せかいいち たかい すべりだい せかいいち たかい すべりだい せかいいち たかい すべりだいの試し読みができます!
文: 加藤 志異 絵: 山崎 克己  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
妖怪の国にある、山のように高いすべりだい! そんなすべりだい、すべれるの!?

しゅうくりぃむさんの公開ページ

しゅうくりぃむさんのプロフィール

ママ・40代・大阪府、女の子8歳

自己紹介
小2の娘のママです!
絵本を読むようになって、知識がイッパイ増えました!
娘とともに成長中です(笑)
好きなもの
絵本だいすき!おいしいものも、あそぶのも、だ〜いすきっ!!
ひとこと
娘にとっては、まだまだ「まなび」も「あそび」。
だからこそ、絵本や教材をとおして、たくさんの扉を開いていってあげたいと思っています。
お勉強の本も取り入れつつ、絵本もイッパイ読みたいな♪

しゅうくりぃむさんの声

2825件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う もっともっと!  掲載日:2014/11/23
おばけのバケロン おばけとともだちになりたい!
おばけのバケロン おばけとともだちになりたい! 作: もとした いづみ
絵: つじむらあゆこ

出版社: ポプラ社
おばけの女の子が巻き起こす、ドタバタ&ハプニングがとっても楽しいシリーズ。
今回は、人間のともだちのたまちゃんと一緒にフェスティバルに行くことに。

バケロンがおばけだってことは、もちろん内緒。
毎回、バレそうでハラハラしますが、今までなんとか切り抜けてきました。
ところが、今回は・・・!!

バケロンはおばけですが、とってもカワイくて、優しくて、楽しい!
その上、本物のおばけとくれば、おともだちになりたい度数は、倍増です!!

だけど、おばけかどうかなんて、実はそんなに重要じゃないんだなって。
おばけも人間も、短時間で“普通”にともだち。こどもは順応性が高いです。

既刊の分、全部読み終わってしまいました…。
私も娘もバケロン大好きなので、もっともっと続けて欲しいシリーズです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい まさに!!  掲載日:2014/11/23
おはなし きょうしつ
おはなし きょうしつ 作・絵: さいとう しのぶ
出版社: PHP研究所
あれも!これも!それも!
小学生には、毎日目にして、手にするモノばかり!!

娘は「そうおもってた!」とか、「ぎぇ〜っ」とか、いちいち反応が大きかったです(笑)

うわぐつのところで、偶然にも “明日、参観日”が一致したのには、思わず顔を見合わせて、「今頃、うちのうわぐつも同じこと言ってるかもしれないね」って、笑ってしまいました。

このお話読むと、モノ達が愛しくてたまらなくなります!
授業中、教室のどこを見ても、ニヤニヤしてしまいそうです。(あれ?マズイ??)

でも、楽しいからいいのです!
モノを大切にしたくなる一冊です!!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おんなのこが好きそうです  掲載日:2014/11/23
スージーちゃんとマービー1
スージーちゃんとマービー1 出版社: 小学館
“女子”っていうカンジのお話でした。
用事をしながら、空想が膨らんだり、スペシャルおふろコースがあったり、ちょっぴり“特別”なお料理レシピがあったり…。
ともだちとお喋りしているような、ワクワクした気分になります。

コマ数は多くはないですが、全ページマンガ形式なので、あまりちいさな子には向きません。
小2の娘は楽しめたようです。
“女子”にオススメのシリーズです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい やっぱりたのしい♪  掲載日:2014/11/23
おばけのバケロン バレエだいすき!
おばけのバケロン バレエだいすき! 著: もとした いづみ つじむらあゆこ
出版社: ポプラ社
おばけの女の子バケロン。
どこに行っても、おばけらしい反応が楽しいです!

今回は、バレエ。
「首を伸ばして〜」と言われたら、ろくろっくびみたいに伸ばそうとしたり(笑)

絵もオシャレで可愛くて、女の子が夢中になる要素がいっぱい。
何より、字が大きくて、サラッと読めてしまうところが、このシリーズのいいところ。

気楽に楽しく♪
息抜きにサイコーです!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 何故すいかが海に!?  掲載日:2014/11/21
すいかのたび
すいかのたび 作・絵: 高畠 純
出版社: 絵本館
どうしてすいかじゃなきゃいけないのか…
どうして川とかではなく海なのか…
考えれば考えるほど、謎は深まるばかりですが、それが“高畠さんワールド”。

“そこにすいかがある”
ありのままを受け止める海の生き物たちの反応がいいですね!

すいか目線の海のたび。
のんびりしたカンジがいいです!!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ほんとうのしあわせ  掲載日:2014/11/20
森からのよびごえ
森からのよびごえ 作: 市川 里美
出版社: BL出版
人間のペットとして幸せに暮らしていたオウムが、窓辺にやってきた野生のオウムに誘われて、家から抜け出すお話です。

すごく大切に飼われていたオウムなので、ペットのままでも、辛い思いをすることなく幸せな一生を終えたことでしょう。

でも、飛び出した外の世界は、危険がいっぱい。暑さや寒さから守ってくれるものもない。食べ物だって自分で調達しなければならない…。

だけど、自由に飛び回ることができ、仲間もいる。
鳥の翼は飛ぶためにあるのだから、本当はその方がずっと幸せなんだなって思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ジャパネスク!  掲載日:2014/11/19
やさいとさかなのかずくらべ
やさいとさかなのかずくらべ 作: いしだとしこ
絵: つるた ようこ

出版社: アスラン書房
むかしばなしではないと思うのですが、登場する野菜や魚、絵の雰囲気、喋り方も、日本らしくていいなって思いました。私は特に絵の雰囲気が気に入りました。

橋のところでバッタリ出会った野菜と魚が、どっちの方が数が多いかを競い合うお話です。
これは…子ども同士の張り合いでよく見る光景です。

どっちが勝つのか…?
これはいい。なるほどの結末でした!

他とはちょっと違う雰囲気が素敵な作品です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 校長先生、面白〜い!  掲載日:2014/11/19
おばけやさん(1) これがおばけやさんのしごとです
おばけやさん(1) これがおばけやさんのしごとです 作・絵: おかべ りか
出版社: 偕成社
途中から登場した校長先生が、校長先生らしくなくて、なんだか子どもみたいで、すごく面白かったです。
娘も大ウケ。

おばけやって、どんな商売??と思いましたが、なるほど、おばけだからできる仕事だなって納得!
本当にこんなお店があったら楽しそうです♪
店の主人が、小学生っていうのも、こども達の興味をそそります。

途中、何度もマンガ形式の部分が登場するので少し読みにくいですが、お話の内容は面白いです。
おばけに愛着も沸いたし、続きも読みたいなって思いました。

子どもなら、児童書にかなり慣れてから、読んだほうがいいかもしれないです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 前後がわからなくなります(笑)  掲載日:2014/11/19
まさかさかさま 黄の巻
まさかさかさま 黄の巻 作・絵: 伊藤 文人
出版社: サンマーク出版
上下どちらを上にしても、成り立つ絵。
くるくる回しているうちに、ページがどっちに進んでいるのかわからなくなります。
いつも娘と「ぎゃく!ぎゃく!」、そんなカンジです(笑)

それにしても、よく考えられてるなって思います。
まれに、目が慣れずになかなか認識できないこともありますけど…。

わたしは、あまり絵が好みではないのですが、娘はすごく喜びます。
頭の体操にもなるし、ヒラメキのヒントにもなりそうなので、子どもにはとてもいいと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ねこがよく似合う♪  掲載日:2014/11/19
ねこのかぞえうた
ねこのかぞえうた 作・絵: せな けいこ
出版社: 鈴木出版
せなさんの作品の雰囲気って、ほんとねこが良く似合います。
脚色も含めて、ねこらしいモノに仕上がってます。
私たち、ねこ好き親子には、これがたまらないです!
リズムがいいので、節をつけるとより一層、楽しいです。
特別 ねこ好きさんでなくても、しばらくは「にゃーん、にゃん」が鼻歌になりそうな一冊です♪
参考になりました。 0人

2825件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

出版社おすすめ


スペシャルコンテンツメニュー

全ページためしよみ
サイン本販売中