とりかえっこ とりかえっこ とりかえっこ とりかえっこ とりかえっこ とりかえっこの試し読みができます!
作: ふくだ じゅんこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
日本絵本賞読者賞にノミネート! 投票してくださいね

ひなこややさんの公開ページ

ひなこややさんのプロフィール

ママ・20代・兵庫県、女0歳

ひなこややさんの声

6件中 1 〜 6件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
ふつうだと思う 期待ほどの反応は・・・  掲載日:2010/9/17
くっついた
くっついた 作・絵: 三浦 太郎
出版社: こぐま社
こちらの本は生後3ヶ月を過ぎたあたりから読んでいます。

色がはっきりしていてイラストもかわいく、最後にお母さんとお父さんとくっつくところとか、とてもいいなぁと思います。
娘も喜ぶかな〜と思って読んでみましたが、じーっと見るものの、好みの問題なのか、同じ言葉や物事が繰り返すタイプの絵本ではバタバタしたり、笑ったりといういかにも楽しい!という感じはみせてくれません。

評価の高い「がたんごとん」、「じゃあじゃあびりびり」、「いないいないばあ」などもあまり好きではないようで、「のせてのせて」、「おさじさん」、「おふろでちゃぷちゃぷ」などの方が楽しいみたいです。

もう少し大きくなってくるとまた楽しく読んでくれるかな〜と期待しています。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う 最後のちょうちょが大好き  掲載日:2010/9/17
BABY TOUCH いろ
BABY TOUCH いろ 絵: フィオナ・ランド
出版社: 主婦の友社
生後2ヶ月くらいから見せています。
はっきりした線と色がいいのか、とても楽しそうに見ています。
3ヶ月をすぎると手をのばそうとするようになりました。
最後のページのきらきらひかるちょうちょが大好きです。

生後すぐから楽しめる絵本だと思うので、友人の出産祝いにもプレゼントしました。
産まれて1週間の赤ちゃんが目で追いかけていると聞いたのでおすすめです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う くりかえすタイプで唯一好き  掲載日:2010/9/17
ぴょーん
ぴょーん 作・絵: まつおか たつひで
出版社: ポプラ社
こちらの本は市のプレゼントです。
5冊候補があり、4ヶ月検診で一人ずつ、全部の本を読み聞かせしてくれたのですが、こちらが一番楽しそうだったので、セレクトしました。

現在4ヶ月ですが、好みの問題なのか、同じ言葉や物事が繰り返すタイプの絵本はじーっと大人しく見るものの、ストーリーのあるタイプの絵本に比べてあまり楽しそうではありません。
評価の高い「がたんごとん」、「じゃあじゃあびりびり」、「くっついた」などもあまり反応しないので、こちらの絵本の反応がよかったことは正直、意外でした。

ひざに乗せて「ぴよーん」と言いながら、本を上に動かすととても楽しそうにします。
特にバッタが好きみたいでバタバタします。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 表紙のくまは好き  掲載日:2010/9/17
いないいないばあ
いないいないばあ 文: 松谷 みよ子
絵: 瀬川 康男

出版社: 童心社
こちらの本は生後2〜3ヶ月終わりまでは楽しそうにしていましたが、
3ヶ月を過ぎたあたりから、じーっと見るものの、最後の方には飽きてくる様子。

好みの問題なのか、同じ言葉や物事が繰り返すタイプの絵本はあまり面白く感じないようです・・・。
評価の高い「がたんごとん」、「じゃあじゃあびりびり」、「くっついた」などもあまり好きではないようで、「のせてのせて」、「おさじさん」、「おふろでちゃぷちゃぷ」などの方が楽しいみたいです。

もう少し大きくなってくるとまた楽しく読んでくれたらいいのにな〜と思っています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 離乳食開始直前にぜひ  掲載日:2010/9/17
おさじさん
おさじさん 文: 松谷 みよ子
絵: 東光寺 啓

出版社: 童心社
絵本の読み聞かせは生後1ヶ月からスタートしました。
松谷みよ子さんの「のせてのせて」が大好きなので、
おなじ方が絵を描いているこちらを購入しました。
「のせてのせて」次ぐ、お気に入り絵本になりました。

私が食事しているとき、「おさじさん」に出てくるフレーズを話ながら食べると、
うれしそうにしたり、スプーンに興味津々です。
最近、スプーンになれさせるため、母乳をすくって与えてみましたが、
おさじさんだよ〜というと身を乗り出して「ぱくっ!」
現在4ヶ月ですが、離乳食を開始する準備にちょうどよい絵本になったかな?と思っています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 絵本がなくても・・・!  掲載日:2010/9/17
のせてのせて
のせてのせて 文: 松谷 みよ子
絵: 東光寺 啓

出版社: 童心社
絵本の読み聞かせは生後1ヶ月からスタートしましたが、
こちらの本は3ヶ月くらいから特に楽しそうにしてくれるようになりました。
現在4ヶ月ですが、表紙を見ただけで「にぱっ」と笑います。
本が無くても「まこちゃんのじどうしゃです。」と話すと
「にぱっ」と笑って手足をバタバタ。
1日に持っている絵本をひとまず全部読みますが、
これは何回読んでもわくわくしていることが伝わってきます。

動物たちの声を変えたり、自動車の音を変えてみたり、
読むほうも楽しめる絵本なので私も大好きです。
参考になりました。 0人

6件中 1 〜 6件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

お子さんと一緒に物語が楽しめる『音のでるえほん』

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット