しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

しゅうくりぃむさんの公開ページ

しゅうくりぃむさんのプロフィール

ママ・40代・大阪府、女の子9歳

自己紹介
小3の娘のママです!
絵本を読むようになって、知識がイッパイ増えました!
娘とともに成長中です(笑)
好きなもの
絵本だいすき!おいしいものも、あそぶのも、だ〜いすきっ!!
ひとこと
娘にとっては、まだまだ「まなび」も「あそび」。
だからこそ、絵本や教材をとおして、たくさんの扉を開いていってあげたいと思っています。
お勉強の本も取り入れつつ、絵本もイッパイ読みたいな♪

しゅうくりぃむさんの声

3243件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 清らかな心  掲載日:2015/9/3
コミック版 世界の伝記 ジャンヌ・ダルク
コミック版 世界の伝記 ジャンヌ・ダルク 漫画: 虎影 誠
監修: 安達 正勝

出版社: ポプラ社
誰よりも優しく信心深いジャンヌ。
神の声に従い、フランスを救うために立ち上がった少女。

わずか17歳です。
それなのに民衆の心を動かし、王太子の心までも動かし、解放軍の司令官として戦場へ向かい、フランスを救うのです。

清らかで揺るぎない心。
こんなにも清らかな心の人がいるんだ…って思いました。
それなのに、あまりにも悲しすぎるジャンヌの最期。

偉人と言われる人たちは、長い時を越えても、人々の心を動かすちからを持っているって思います。
あのナポレオンさえも、「フランスを救った英雄」として、ジャンヌをたたえていたそうです。

マンガ版伝記は、とても読み易く、感動も伝わりやすいです。
心に響くことがたくさんあります。
多くのこども達に読んで欲しいなって思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う お姉ちゃんゴコロ  掲載日:2015/9/3
おとうとバーゲンします!
おとうとバーゲンします! 作: イム・ジョンジャ
絵: キム・ヨンス
訳: 星 あキラ キム・ソンミ

出版社: ひさかたチャイルド/チャイルド本社
お姉ちゃんは、いい子ぶってて、つげ口やで、よくばりで、くいしんぼうな弟を市場へ売りに行くのですが、誰も買ってくれません。
それならと、弟のいいところを並べていくうちに、売るのが惜しくなってくるのです。

まぁ、売るという手段はどうなんだって気はしますが、兄弟をうっとうしく感じることの一度や二度は、誰だって経験ありますよね!
でも「いざ」ってなると、やっぱりかけがえのない存在なんですよね〜。

素直なお姉ちゃんゴコロが、微笑ましいお話でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい お話がしっかりしてます  掲載日:2015/9/3
放課後の怪談(9) 赤い日記帳
放課後の怪談(9) 赤い日記帳 編: 日本児童文学者協会
絵: 今井 ヨージ 川野 郁代

出版社: 偕成社
このシリーズ初めて読みましたが、バラエティに富んだ内容で面白かったです!

不思議な話や、ゾクッとなるもの、こころがあたたかくなるもの、いろいろありますが、怖すぎず、怖くなさすぎず、小学生にちょうどいいなって思いました。

字の大きさは中学年向けという感じですが、漢字にはすべてふりがなが振られているし、とても読みやすいので、低学年でも十分読めそうです。

しっかりした内容のオススメの怪談です!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 愛しの皇帝ペンギン!  掲載日:2015/9/3
すすめ!皇帝ペンギン
すすめ!皇帝ペンギン 文: ジャン‐リュック・クードレイ
絵: フィリップ・クードレイ
訳: とき ありえ

出版社: 理論社
「うまい!」そのひと言です。

「そんなワケない(笑)」なんだけど、「あるある」と言いたくなるほど、ウィットに富んだジョークの数々。娘も、クスクス笑ってました。
皇帝ペンギンをこよなく愛しているからこそ、生まれた作品だなって思いました。

この作品を生み出すキッカケになった、リュック・ジャケ監督作品の映画『皇帝ペンギン』。
内容は知らないのですが、どうやらドキュメンタリー作品のようです。ドキュメンタリーということは、きっと自然の厳しさをありのままに追ったもの。
その映画が、これほど楽しい作品を生み出すキッカケをつくったということが驚きでした。
きっと、リュック・ジャケ監督自身も、そう思ったのではないでしょうか…。
感動が、また新たな感動をつくり出す。素晴らしいことですね。映画もぜひ見てみたいです。

ただ楽しいだけでは終わらない、皇帝ペンギンへの愛を感じさせてくれる素敵な作品でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 深い深い愛  掲載日:2015/9/1
だいすきなパパへ
だいすきなパパへ 作: ジェシカ・バグリー
訳: なかがわ ちひろ

出版社: あすなろ書房
なんて、切ない!

もう二度と会うことのできないパパへのプレゼント。
子どもの夢をこわすまいとする、母親の配慮。

どころが、その配慮に気づいてしまうのです。
その時って、かなりのショックを受けたと思うんですよね。
でも、この子がとった行動は、なんてあたたかいんでしょう。

母の大きな愛に、最高の形で応える子ども。
ふたりきりで支え合って生きているからこそ、お互いを想いやる気持ちも深い深いものなんだなって…。
胸がいっぱいで、たまりませんでした。

“つましいくらしでしたが、バーグリーにはママが、ママにはバーグリーがいました。”
ふたりの絆の深さを物語る、最高の一文だと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ああ、この味!  掲載日:2015/9/1
うれないやきそばパン
うれないやきそばパン 文: 富永 まい
絵: いぬんこ
作: 中尾 昌稔

出版社: 金の星社
昭和の香りのパン屋さん。
あんぱん、ジャムパン、クリームパン、メロンパンにカレーパン、そして、やきそばパン!
けれど人気は、イマドキのベーカリーのイマドキのパン。
おじいさんのパンは、毎日売れ残ってばかりです。

哀愁漂うパンたち…。
いぬんこさんの描く絵って、ホントいい味出してます。
あれ…?
読み進めるうちに、なんだかこの素朴さ、たまらない魅力に思えてきました!

思い出の詰まった味、変わらない味。
「ああ、この味!」
おなかも、こころもあったかくなります。
懐かしい味。
食べたくなること、まちがいナシです!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う あこがれのおっぱい!  掲載日:2015/9/1
おっぱいちゃん
おっぱいちゃん 作・絵: 有田 奈央
出版社: ポプラ社
泣き叫ぶ赤ちゃんを、あっという間に泣き止ませることができるなんて、「おっぱいすご〜い!」。

「おっぱい おっぱい おっぱい おっぱい…。」
もう、女の子の頭の中は、おっぱいだらけ。
「どうしても、おっぱいが大きくなりたい!」
子どもらしい、あの手この手が可愛いです。
まぁ、努力で手に入るもんじゃないですけど(笑)

でも、自作おっぱい、なかなかよくできてます!
娘は、終始ニヤニヤしてました(笑)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい わかる!おもしろい!  掲載日:2015/9/1
からだが かゆい
からだが かゆい 作: 岩合日出子
写真: 岩合 光昭

出版社: 福音館書店
「かゆい!かゆい!」
だれもがわかるテーマです。
からだがかゆい時って、少々無理な体勢になっても、掻きたい!
掻いちゃダメでも、掻きたい!!

どうぶつ達のそんな恰好、こんな恰好で掻く姿がとってもおもしろい!
そして、この表情〜♪
かゆいところに手が届くって、最高にシアワセ(笑)

わかる!おもしろい!の一冊です!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う どうぶつ達とおしゃべり  掲載日:2015/9/1
おしゃべりどうぶつえん
おしゃべりどうぶつえん 作: あべ まいこ
絵: 高畠 那生

出版社: 絵本館
休園期間のどうぶつ園。
くつろいだ雰囲気だから、どうぶつ達もついおしゃべりになってしまうようです。
リラックスした雰囲気のおしゃべりは、まるで友だちとの雑談のようです。

開園期間のどうぶつ達は、おしゃべりにも表情にも、ちょっぴり緊張感が漂います。
どうぶつ達だって、立派なエンターティナー!

どうぶつ達はこんなことを考えているのかな?
ふふふ…となるお話でした!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい さすがすぎる!  掲載日:2015/9/1
レオナルド・ダ・ヴィンチ 芸術家で科学者で発明家…“万能の天才”
レオナルド・ダ・ヴィンチ 芸術家で科学者で発明家…“万能の天才” 著: 小林 たつよし 菅谷淳夫
出版社: 小学館
表紙を開くと、まず登場するのは「モナ・リザ」。
「受胎告知」に「最後の晩餐」。
この名作を見ているだけで、ため息がでます!

なにより、ボッティチェリと同じ工房で修行してたり、次々に接触する芸術家の面々の凄いこと!さすがルネサンス期!!

その頂点に立つのが、レオナルド・ダ・ヴィンチ。
多少の挫折もありましたが、やっぱり誰もが認める天才。
レオナルノドの才能は、群を抜いてるなって思いました。

芸術家で科学者で発明家!まさに万能の天才ですが、偉大な存在と言われる本当の理由には、鳥肌が立ちました。この人は、どこまで凄いんだと。

最初から最後まで、ため息の連続でした!
参考になりました。 0人

3243件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『まほうのきって』こばやしゆかこさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
サイン本販売中