へっこ ぷっと たれた へっこ ぷっと たれた
構成・文: こが ようこ 絵: 降矢 なな  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
読めば自然とリズムがうまれる!わらべうたをもとにしたあかちゃん絵本

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

5173件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う ぼくはやっぱりぼく  投稿日:2018/10/19
はっぱみかん
はっぱみかん 作: 風木 一人
絵: 山口 マオ

出版社: 佼成出版社
風木一人さんの作品、やはり、一味違います。
表紙の、葉っぱの付いたみかんが主人公。
他のみかんと違って、特別感を抱いていたのですが、
ある日、葉っぱを取られてしまったことで、落ち込んでしまうのですね。
でも、中身はいっしょ、ぼくはやっぱりぼく。
大事なことに気付きましたね。
意外に奥が深いです。
幼稚園児くらいから大人まで、感じるところがあると思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 本当の物を見る勇気  投稿日:2018/10/19
かべのむこうになにがある?
かべのむこうになにがある? 作: ブリッタ・テッケントラップ
訳: 風木 一人

出版社: BL出版
『Little Mouse and the Red Wall』が原題。
そびえ立つ赤い壁が印象的です。
大きな赤い壁に囲まれた所に住む小さな知りたがりのねずみが主人公。
ねずみは、壁の向こうに何があるか疑問に思い、
動物たちに尋ねるのですね。
でも、誰も知らないし、知ろうともしないのです。
ところが、ある日、空色の鳥が飛来し、ねずみは壁の外に連れて行ってもらうのです!
空色、というのが、何とも暗示的です。
本当の物を見る勇気、という表現に納得です。
そして、意外な展開がドラマティックです。
小学生くらいから、大人まで、それぞれ感じるところがあるように思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 噂の怖さ  投稿日:2018/10/19
あの子
あの子 作・絵: ひぐちともこ
出版社: 解放出版社
「あの子といっしょにおらんほうがええで。」という噂。
主人公は、その噂を受け取る子どもたちのような気がします。
そういえば、と、噂は広がるもの。
でも、「ほんまにほんまのほんまやの?」という視点、大切ですね。
ちゃんと確かめること。
心がけたいものです。
小学生くらいから、大人まで、考えさせられると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 詩人が奏でるフルーツ  投稿日:2018/10/17
ふるふるフルーツ
ふるふるフルーツ 文: ひがし なおこ
絵: はらぺこめがね

出版社: 学研教育みらい
詩人ひがしなおこさんが奏でるフルーツの世界です。
絵は、『やきそばばんばん』が印象的だったはらぺこめがねさん。
表紙の絵から、ドドーンと存在感のあるフルーツパフェがお出ましです。
いろいろな果物が登場し、調理される様子が
オノマトペで軽快に語られます。
調理器具も指先もなく、果物自身が躍動するようにパフェへ。
なんとも不思議な光景ですが、リアリティ抜群です。
何より、カラフルで五感に楽しいです。
最後に登場する手とスプーンは読者のよう。
スイーツ好きはたまらないと思います。
幼稚園児くらいから、たっぷり五感で楽しんでほしいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う いろんなバージョン有り  投稿日:2018/10/17
きんぎょさんとめだかさん
きんぎょさんとめだかさん 作: とよた かずひこ
出版社: 世界文化社
とよたかずひこさんの、手遊び絵本です。
きんぎょさんとめだかさんが泳ぐ様子の手遊びで、
巻末に楽譜と遊び方がありますが、
ネット動画などで確認するといろいろなバージョンがあるようで。
そもそも短いので、オリジナル絵本となったようですね。
涼しい水の中で泳ぐ様子を感じ取るラストがメイン。
手遊びは別個でした方が良いですね。
手遊びというよりは、体操、でしょうか。
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 貴重な実話から浮かび上がる子どもたちの生きる力  投稿日:2018/10/17
おかあちゃんがほしい
おかあちゃんがほしい 著: 梓 加依
出版社: 素人社
著者が、原爆投下後の孤児たちを支援していた教会シスターから聞き取った実話をもとに、フィクションという形で再構成した記録です。
ここで紡ぎ出されるのは、懸命に自力で生きようとした子どもたちの姿です。
もちろん、数多くの大人たちが、損得無しで援助してくれていたということも。
題名は、大人から、何か欲しいものは?と問われての、答え。
ストレートで、なんと切実な響きでしょうか。
しかも、子どもが、自身も困窮している中で、年下の子を世話しながらの言葉というのが、絶句です。
子どもたちの行動が次々と語られますが、その生きる力に圧倒されます。
さらには、ちゃんと、手を差し伸べてくれる大人も確かに存在したということのありがたさに、ただただ敬服です。
そして、視点は、今の子どもたちの現状にも向けられます。戦渦でもないのに、翻弄される子どもたち。
そう、手を差し伸べなければならない子どもたちが、今の時代にも存在しているということ。
大人がちゃんと自覚しないといけないことだと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 言葉遊び?とファンタジー  投稿日:2018/10/15
さかさかさ
さかさかさ 作・絵: 浜野木 碧
出版社: 鈴木出版
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
題名から言葉遊びですね。
坂をころげ、逆さ!?
後半はファンタジー。
雲への展開はやや高度です。
詩のような展開は、むしろ、幼稚園児や小学生の方が楽しめるかも。
雨の季節にいいですね。
スタイリッシュなデザイン力を感じました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かぼちゃの成長  投稿日:2018/10/15
どででんかぼちゃ
どででんかぼちゃ 作: いわさ ゆうこ
出版社: 童心社
「どーんとやさい」シリーズ。
題名からわかるように、オノマトペたっぷりで、かぼちゃの成長を描きます。
やはり題名のネーミングに拍手!
かぼちゃの存在感にぴったりです。
その生命力も体感できそうです。
受粉の様子も丁寧に描かれ、科学絵本のクオリティも高いです。
かぼちゃの種類も紹介され、大人でも学べると思います。
かぼちゃの種は比較的目にする機会も多いと思うので、
終盤にそれを植える、というのが、命の連続を感じさせてくれます。
かぼちゃの良さを再認識です。
幼稚園児くらいから、学べると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい どんぐりたちみんなの活躍  投稿日:2018/10/15
どんぐりむらのいちねんかん
どんぐりむらのいちねんかん 作・絵: なかや みわ
出版社: 学研
どんぐりむらシリーズの総集編のようなカレンダー仕立てです。
どんぐりたちみんなの活躍がまんべんなく描かれているのが素敵ですね。
ちょっとしたお仕事ストーリーでもあります。
もちろん、季節感も体感できますね。
見返しには、登場人物(粒たち?)の紹介もあり、
どんぐりの知識も知ることができそうです。
最後には、カメラマンが撮った写真で、クイズ形式で振り返ることもできます。
どんぐりむら図鑑的に使うこともできそうですね。
いつものように、隅々まで行き届いたサブストーリーもしっかりとチェックしたいですね。
11月の芸術の秋バージョンは、名画のパロディーも。
さすがのクオリティに拍手です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 男の子がケンカした時の気持ち  投稿日:2018/10/08
まつげの海のひこうせん
まつげの海のひこうせん 作: 山下 明生
絵: 杉浦 範茂

出版社: 偕成社
小学生の男の子がケンカした時の気持ちを描いてあります。
けんかに負けた「ぼく」が運動場ですねて、
先生も友だちも呆れて出払ってしまった後の心情ですね。
まつ毛の海?
そう、悔しい涙。
そして、近寄ってきた飛行船との対話で、自分の気持ちを吐露。
男の子あるあるでしょうか。
かなり本音なので、ちょっと過激な下ネタもあるので、
少し注意がいるかもしれません。
秋の空が印象的です。
参考になりました。 0人

5173件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

>絵本エイド ―こころにひかりを―

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット