40代・大阪府、女の子9歳

自己紹介
小4の娘のママです!
絵本を読むようになって、知識がイッパイ増えました!
娘とともに成長中です(笑)
好きなもの
絵本だいすき!おいしいものも、あそぶのも、だ〜いすきっ!!
ひとこと
少しずつ、娘と一緒に楽しむ本の時間が変わってきました。
あとどれくらいあるかはわかりませんが、大切にしていきたいです。

しゅうくりぃむさんの声

3647件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う ほげちゃーん!  掲載日:2016/6/21
ほげちゃん まいごになる
ほげちゃん まいごになる 作: やぎ たみこ
出版社: 偕成社
カオも名前も性格も、決して可愛いとは言えない…いや、言いたくない…。

でも、なんか好きなんだなぁ(笑)
この動き、この表情!

木に登って、みんなを探す ほげちゃん。
「あ、あれママかな?いやー、ママよりほそい。」
って、失礼〜!!

正直で、失敗ばっかりで、くたくたなカンジ、たまりません(笑)

不思議な魅力の持ち主、ほげちゃんです!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい こどもらしい〜  掲載日:2016/6/21
べそっかきフンガくん
べそっかきフンガくん 作・絵: 国松エリカ
出版社: 小学館
どれもこれも、こどもらしくて笑ってしまいました!

歯医者でソファにしがみつくところとか、返事だけで、動かないところとか。

我が家でも、よく見る光景だぞって思いました。
でも、娘の反応は、「フンガくん、ワガママだなぁ…」(笑)

とっても、「あるある!」なお話です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 死神だって  掲載日:2016/6/21
ちいさな死神くん
ちいさな死神くん 作・絵: キティ・クローザー
訳: とき ありえ

出版社: 講談社
じぶんを見た人は、嘆き悲しみ、怖がる。
仕事とはいえ、死神くんのやりきれない気持ちが、切なかったです。

初めて、じぶんを見て嬉しそうにしてくれた人。
初めて気づいた、本当のじぶん。

そっか、死神にも感情があるんだ…と思いました。

死神を見て嘆くのは、この世に未練があるから。
笑って死神くんを受入れられるような、最期を迎えられるといいなと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 未来を守るため  掲載日:2016/6/20
どうぶつ どうして どんどんどんと
どうぶつ どうして どんどんどんと 作: マイケル・フォアマン
訳: アーサー・ビナード

出版社: 岩崎書店
人間による環境破壊が、どんな状況を生み出していて、このまま進めばどうなってしまうのかを動物たちが伝えに来るという物語でした。

前半は、意図が解らなくて、次々と現れる動物たちの姿をただ楽しんでいました。
動物たちが出揃ったところで、場面はガラリと変わり、動物たちが、自分たちの思いをうたで訴え始めるのです。

なんだか、ハンマーで頭を叩かれたような気分でした。
呑気に動物たちを眺めていたことが、恥ずかしくなりました。
自分たちの未来を自分たちが壊しているというのに…。

前半と後半のギャップが、心に突き刺さります。
大切なメッセージを届けてくれる物語でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いろで感じる!  掲載日:2016/6/17
FEELINGS(フィーリングス) きもち・かんじの えほん
FEELINGS(フィーリングス) きもち・かんじの えほん 制作: コローロ
出版社: 赤ちゃんとママ社
口の奥がきゅっとなって、唾が沸いてきました。
意味もなく、手や顔を掻きたくなりました。
思わず「うっ…」となり、手を引っ込めました。

ちゃんと感覚がよみがえってくるのだから、色のちからって凄いなって思います。

コローロさんの作品はどれも、右脳に響く。
理解する前に、目が、感覚が、受け入れてしまうのです。
シンプルだけど、核心をついているなって思います!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 無駄なものはひとつもない  掲載日:2016/6/17
やさしくわかる子どものための医学人体のふしぎな話365
やさしくわかる子どものための医学人体のふしぎな話365 著: 坂井 建雄
出版社: ナツメ社
無意識に行っている動作や、からだの仕組みに関する疑問のお話が、365話も収録されています。

一日一話、それぞれの季節に絡めたお話など、工夫がいっぱいです。
ページの半分近くを図解が占めていて、文章も簡潔にまとめられているので、とっても解りやすいです!

人種によって目の色が違うのは何故か、ストレスってどこにたまるのか、3D映画は、なぜ飛び出して見えるかなど、大人でも驚くことがいっぱいです。

“からだには、無駄なものはひとつもない”
からだって、本当に不思議で、スゴイです!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おりひめとひこぼしの物語  掲載日:2016/6/16
ねがいぼしかなえぼし
ねがいぼしかなえぼし 作: 内田 麟太郎
絵: 山本 孝

出版社: 岩崎書店
期待通りのおりひめとひこぼしの物語。
どういう経緯で、ふたりは離れ離れになったのか、なぜ一年に一度しか会えないのか・・・。とてもよくわかる内容でした。

思わず娘が「わっ!綺麗な星空」叫んだほど、絵も鮮やかで美しいです。

最初と最後に織り込まれている、現代の小さな恋も素敵でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 自然を敬う気持ちを忘れてはいけない  掲載日:2016/6/16
イタチとみずがみさま
イタチとみずがみさま 作: 内田 麟太郎
絵: 山本 孝

出版社: 岩崎書店
何日も、雨が一滴も降らない。
田んぼも干上がり、このままでは大変なことに…。

「だれか かわに しょんべんでも したろか」
そのひと言で、ハッとするのです。

自然にかえるおしっこでさえ、こんなに罪深い。
自然にかえることのないものを捨て続けたり、環境を大きく破壊する現代人の方が、どれほど罪が大きいことか…と感じました。

小さな手を合わせて、一所懸命雨乞いをするイタチの姿を微笑ましく思う一方で、人間こそ、自然を敬う気持ちを忘れてはいけないと、強く思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい すごいなぁ…  掲載日:2016/6/16
ウォールズ
ウォールズ 著: ありま 三なこ
出版社: 扶桑社
人生の壁、自身の成長、優しさ、出会い、感謝の気持ち、人と人とのつながり…。

壁ひとつで、こんなに色々なドラマを描くことができるなんて。
胸の奥から、静かだけど熱い想いが沸きあがってくるような、そんな気持ちになりました。

壁が消える瞬間。
これほど、美しくて、人生の壁が消えるにふさわしい表現はないなって思いました。

すごいなぁ…そのひと言です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい にんじん嫌いの子のために考えられたお話  掲載日:2016/6/16
にんじんばたけのパピプペポ
にんじんばたけのパピプペポ 作・絵: かこ さとし
出版社: 偕成社
かこさんが、子ども会の活動をされていた頃、にんじん嫌いの子のために考えられたお話だそうです。

お手伝いも勉強もせずに、いつも怠けて困ったことばかりする子ぶた達が、“あかい根の草”を食べた途端、大変身!
その変化の様子が面白くって、素晴らしくって!
にんじん嫌いさんも、食べてみたくなること間違いなしです(笑)

うちの娘も、「かこさんのお話は、やっぱり面白いね!」って、すごく気に入った様子でした。

子ぶた達は、全員で20匹いるのですが、その名前も傑作!
リズミカルな文章で、楽しいお話でした!!
参考になりました。 0人

3647件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

夏にぴったりの海の生きものたちの絵さがし絵本

出版社おすすめ


全ページためしよみ
サイン本販売中