虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

5100件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う あなたもできる  掲載日:2018/8/9
いっしょにおいでよ
いっしょにおいでよ 文: ホリー・M・マギー
絵: パスカル・ルメートル
訳: なかがわ ちひろ

出版社: 廣済堂あかつき
『COME WITH ME』が原題。
表題は、直訳ですが、意訳すると、一緒に考えよう、でしょうか。
女の子の見聞を描きます。
女の子は、ニュースで戦いの様子を見て、怖くなり、両親にどうしたらいいか尋ねるのです。
すると、両親はそれぞれ、「いっしょにおいで」と、あちこち連れて行ってくれるのです。
それは、地下鉄の駅や、マーケットに連れて行ってくれ、
多種な人々の姿や、世界の食べ物を体感するのですね。
後半は、女の子一人で(!)の体験行。
そう、この小さな行動が、メインテーマです。
あなたもきっとなにかができる。
その力強い言葉が、心に響くと思います。
小学生くらいから、感じてほしいと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい べろべろばあ〜  掲載日:2018/8/7
あがりめ さがりめ
あがりめ さがりめ 作: とよた かずひこ
出版社: 世界文化社
0・1・2さい おかおのたいそう、と副題にあります。
そう、有名なわらべうたを絵本に仕立ててあります。
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
確かに、ねこがやったら、臨場感たっぷりですね。
そして、応用編。
ウサギ、キツネ、パンダ。
その発想に、座布団一枚!
全員登場の締めも、鮮やかです。
もちろん、一緒に真似しましょうね。
巻末には楽譜と、正規の遊び方も。
丁寧な構成が嬉しいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 意外に多彩なバリエーション  掲載日:2018/8/7
くるっ
くるっ 作: 森 あさ子
出版社: ポプラ社
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
題名の通り、いろいろな物が丸まる趣向ですね。
まず、このオノマトペが魅力的ですね。
最初に象が登場しますが、鼻の動きがクローズアップされ、
私の中では、その動きについての、生態的関心が高まりました。
でも、確かに、この動き、面白いです。
後半はやや意外ですが、描画では、大事な動き。
大切に育みたいものです。
なかなか奥が深いです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 古今東西のトイレ  掲載日:2018/8/7
トイレのおかげ
トイレのおかげ 文: 森枝 雄司
絵: はらさんぺい
写真: 森枝 雄司

出版社: 福音館書店
表紙に載せられた、ユニークな人形の数々にまず目を惹かれます。
そう、題名から推察するに、あの時の体勢。
古今東西のトイレのエピソードを紹介する本です。
ちなみに、表紙の人形は、れっきとしたクリスマス人形だそう。
その訳も、諸説紹介され、納得です。
本文は、著者の旅日記のような語り口で、その驚きまで伝わってきます。
考察は、トイレの形態から作法などなど、史料も駆使しての、壮大なレポートです。
関連グッズの資料も豊富で、素晴らしいです。
いろいろな視点からの考察もできそうです。
人間の大事な営み、じっくりと考えることも大切だと思います。
小学生から大人まで、ぜひ、考えてほしいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ヤマタノオロチを体感  掲載日:2018/8/7
スサノオ 日本の神話
スサノオ 日本の神話 著者: 飯野 和好
出版社: パイ インターナショナル
古事記にも記されている神、スサノオ。
その有名なエピソードを飯野和好さんが重厚に描きます。
乱暴者ゆえ、姉アマテラスに叱られて地上界に落とされたスサノオが、
薄幸の親子と出会い、ヤマタノオロチ退治に出かけるエピソードです。
何といっても、ダイナミックな場面が素晴らしいです。
添えられたオノマトペも、臨場感たっぷり。
やはり、日本神話として知っておきたいですね。
小学生くらいから、体感してほしいです。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う 開業の極意  掲載日:2018/8/7
せかいいちのサンドイッチ
せかいいちのサンドイッチ 作: きむら ゆういち
絵: 西内 としお

出版社: 世界文化社
きむらゆういちさんお得意のしかけ絵本です。
うさぎのしろとももが、広場でカフェを開くことになり、
サンドイッチを出すのですね。
まずは、サンドイッチ教室で学ぶのですが、
ここで、手順が仕掛け仕立てで解説され、なかなか鮮やかですね。
ところが、しろとももは、自分たち流の解釈で、アレンジしたつもりが大失敗。
ここは、開業の極意、でしょうか。
奥が深いです。
ともあれ、ちゃんと改善して、めでたし。
このあたりは、マーケットリサーチにも通じると思います。
西内さんの絵は、ややベタですが、軽快です。
幼稚園児くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う かなり怖いかも  掲載日:2018/8/7
こわめっこしましょ
こわめっこしましょ 作: ツペラ ツペラ(tupera tupera)
デザイン: 竹藤 智弥

出版社: 絵本館
にらめっこで、笑うと負け、ではなく、
こわめっこで、泣くと負け、なのです。
つまり、怖い顔のオンパレードということですね。
表紙の、穏やかな笑顔(!)の一つ目小僧さんが豹変するだけに、
怖さも倍増、でしょうか。
お子さんによっては、かなり怖いかもしれません。
ラインナップは、古今東西、有名な強面ばかりですね。
ラストは参加型?
怖い顔って、どうやったらできるのかしら、と、真剣に考え込んでしまいました。
幼稚園児くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい なかなか高度  掲載日:2018/8/7
とりのもようでかくれんぼ
とりのもようでかくれんぼ 作・絵: いしかわ こうじ
出版社: ポプラ社
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
ただ、なかなか高度なので、幼稚園児、小学生でも通用すると思います。
色と模様と型抜きを提示し、何の鳥か当てる趣向です。
鳥の色と模様って、ふだんあまり意識しないので、新鮮でした。
ポイントは、ヒントのオノマトペ。
これがかなり助かります。
大人でも難しいレベルの鳥もいるので、この際、一緒に学びましょう!
生き物の模様の豊かさを感じました。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う 中と外の反転  掲載日:2018/8/7
よるのわがしやさん
よるのわがしやさん 文: 穂高 順也
絵: 青山 友美

出版社: 文溪堂
題名から、ミステリアスな雰囲気が伝わってきます。
夜中に、和菓子屋さんの和菓子5人が、洋菓子屋さんに偵察に行く物語です。
和風ということで、忍者もどきですね。
忍法「中と外の反転」が、和菓子のあんこの存在感を引き立てせています。
もちろん、初めて見る洋菓子たちに対するリアクションは面白いです。
そして、気になるオチは・・・!
なるほど、こう来ましたか。
確かに、これは究極のハッピーエンド。
地味な存在の和菓子にも目を向けるきっかけになってほしいですね。
幼稚園児くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ゆうきくんの応援  掲載日:2018/8/1
まよなかかいぎ
まよなかかいぎ 著者・絵: 浜田 桂子
出版社: 理論社
真夜中、小学生のゆうきくんのランドセルから文具たちが出てきて、
昼間のゆうきくんの行動を報告しあうストーリー。
もちろん、ゆうきくんは、ぐっすり寝ているのです。
文具たちが見た、ゆうきくんの行動は、男の子のあるある!でしょうか。
注目は文具たちの視点。
褒めたり、うれし泣きしたり、嘆いたり、慰めあったり。
でも、思いは一つ、ゆうきくんの応援!
これは頼もしいです。
ゆうきくんの成長を見守る、まなざしの温かさを感じました。
参考になりました。 1人

5100件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

みごたえ満点!船の断面図絵本『ペンギンクルーズ』のはなはるかさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット