くろくまくん トイレで ち〜! くろくまくん トイレで ち〜! くろくまくん トイレで ち〜!の試し読みができます!
作・絵: たかい よしかず  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
むず むず もじ もじ してきたら…くろくまくんと一緒にトイレトレーニング♪
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

トイレトレーニング
全頁試し読みで読みました。2歳9ヶ月に…

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・40代・兵庫県、男の子21歳 男の子18歳

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

3783件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 新感覚のサンタクロース  掲載日:2014/12/18
ひゃくおくまんのサンタクロース
ひゃくおくまんのサンタクロース 作: もたい ひろこ
絵: マリカ・マイヤラ

出版社: アノニマ・スタジオ
サンタクロースって本当にいるのかな?という、子どもの疑問に対する新提案、
といったところでしょうか。
昔はサンタが一人だったのに、子どもの数が増えて手が足りなくなり、
しばらくは、神様に頼んで分身(二人になるけど、半分の大きさ)でしのぎ、
子どもの数が増えるごとに、小さくなっていくのですね。
その究極の策が新感覚です。
なるほど、大人を操っている、という事なんですね。
でもこの発想、子どもの夢にとっては少し配慮が必要かもしれませんね。
どちらかというと、サンタクロースに疑念を抱く頃に、そっと差し出してあげるのにいいかもしれません。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 犬?  掲載日:2014/12/18
こわがりトミー
こわがりトミー 作・絵: クラウス・バウムガート
訳: いけだかよこ

出版社: 西村書店
トミー少年はとにかく怖がりなのです。
そのエピソードが、なんともかわいらしいというか…。
でもお誕生日にあるプレゼントをもらったら、激変してしまうのですね。
確かに、味方が現れた感じですが、ラストで意外な事実が。
このあたりの、絵の運び方がうまいなあ、と思いました。
そう、トミー少年はやっぱりトミー少年なのです。
同じように怖がりのお子さんだったら、共感してもらえそうでしょうね。
幼稚園児くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おいしそうなパン!  掲載日:2014/12/18
このパン なにパン?
このパン なにパン? 作・絵: ふじもと のりこ
出版社: 鈴木出版
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
色々な菓子パンが登場し、中身を当てる趣向です。
クリームパン、ジャムパン、あんパン、カレーパン、メロンパン、チョココロネ。
子どもたち以上に、母たちが「おいしそう!」と釘付けでした。
リアルな絵はどれも本当においしそうです。
つぶあんとこしあん、芸が細かいですね。
幼稚園児くらいだと、クイズ風にしても参加型で楽しめそうです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 冬眠中のくまさんと一緒に  掲載日:2014/12/16
クリスマスには おきてて くまさん
クリスマスには おきてて くまさん 作: カーマ・ウィルソン
絵: ジェーン・チャップマン
訳: 成沢栄里子

出版社: BL出版
『BEAR STAYS UP FOR CHRISTMAS』が原題。
クリスマスの前日のおはなしです。
森の動物たちは、冬眠中のくまさんと一緒にクリスマスを過ごしたいのです。
ねぼけまなこのくまさんに、なんとか仕事をしてもらいながら、
クリスマスの準備をするのですね。
ツリーの飾りつけ、ごちそうの用意などなど。
このメンバーならではの飾りつけも面白いですね。
一晩中起きているつもりが、みんな寝てしまい、すっかり目が冴えたくまさんが活躍するのですね。
もちろん、背後では素敵な光景が。
それぞれが相手の事を思いやる気持ちがうれしいですね。
幼稚園児くらいから楽しめるでしょうか。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 夏にも活躍!?  掲載日:2014/12/12
にんじゃサンタのなつまつり
にんじゃサンタのなつまつり 作・絵: 丸山 誠司
出版社: PHP研究所
『にんじゃサンタ』の続編です。
クリスマスイブに大活躍のにんじゃサンタ、こんなところでも華麗な忍術を披露していますよ。
なるほど、クリスマスと同様、夏祭りにだって、忍術は役立つわけですね。
そろいの法被も、クリスマス衣装と同じようなものですしね。
でもやはり勝手が違うのか、ミスやハプニングも。
でも大丈夫。
忍者は冷静に対処できるのです。
子どもたちの夢もしっかりフォローしつつ、鮮やかな仕事ぶりには、
またもや拍手!です。
クリスマスが待てない頃に読んであげるのも、いいかもしれませんね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う どんぐりコロコロの術  掲載日:2014/12/12
どんぐりにんじゃ
どんぐりにんじゃ 作・絵: 浅沼 とおる
出版社: 鈴木出版
どんぐりと忍者、意外な組み合わせですが、なかなか決まっているではありませんか。
しろいぬ城のお殿様から、ひげねこ城の不穏な動きを探るよう命ぜられたどんぐり忍者、
早速ひげねこ城に忍び込みます。
古典的な忍法のどんぐりバージョンが愉快です。
でもやっぱり、一押しは、どんぐりコロコロの術!
確かに!その発想に拍手です。
もちろん、物騒な戦いにはなりませぬ。
忍者のかっこよさ、痛快な忍法はちゃんと描かれていますので、
子どもたちにとっては大満足でしょうね。
時代劇風の語り口もなかなかよいですぞ。
幼稚園児くらいから楽しめると思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ここまでくると、脱帽  掲載日:2014/12/12
うそだあ!
うそだあ! 作: サトシン
絵: 山村 浩二

出版社: 文溪堂
ええ、題名その通りの展開です。
バナナを持って、男の子が友だちにエピソードを披露するのです。
バナナの皮をむいたら、チョコバナナだった!?
さあ、皆さん、ご一緒に、さんはい、「うそだあ!」。
そうなのです。
次々繰り出されるホラ話が、なんとも子どもらしい発想というか。
ジュースの各種エピソードは、少しホラーっぽいですが、
ちゃんと着地するので、出来栄えは上々でしょう。
それにしても、ラストのシーン、夢かまことか。
さすが、サトシンさん。
山村さんの絵も、軽妙でいい感じです。
ここまでくると、脱帽ですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ほしのバッジ  掲載日:2014/12/12
ほしいもマン
ほしいもマン 作: あきやま ただし
出版社: 佼成出版社
このダジャレ、クリーンヒットですよ、あきやまただしさん!
ぶたさんたちのけんかに遭遇した、おいもくん、
仲裁しようとしますが、歯が立ちません。
そこで、変身!なのですが、なんともユニークです。
星のバッジが、変身ツールなのですが、このバッジをつけると、
「干し(ほし)」になってしまう、つまり、しわしわのおじいさんになってしまうのです。
ヒーローには程遠いと思いきや、けんかの仲裁にはじっくり話を傾聴するおじいさんは、
一番の適任なのですね。
もちろん、高齢者特有の苦労はありますけどね。
けんかをなだめるいいヒントも提示されていますよ。
しかも、だいこんさんやブドウさんにもこのバッジ貸してあげよう、とは恐れ入りました。
なるほど、見事代役を果たせそうですね。
幼稚園児くらいから盛り上がれそうです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 確かに忍者かも  掲載日:2014/12/12
にんじゃサンタ
にんじゃサンタ 作: 丸山 誠司
出版社: PHP研究所
意表を突かれるコラボです。
でも、案外、本当かも、と納得してしまいました。
舞台は、丸山誠司さんお得意のお城です。
とくれば、忍者は必然ですね。
日々修行中の忍者が、やはり面白いです。
そして、クリスマスイブになれば、サンタに早変わり、
これはお手の物ですよね。
もちろん、修行の賜物、身軽な仕事ぶりは、サンタクロースの仕事にぴったりです。
極秘の任務も、得意技。
最初は、殿、ご乱心か!と心配しましたが、この発想に、拍手です。
忍者ものなので、子どもたちもサンタクロース像の夢は壊さず、楽しめると思います。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う ぼくの方が  掲載日:2014/12/12
ぼくだよ ぼくだよ
ぼくだよ ぼくだよ 作: きくち ちき
出版社: 理論社
森の中で出会った、ライオンとヒョウ。
お互い、「ぼくの方が」と自慢話を始めます。
冒頭からじゃれあったいる二匹。
論調ほどはシリアスではありません。
ライオンの赤系、ヒョウの黄系の色彩が森の緑色に映えます。
ベタな絵のようですが、樹上からの俯瞰図などはびっくりするほどクリアです。
やがて、論争は空想の世界へ。
ムキになって反論する姿は子どもの心理そのままで愉快ですね。
でも基本は仲良し。
その証拠にほら、終盤では溶け合う(!?)光景が。
ラストのセリフも、子どもならではのつぶやきで、余韻が素敵です。
空想のしっかりしてくる幼稚園児くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

3783件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

出版社おすすめ


スペシャルコンテンツメニュー

全ページためしよみ
サイン本販売中