しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県、男の子22歳 男の子20歳

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

4318件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 美味しいもののシルエットクイズ  掲載日:2016/5/30
これなあに?
これなあに? 作: *すまいるママ*
出版社: フレーベル館
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
かわいい動物たちが、美味しいもののシルエットクイズを出題します。
正解は、お弁当の中身です。
簡単なので、小さい子も満足でしょう。
フェルトを使ったコラージュ絵ですが、素材感が実にリアルに表現されていてびっくりです。
もちろん、かわいくて、おいしそう!
最後はお弁当箱に収まるのですが、ラストで、おまけのお弁当バージョンもあります。
こちらも、見どころいっぱい。
ほら、子どもたちの大好きな食べ物がいっぱい。
キュートなお弁当箱もぜひチェックしてくださいね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 布の温かさ  掲載日:2016/5/30
あさごはん できた!
あさごはん できた! 作: 吉田朋子
出版社: フレーベル館
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
朝食の調理の様子を描いた作品ですが、
絵が布のコラージュというのが、温かみを感じます。
しかも、意外にリアルでびっくりです。
野菜を洗い、切って、スープにしたり、焼いたり。
擬音たっぷりなのも楽しいです。
調理用具たちの擬人化もかわいくて、親しみやすいです。
いただきます、の気持ちが高まりそうです。
ちょっとした食育絵本にもなりそうですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う どこにいる?  掲載日:2016/5/30
タツノオトシゴ
タツノオトシゴ 作・絵: 長田 真作
出版社: PHP研究所
ごく普通のタツノオトシゴが主人公です。
卵から生まれ、のんびりと過ごす様子が描かれます。
途中、たくさんの生き物たちに囲まれ、「どこにいる?」状態なのがキュートです。
海洋生物のため、舞台は海中、ということで、微妙な違いはありますが、
青一色の世界です。
意外とよく知らない生き物なので、思わず調べてしまいました。
体を乾かしたり、とかは、生態学的に正しいのか疑問です。
アート的にはクオリティが高いだけに少し残念です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 「ば」じゃなくて「ぱ」  掲載日:2016/5/26
おぱっけ〜
おぱっけ〜 作・絵: ナムーラミチヨ
出版社: フレーベル館
乳児・小さい子向けおはなし会用にセレクト。
表紙の造形を見て思わずおばけと認識してしまいますが、
いえいえ、「ば」じゃなくて「ぱ」なんですね。
さあ、発音してみてください。
そのすっとんきょうな響きが、彼らのキャラクターなのです。
3人組なんですが、それぞれが、「お」、「ぱ」、「け」の口の形をしているのが見所です。
カエルの様子を眺めたり、雷にあったり、お祭りに出くわしたり。
た、確かに踊っている様子は見事です。
でもやはりクライマックスはラスト。
「ぱ」にこだわる所以もなんとなくわかります。
やはり花火の頃に読んであげたいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 名前が長い(笑)  掲載日:2016/5/26
おへんじ してね
おへんじ してね 作: 中村徹
絵: せべ まさゆき

出版社: フレーベル館
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
動物のキャラクターたちが、名前を呼ばれて、元気よく返事をする趣向。
返事をする場面がちょっとした仕掛けになっています。
絵も親しみやすい造形ですが、名前が長い(笑)です。
もう少しシンプルな方が、この年齢のお子さんには親しみがあったかもしれませんね。
ともあれ、擬音もたっぷりありますから、それらしく楽しみましょう。
もちろん、お返事のきっかけにもなるといいですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 歌も一緒に  掲載日:2016/5/26
どんな いろが すき
どんな いろが すき 絵: 100%ORANGE
出版社: フレーベル館
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
題名だけでは気づかなかったのですが、裏表紙に楽譜もあって、知っている曲だったのでびっくり。
ええ、あの歌が絵本になっているのですね。
赤、青、黄、緑、それぞれのイメージのものが登場するので、
色の勉強にもなりそうです。
クレヨンの楽しさも伝わってきます。
やはり、全部の色の場面が素敵。
やはり歌と一緒に楽しみたいですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 田んぼの再生  掲載日:2016/5/23
たがやせ!どじょうおじさん
たがやせ!どじょうおじさん 作: チャンキー 松本
出版社: あかね書房
田んぼをテーマに検索していてヒット。
作者名が、チャンキー松本さん?とやや半信半疑ながら読んでみました。
絵本作家、イラストレーター、紙切り似顔絵師、音頭歌手などされている方のようで。
休耕地へ帰ってきたどじょうおじさん(なぜか関西弁)が、田んぼを再生させるストーリーです。
この造形、どじょうに昭和な手ぬぐい頬かむりに蓑(みの)姿と、かなりのインパクトです。
ということで、興味を示した小学生の男の子を巻き込んでの田んぼ作りが始まるのですね。
雑草との戦いは、やや誇張したキャラクターにビックリですが、
思わず納得してしまいます。
何とほぼ同じ内容の歌もあるようで、歌詞とコードも掲載、
ネットで探せば聞くこともできますよ。
どじょうおじさんがうたう場面は、ちょっと練習してみましょうか。
やや誇張されていますが、田んぼ理解にはいいかもしれませんね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 田んぼの独白  掲載日:2016/5/22
田んぼのきもち
田んぼのきもち 作: 森 雅浩
絵: 松原裕子

出版社: ポプラ社
田んぼ自らが語る田んぼの光景。
なんと、開墾の歴史から始まるので、内容は重厚です。
そして、農業離れの現実に直面し、荒れ放題の田んぼ。
ニュータウンの学習田になる様子は今どきですが、
確かにこんな姿が、今の多くの子どもたちにとっての田んぼですからね。
子どもたちの自然体験に奔走する作者の想いがいっぱい詰まっていると感じました。
環境教育にもいいですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 食物連鎖  掲載日:2016/5/22
たんぼレストラン
たんぼレストラン 作・絵: はやし ますみ
出版社: ひかりのくに
レストラン?
ええ、生き物の世界では食物連鎖なのですね。
田んぼの変化に連れて、繰り広げられる、生き物たちの世界をユーモラスに描いてあります。
たしかに、「いただきまーす」ですね。(笑)
画面いっぱいにダイナミックに描かれた生き物たち、
気になったら、見返しにちゃんと解説してある一覧で生き物の名前を確認しましょうね。
何より、、田んぼで繰り広げられる生き物たちの姿、きっと体感できると思います。
やや科学絵本なので、幼稚園児くらいからのほうがいいと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい お化けの正体  掲載日:2016/5/22
おばけだじょ
おばけだじょ 作: ツペラ ツペラ(tupera tupera)
出版社: 学研
ずばり、ちょっとした科学絵本でもあります。
確かに、表紙のお化けは、そういう造形なのですが、
視点を変えれば、ほら、あの生き物に。
で、その生き物は、卵(中表紙から要チェック!)から変態を遂げ、別バージョンのお化けに!?
ええ、そうなんです。
で、その生き物を追いかける、定番のあのお方も、そう、お化けそのものですよね。
うーん、奥が深い。
独特のコラージュがスタイリッシュで、展開もシンプルで無駄がありません。
もちろん、絵で読ませます。
親子でたっぷり楽しみましょう!
参考になりました。 0人

4318件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

「GO!GO! カートくん」絵本出版記念<br>編集者インタビュー&イベントレポート

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

全ページためしよみ
サイン本販売中