ほげちゃん まいごになる ほげちゃん まいごになる ほげちゃん まいごになるの試し読みができます!
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
10月中旬発売『ほげちゃん』の続編、ついに刊行!

しゅうくりぃむさんの公開ページ

しゅうくりぃむさんのプロフィール

ママ・40代・大阪府、女の子8歳

自己紹介
小2の娘のママです!
絵本を読むようになって、知識がイッパイ増えました!
娘とともに成長中です(笑)
好きなもの
絵本だいすき!おいしいものも、あそぶのも、だ〜いすきっ!!
ひとこと
娘にとっては、まだまだ「まなび」も「あそび」。
だからこそ、絵本や教材をとおして、たくさんの扉を開いていってあげたいと思っています。
お勉強の本も取り入れつつ、絵本もイッパイ読みたいな♪

しゅうくりぃむさんの声

2872件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
ふつうだと思う テンヤワンヤじゃ困るけど…  掲載日:2014/12/18
サイしょちょう、きんきゅうしゅつどう!
サイしょちょう、きんきゅうしゅつどう! 作: サム・ロイド
訳: ふしみ みさを

出版社: BL出版
なんだか平和そうなテンヤワンヤ村。
万一に備え、日々体を鍛えるボーサイ署長。
窓から望遠鏡で火事を発見し、緊急出動!

ところが、これがとんでもない勘違い。
さすが、テンヤワンヤ村という感じです。
しかし、頼れるはずのボーサイ署長がこれでいいの〜?と、首をひねってしまいました。

まぁ、ドタバタですが、平和な感じは楽しいし、人の温かさみたいなのも伝わってきます。
勘違いですが、消防車出動の様子もよくわかるところがいいですね!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ほんとにすごい!  掲載日:2014/12/17
もっと・しごとば
もっと・しごとば 作: 鈴木 のりたけ
出版社: ブロンズ新社
絵の精巧さはもちろん、しごとの内容もわかり易くて、毎回驚かされるシリーズです。
この絵を描くだけでも相当な時間を費やすことと思いますが、取材に構成、一体どれほどの時間がかけられているのかなって思います。

このシリーズを見たこども達は、興味ある職業に加え、未知の職業も知ることができて、これをきっかけに将来の夢を決める子も出てくるかもしれないですね!

次は、鈴木 のりたけさんの『しごとば』をスペシャルバージョンで、見てみたいと思いました!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ユカイ ユカイ  掲載日:2014/12/17
まんげつダンス!
まんげつダンス! 作・絵: パット・ハッチンス
訳: なかがわ ちひろ

出版社: 福音館書店
満月を見ているうちに、一晩中踊っていたい気持ちになった、ウマとヒツジとブタのお母さん達。
こどもたちを起こさないように気を配りながら、順番におどります。

お母さんたちが踊っているようす、気を配っているにもかかわらず、こども達は気づき、寝床からこっそり見ているようす、とっても楽しいです!
お母さん達が、さりげなく頭に花を飾っているのも微笑ましいです。

ただただ見て笑うだけ。
とっても愉快なお話です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う なるほどね!  掲載日:2014/12/17
ねむたいピクルスくん
ねむたいピクルスくん 絵・文: 五十嵐 昭子
出版社: 至光社
とってもねむたいピクルスくんは、大あくび。
あくびは連鎖するもの。
まわりのみんなも次々と大あくび。
ピクルスくんは、みんなのために最高の寝場所を見つけました。

シンプルなお話ですが、「なるほどね!」という気持ちになりました。
(これは、明日の朝が楽しみだな)なんて、想像の余地まで残してくれます。

しつこいですが、あくびは連鎖するもの。
なかなか目を閉じないこども達のおやすみ前にピッタリの一冊です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 空想に制限ナシ  掲載日:2014/12/17
みーんないすのすきまから
みーんないすのすきまから 作: マーガレット・マーヒー
絵: ポリー・ダンバー
訳: もとした いづみ

出版社: フレーベル館
なくした車の鍵があるかもと、いすの隙間に手を入れてみたら、出てくる出てくるいろんなモノ!

あんなものに、こんなもの。
ありえない、ありえない!

だけど、とっても楽しい。空想に制限はないのです!
それに空想って、ハッピーな気分も届けてくれるんだなって。

絵がとってもオシャレです。
「わぁ♪」という感じの一冊です!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい こころに沁み渡りました  掲載日:2014/12/16
てぶくろ
てぶくろ 作・絵: いもと ようこ
出版社: 講談社
日常のちょっとした光景なのに、そのあたたかさに涙が出そうになりました。
これが実話をもとにしたものだというのだから、子どもって、本当に天使です。

わけあう優しさ、温もり。
じ〜んと、こころに沁み渡ります。

せいかいじゅうのひとが…
本当にそう。
今の世の中に一番必要なことかもしれないですね。

そんな日がくるといい。
絵本から、しあわせが溢れでてくる、そんなお話でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う いろいろ膨らむ  掲載日:2014/12/16
まほうのカメラ
まほうのカメラ 作・絵: 木曽 秀夫
出版社: フレーベル館
シンプルなしかけですが、なかなか斬新です。

カメラのレンズ部分が、しかけの穴になっていて、まほうのカメラで写真を撮ると、違うものに大変身するというものでした。
そして、ただ変身するのではなく、いろいろな動物のピンチを救ってくれます。
変身前後の姿が、ちゃんとストーリーとして成り立っているのがスゴイですね!

見返しの部分に描かれた変身を見ていると、他にもいろいろできそうだなって、想像が膨らみました。
なかなか楽しいです。娘の反応もバツグンでした!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 愛されキャラなハリーくん  掲載日:2014/12/16
わすれんぼうのはりねずみ
わすれんぼうのはりねずみ 作: 竹下 文子
絵: ミヤハラヨウコ

出版社: あかね書房
自分の名前も忘れてしまうほど、わすれんぼうのハリー。
かなりの困ったちゃんですが、一生懸命な感じって伝わりますね。
つい応援したくなっちゃいます。
それに、自然とみんなを和ませるパワーも持ってます。
ナチュラルで、愛されキャラなハリーくんです!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おっ、これはいい!  掲載日:2014/12/12
おばけマンション(33) 極上おばけクッキング!
おばけマンション(33) 極上おばけクッキング! 作・絵: むらいかよ
出版社: ポプラ社
本をパラパラめくると、本文中や欄外に何やら細かい書き込みが…。
何かと思ったら、難しい言葉の意味を解説してくれています。

大人なら、さらりと理解できてしまう言葉(相変わらず・見失うなど)も、子どもには(?)。
特に今回の登場キャラは、野菜新鮮組(新選組)。侍言葉を使うから、更に(???)。

だけど、これが侍言葉じゃなかったら、全然面白くなくなってしまいます。
だから解説をつける…。
変に、子どもがわかるような言葉を使うより、この方がずっといい!

面白さは、現役小学生の娘が太鼓判を押しています。
野菜の雑学なんかもあって、私が読んでも、かなり面白かったです。
まんがと文章の部分が入り混じるので、児童書に慣れてきた頃の方がいいとは思いますが、子どもが楽しみながら、言葉を覚える機会にもなるので、とてもいいと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 絵がステキ  掲載日:2014/12/12
よるのとしょかん
よるのとしょかん 作: カズノ・コハラ
訳: 石津 ちひろ

出版社: 光村教育図書
とっても可愛い版画絵です。

お話は、どうぶつ達の為の夜の図書館。
カリーナという女の子とふくろう達が、本を選ぶアドバイスをしたり、みんなが快適に過ごせるように気を配っています。

夜の図書館らしく、ハプニングも割と静か(?)で、穏やかな展開でしたが、お休み前に読むのにちょうどいい感じだなって思いました。
参考になりました。 0人

2872件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

出版社おすすめ


スペシャルコンテンツメニュー

全ページためしよみ
サイン本販売中