もったいないばあさん かわを ゆく もったいないばあさん かわを ゆく
作・絵: 真珠 まりこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
川を舞台に、水の循環、命のつながりをテーマにした絵本です。

みいのさんの公開ページ

みいのさんのプロフィール

その他の方・60代・東京都

みいのさんの声

754件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 面白くてためになる  投稿日:2019/04/16
紙芝居 おうさまさぶちゃん
紙芝居 おうさまさぶちゃん 作・絵: 馬場 のぼる
出版社: 童心社
2歳〜7歳対象のお話会で演じました。
個人的に、しつけがテーマになっている内容は好みではないので迷いましたが、子どもたちが大笑いしてくれたので、読んで良かったです。
アホウドリ大臣のセリフなどは、子どもたちの笑い声につられてしまい、、私も笑いをこらえるのが大変でした。
やはり馬場のぼるさんの作品は面白くて、さすがだなと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う クレヨンと果物  投稿日:2019/04/15
紙芝居 くれよんさんのけんか
紙芝居 くれよんさんのけんか 作: 八木田 宜子
絵: 田畑 精一

出版社: 童心社
2歳〜7歳が参加するお話会で演じました。
クレヨンがけんかする場面では、子どもたちが笑ってくれました。
果物の名前も、たくさん答えてくれました。
「せっちゃん」と「おかあさん」はセリフだけで、画面には登場しないので、クレヨンと果物に注目できていると思いました。
最近は輸入物など、様々な品種のブドウがあるので、色の不自然さは感じませんでした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 絵探しクイズ  投稿日:2019/04/15
紙芝居 こわがりギンちゃんのばけねこそうどう
紙芝居 こわがりギンちゃんのばけねこそうどう 作: ときわ ひろみ
絵: 石黒 亜矢子

出版社: 教育画劇
2歳〜7歳のお話会で演じました。
いくつか紙芝居をやったあと、「もっと紙芝居をやって!」とせがまれました。
「怖いお話でも平気?」と聞くと、見る側も調子が出てきたようで、「大丈夫ー!」と元気に答えてくれました。
怖そうな声は出さないようにして、絵探しクイズ的に演じました。
要領がわかると面白くなったようで、みんな楽しんで参加してくれました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う フルーツ、いろいろ  投稿日:2019/04/13
紙芝居 かくれんぼ
紙芝居 かくれんぼ 作・絵: 瀬名恵子
出版社: 童心社
2〜7歳対象のお話会の、1番最初に演じました。
お子さんたちも私も緊張していたのか、ノリがいまひとつのかんじでした。
パイナップルなどは、見慣れていない子もいるのかも。
バナナは2場面ゆっくり見てもらえて、反応もありホッとしました。
最後に「もう終わり?」という声が聞こえたので、概ね楽しんでもらえたと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 「こどもの日」が近かったので…  投稿日:2019/04/13
紙芝居 まいごのこいのぼり
紙芝居 まいごのこいのぼり 脚本・絵: 石井 聖岳
出版社: 童心社
2〜7歳対象のお話会で読みました。
親御さんと離れて、初めての場所で見る紙芝居なので、「まいご」という単語は不適切かな?と思いつつ、時期的には今しかないと、一生懸命演じました。
こいのぼりの歌は私だけが歌い、恥ずかしかったです。
カラスがこいのぼりをくわえて飛ぶ場面は、ややウケました。
たんたんと読んでしまいましたが、登場人物(人ではありませんが)が多いので、もっと演じわけたほうがよかったのかな?と反省。
次の機会があれば、子どもたちにも一緒に歌ってもらえるように、上手に演じたいと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 大事なメッセージ  投稿日:2019/04/12
おむつのなか、みせてみせて!
おむつのなか、みせてみせて! 文・絵: ヒド・ファン・ヘネヒテン
訳: 松永 りえ

出版社: パイ インターナショナル
我が子のおむつだったら大丈夫なのですが、おむつの中を見るというのは少し抵抗があります(笑)
でも生きている限り、どんな生き物でも排泄はしますし、その違いも興味深いものですね。
そして最後の、とても大事なメッセージ「うんちはトイレで…」が、おむつをしているお子さんに届くといいなあと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ずっしりとした大きな本  投稿日:2019/03/25
実験おもしろ大百科 理科がとくいになる!
実験おもしろ大百科 理科がとくいになる! 編: 科学編集室
出版社: 学研
分厚い、ずっしりとした大きな本です。
すぐに試してみられる実験から、結果を見るのに時間がかかるものまで、各種載っています。
紙コップ、ビー玉、アルミホイルで作る「不思議な銀の玉」は、他の実験本でも見たことがなくて、面白かったです。
また、錯視に関するものも興味深かったです。
娘は、ペットボトルのフィルムで作るしおりが楽しかったようです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おしゃれに変身!  投稿日:2019/03/18
すてきなやまねこようふくてん
すてきなやまねこようふくてん 作・絵: きむら ゆういち
出版社: 偕成社
やまねこようふくてんに来たお客さんは、素敵なお洋服を選んでもらって、おしゃれに変身します。
シンプルなしかけで、イメージチェンジするどうぶつさんが、みんな幸せそう!
じつは、やまねこさんが地味なお洋服で、自分のおしゃれには無頓着なのかしら?と思いながら読んでいました。
でも、後ろの見返しと、裏表紙で自分のお洋服を選んでいたので安心しました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 中学校の図書室にも絵本が並んでいたら…  投稿日:2019/03/18
13歳からの絵本ガイド-YAのための100冊-
13歳からの絵本ガイド-YAのための100冊- 監修: 金原 瑞人 ひこ・田中
出版社: 西村書店
私が10年前に読み聞かせボランティアを始めた頃は、低学年を対象にしていましたが、最近は高学年を担当する機会が多くなりました。
ボランティアメンバーから「高学年に何を読めばいいか?」という声をよく聞きます。
この絵本ガイドは「13歳から〜」ですが、5、6年生用の絵本を選ぶときも、参考になりそうです。

娘が中学生の頃、読書感想文の宿題が出て、先生から「絵本でもいいよ」と言われたそうです。
ただ、当時の中学校の図書室に絵本はなかったそうです。
中学校の図書室にも絵本が並んでいたら、生徒たちが素敵な絵本に出会うきっかけになるでしょうね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 6年生の教室で読みました  投稿日:2019/03/16
あいててて!
あいててて! 絵: フレッド・マルチェリーノ
訳: せな あいこ
再話: ナタリー・バビッド

出版社: 評論社
本の大きさ29cmもちょうどいいし、絵も素敵です。
「あくまの三本の金のかみの毛」と読みくらべてみて、どちらも面白いのですが、声に出して読んだ感じはこちらが好みでした。
反応の少ない教室でシーンとしていましたが、聞き入ってくれたのだと思うことにしました。
またいつか他のクラスでも読んでみたいです。
15〜16分かかりました。
参考になりました。 0人

754件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

林木林さん×ねじめ正一さん対談インタビュー

出版社おすすめ

  • おべんとうブック
    おべんとうブック
     出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★はじめてのシールあそびに!★       おべんとう作りのおままごと感覚で遊べるシールえほん

全ページためしよみ
年齢別絵本セット