ペンギンたいそう ペンギンたいそう
 出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県、男の子22歳 男の子20歳

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

4360件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 迫力のアップ写真  掲載日:2016/7/8
むしのかお
むしのかお 作・写真: 新開 孝
出版社: ポプラ社
題名の通り、虫たちの顔のアップ写真絵本です。
虫の正面というのは、なかなか知らないだけに、とても新鮮です。
特に複眼の虫たちは、その目力を感じてしまいました。
馴染みのある顔面から、強面、みょうちきりんなものも。
添えられた文章が、絶妙です。
時には詳しい解説も入り、虫たちの生きている姿も垣間見ることが出ます。
あとがきには、撮影時のエピソードも。
確かに、かなりの技術ですよね。
虫の観察ポイントにもなりそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 鳥羽水族館  掲載日:2016/7/8
へんないきものすいぞくかん ナゾの1日
へんないきものすいぞくかん ナゾの1日 写真: 松橋 利光
文: なかの ひろみ

出版社: アリス館
題名から興味津々です。
鳥羽水族館にいる、変な、もとい、「すごい」生き物たちを紹介した、
読む図鑑のような写真絵本です。
「すごい」部分を体感できるよう、研究員の独り言も含めて、面白おかしく紹介しているので、
好奇心が全開になりそうです。
私的には、世界一大きなダンゴムシ、ダイオウグソクムシがお気に入り。
1、2年食べずに、一日中動かないなんて、驚きです。
ヒトデも興味深いです。
生き物の不思議、たくさん体感してほしいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 3月ごろの星空  掲載日:2016/7/8
スプーンぼしとおっぱいぼし
スプーンぼしとおっぱいぼし 作: 八板 康麿
絵: 杉浦 範茂

出版社: 福音館書店
星座の科学絵本としてセレクト。
ただ、3月ごろの星空観察という設定ですので、そのことを理解して活用しなくてはなりません。
比較的見つけやすい、北斗七星とカシオペア座の解説です。
子ども向けに、北斗七星=スプーン星、カシオペア座=おっぱい星としてありますが、
おっぱいというのは少し抵抗がありますね。
気持ちはわかるのですが…。
ともあれ、丁寧な天体観察入門にはなりそうです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 型紙付きの工作絵本  掲載日:2016/7/8
きる・おる
きる・おる 作・絵: こすぎけいこ
出版社: 福音館書店
かみであそぼう、の副題通り、紙工作の指南書です。
型紙から、完成図を類推させる構成も、ワクワク感たっぷりです。
最初の卵の形から、ひび割れの切り込みを入れての変身は、
実に見事ですね。
指人形のような小物から、被り物まで、かなりのバリエーションです。
大人も案外はまるかもしれません。(笑)
親子で一緒に作って楽しむ工作絵本です。
幼稚園児くらいから楽しめそうですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい レントゲン写真で探る  掲載日:2016/7/8
中を そうぞうしてみよ
中を そうぞうしてみよ 作: 佐藤 雅彦 ユーフラテス
出版社: 福音館書店
日常見かける物の中を想像し、レントゲン写真で答え合わせする趣向。
木製椅子の釘の様子、鉛筆の芯などなど、
見えない部分が可視化されるレントゲン写真はやはり魅力的ですね。
さすがは、ピタゴラスイッチの企画・監修者です。
もちろん、裏表紙までしっかり見届けてください。
ある意味、とても科学的な視点です。
「そうぞうしてみよ」という口調は、ぶっきらぼうですが、
子どもたちにとっては近未来的に感じるかもしれませんね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 泥だんごの楽しさ  掲載日:2016/7/8
どろだんご
どろだんご 作: たなか よしゆき
絵: のさか ゆうさく

出版社: 福音館書店
泥だんごを作る時の楽しさを、そうそう!と追体験するような絵本です。
土から泥になる時の、あの独特の感触。
スープやクッキーというのもいいけど、やはり王道は泥だんご!
固さ比べで、落としたり、転がしたり。
え?
そんなに固い泥だんごってあるんですね。
大事にするのも無理ありません。
幼稚園児くらいから共感してもらえそうですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 意外に奥が深い  掲載日:2016/7/8
世界は気になることばかり
世界は気になることばかり 作・絵: 五味 太郎
出版社: 偕成社
五味太郎さんが描く、気づきの世界。
各ページ、いろいろな場面が提示されますが、
文章で「ぼく」が、あることに気付く、という趣向です。
絵の中に、おかしな部分が紛れ込んでいるということで、
突っ込みどころがいっぱい、ということでしょうか。
もちろん、五味さんの描く軽妙な絵が見所なのですが、
日常生活の中には、気づかないことがたくさんある、ということを改めて実感させてくれます。
意外に奥の深い、読後感でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大事な本屋さん  掲載日:2016/7/7
森の本やさん
森の本やさん 文: 肥田 美代子
絵: 小泉 るみ子

出版社: 文研出版
『山のとしょかん』のコンビによる作品。
秋の読書週間に読んであげたい一冊です。
森の奥にある、クマじいさんの本屋のおはなし。
本のソムリエのごとく、森の動物たちにとって、居心地の良い本屋さんという訳です。
ところが、嵐で本屋が全壊、クマじいさんはふさぎ込みますが、
動物たちが見事なアイデアで復活させるのです!
そう、それだけ、みんなにとって、大事な本屋さんという証。
このクマじいさんの存在感がいいですね。
子どもたちにとっても、こんな存在の大人がそばにいてほしい、
と切に思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 壁に感謝?  掲載日:2016/6/29
ウォールズ
ウォールズ 著: ありま 三なこ
出版社: 扶桑社
壁にまつわる人々の思いが綴られています。
壁に感謝?
ええ、そうなんです。
物としてそこにあるだけの、壁なのですが。
とらえる人々によって、こんなに多彩な表情を見せるのです!
そして、壁の崩壊の瞬間にみんなは立ち合います。
息を呑む展開です。
新しい視点を感じ取れると思います。
ちょっと、哲学してみませんか?
独特の画風にも惹かれました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ジェイクのはじまり  掲載日:2016/6/27
ぼくの ベンチに しろいとり
ぼくの ベンチに しろいとり 作・絵: 葉 祥明
出版社: 至光社
葉祥明さんの重要なキャラクター、ジェイクが初登場の作品。
どことなく、初心が伝わってきます。
お気に入りのベンチで出会った迷子の小鳥。
話を聞いてあげ、仲間を見つけてあげて見送る、
ある意味シンプルな展開です。
でも、その交流から伝わってくる、ほのかな友情がなんとも素敵です。
独特のグリーンの色調が、白い身体を生き生きとさせているような感じです。
ゆったりとした時の流れ。
まさしく、葉祥明さんの作品の原点だと思いました。
幼稚園児くらいから、共感できると思います。
参考になりました。 0人

4360件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

え!王さまが還暦?!60周年おめでとう!

出版社おすすめ

  • オニの生活図鑑
    オニの生活図鑑
    作・絵:ヒサクニヒコ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    節分に是非!ヒサクニヒコさんの楽しい図鑑シリーズです。

全ページためしよみ
サイン本販売中