マスク マスク
作: 福井 智 絵: 林 なつこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
自分じゃ気がつけない、すてきなところ【絵本テキスト大賞受賞作】

しーざうるすさんの公開ページ

しーざうるすさんのプロフィール

ママ・40代・神奈川県、女の子14歳

しーざうるすさんの声

42件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 猫好き絵本好き必携!  掲載日:2017/2/28
ねこだらけ
ねこだらけ 作: あき びんご
出版社: くもん出版
とにかく楽しい、可愛い!
絵が、可愛すぎず子どもっぽくないところが、なお良いと思いました。
猫好きとしては手元に置きたい一冊です。

まずは我が家で歴代飼っていた猫の種類を探して楽しみました。

いろんな猫の、知らなかった種類もたくさん描かれていて、
図鑑としても手応えありです。
世界の民族衣装を着た猫もたくさんいるので、
お子さんと見れば、世界に興味を持たせられるかも。

大人も子どもも、楽しめる猫の本です。
表紙も素敵だし、猫好きの大人にプレゼントしても良いかも。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 絵もお話も本当にかわいい!  掲載日:2015/12/10
どうぞのいす
どうぞのいす 作: 香山 美子
絵: 柿本 幸造

出版社: ひさかたチャイルド
友人に2人目のお子さんが生まれ、出産祝いを贈ったときに
上のお姉ちゃんにも何か…と思い、表紙の可愛さで選びました。
とっても気に入ってもらえたらしく、10年経った今でも大切にしてくれていることを最近知って感激しました!
表紙のイメージ通りの優しいお話です。
短いエピソードの繰り返しで構成されているので
小さい子も飽きずに何度でも読めます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ファンタジー、ちょっとだけ現実??  掲載日:2015/10/6
どんぐりロケット
どんぐりロケット 作・絵: 早川 純子
出版社: ほるぷ出版
学校などでの読み聞かせに良さそうです。
ドングリを食べたおならガスで宇宙ロケット・・・。
子どもが好きそうなシチュエーションと、具体的なロケット製作の絵で、
つかみはバッチリかと。
うっかり宇宙服のヘルメットを取っちゃって苦しくなったり、隕石が衝突してきたり、ちょっと宇宙に興味があるお子さんも喜びそうな現実的な(?)ところもあり、わりと幅広く小さい子から中学年まで楽しめそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 平和的な解決方法!  掲載日:2014/9/13
おにぎりやタコジロー
おにぎりやタコジロー 作: 山崎 克己
出版社: 佼成出版社
たこのタコジローのおにぎり屋…面白い発想のお話です。

やっぱり?ライバルはイカなんですね。
イカのイカシローに、お客を取られたタコジローが、
どうやって挽回するのか、イカシローを撃退するにはどうするのか…
と思って読み進みましたが、
そうではなくて協力して合併するのですね。

思いがけず平和的な解決法に感心しました。
おにぎりやのタコジローが消防隊員でもある、
という奇想天外な設定ですが、愉快なだけでなく
お友達と仲良くしようね、というメッセージも感じられます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 就学前から大人まで1冊でかなり楽しめます!  掲載日:2014/8/26
こどものじかん はる なつ あき ふゆ
こどものじかん はる なつ あき ふゆ 作: ギョウ フジカワ
訳: 二宮 由紀子

出版社: 岩崎書店
細かいところまで丁寧に描かれた絵で、
見ているだけでも相当楽しいです。
可愛いこどもの絵はもちろん、
様々な動物や小鳥、家具や小物まで、
子どもばかりか大人でも楽しい気分でいつまでも何度でも眺めていられます。

季節ごと、シーンごとの内容盛りだくさんですが、
簡潔でリズミカルな文なので、小さい子も理解して楽しめると思います。
1冊で見ごたえ十分なので、お出かけの時に持っていれば、
間を持たせられそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい しっかりした物語、可愛すぎる展開です  掲載日:2014/8/26
ブルンミのねこ
ブルンミのねこ 文・絵: マレーク・ベロニカ
訳: マンディ・ハシモト・レナ

出版社: 風濤社
ブルンミ、数年前に雑貨屋さんでグッズを購入した時は、
こんな可愛い絵本から生まれたとは知りませんでした。

表紙から、赤ちゃん向けの簡単な内容を想像していましたが、
しっかりした物語でなかなかの読み応え、ドキドキしたりしょんぼりしたり…。
猫の名前の付け方には意外な名前に笑っちゃいました。

低学年くらいまでは楽しめそうです。
可愛い物好きの女の子なら、大人までかも?
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 赤ちゃんと一緒に読みたい!  掲載日:2014/7/22
NUMBERS(ナンバーズ)かずのえほん
NUMBERS(ナンバーズ)かずのえほん 制作: コローロ
出版社: 赤ちゃんとママ社
可愛いー!
娘はもう11歳なのでこの本の対象年齢からは遠く離れてしまいましたが、
10年前にもしこの本があったら…

ランダムに描かれて並んだプレゼントやおしゃれな帽子の中から、
「どれが好き?」なんて言い合いながら読んであげたかったー。。

何にでも興味がある赤ちゃんの頃に、数だけでなく、色とか形とか、大小のちがいとかも楽しく教えてあげられる本ですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ありえないけど、落語だと違和感なし!  掲載日:2012/11/7
おはなしのたからばこワイド愛蔵版(22) ふたりでひとり
おはなしのたからばこワイド愛蔵版(22) ふたりでひとり 噺: 桂 文我
絵: 石井 聖岳

出版社: フェリシモ出版
「森のイスくん」の石井聖岳さんの絵に惹かれて、
手に取りました。

なんと侍に刀の試し切りされ、腰から真っ二つにされてしまった男。その日から上半身と下半身が別々に生活・・・
という、あり得ない展開のお話。

上方落語、ということで登場人物は関西弁。
落語ならではの呑気さで、関西弁の会話中心に話は進み、
それぞれが就職したり、足がお尻でしゃべりだしたり…

石井聖岳さんの力の抜けた可愛らしい絵もピッタリで、
娘に大ウケでした。

小学校の読み聞かせでも、学年問わずウケそうです。
参考になりました。 2人

ふつうだと思う 妖怪好き限定かしら?  掲載日:2012/2/3
妖怪遊園地
妖怪遊園地 作: 広瀬 克也
出版社: 絵本館
男の子が、頼まれた手紙を出しに行く途中、
オープン記念乗り放題の妖怪遊園地に寄って遊ぶのですが、
最後までひたすら「大蛇っとコースター」や「ばばじージャンプ」など、
妖怪的ダジャレ?を多用した、おどろおどろしくも可笑しい乗り物が描かれていて、
男の子のセリフも最終ページでポストに手紙を出すときの「よろしくね」以外は無く、
ストーリー(文章)はほとんど無しです。

よーく絵の中を観察すると、
「シューターぬれおんな」の脇に「全身乾燥機火の玉ドライ」なるものがあるとか、
青ざめた顔の雪女が売り子の「雪女アイス店」があるとか、
突っ込みどころが随所にあります。
ただ、小さいお子さんで、じっくりと見て細かいところを理解することが出来ないと、
それらの面白さは伝わりにくいかも…と思います。

色彩豊かに、徹底して妖怪が描き込まれているので、
絵を見るだけの小さいお子さんから(怖がらなければ)、
ナンセンス絵本好きの小学生まで、
対象年齢はそれぞれの感じ方次第で、幅広いと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おもしろい!  掲載日:2011/12/19
へび のみこんだ なに のみこんだ?
へび のみこんだ なに のみこんだ? 作・絵: ツペラ ツペラ(tupera tupera)
出版社: えほんの杜
ヘンな形になったヘビに
「へびのみこんだ なにのみこんだ?」で、
次をめくると、レントゲン写真みたいに中身が見えて答えが。
この繰り返しで、女の子ヘビやお友達などなど、
様々な物を飲み込んだヘビが繰り返し描かれているだけ、ですが、
短くリズミカルな文章と、
白黒の問いかけページとと鮮やかなカラーの回答ページの対比で、
ページをめくるたびにだんだんテンションが上がってきます。

子どもだけでなく、大人も「もっと見ていたい」と
思える不思議な楽しさです。

子どもとお絵かきして、ヘビにいろんなものを飲み込ませてみたく
なっちゃいました。
参考になりました。 2人

42件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

『りっぱなマジシャンへの道』 <br>マジシャン・大友剛さんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット