もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県、男の子22歳 男の子20歳

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

4351件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う ジェイクのはじまり  掲載日:2016/6/27
ぼくの ベンチに しろいとり
ぼくの ベンチに しろいとり 作・絵: 葉 祥明
出版社: 至光社
葉祥明さんの重要なキャラクター、ジェイクが初登場の作品。
どことなく、初心が伝わってきます。
お気に入りのベンチで出会った迷子の小鳥。
話を聞いてあげ、仲間を見つけてあげて見送る、
ある意味シンプルな展開です。
でも、その交流から伝わってくる、ほのかな友情がなんとも素敵です。
独特のグリーンの色調が、白い身体を生き生きとさせているような感じです。
ゆったりとした時の流れ。
まさしく、葉祥明さんの作品の原点だと思いました。
幼稚園児くらいから、共感できると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 勝因はあの手(笑)  掲載日:2016/6/27
ぞうちゃんとねずみちゃん
ぞうちゃんとねずみちゃん 作: 三浦 太郎
出版社: 講談社
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
空色のかわいい造形のぞうちゃんが目を惹きます。
見返しにもある黄色と白色のストライプのおむつカバーも。
作者の娘さんがモデルだそうで、なんだかほほえましいです。
ぞうちゃんは大きい赤ちゃんなのですが、
おともだちは小さいねずみちゃんだったり、小さいグッズで遊ぶのが好きなんですね。
「大きい」「小さい」の対比も面白いです。
え?二人でお相撲?
急展開に驚きますが、勝因はあの手(笑)
シンプルですが、ほのぼのとしたストーリーがいいですね。
続編、続々編も予定されているようで、楽しみです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 生きていくための一生懸命の作戦  掲載日:2016/6/17
むしたちのさくせん
むしたちのさくせん 作: 宮武頼夫
絵: 得田 之久

出版社: 福音館書店
虫の絵では定評のある得田之久さんの絵です。
でも、この作品では実にリアルな、写真図鑑並みのクオリティですよ。
虫たちが隠れている様子を、丁寧に解説してある科学絵本です。
確かに、見事な隠れ方です。
しかも、バリエーションも様々でびっくりです。
シロコブゾウムシの死に真似作戦も、切実です。
そう、生きていくための一生懸命の作戦、という表現に納得です。
アゲハチョウの生育中には何種類もの作戦があるということも、よくわかります。
生きる営みも体感できそうです。
小学生くらいから、学べそうです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 自然に抱かれた本物のキャンプ  掲載日:2016/6/17
ふたりだけのキャンプ
ふたりだけのキャンプ 著: 松居 友 高田知之
出版社: 童心社
福音館書店の名編集者、松居直さんを父に持つ、松居友さんの作品。
実際に北海道千歳市在住で得た、自然とのかかわり方の実体験がベースになっているようです。
父と子のキャンプの様子を、ゆうじくんの視点から描きます。
車で森深く分け入り、カヌーに乗って、湖の対岸にわたり、
自然物をできるだけ使ったテントと食事。
見えたであろう、自然の光景や様子を、写真と絵がそっと追います。
父から子へ受け継がれる、自然とのかかわり方。
読者も一緒に体感できそうです。
かなりのボリュームですから、小学校高学年くらいから共感できそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 身近だけど、奥が深い  掲載日:2016/6/17
ミミズのふしぎ
ミミズのふしぎ 写真: 皆越 ようせい
出版社: ポプラ社
表紙からかなりのインパクトです。
ミミズの口!?
小枝をくわえているところなんて、見たことがないだけにビックリです。
ミミズの生態を追った写真絵本。
身近だけど、その生態はあまり知らないだけに、
じっくりと観察するような構成はありがたいです。
じめじめしたところに生息し、ウンチの様子もありますから、
グロテスクといえばそうかもしれませんが、
生き物の姿を体感できると思います。
やはり、卵から生まれてくる様子は、素敵です。
土を耕す存在としても、その存在感は覚えておきたいです。
小学生くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい しっぽの存在感  掲載日:2016/6/17
しっぽのはたらき
しっぽのはたらき 作: 川田 健
絵: 薮内 正幸

出版社: 福音館書店
題名を読んで、しっぽに働きがあるの?というのが素直な感想でしょう。
薮内正明さんのリアルな絵が案内してくれます。
道具として、威嚇、感情表現として、バランス取りなどなど。
哺乳類であるイルカのしっぽのはたらきは、魚と違う動きというのも興味深いです。
大人にとっても、初めての視点に驚くことでしょう。
動物のしっぽへの関心が深まると思います。
幼稚園児くらいから楽しめる科学絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 動物の視野を体感  掲載日:2016/6/17
仕掛絵本図鑑 動物の見ている世界
仕掛絵本図鑑 動物の見ている世界 著: ギヨーム・デュプラ
訳: 渡辺 滋人

出版社: 創元社
書店員さんや知人も絶賛のこの本、やっと読むことができました。
動物の視野を、仕掛け仕立てで体感できる図鑑です。
鳥や虫までも網羅した世界は圧巻です。
もちろん、それぞれの生態によって、視覚の役割はほんの一部ですから、
こんなにもバリエーションがあるのですね。
それらについても、一個体ずつ丁寧に解説してあります。
もちろん、それぞれの個体の研究結果から導き出した視野ですが、
やはり百聞は一見に如かずの説得力です。
それにしても、こう真正面から見られると、迫力がありますねえ。
目の位置にも注目しましょう。
小学校高学年以上くらいのクオリティです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 野菜の切れ端マジック  掲載日:2016/6/16
やさいでぺったん
やさいでぺったん 作・絵: よしだきみまろ
出版社: 福音館書店
カレーライスを調理中のお母さんの横で、
子どもたちが野菜の切れ端でスタンプ遊びを始めます。
意外に見事な出来に、お母さんも大喜び。
単純なスタンプから、見て見て、こんなにバリエーションが!!!
色を変えれば、見事な絵ができていますよ。
注目は後半。
なんと、サラダとデザートはお父さんが作るのですって。
またまた、レパートリーが増えますね。
え?
今度はTシャツやシーツにも!?
この家族、素敵です。
巻末には、チャレンジのための手引きもあります。
思わずやってみたくなるクオリティですね。
幼稚園児くらいから楽しめそうです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 地震と日照り  掲載日:2016/6/16
こりゃたいへん!! あまがえる先生 ミドリ池きゅうしゅつ大作戦
こりゃたいへん!! あまがえる先生 ミドリ池きゅうしゅつ大作戦 作: まつおか たつひで
出版社: ポプラ社
地震と日照りで干上がったミドリ池。
そこの生き物たちの窮地を救うために、あまがえる先生が奮闘するストーリー。
もちろんフィクションなのですが、松岡達英さんですもの、
生き物たちがたくさん活写されています。
新潟県中越地震で被災したミドリ池がモデルのようですね。
干上がった池での生存競争の様子もしっかり描かれています。
ペットボトルのリサイクルで、ほら、こんな立派な水車&水路ができるのです!
お次は大雨で、川が氾濫しても、ペットボトルの活用に拍手!
フィクションながら、生き物たちが生きている自然環境について、
様々な学びが得られるような気がします。
小学生くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 沖縄県の県鳥  掲載日:2016/6/16
ノグチゲラの親子 沖縄やんばるの森にすむキツツキのおはなし
ノグチゲラの親子 沖縄やんばるの森にすむキツツキのおはなし 写真・文: 渡久地 豊
出版社: 小学館
沖縄やんばるの森にすむキツツキのおはなし、と副題にあります。
沖縄県の県鳥で、国の特別天然記念物でもある、
ノグチゲラの子育ての様子を追った写真絵本。
うっそうとした森の空気感まで伝わってくるようです。
キツツキが木をたた音も、独特の擬音で紹介され、その響きまでも体感できそうです。
営巣の様子や、飛行の様子も見事なアングルです。
餌やりの様子もほほえましいですね。
餌の種類も、セミの幼虫、ダブノキの実など、クリアにとらえてあるのも見事です。
巣立ちを見守る、作者の温かいまなざしが伝わってきます。
人間による保護の様子も感じ取ってほしいですね。
ややボリュームのある構成ですので、小学校中学年以上くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

4351件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

第1回 『どんな いちにち』のたしろちさとさん

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。

全ページためしよみ
サイン本販売中