だるまちゃんとだいこくちゃん だるまちゃんとだいこくちゃん
作・絵: 加古 里子  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

しゅうくりぃむさんの公開ページ

しゅうくりぃむさんのプロフィール

ママ・40代・大阪府、女の子8歳

自己紹介
小2の娘のママです!
絵本を読むようになって、知識がイッパイ増えました!
娘とともに成長中です(笑)
好きなもの
絵本だいすき!おいしいものも、あそぶのも、だ〜いすきっ!!
ひとこと
娘にとっては、まだまだ「まなび」も「あそび」。
だからこそ、絵本や教材をとおして、たくさんの扉を開いていってあげたいと思っています。
お勉強の本も取り入れつつ、絵本もイッパイ読みたいな♪

しゅうくりぃむさんの声

2976件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 絶体絶命!?  掲載日:2015/3/4
レインボーマジック48 デイジーの妖精ダニエル
レインボーマジック48 デイジーの妖精ダニエル 作: デイジー・メドウズ
訳: 田内志文

出版社: ゴマブックス
ゴブリンたちから、魔法のアイテムを守ろうとする妖精たちを助けている、レイチェルとカースティー。

この花の妖精シリーズでは、ゴブリンたちも魔法の杖を持って応戦してくるので、ちとやっかい。

特にこのデイジーの巻では、たたかいの途中で、妖精は杖を落としてしまうし、ゴブリンの魔法のせいで杖には近づけないし、絶対に姿を見られてはいけない、人間の女の子に見つかってしまうし…で、絶体絶命!
すごくハラハラする展開でした。

シリーズを何冊も読んでいるうちに、すっかりお馴染みのメンバーになって、なんだか自分も知り合いのような気になってきました(笑)

娘が夢中のこのシリーズ。
特にこの花の妖精シリーズは、読み応えがあって面白いです!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 自然保護  掲載日:2015/3/4
かえっておいでアホウドリ
かえっておいでアホウドリ 作: 竹下 文子
絵: 鈴木 まもる

出版社: ハッピーオウル社
お馴染みの竹下さん・鈴木さんの作品とは、全然違う印象ですが、とても胸に響く作品でした。

先のことを考えずに、たくさんの動物の乱獲が行われた過去。
絶滅寸前まできて、ようやくそのことに気づく人間達。

自然を取り戻すことがどれほど大変なことなのか、どれほどの時間を必要とすることなのか、そんなことを考えさせられるお話でした。

途方にくれるほどの時間を必要とするかもしれないけれど、守りたいと思う人々の努力で、少しずつ自然を取り戻していく“希望”が見えました。

「アホウドリは、日本の島で育つ鳥です」
とても誇らしく、責任の重い言葉です。
自分にもできることを…そう思います。

翼を広げると2メートル以上もある大きな鳥アホウドリ。
日本に来ればアホウドリが見れる、そんな時代が来るといいなと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 落し物のてぶくろ達  掲載日:2015/3/4
さっちゃんのてぶくろ
さっちゃんのてぶくろ 作: 内田 麟太郎
絵: つちだ のぶこ

出版社: 金の星社
てぶくろって、忘れたり落としたりしても、探してもらえる確率が低いですよね。
特に片方だけのてぶくろだと、落し物市出品の可能性すら薄いです。

見向きもされないてぶくろ達。
身も心も冷え切ったら、てぶくろだって、こんなことを思いつくのかもって、思いました。

次々現れる片方だけのてぶくろ達。
ひとつ現れるたび、なんだか笑顔になってしまいます。
とってもあたたかい♪

片方だけのてぶくろを見つけたら、拾ってしまいたくなりそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 感激!  掲載日:2015/3/4
ユキコちゃんのしかえし
ユキコちゃんのしかえし 作: 星 新一
絵: ひがし ちから

出版社: 偕成社
感激です!星新一さんのお話を絵本でみれるなんて!!
本嫌いの子どもだった私が、本を読むようになったのは、まさに星新一さんのおかげ。
ショート・ショートだから読みやすいし、何より不思議で楽しくって、一気に読んでしまう作家さんでした。
このお話だって、半世紀も前に作られたとは思えない!
そんな楽しいお話を、ひがしちからさんの柔らかいタッチの絵でコーティング!
最高に素敵です♪

いじめられっこからの脱却。
笑いと勇気、とっても清々しいあとくちのお話でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う なんなんだよ〜  掲載日:2015/3/4
わっ
わっ 作・絵: 井上 洋介
出版社: 小峰書店
おじいさんが通りかかると、突然「わっ!」。
あっちでも、こっちでも、「わっ!」。
そのたびにおじいさんは、ビックリ!!

しかも、驚かせてくるのは、人間ではないのです。
あんなもの、こんなもの!
これは、気が抜けない(笑)
あんまり驚かされすぎて、慣れちゃうおじいさんの姿も面白かったです。

「まったく、なんなんだよ〜今日は…」という、おじいさんのつぶやきが聞こえてきそうです!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい りえちゃんとりえちゃん  掲載日:2015/3/4
きつねのかみさま
きつねのかみさま 作: あまん きみこ
絵: 酒井 駒子

出版社: ポプラ社
たまらな〜い!
とっても、とってもかわいいお話なんです。

公園になわとびを忘れた りえちゃん。
そのなわとびで遊ぶ こぎつね達。

お互いのとまどい、すぐにうちとけるようす、きつねの可愛い勘違い、りえちゃんの優しさ、たまらないです!
酒井さんの絵が、これまたお洒落で素敵で、さらにさらにたまらない!!

きつねのかみさま。
思い出すだけで、(ふふっ♪)となってしまうお話です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 商店街の一角  掲載日:2015/2/28
はなやのおばさん
はなやのおばさん 作: ねじめ 正一
絵: 大島 妙子

出版社: 童心社
将来の夢は花屋さん。
毎日、商店街の花屋に寄り道して、夢を膨らませる女の子。
花屋の夫婦も、この女の子をとても可愛がってくれていて、花を見せてくれたり、種をくれたり。
けれど、ある日突然、花屋のおじさんは亡くなってしまうのです。

何気ない日常の風景。
突然起こる、思いがけない出来事…。
ぽっかり穴があいてしまったしまったような気持ち…。
花屋と夢の再開!

商店街の中の一軒、ちいさなちいさな個人商店の出来事です。
大半の人は、気づかずに通り過ぎてしまうのだろうけど、人の数だけドラマがあり、そして当事者たちにとっては、決してちいさな出来事ではないんだ、そんなふうに感じました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 頭脳作戦  掲載日:2015/2/28
レインボーマジック46 ひまわりの妖精シャーロット
レインボーマジック46 ひまわりの妖精シャーロット 作: デイジー・メドウズ
訳: 田内志文

出版社: ゴマブックス
妖精と友だちで、いつも妖精たちを助けているレイチェルとカースティ。
妖精たちから魔法のアイテムをぬすむゴブリンたち。

いつもは力ずくのゴブリンたちですが、今回は、自分たちの緑色の体を生かして、ヒマワリに変装!なんか、可愛くて笑っちゃいました。
なんてほのぼのしてたら、レイチェルがゴブリンの魔法で氷づけに!

いつもとちょっと違う展開、双方の頭脳作戦!
面白かったです。

いっぱいのひまわり、きっと力強くて綺麗なんだろうなって思いました。
ひまわりの季節が待ち遠しくなりました!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ますます夢中!?  掲載日:2015/2/28
みずたまりちゃん
みずたまりちゃん 作: 新井 洋行
出版社: 講談社
子どもって、みずたまり大好きですよね!
ビチャビチャでも、ドロドロでも、全然平気!

子どもたちが大好きな みずたまり…。
こんなに可愛くされちゃったら、ますます夢中になってしまいそう!
おかあさん達の悲鳴が聞こえてきそうですね(笑)
でも、たまには…ね。

娘がちいさい頃、靴や靴下がビチャビチャになるまで、遊ばせたことがありましたが、今では、とってもいい思い出です♪
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ドキドキ感アップ!  掲載日:2015/2/28
レインボーマジック47 ランの妖精オリビア
レインボーマジック47 ランの妖精オリビア 作: デイジー・メドウズ
訳: 田内志文

出版社: ゴマブックス
妖精の友だちがいて、いつも妖精たちを助けている、二人の女の子のお話のシリーズです。

妖精たちから、魔法のアイテムをぬすんでばかりいる、悪い妖精の手下のゴブリンたち。
いつもなら、そんなに恐ろしい敵でもないのですが、この花の妖精シリーズでは、悪い妖精から氷の魔法をためこんだ杖をもらっているので、ちとやっかい。
ゴブリンたちも魔法を使ってくるので、ドキドキ感アップです!

妖精によって本文の文字の色が違います。
それぞれの妖精たちの魔法の力なのかもしれないですね!

娘が、今一番夢中になっているシリーズです!
参考になりました。 0人

2976件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

出版社おすすめ


スペシャルコンテンツメニュー

全ページためしよみ
サイン本販売中