ねむねむごろん ねむねむごろん ねむねむごろんの試し読みができます!
作・絵: たなかしん  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
\毎日の寝かしつけに/ おやすみ前に ”ねむねむポーズ” してみよう!

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

5351件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 新感覚のリズム遊び  投稿日:2019/04/18
とんたん イスたん
とんたん イスたん 作: 新井 洋行
出版社: 大日本図書
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
椅子のキャラクター、イスたんとリズム遊びをする趣向です。
いぬくんやうさぎさんなどが、それぞれユニークな音出しをしていますよ。
打楽器でもない椅子でどうやって?
なるほど、ね。
そう、椅子だけでなく、いろいろ応用できそうです。
生活の中に隠れている、リズムを意識できそうです。
まさに、新感覚のリズム遊びだと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 模型ヤンマ  投稿日:2019/04/15
かいぶつトンボのおどろきばなし
かいぶつトンボのおどろきばなし 作: かこ さとし
出版社: 小峰書店
かこさとし大自然のふしぎえほん9。
トンボの生態から、飛行の仕組みなど多角的に解説してあります。
生態では、ヤゴの羽化が有名ですが、
私は実際に観察したことがあるので、その感動を思い出しました。
そして、羽についての解説も興味深かったです。
羽・翼の広さと、飛ぶ生物や物体の重さの関係の図は、
鳥や昆虫と飛行機との対比が一目瞭然で理解できます。
オニヤンマの模型の実験も、機会があればぜひ試してみたいですね。
トンボ、奥が深いです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 生きる知恵  投稿日:2019/04/15
クラゲのふしぎびっくりばなし
クラゲのふしぎびっくりばなし 作: かこ さとし
出版社: 小峰書店
かこさとし大自然のふしぎえほん5。
題名にある「ふしぎびっくり」に偽りはありません。
クラゲの不思議な生態から始まり、イソギンチャク、サンゴまで、
詳しく解説してあります。
いつものかこさとしさん流の語り口ですが、
何より、自身の驚きや感動がそのまま伝わってきて、
生きる知恵を一緒に体感できそうです。
おやじギャグ風の文章も、いつもより冴えています。(笑)
内容的にはかなり高度ですが、
「ふしぎびっくり」という科学の基本はしっかり実感できると思います。
生き物、万歳!と思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 天地を舞台にした大きな劇  投稿日:2019/04/15
天地のドラマ すごい雷大研究
天地のドラマ すごい雷大研究 作: かこ さとし
出版社: 小峰書店
かこさとし大自然のふしぎえほん8。
天地を舞台にした大きな劇として、雷について解説してあります。
台風などの風の仕組みからさらに進めて、電気を帯びた雲の行く末です。
空の上で電気が発生するのも不思議ですが、
火事や噴火、大爆弾によっても電気が起こるのですね。
雷との距離の測定など、ちょっとした豆知識も、科学体験になりそうです。
有名なフランクリンの実験も、実は危険と隣り合わせだったのですね。
劇仕立てのまとめも、未来への研究者へのメッセージとなりそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい モグラが訴える誤解  投稿日:2019/04/15
モグラのもんだい モグラのもんく
モグラのもんだい モグラのもんく 作: かこ さとし
出版社: 小峰書店
かこさとし大自然のふしぎえほん6。
モグラが語るモグラの生態ですが、
一般に知られている知識にたくさんの誤解があることがあり、
なかなか読みごたえがあります。
確かに、昔話などに登場するモグラはあまりいいキャラクターではありませんね。
主人公のモグラの案内で知るモグラの世界は、なかなかすごいです。
後半では人間との関わりもたくさん紹介されており、
いかに身近な生き物であるかということを痛感させられます。
モグラ、再発見してほしいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 丁寧な取材  投稿日:2019/04/14
きんたろう
きんたろう 文: 堀切 リエ
絵: 石井 勉

出版社: 子どもの未来社
金太郎伝説には諸説あり、意外と詳しい物語は知られていません。
この作品では、丁寧な取材に基づき構成されたストーリーで、
好感が持てました。
争いで夫を殺された八重桐は、お腹の子を守るため、
赤竜の力を借り、山姥となって金太郎を産むのです。
熊と相撲しても投げ飛ばすほどたくましく成長した金太郎は、
源頼光に認められ、家来に。
大江山に住む大鬼、酒呑童子を退治するエピソードも豪快です。
余韻の残るラストは、ふるさと回帰でしょうか。
小学生くらいから、やはり知っておきたい昔話です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 桜満開の光景  投稿日:2019/04/11
はなびらがとんできた
はなびらがとんできた 作: いのうえたかお
絵: つちだ よしはる

出版社: 鈴木出版
桜が満開、花びらが舞い散る様子を描いてあります。
動物たちが、花びらとじゃれあう様子が面白いです。
右にその様子、左でクマくんが真似をしていますね。
そう、一緒に体感する趣向です。
そして後半、くしゃみのシーンで、花吹雪へ。
日本人ですもの、桜を愛でるこの感覚、やはりきちんと育んであげたいですね。
文章も心地よく、春の喜びをたっぷり感じてほしいです。
幼稚園児くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ヒロインはさくらもち!?  投稿日:2019/04/11
さくらもちのさくらこさん
さくらもちのさくらこさん 作: 岡田 よしたか
出版社: ブロンズ新社
満開の桜を背景に、満を持して、さくらもちのヒロインが登場です。
もちろん、一筋縄ではいきません。
早々にご機嫌斜めで、まとった葉っぱも脱ぎ捨て、
不機嫌オーラ全開です。
桜色なのに、このいじけっぷり、すごいです。
それを救ったのは、桜の木!
この存在感がいいですねえ。
ともあれ、満開の桜の木の下でのダンス、
おやつのキャラクターたちの造形が濃いですが、
よく見ると、全然擬人化していないところが不思議です。
この画力に脱帽です。
幼稚園児くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 奥ゆかしい大根  投稿日:2019/04/11
大根はエライ
大根はエライ 文・絵: 久住 昌之
出版社: 福音館書店
表紙絵に、メインテーマがにじみ出ています。
題名の褒め言葉に、大根が謙遜している!?
そう、この奥ゆかしさこそ、この絵本の主題です。
作者の語りもお見事で、ダイコンをいろいろと分析して見せます。
大根料理の豊かさ、やはり日本人として押さえておきたいです。
そして、その脇役的な立ち位置の存在感が味わい深いです。
小学生くらいから、この奥ゆかしさ、体感してほしいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 反義語  投稿日:2019/04/08
かな?かな?えほん どっち?
かな?かな?えほん どっち? 作: アニェーゼ・バルッツィ
出版社: 小学館
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
折り畳み式の仕掛けで、反義語を提示し、どっち?と尋ねる趣向です。
大きい・小さい、からっぽ・たくさん、みじかい・ながい、など、
やや高度な展開ですが、楽しみながら繰り返すと、理解できるようになりそうですね。
やや苦しいのもありますが、ご愛嬌でしょうか。
カラフルなので、いろいろ会話ができそうです。
参考になりました。 0人

5351件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

祝! 10周年記念! 「ばけたくん」シリーズ<br>岩田明子さんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット