まんてんべんとう まんてんべんとう まんてんべんとうの試し読みができます!
作: くすのき しげのり 絵: 伊藤 秀男  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おかあさんのお弁当が自慢のなおくん。でも遠足の前夜、おかあさんが熱を出してしまい…。
まおずままさん 30代・ママ

泣かされました。
まず、関西弁で語られるところで娘は引き…

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・40代・兵庫県、男の子21歳 男の子19歳

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

3998件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 弟の視点からとらえた画家ゴッホ  掲載日:2015/8/2
にいさん
にいさん 作・絵: いせひでこ
出版社: 偕成社
表紙のひまわりの絵が印象的です。
「ひまわり」の絵で有名な画家、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホの生涯を、
弟テオドルス・ヴァン・ゴッホの視点から描きます。
オランダの風景の中でともに育ってきた兄弟。
牧師の父親の感化を受けながら、画廊に就職した兄と、それを追った弟。
でも、その後たどった人生は切ないです。
ゴッホの生涯はかいつまんでしか知りませんでしたが、
その壮絶な生き様には、たくさんの心の葛藤があったのですね。
見守る弟の心情もさぞかし大変だったと思いますが、
寄り添い、敬意を忘れずにいた姿は感動的ですらあります。
ゴッホの生涯を長年研究したいせひでこさんが描かずにいられなかった、
というのがわかるような気がしました。
一種の伝記のような作品です。
ゴッホの生涯の基礎知識を得た上でお読みください。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 思いはいっしょ  掲載日:2015/8/2
うれしいやくそく
うれしいやくそく 作: くすのき しげのり
絵: いしい つとむ

出版社: 廣済堂あかつき
遠足の日、キツネくんは足のけがで欠席して、ふさぎ込んでいます。
そのころお友だちは思い思いに遠足を楽しんでいましたが、
ある気持ちがあったのですね。
そう、遠足が終わって、みんなが向かったのはキツネくんの家。
そこでの光景はとても素敵です。
誰が言うのでもなく、自然にこんな光景になるって素敵ですよね。
キツネくんの嬉しさが伝わってくると同時に、こんな時、こうすればいいんだ、
ということもわかります。
ちょっとできすぎたお話かもしれませんが、
「思いはいっしょ」というエピソードは、やはり大切にしたいと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 野菜の声  掲載日:2015/8/2
みずやりとうばん
みずやりとうばん 著: くすのき しげのり
絵: あおき ひろえ

出版社: 廣済堂あかつき
表紙の夏野菜の絵に惹かれて読んでみました。
なつみちゃんは学校菜園の水やり当番を忘れて帰宅したことに気づきます。
お友だちの顔、野菜の声が浮かび、そわそわのなつみちゃん。
そこに、いい立ち位置のおじいちゃんが助っ人です。
大人がさりげなくフォローしてくれる安心感が素敵です。
そう、放課後子ども一人で水やりって、やはり心配ですからね。
水やりって、ある意味大変ですが、こんなふうに野菜の声が聞こえたら楽しいひと時に大変身!
きっと、すくすく育った野菜のおいしさは格別でしょうね。
これは、夏休み中に植物の観察をしている小学生にもいいヒントになりますね。
大人も、このおじいちゃんみたいにそっとフォローできるよう、
心がけたいものです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 祭りに宿る木の命  掲載日:2015/8/2
まつり
まつり 作・絵: いせひでこ
出版社: 講談社
さえらという少女と植物学者(木の先生)の交流のおはなし『大きな木のような人』続編。
庭師の孫、さえらの土地を訪ねた木の先生が目にしたのは、
秋祭りの準備で組み立てられていく彫刻屋台。
近隣の山の木が、見事な祭り車と彫刻になっていく姿は圧巻です。
さえらも手古舞に参加です。
脈々と子どもたちに伝えられる祭り。
その壮大さに改めて畏敬の念を抱きました。
鎮守の森での光景がそれはそれは荘厳です。
ラストの余韻も、心に沁みました。
小学生くらいから大人まで体感できると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい それぞれの思い  掲載日:2015/8/2
モモンガくんとおともだち
モモンガくんとおともだち 作: くすのき しげのり
絵: 狩野 富貴子

出版社: 廣済堂あかつき
モモンガくんのお友だちデビュー物語です。
高い木の上で住むモモンガくんはまだお友だちがいないのです。
両親に促されても、なかなか勇気が出ないのですね。
赤い風船が木の枝に引っかかっていたのが転機になります。
両親の見守りと、お友だちの受け入れ、何より、モモンガくんの勇気!
ほら、案ずるより産むが易しですよ。
狩野富貴子さんの絵は、とても温かくて大好きですが、
このモモンガくんの愛らしさと言ったら!
目の輝きが何とも言えません。
そう、引っ込み思案の子どもにも勇気を与えてくれそうなストーリーに
ほっこりさせてもらいました。
それぞれの思いが丁寧に描かれていて、素敵です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 教育実践!?  掲載日:2015/8/2
たなからぼたもち
たなからぼたもち 作: くすのき しげのり
絵: 澤野 秋文

出版社: 廣済堂あかつき
ことわざそのまま、というのが気になり、読んでみました。
「あんこや」というお菓子屋さんの一人息子のあまたろう(そのまんまやん!)が主人公。
働かずぶらぶらしているので、父親から説教されるわけです。
そこで引き合いに出されたのが、このことわざ。
家業がぼたもちを作っているだけに、実際に体感させようというのですね。
ぼたもちを一緒に作り、棚に載せて、ひたすら下で落ちてくるのを待つ。
おお、なかなかの教育実践ではありませんか!
もちろん、あまたろうはちゃんと真意を理解するのですからね。
両親の姿にも拍手!です。
丁寧に描かれたぼたもちの作り方も一見の価値有ります。
地味なぼたもちですが、食べたくなりますね。
江戸時代の人々の様子も体感してほしいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おにぎり、海苔巻、サンドイッチも  掲載日:2015/8/2
ロールパンバス
ロールパンバス 作・訳: モカ子
出版社: 教育画劇
なるほど、ロールパンをバスに見立てているのですね。
この造形に座布団一枚です。
今日が初めての運転で、ウインナーくんは緊張気味ですね。
ええ、大先輩のホットドックバスの言葉がうれしいです。
もちろん、お客さんもおいしそうな食材たち。
途中、パンにはちょっと、という食材も乗り込みますが、
なるほど、おにぎり山や海苔巻橋など、途中下車もあるから、ノープロブレムです。
もちろん、ハプニングも発生しますが、見事な解決策です。
おお、終点はここですか!
完成度が高いですねえ。
車庫や道中の景色も、見どころいっぱい。
おいしそうなだけにうっとりですよ。
パン好きはもちろん、おにぎり派もぜひ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大きなプロジェクトだって  掲載日:2015/8/2
バーバパパのしまづくり
バーバパパのしまづくり 作: アネット・チゾン タラス・テイラー
絵: アネット・チゾン タラス・テイラー
訳: 山下 明生

出版社: 講談社
バーバパパ一家の、夏の終わりの大きなプロジェクトのお話。
クロディーヌ、フランソワ、バーバパパ一家がキイチゴ摘み。
ふと、池の島にキイチゴをみつけ、渡ろうとするのですね。
そう、変幻自在のバーバパパ一家なら、そんなことは簡単です。
でもね、島の木やフクロウを見て、植え替えを決意、一大プロジェクトです。
池の生き物を避難させ、水を抜き、木を運び…。
もちろん、みんな大活躍ですね。
意外な問題点も見事クリア。
そうそう、本来のミッション、キイチゴ摘みも、ちゃんとお料理するところまで。
こんだけ働いたんですもの、ラストの光景はとても素敵です。
バーバパパ一家ならではの展開、やはり魅力的です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 意外に上品(笑)  掲載日:2015/8/2
おしりのサーカス
おしりのサーカス 作・絵: さかざきちはる
出版社: ハッピーオウル社
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
衝撃的な題名ですが、かわいい動物たちのおしりが登場し、誰のおしりかあてる趣向。
ねずみ、りす、ねこ、などなど、かわいい造形なので、意外に上品な展開です。
そして、大きな動物の上に乗っかっている、というのが
スリリングなサーカスたる所以です。
そう、8頭もそろったら圧巻です!!!
ちょっとした科学絵本っぽいところもいいですね。
幼稚園くらいでも盛り上がりそうです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 腰をフリフリ  掲載日:2015/8/2
紙芝居 ばけばけ〜どん!
紙芝居 ばけばけ〜どん! 作: 谷地元雄一
絵: 夏目 尚吾

出版社: 童心社
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
キツネの子ども、コンちゃんが化ける練習をしているのですが、
なかなかうまくいかないのですね。
お友だちもいっしょにやって、やっとできたと思ったら、おや、大変なことに。
でも大丈夫、最後はめでたしで終わります。
頭にはっぱを載せて、腰をフリフリ、「ばけばけ〜どん!」という掛け声が楽しいですね。
キツネが化けるって、まだ難しいかしら。
でも、この時期から、少し体感してもらったら、おはなしに移行した時の素地になりそうです。
どちらかというと、掛け声と、腰をフリフリ、楽しんでもらおうと思います。
参考になりました。 0人

3998件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

レビューを書いてバーバパパグッズをもらおう!

出版社おすすめ


スペシャルコンテンツメニュー

全ページためしよみ
サイン本販売中