アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

たいようとつきさんの公開ページ

たいようとつきさんのプロフィール

その他の方・20代・福岡県

たいようとつきさんの声

46件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 関西弁がいい!  掲載日:2006/7/24
ぼちぼちいこか
ぼちぼちいこか 作: マイク・セイラー
絵: ロバート・グロスマン
訳: 今江 祥智

出版社: 偕成社
関西弁で、文章が短めで、とても分かりやすかったし、おもしろかったです!!この絵本では、長い文章よりも伝わってくるものがあったような気がします。
実際読むときは、間が難しかったけれど、自分も好きな絵本だから、感じたままに読みました。子どもたちも笑ってくれたのでうれしかったです☆
毎日あわただしくて、周りも見えなくなってしまいそうになるけれど、このかばのように、どんなに失敗しても前を向いて、あせらず自分のペースでいけるようになれたらいいなぁと感じました(*^−^*)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かっこいいおとうさん!!  掲載日:2006/7/20
まめうしのおとうさん
まめうしのおとうさん 作・絵: あきやま ただし
出版社: PHP研究所
からすにいじめられていたまめうしくんを助け、からすが木の上へ逃げると、木に頭突きしてつのにひびが入ったまめうしくんのおとうさん。
そして、なにも言わずに静かに行ってしまうおとうさん。
強くてとってもかっこいいおとうさんだなぁと感じました。
そんなおとうさんにあこがれ、夢まで見てしまうまめうしくんも素敵です。かわいい♪
おとうさんにあこがれる気持ちが伝わってくるし、絵本を見ているほうもおとうさんの姿を「かっこいいなぁ」「素敵だなぁ」と感じましたo(^-^)o
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい わかりやすい☆  掲載日:2006/7/18
カユイカユイ たぬきせんせいのびょうきのほん
カユイカユイ たぬきせんせいのびょうきのほん 作: 毛利子来
絵: なかの ひろたか

出版社: 福音館書店
ちょっと長めの話だけれど、日頃誰もが感じたことのある『かゆい』についてとてもわかりやすい話でした!
今の時期多いあせもやとびひについての話もあり、子どもにとっても身近に感じるのではないかなぁと思います(^-^)自分自身もよくかゆくなるので、興味を持ちました。大人が読んでも「なるほどなぁ〜」と感じると思いますよ。
最後のページに書かれてある文章にも、「そうだよなぁ」と共感し、素敵な治療法だと思いました。それが一番の治療法かもしれません。
泥で汚れること、草や花、木と遊ぶこと、虫たちと遊ぶこと、汗をかいて遊ぶこと、などを子どもたちから『汚いからだめ』『汚れるからだめ』などと言って奪ってしまったら、子どもの皮膚も強くなれないんじゃないかな、と感じました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う げんきのでるおまじない☆  掲載日:2006/7/17
へへへのへいき
へへへのへいき 作: 正道 かほる
絵: 村上 康成

出版社: ひさかたチャイルド
初めて一人でおつかいの道は、いつもと同じ道でも違って見える気持ち、とてもわかるなぁ〜。普段は見過ごしているものにも目が行ってしまったり、いつもより大きく見えて恐くなったり。そんな道にこんなにいろんな動物がいたら楽しいだろうな、と感じました。ちょっぴり恐くても、元気のでるおまじないがあるから大丈夫!このおまじないで頑張って、少しずつりゅうちゃんがかっこよくなっているように思えました。話の最後がまた素敵でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 切なくて涙が出ました。  掲載日:2006/7/12
きつねのおきゃくさま
きつねのおきゃくさま 作: あまん きみこ
絵: 二俣 英五郎

出版社: サンリード
はじめは自分の食べ物感覚で、ひよこやあひるやうさぎに優しくしていたきつね。
それが、ひよこたちがおおかみに狙われてしまい、自分の命にかえてひよこたちを守った優しくて勇敢なきつねになっていました。
きつねが死んで横たわっている場面になると切なくなります。
心からの優しい言葉やうれしい言葉をかけてもらえると、このきつねのように優しくなれるのかなぁ、としみじみ感じました。
普段自分は心を込めて相手に言葉をかけているのかなぁ、うわべだけの言葉になっていないかなぁ、と考えさせられました。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う てんじくのこぞうが!  掲載日:2006/7/11
とうふこぞう
とうふこぞう 作・絵: せな けいこ
出版社: 童心社
すっかりおばけの一人だと思っていたてんじくのこぞうが、何と!小象だったなんて!!すぐにはピンと来ず、ちょっと考えてしまいました…(^−^;)
でも、強気の小僧と、ちょっぴり弱気なとうふこぞうのおばけ、というコンビがおもしろかったです♪
おばけのなかまもたくさん登場しますよ。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 絵が独特  掲載日:2006/7/11
ながぐつをはいたねこ(チャイルド本社刊)
ながぐつをはいたねこ(チャイルド本社刊) 作: 岩崎 京子
絵: 渡辺 三郎

出版社: チャイルド本社
ながぐつをはいたねこは、よく聞くお話だけど、どんな内容の話だったっけなぁと思い、久々読んでみました。
懐かしさを感じつつ、改めてこのねこの賢さ、そして、怖くても勇気を出して進んでゆく強さに、感心しました!
また、絵が独特で、絵にパッと目が行きます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おもしろくて、ちょっぴり切ない話  掲載日:2006/7/1
まめっこまめことおじいさん
まめっこまめことおじいさん 作: 松野 正子
絵: 小西英子

出版社: 福音館書店
ひとりぼっちのおじいさんとまめっこまめこが出会い、旅をする話。その旅先の村で、おじいさんはずっと住むことになるのだけれど、まめっこまめこは一人で旅に出て、いなくなってしまう。それがとても切なかったです。
でも、最後の文を読んで、「そういえばそういうことあるなぁ」と思い、そして少し安心します。
絵がこの話によくあってて、キレイな色で、ふわっとしていて幻想的な感じが素敵です♪
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う いるいる!こんな鳥!  掲載日:2006/6/28
みぢかなとりのずかん
みぢかなとりのずかん 作: 大島 英太郎
出版社: 福音館書店
身近な鳥について調べているときに見つけた絵本です。ずかんといっても、分厚くて大きな本ではなく、本当によく見かけるような鳥について分かりやすく書いてありました。自分も知らない名前の鳥もあり、見たことのある鳥や知っている鳥のことでも、「へぇ」「なるほど」と思えるような発見もありました。‘鳥の本当の大きさ’というものもあり、結構この鳥は大きいんだなぁと感じることもありました。図鑑といっても、身近に感じるずかんでした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 懐かしさを感じました(*^−^*)  掲載日:2006/6/28
とうだいのひまわり
とうだいのひまわり 作・絵: にいざか かずお
出版社: 福音館書店
この話は、ひまわりの種をまいて、花が咲いて、出来た種と手紙をつけたふうせんを飛ばすというものです。坦々と、でも細かい内容で、子どもの頃自分もひまわりを育てていたことを思い出しました。
また、子どもの頃、ふうせんに手紙をつけてとばすようなことをしたことも思い出し、手を離した風船が空高く高く飛んでいくのを見ながら、誰があの手紙を見るんだろう??とワクワクした気持ちと期待感がいっぱいだったことも思い出し、懐かしくなりました。
参考になりました。 0人

46件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

楽しく手品を覚えて世界一のマジシャンを目指そう!

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット