サルくんとバナナのゆうえんち サルくんとバナナのゆうえんち
作・絵: 谷口 智則  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「100にんのサンタクロース」の谷口智則さん最新作! 

にわとりこさんの公開ページ

にわとりこさんのプロフィール

ママ・30代・神奈川県、女2歳 男0歳

にわとりこさんの声

11件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 愛しのおとうさん  掲載日:2011/11/24
おとうさんのえほん
おとうさんのえほん 作・絵: 高畠純
出版社: 絵本館
2歳9ヶ月の娘に読んであげました。
……と言っても文章は少ししかないので、一緒に絵を見て楽しんだ感じです。
こちらが“笑いのポイント”を説明しなくても、娘には理解できたようでニヤニヤ笑っていました。

「おとうさんって、こういうところあるよね〜。わかるわかる」って、おかあさんも楽しめる絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かわいいおばけに夢中♪  掲載日:2010/11/9
バーバパパのジュースづくり
バーバパパのジュースづくり 作: アネット・チゾン タラス・テイラー
絵: アネット・チゾン タラス・テイラー
訳: 山下 明生

出版社: 講談社
私がずっと好きだったキャラクター、バーバパパ。
娘も気に入ってくれるかな?と思ってこの絵本を見せたら、
いろんな形に変身する愉快なおばけたちにすっかりハマったようです。
毎日毎日「バーバパパ、かわいいね〜」と言っています。

大好きなジュースを美味しく作るために、
仲良し家族がアイデアを出し合い、実践する姿が可愛らしい。

絵本に出てくる食べ物って、どうしてこんなに美味しそうに見えるんだろう!
読んだ後はフルーツジュースが飲みたくなっちゃいますよ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 「たまご」って夢がある!  掲載日:2010/10/27
たまごのあかちゃん
たまごのあかちゃん 作: 神沢 利子
絵: 柳生 弦一郎

出版社: 福音館書店
娘が6ヶ月くらいの頃から読み聞かせています。
カラフルなイラストに引き付けられるのか、
0歳児でも飽きることなく眺めていました。

形も大きさもバラバラのたまご。
「次は何が出てくるんだろう?」って
想像するのが楽しくなっちゃいますよね。

最後は生まれた赤ちゃんたちのパレード♪
とってもかわいらしい絵本ですよ。

あとちょっとで2歳だけど、今でも大好き。
長〜く楽しめると思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 素朴な顔に癒される〜  掲載日:2010/10/27
まり
まり 文: 谷川 俊太郎
絵: 広瀬 弦

出版社: クレヨンハウス
まりがいろんな所に転がったり、ぶつかったり、落ちたりするという、シンプルな絵本です。

文章はテンポがよく、1歳の娘はいつの間にか暗唱できるようになりました。
絵本が手元にない時でも、
「ころころころ」「ぽとーん」「びしゃ!」など
楽しそうに口に出しています。

素朴な雰囲気のまりの表情もかわいいですよ♪
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 一緒に旅してるみたい!  掲載日:2010/10/22
しゅっぱつ・しんこう!
しゅっぱつ・しんこう! 作・絵: 山本 忠敬
出版社: 福音館書店
1歳になったばかりの頃、電車が好きになり始めた娘に買ってあげました。

駅のホームや電車が進む道のり、
とても繊細な描写で、一緒に旅をしているような気分になれます。

特急列車→急行列車→普通列車と乗り換えて、
街並みや駅の風景が徐々に変わっていくのもいいですね。

1歳児には少し長いかな?と思いましたが、
飽きることなく見入っていました。
「しゅっぱつしんこう!」のところでは、一緒に片手も上げます。

私はページをめくる時に、「ガタンゴトン」という効果音も入れて読んであげています^^
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う イラストがかわいい!  掲載日:2010/10/22
こんにちは
こんにちは 作: わたなべ しげお
絵: おおとも やすお

出版社: 福音館書店
ぽっちゃりしたまあるい体で
みんなに「こんにちは」をするくま君がとってもかわいいです。

ヤギの郵便屋さんや、カバの新聞屋さんなど、
楽しい動物たちも登場します。

お母さんに「こんにちは」をした時、「こんにちは」と返すのではなく
思わず「かわいい かわいい」とほおずりしてしまう気持ち、よくわかります。

子どものけなげな姿を見て、お返事するよりもぎゅっと抱きしめたくなっちゃうことってありますよね。

なんだかほんわかした気持ちになれる絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 楽しみながら、色のお勉強♪  掲載日:2010/10/20
あかきいろあお
あかきいろあお 作: もとのぶ きみひさ
出版社: くもん出版
1歳9ヶ月の娘は今“色”にハマっているので、
この絵本は見せた途端に興味を示しました。

絵は大きめ、言葉はシンプルなので、
色の違いを学ぶにはもってこいです。
赤ちゃんの読み聞かせにもいいのではないでしょうか。

タイトルの通り赤、黄色、青のイラストが中心ですが、
緑、むらさき、だいだい、桃色、白、黒、灰色なども出てきます。

娘は今のところ「あか」「あお」「きいろ」しか言えませんが、
次は何色を覚えるのか楽しみです^^
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい お散歩も楽しく♪  掲載日:2010/10/13
ノンタンこちょこちょこちょ
ノンタンこちょこちょこちょ 作・絵: キヨノ サチコ
出版社: 偕成社
娘が道端に生えているねこじゃらしに興味を示し始めた頃、
ちょうどこの絵本を見つけました。

絵本を読みながら娘のおでこやほっぺを
「こちょこちょ〜」とくすぐってあげるとニッコリ。

読んだ次の日には、お散歩の途中にさっそくねこじゃらしで
自分のお顔をこちょこちょしていました^^


こちょこちょされて「やめて〜」と言いながらも、
なんだか楽しそうなノンタン&仲間たちにほのぼのしてしまいます。

文章のリズムもいいし、オススメの一冊です♪
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 生まれたての赤ちゃんに  掲載日:2010/9/17
つみき
つみき 文: 中川 ひろたか
絵: 平田 利之

出版社: 金の星社
娘が生後1ヶ月の頃から読み聞かせています。

はっきりした色彩、シンプルなイラストなので
生後1ヶ月でも興味深げに、じーっと見つめていました。

そのうちストーリーを覚えてきて、
てんとう虫が登場する場面では一緒に「ん?」、
積み木がたおれたら「あ〜あ」と言うなど
この絵本を通して娘の成長を感じることができました。

うちに遊びに来た3歳の男の子も、
この絵本が大好きだったようで繰り返し読んでいましたよ。
長〜く楽しめる絵本ですね。

同じシリーズの「ことり」も大好きです♪
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい シンプル、かつユーモアも  掲載日:2010/9/8
わんわん わんわん
わんわん わんわん 作・絵: 高畠純
出版社: 理論社
イヌ、ネコ、ブタ、ウシ……と、
ページをめくるごとに増えていく動物に娘の目はくぎづけ。

がやがや鳴いていた動物たちが突然静まると、
「プオーン!」と大きいゾウさん登場!!

このシーンが大好きで、未だにゾウさんのことは
「ゾウ」ではなく「プオーン」と呼んでいます^^;

セリフは動物の鳴き声だけなので、
読むほうはかなりテンションをあげなければなりません(笑)

一日に何度もリクエストされた時は、
ちょっと疲れる……かな?
でも娘の喜ぶ顔みたさに何度でも読んじゃいます♪
参考になりました。 0人

11件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

出版社おすすめ

  • やじるし
    やじるしの試し読みができます!
    やじるし
    作・絵:平田 利之 出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
    新しいのに懐かしい何度でもページをめくりたくなる絵本。

スペシャルコンテンツメニュー

全ページためしよみ
サイン本販売中