ねずみくんのチョッキ ねずみくんのチョッキ
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
1974年「ねずみくんのチョッキ」が発売されて、今年で40周年をむかえます。

しゅうくりぃむさんの公開ページ

しゅうくりぃむさんのプロフィール

ママ・40代・大阪府、女の子7歳

自己紹介
小2の娘のママです!
絵本を読むようになって、知識がイッパイ増えました!
娘とともに成長中です(笑)
好きなもの
絵本だいすき!おいしいものも、あそぶのも、だ〜いすきっ!!
ひとこと
娘にとっては、まだまだ「まなび」も「あそび」。
だからこそ、絵本や教材をとおして、たくさんの扉を開いていってあげたいと思っています。
お勉強の本も取り入れつつ、絵本もイッパイ読みたいな♪

しゅうくりぃむさんの声

2540件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい うんちの行方  掲載日:2014/4/22
ちきゅうがウンチだらけにならないわけ
ちきゅうがウンチだらけにならないわけ 作: 松岡 たつひで
出版社: 福音館書店
うんち、その中でも、“野生”のうんちにスポットを当てたお話です。

鳥や昆虫、水生生物、哺乳類、野生で暮らす動物たちがする うんち。
飼い犬のように片づけてくれる人がいるわけでもなく、積もり積もって、やがて地球上が うんちで埋め尽くされる!?
面白い切り口だなって思いました。

排出された うんちはどうなるのか。
臭くて汚くて、何の役にも立たないと思ってた うんちに隠された凄いパワー!
やっぱり、自然ってスゴイ!

色々な生き物のうんちも見れるので、こどもも興味津々でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ちょんまげ ちょんまげ  掲載日:2014/4/22
江戸の子ども ちょんまげのひみつ
江戸の子ども ちょんまげのひみつ 作: 菊地ひと美
出版社: 偕成社
ちょんまげって、みればみるほど不思議な髪形です。
蒸れを防ぐためにしても、なぜ上だけ…??
髪形をキープするだけでも大変そう。
でも、みんながやっていれば、粋でイナセになるんですね。

中でも、こども達の髪形は、かなり興味深かったです。
粋でイナセな ちょんまげを結うまでにこんなにイロイロあるなんて…。
中には、「なぜ!?」と訊きたくなる髪形も…。早く大人になりたいハズだ。
髪形をみれば、年齢もわかる。なかなか深いです。

髪形以外にも、当時の暮らしもよくわかり、楽しかったです!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 娘が注目したのは…  掲載日:2014/4/22
なわとびしましょ
なわとびしましょ 作・絵: 長谷川 義史
出版社: 学研
うちの子も大好きな 大縄跳び。
最初にはいってきたのは、たけしくん。
つぎは、おじいちゃん??

つぎつぎ、はいってくる 風変わりな人たち。
「え〜、なんで〜(笑)?」とウケつつも、娘が一番注目したのは、そこではありませんでした。

そう、娘が一番注目したのは、順調に続く大縄の動きを止めた 張本人の足。(笑)

大縄跳び、じぶんが止めたら、ゼッタイ気まずい。
娘の反応に、張本人にはなりたくないな〜と思いました…。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 少し足りない…  掲載日:2014/4/22
きょうりゅうでたぞ!
きょうりゅうでたぞ! 作・絵: 桜井信夫
出版社: あすなろ書房
普段から、娘への小言が多いので、せめて食事の間くらいは、言いたくない…。
でも、食事のマナーってすごく大切。
それなら絵本を通して、学んでもらおうと探していました。

娘に学んで欲しいのは、料理の種類から始まるような大掛かりなものではなく、もっと基本的なこと。
この本は、こどもがよくやるようなことを、お話仕立てで描いているので、いいなって思ったのですが…。

「マナーを守らないと、かいじゅうが現れるよ!」という感じのお話ですが、かいじゅうは男の子が見た夢で、目が覚めた男の子が、ホッとしたところで終わり、心を入れかえる姿はありませんでした。

こどもにわかり易いマナーなのに、結局、不思議な夢という印象だけが、強く残ってしまったのが残念でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 参加希望!!  掲載日:2014/4/18
ピヨピヨ はじめてのキャンプ
ピヨピヨ はじめてのキャンプ 作・絵: 工藤 ノリコ
出版社: 佼成出版社
いつもながら、カワイイでは収まらない ひよこ達の姿に癒されすぎますが、今回はなんといっても、カッパ☆!

さすが、水辺の生き物!
達人すぎる野営技〜。すごーい!!
道具類、食料の調達、調理、、、アウトドアだ〜。
人工的なモノがほとんどない。これは、いいです。
今すぐ、参加希望です!!

行楽シーズン先取り気分で楽しめました♪
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おばあちゃんスゴイ!  掲載日:2014/4/18
プリンちゃんとモンブランばあば
プリンちゃんとモンブランばあば 文: なかがわ ちひろ
絵: たかお ゆうこ

出版社: 理論社
小物がたまらなくキュート♪
ビスケットの植木鉢とか、ライム(?)の傘とか!

可愛さはさておき、おばあちゃんがスゴイのです!
プリンちゃんがひろった種、そして、おばあちゃんの作ったもの…。
「えぇっ!?何もかもわかってたの〜!?」ってカンジです。
魔法使いみたい!とっても素敵なおばあちゃん!

このお話、プリンちゃんとおばあちゃんの位置がほとんど動かないんですけど、サササ…とめくると、おおっ!パラパラまんがのようです!
これ、楽しい♪
もうひとつの楽しみ方発見です!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい アリからすれば  掲載日:2014/4/18
アリのおでかけ
アリのおでかけ 作: 西村 敏雄
出版社: 白泉社
アリからすれば、ゴツゴツした岩、その正体は?
アリからすれば、おおきなおおきな山脈、その正体は??

最初にアップ、ズームアウトで「これかぁ☆!」。
娘は、あってこして楽しんでました。

アリからすれば、人間だってきっとスカイツリーなみ!?
アリの目線、おもしろいな〜と思いました!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ちょっぴりニガテだけど…  掲載日:2014/4/18
ハサミムシのおやこ
ハサミムシのおやこ 文・写真: 皆越 ようせい
出版社: ポプラ社
自然て、とっても神秘。
複眼がハッキリ見えるほどの鮮明な写真。
体を張って卵を守り、最後は こども達の為に自らの身を捧げる母ムシ。

すごいんですけど…。
鮮明にとらえられたハサミムシの姿、ちょっぴりニガテです。

でも、ハサミムシの生態がよくわかるし、命のドラマも感じます。
科学絵本としては、とても良い本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい これは、おもしろい!  掲載日:2014/4/16
さんすうくんがやってくる
さんすうくんがやってくる 作・絵: 五味 太郎
出版社: 学研
さんすうくんという、何でも算数に置き換えて、考える子のお話です。

たし算やひき算に始まり、単位や面積の公式、打率に勝率、時速、温度に角度に電圧!?
身近なものがすべて『算数』に変身!

ストーリー仕立てなのですごくわかり易くて面白いし、さんすうくんのデジタルな受け答えが最高です!

ただ、ストーリーは楽しめる娘ですが、公式やら単位やらは未知の世界なので、お話に登場するこどもたちのように、内容は あまり聞いてない(笑)
それでも さんすうくんは、「聞いていてもいなくても、算数は算数です」そんなカンジ(笑笑)

算数にちょっぴり拒絶反応を示しだした頃に、また読みたいなって思います!
きっと、算数を好きになってくれそうな気がします(?)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 捨てる前に買う前に  掲載日:2014/4/16
しゃもじいさん
しゃもじいさん 作: かとう まふみ
出版社: あかね書房
あー、いっぱい反省してしまいました。
壊れたから、同じようなものあるから、もう使わないし…、断捨離、断捨離!
そんなことをつぶやきつつ、ずいぶんたくさんのモノを捨ててきた気がします。

このお話は、そんな“不用品”たちが新天地を求め、家々を渡り歩くというものです。
最後に辿りついたお寺の小僧さんたちが、“不用品”たちを修理し、また使えるようにしてあげます。
具体的な修理の仕方も教えてくれて、参考になります。

今の世の中って、新しくて便利なモノが次々登場するし、100均やディスカウントショップの普及で、あまり考えずに購入してしまうことも多いんですよね。

不用品のほとんどは、少し手直しすれば、まだまだ使えるモノ。
それに、使い込んだ道具って、味があっていいです!自分で修理したのなら、尚更、愛着も沸きますしね♪
捨てる前に、新しいモノを買う前に、周りを見渡してみないといけないなぁ…と思いました!
参考になりました。 0人

2540件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

出版社おすすめ


全ページためしよみ
サイン本販売中