バンブルアーディ バンブルアーディ
作・絵: モーリス・センダック 訳: さくま ゆみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
『かいじゅうたちのいるところ』の作者最後の絵本!
しいら☆さん 50代・その他の方

遺作とは・・・
え??? センダック??? 図書館…

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県、男の子22歳 男の子20歳

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

4399件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 表情いっぱい  掲載日:2016/8/24
かお
かお 作・絵: おぐまこうじ
出版社: くもん出版
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
題名の通り、いろいろな表情が登場します。
面白いのは、それらが、壁や道路などを背景に、落書きのような線で表現されていること。
そして、英語が併記されています。
読み進めていくと、表情って、こんなにバラエティ豊かなんだと気づかされることでしょう。
もちろん、こちらの表情まで動かされますよ。
お子さんと一緒に楽しんでほしいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 楽しむということ  掲載日:2016/8/24
こころの おと
こころの おと 文: ピーター・レイノルズ
訳: 中川 千尋

出版社: 主婦の友社
『Playing from the Heart』が原題。
うーん、深いですねえ。
ラジ少年とお父さんのおはなし。
家にあったピアノで、ラジ少年が遊び始め、お父さんはその様子を見てピアノを習わせるのですね。
ところが、上手になればなるほど、ピアノがつまらなくなってくるのです。
月日が経ち、病床のお父さんがリクエストしたことで、
大人のラジが思いだしたのは、楽しむことであったピアノの音色…。
音楽の原点を描き出すとともに、親子の絆のようなものもにじみ出ているような気がします。
このあたりの味わいは、小学校高学年以上くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ゆかいな言葉遊び  掲載日:2016/8/24
たべもんどう
たべもんどう 作: 鈴木 のりたけ
出版社: ブロンズ新社
題名からみょうちきりんです。
食べもん(食べ物)による問答という造語のようですね。
表紙の、存在感のあるじゃがいもの造形そのまま、
食べ物たちが言葉遊びを繰り広げます。
もちろん、音読してみないと醍醐味はわかりません。
舌を噛みそうな早口言葉や回文、言葉遊び。
クイズもありますよ。
描きこまれた絵には、サブストーリーも潜んでいます。
じっくりと楽しんでほしいです。
やや高度なので、小学生くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 夏向きの語り  掲載日:2016/8/24
どーんちーんかーん
どーんちーんかーん 作・絵: 武田 美穂
出版社: 講談社
作者自身が祖父から聞いた昔話、山伏狐をもとに構成した作品。
語り継がれた物語だけに、その迫力がたまりません。
いたずら好きの山伏が、狐に化かされるストーリーです。
化かされ具合が、夏の怪談仕立てで多少怖いですが、
武田さんの軽快な絵なら大丈夫ですね。
もちろん、語りの醍醐味、各種擬音は、臨場感たっぷり。
読み手もついついその気になってしまいます(笑)
山伏は、子どもたちには馴染みがないでしょうから、
見返しの解説文もぜひ最初に紹介したいです。
強面イメージの山伏だからこその面白さも体感してほしいですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 家族の歴史  掲載日:2016/8/24
おじいちゃんのコート
おじいちゃんのコート 文: ジム・エイルズワース
絵: バーバラ・マクリントック
訳: 福本 友美子

出版社: ほるぷ出版
イディッシュ語の民謡「ぼくはすてきなコートをもっていた」を基にした作品。
同様に、違う作家さんが『おじいさんならできる』、『ヨセフのだいじなコート』で描いていますが、
また違った味わいです。
孫娘による、おじいちゃんのエピソード。
おじいちゃんは、成人してすぐアメリカ移民となり、仕立て屋になるのですね。
おばあちゃんとの結婚の時仕立てたのが、最初のコート。
それを大切に着ていましたが、ボロボロになったので上着に仕立て、
またボロボロになったのでベストに、と、
ずっと続くリサイクル!
もちろん、素敵な結末は変わりません。
注目は、時の流れが、この家族の歴史でもあること。
娘の成長、結婚、孫娘の誕生、そして・・・。
詳細は少しずつ違いますが、鮮やかなラストがやはりいいですね。
特に、この作品の語りかけは最高です!!
まさに語りの原点です。
アメリカ移民の生活ぶりもそこここに感じ取れると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 人類が幸福であること  掲載日:2016/8/19
世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ
世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ 編: くさばよしみ
絵: 中川 学

出版社: 汐文社
2012年、ブラジルのリオデジャネイロで行われた国際会議での、
ムヒカ大統領(ウルグアイ)のスピーチを抄訳したものです。
人類が幸福であることとは。
地球の未来を考える上での、とても素敵な視点だと思います。
何より、世界でいちばん貧しい大統領と言われるように、
自ら率先して実践している姿そのものにも感銘を受けました。
もちろん、具体策ではなく、理念的なことなので、
やはり、小学校高学年以上くらいでないと全体像は見えにくいかもしれませんね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 米飯推進  掲載日:2016/8/19
ごはんのとも
ごはんのとも 文: 苅田 澄子
絵: わたなべ あや

出版社: アリス館
強烈な印象を残す、苅田さんの食べ物ストーリーに、
おいしそうな食べ物の絵でお気に入りのわたなべあやさん、
とくれば、期待も高まります。
ええ、題名の通り、ご飯の友大集合という展開です。
日曜日の朝、真っ先に起きだしたまーちゃんが、
お腹をすかせて台所に行くと、まさに、炊飯器の予約タイマーで炊きあがった、
たきたてごはん!
もちろん、これだけでもごちそうだとは思いますが、
やはり、ご飯の友も、ね。
読者それぞれにこだわりがあるでしょうが、
このラインナップなら、ほぼ網羅でしょう。
もちろん、パン派への気配りも忘れてはいません。
でもやっぱり日本人ですもの、米飯が主食で、おかずはあくまでご飯の友、
という感覚、大切にしたいです。
それにしても、さりげない突っ込みどころもあるのがうれしいです。
この親子の布団柄、よおく、ご覧くださいね!
実に斬新です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい どういたしまして  掲載日:2016/8/19
ありがとまと
ありがとまと 作: わたなべ あや
出版社: ひかりのくに
ベタなだじゃれですが、なんとヒーローものでもあります。
なるほど、「ありがとまと」(ありがとう)と言われる所以は、
ヒーローでみんなの役に立つからなんですね!
もちろん、ヒーローはトマト。
アイマスクに手袋、マント、と、いささかかいけつゾロリを連想させますが、
そのマントが大活躍するのですね。
おやおや、後半は急展開。
トマトだって、ヒーローである前に、子どもなのがほほえましいです。
もちろん、今までの「ありがとまと」がまさに生きてきます。
「ありがとう」の感謝の言葉と、「どういたしまして」。
このやりとりの素敵さをぜひ体感してほしいですね。
やはり、幼稚園児くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う うなぎのヘソ  掲載日:2016/8/19
らくごえほん 月きゅうでん
らくごえほん 月きゅうでん 文: 桂 文我
絵: スズキ コージ

出版社: 小学館
落語家の桂文我さんによる古典落語の絵本化です。
江戸時代のファンタジー落語だとか。
さだきち青年がおばけうなぎに引きずられ、天の月宮殿に迷い込むドタバタ劇。
無国籍?な画風のスズキコージさんの絵が、ハチャメチャなストーリーとマッチしています。
月宮殿といっても、雷さんの世界。
大王さまも、地獄のエンマさまの風情。
雷さんということで、ヘソ騒動というわけですね。
最初に登場のおばけうなぎが、中盤から物語をかき回し、ドキドキハラハラ。
ええ、ちゃんとオチもあるのがうれしいです。
ウナギの季節にいかもしれませんね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 靴下とあそぼ  掲載日:2016/8/19
まてまてさん
まてまてさん 作: おーなり 由子
絵: はた こうしろう

出版社: 講談社
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
靴下と赤ちゃんがじゃれあう趣向です。
「まてまて」遊び、と言ってもいいかもしれませんね。
歩き始めた赤ちゃんには、とっても楽しい遊びだと思います。
もちろん、相棒は、靴下。
ほうら、靴下とお友だちになれそうです。
どちらも、絶妙な攻防。
たっぷり楽しんでほしいです。
参考になりました。 0人

4399件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

 しあわせいっぱい赤ちゃん絵本

出版社おすすめ


全ページためしよみ
サイン本販売中