ぴょーん ぴょーん
作・絵: まつおか たつひで  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
「かえるが・・・ぴょーん」「こねこが・・・ぴょーん」ページをめくると次々にいろんな動物がジャンプします。くりかえしが楽しい絵本です。
ニコラさん 30代・ママ

勢いのあるイラスト
縦にめくっていく珍しいタイプの絵本です…

しゅうくりぃむさんの公開ページ

しゅうくりぃむさんのプロフィール

ママ・40代・大阪府、女の子8歳

自己紹介
小3の娘のママです!
絵本を読むようになって、知識がイッパイ増えました!
娘とともに成長中です(笑)
好きなもの
絵本だいすき!おいしいものも、あそぶのも、だ〜いすきっ!!
ひとこと
娘にとっては、まだまだ「まなび」も「あそび」。
だからこそ、絵本や教材をとおして、たくさんの扉を開いていってあげたいと思っています。
お勉強の本も取り入れつつ、絵本もイッパイ読みたいな♪

しゅうくりぃむさんの声

3107件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う とりあえず楽しい  掲載日:2015/5/26
妖怪交通安全
妖怪交通安全 作: 広瀬 克也
出版社: 絵本館
妖怪がいっぱいで、とっても賑やかで、その妖怪をつかった、交通安全の標語が並んでいます。

ダジャレ標語と妖怪の表情に気を取られて、肝心の交通安全の意味は素通りしてしまいそうですが、とりあえず楽しいです!

でも、印象には残るので、実際の道路で、子どもに向かってこの標語をつぶやいてみると「ビビッ!」と繋がるかなって思いました!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 本当によかった  掲載日:2015/5/26
まほうつかいのトビィ
まほうつかいのトビィ 作・絵: カズノ・コハラ
訳: 石津 ちひろ

出版社: 光村教育図書
まほうつかいなのに、空を飛ぶことができないトビィ。
やる気がないわけじゃないのに、なかなかうまくいかないんですよね。

大人になると簡単に感じることを、もがきながら練習している娘の姿と重なりました。

本人が乗り越えるしかない壁だけど、サポートしてくれる存在の大きさを感じました。

そして、トビィは飛べるようになりました!
友だちもできました!
本当によかったなって思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい なんて可愛い勘違い  掲載日:2015/5/24
おひさまのたまご
おひさまのたまご 作・絵: エルサ・ベスコフ
訳: 石井 登志子

出版社: 徳間書店
森を探検していた妖精が、地面に落ちていたオレンジを見て、おひさまのたまごだと勘違いするお話です。

オレンジが、おひさまのたまごだなんて、なんて可愛い勘違い。
しかも、森の仲間たちも、みんな勘違い(笑)

でもこれは、おひさまのたまごではなく、おひさまのくだものなのです!
“おひさまのくだもの”って表現もとっても素敵ですよね!

繊細で美しい絵。
とっても和むお話でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う あぁ、わかる  掲載日:2015/5/24
ねむれないの、ほんとだよ
ねむれないの、ほんとだよ 作: ガブリエラ・ケセルマン
絵: ノエミ・ビリャムーサ
訳: 角野 栄子

出版社: 岩波書店
「ねむれないの…」という、子ども。

お母さんは、(それじゃ、困るのよ!)ってカンジでしょう。
なんとか誤魔化して(?)、眠りへと導きたい!

それにしても、このお母さんの大胆なこと!
さすがにこれはできませんが、かなり面白いです(笑)

でも実は、もっと簡単で、確実な方法があるんですよね〜。
ただし、じぶんも眠りに落ちないための強靭な精神力を必要としますが…。

結局、子どもには勝てない。
それなら、せめて、じぶんには勝ちたい。
そんなことを思いました(笑)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい なんかカッコイイぞ!  掲載日:2015/5/21
かいけつゾロリ(16) かいけつゾロリとなぞのひこうき
かいけつゾロリ(16) かいけつゾロリとなぞのひこうき 作・絵: 原 ゆたか
出版社: ポプラ社
いつも、なんかカッコわるいゾロリですが、今回の展開は、かなりカッコよかったです!

お嬢様のために、札束燃やしたり、飛行機をつくったり!
まぁ、ちょっぴり下心も感じますが(笑)
それにしても、適切な判断力と行動力は、相当イケてる!

そして、“なぞのひこうき”!
正体が明かされることはありませんでしたが、これにも「おおっ!」と声が出てしまいました!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 停電と復旧  掲載日:2015/5/21
ねこのでんきや スイッチオン
ねこのでんきや スイッチオン 作: 渡辺 有一
出版社: フレーベル館
落雷により、まちは大停電!

電気を復旧させるのって、思っているより大変なことなんだな〜って思いました。
こんなにたくさんの手が必要で、町中を点検したり、修理しないといけないなんて!

穴あきの仕掛けがあり、ページをめくると電気がともるようになっています。
簡単な仕掛けですが、娘は興味津々でした!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う よくばりゾロリ  掲載日:2015/5/21
かいけつゾロリ(18) かいけつゾロリのにんじゃ大さくせん
かいけつゾロリ(18) かいけつゾロリのにんじゃ大さくせん 作・絵: 原 ゆたか
出版社: ポプラ社
ゾロリの持っているテレカが、世界に2枚しか残っていなくて、超プレミア価格に跳ね上がっていることを知り、更に価値をあげようと、もう1枚のテレカ切りきざみ作戦を計画するゾロリ。

残り2枚でも、価値は1千万円ですよ!私なら、その時点で手を打ちますけど。
でも…確かに最後の1枚になれば1億円!
やっぱり惜しいかも…(笑)

そして、その切りきざみ計画のために、忍者屋敷で忍者修行までするのです。
それにしても、この忍者たち、なんかうさんくさ〜い!

よくばりのゾロリと、くいしんぼうすぎるイシシ。
あきれてしまうお話でした(笑)
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う すれ違う想い  掲載日:2015/5/21
おこじょの ユキ
おこじょの ユキ 作: あんびる やすこ
絵: 藤本 四郎

出版社: 鈴木出版
なんとも切ないなぁ…と思いました。

通常よりも早く巣立ちを迎えた オコジョの男の子。
ひとりで生きて行かなくてはならない不安の中で、“ユキ”という名前が、孤独に追い打ちをかけることになるのです。
何故なら、オコジョの夏毛は茶色。
だから、みんな“ユキ”という名前を笑うのです。
娘は、ヒドイ!と怒っていました。

親は様々な願いを込めて、一生懸命こどもの名前を考えます。
だけど、その想いって、なかなかこどもには伝わらないんですよね…。
すれ違う想いが、切ないです。
それに、どんなに素晴らしい意味が込められていても、その名前であるがために、からかいの種になることもありますし…。

その後、あたたかい出会いもあり、ユキはみちがえるほど逞しくなります。
孤独と成長。こころ温まる物語でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いくつになっても!  掲載日:2015/5/21
あいうえおおきなだいふくだ
あいうえおおきなだいふくだ 作: たるいし まこ
出版社: 福音館書店
50音の各文字からはじまる文章を並べた言葉遊びです。

まず、50音がちゃんと順番通りに使われていて、それがストーリーとして成り立っていることに感心します!
どうぶつ達と大福の格闘が楽しいです。

そして、とってもリズムがいい♪
読んでいる方も、聞いている方も、なんだか楽しくなってきます!

大人が読んでも楽しい。
いくつになっても楽しめる一冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい すごいなぁ…  掲載日:2015/5/21
こおりのくにのシロクマおやこ
こおりのくにのシロクマおやこ 文・写真: 前川 貴行
出版社: ポプラ社
極寒の地、北極。そこで暮らすシロクマたち。
あまりの厳しさに衝撃を受けました。

過酷な状況にありながら、母グマのこども達への愛の深さに感動しました。
まわりの冷たさとは対照的に、そこだけすごくあったかい。

愛し、守り、生き抜くための術も根気よく身につけさせていく。
すごいなぁ…そのひと言です。
参考になりました。 0人

3107件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

出版社おすすめ


スペシャルコンテンツメニュー

全ページためしよみ
サイン本販売中