いちにちむかしばなし いちにちむかしばなし いちにちむかしばなしの試し読みができます!
作: ふくべ あきひろ 絵: かわしまななえ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
いちにちシリーズ第6弾!
スケボウさん 30代・ママ

もう!なんでこんなにおもしろい!!
いちにちシリーズ、最高です♪ どれも…

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・40代・兵庫県、男の子21歳 男の子19歳

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

4032件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う もういいかい、まーだだよ  掲載日:2015/9/3
かたつむりぼうやとかめばあちゃん
かたつむりぼうやとかめばあちゃん 文・絵: 西平 あかね
出版社: 大日本図書
なるほど、このコンビ、ぴったりです。
表紙のように並べてみれば、ほら、のんびりゆったりオーラが伝わってきます。
一緒に住んでいるかたつむりぼうやとかめばあちゃんの日常の一コマを描いてあります。
スローテンポのかめばあちゃんをせかすかたつむりぼうや、という構図が微笑ましいです。
でも、実際の親子にもよくある光景なので、とても共感してしまいます。
起床、朝ご飯、公園遊び。
何度も繰り返される「もういいかい、まーだだよ」が、
意外にいろいろなバリエーションで登場するのも面白いですね。
現実の人間世界の隅に、そっと設けられた、このコンビの世界空間の設定もなかなかです。
ゆったりと親子で楽しんでほしいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ゴロゴロ考  掲載日:2015/9/1
たとえば、せかいが ゴロゴロだったら
たとえば、せかいが ゴロゴロだったら 作: 高畠 那生
出版社: 講談社
表紙と題名で、ただならぬオーラを感じます。
高畠那生さんの作品?
なるほど、です。
ゴロゴロ、というのは、ごろ寝とかのことです。
この島では、だれもがゴロゴロしている、というのです。
その光景がことごとく徹底しています。
つまり、通勤も学校もスポーツも、みんなゴロゴロスタイル。
これはこれで疲れそうな、と思ったころ頃に、唖然のラストが控えています。
なるほど、ゴロゴロの疲れを取るには、そうなりますね。
独特のナンセンス路線を飄々と進む高畠那生さん、恐れ入りました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ママと子の関係  掲載日:2015/9/1
ママがおばけになっちゃった!
ママがおばけになっちゃった! 作: のぶみ
出版社: 講談社
4歳のかんたろうのママは交通事故で死んでおばけになってしまったのです。
冒頭からショッキングなシチュエーションですが、
当のおばけは、自分のおっちょこちょいに苦笑いしている状況。
ええ、でも、やっぱり気がかりは我が子。
見えない姿で、かんたろうのリサーチです。
おばあちゃんとの会話で暴露されるエピソードに、ママが突っ込みいれまくりとは、
唖然の展開です。
でも、後半は、会話できるようになったかんたろうと、二人の関係性を確かめ合います。
子育て中は無我夢中で、お互いの存在感は忘れがちですが、
やや乱暴ですが、絵本の中でやんわりと死別というシチュエーションを疑似体験することで
見えてくることもあると思います。
おばあちゃんの造形がステレオタイプ的で、今の子どもたちには?かもしれません。
でも、死別というテーマにもかかわらず全体的に明るい展開は、
子どもたちを怖がらせることなく、そのテーマから見えてくるものに向けさせてくれるように感じました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 被災地のクロマツからクロマツへ  掲載日:2015/9/1
わたしの木、こころの木
わたしの木、こころの木 著: いせひでこ
出版社: 平凡社
作者のいせひでこさんは、木とお話ができるようですね。
たくさんの木々のスケッチをしているうちに出会ったイメージ集です。
その中で、異形の木、東日本大震災で根こそぎ倒されたクロマツが印象的です。
そのクロマツのエピソードを、最初と最後に構成しているところに、
作者の想いも感じられます。
さまざまの木々と一緒に現れるのは、動物だったり、子どもだったり、
青年だったり、
なかには、50年前の自分の姿だったり。
淡い画風からも、五感が研ぎ澄まされますが、
いせひでこさんの文章が、さらに心地よいリズムを届けてくれます。
どちらかというと大人向けの作品。
森林浴したような読後感でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 生き物いっぱい  掲載日:2015/9/1
のぞいてごらん
のぞいてごらん 作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ
出版社: イースト・プレス
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
穴あきしかけ絵本です。
最初のページで穴が開いていて、草地や土などのフィールドにどんな生き物がいるか
思いめぐらす趣向ですね。
本当にたくさんの生き物がいて愉快です。
特に名前の呼びかけもなく、ただ、たくさんいる生き物を体感する訳ですね。
でも、巻末には、ちゃんと生き物の名前も記載されてあり、
一種の知育絵本としても使えそうです。
潜水艦やヘリコプター、ロケットなど、探検のための乗り物も魅力的です。
何より、生き物と出会う楽しさが伝わってきます。
奥が深い作品だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい お父さんはぜひ試してほしい(笑)  掲載日:2015/9/1
「えいっ」
「えいっ」 作: 三木 卓
絵: 高畠 純

出版社: 理論社
くまの親子の散歩中の出来事ですが、
どうやら作者の実体験でもあるようですね。
ポップコーンを買いに行くすがら、お父さんは「えいっ」と魔法を使って
信号を青にかえたりするのですね。
もちろん、大人ですから、変わるタイミングを見計らって魔法をかけたように見せかけるのですが、
子どもはびっくり仰天です。
その尊敬のまなざしがお父さんにとっては心地よい訳です。
さあ、調子にのって、あれこれ自慢するお父さん。
うまくいかないときの言い訳も、堂々たるものです。
ラストにかけての展開は、この親にしてこの子、といった感じでしょうか。
「ぼくのいちばん好きな人」の解釈はいろいろ複雑でしょうが、
この親子ならではの結末に、お見事!と拍手です。
子ども用に切符を買う年齢なので、小学生の親子に楽しんでもらいたいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 隠れている生き物たち  掲載日:2015/9/1
うしろにいるのはだあれ
うしろにいるのはだあれ 作・絵: まつい のりこ
出版社: 童心社
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
木や乳母車、家などに隠れている動物をあてる趣向。
少しだけヒントがあるので、それを手掛かりにあてていきます。
年齢が低いと難しいかもしれませんが、
その時はいないいないばあ的に動物たちを登場させ、添えられた擬音で感じてみましょう。
紙芝居の名手、まついのりこさんの作品ですから、
少し紙芝居風に演出してもいいかもしれませんね。
柔らかい色彩と造形は、嬉しいですね。
表紙もクイズになっていますから、お忘れなく!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 夏を感じて  掲載日:2015/9/1
さんさんさんぽ
さんさんさんぽ 作: 江頭 路子
出版社: 講談社
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
女の子が麦わら帽子を被って、おさんぽスタイル。
さあ、一緒に夏を感じましょう。
風で飛ばされた帽子を追っていくと、そこここに夏アイテム。
バッタ、ひまわり、セミ。
夏の草花、ツユクサが印象的です。
独特の透明感ある水彩画が、そんな夏の光景を素敵に映し出しています。
五感で感じられるのが不思議ですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 動物たちが読み聞かせ  掲載日:2015/9/1
よんでよんで
よんでよんで 作: ときわ ひろみ
絵: さとう あや

出版社: 教育画劇
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
子どもが絵本を選んで、お母さんに読んでもらおうとするのですが、
お母さんは用事で忙しいので、「あとでね」。
仕方なく、外へ出かけて、動物たちに読んでもらうのですね。
もちろん、みんな鳴き声で読むのですが、意外にいい感じですよ。
「ありがとう」のお礼も忘れず、最後には、「おまちどおさま」とお母さんが読んでくれるのです。
そう、このお母さんの対応、素敵です。
絵本を読んでもらう喜びも伝わってきますね。
鳴き声シーンはどう演出しましょうか(笑)
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う 奥が深い  掲載日:2015/8/26
きをつけて 3
きをつけて 3 作: 五味 太郎
出版社: 童心社
「きをつけて」の考察3作目です。
今度は小さい船が主人公ですね。
もちろん、出航からスタート。
「きをつけて」の語りかけは同じなのですが、ん?誰に向かって?
そう、航海は自分の思いのままにならないのがポイント。
だから、周りに注意をお願いしているバージョンなのです。
「きをつけて」は、奥が深いです。
寂しくさせないように!?
なかなか鋭い指摘です。
ラストの言葉は、五味太郎さんならでは。
このフィナーレに、脱帽です。
参考になりました。 0人

4032件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『まじょのルマニオさん』谷口智則さん インタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
サイン本販売中