いちねんせいに なったから! いちねんせいに なったから! いちねんせいに なったから!の試し読みができます!
作: くすのき しげのり 絵: 田中 六大  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
「ともだちひゃくにんできるかな?」 いちねんせいの1年間シリーズ!
まゆみんみんさん 30代・ママ

春らしい!
4歳幼稚園年少さんの娘が読みたいと言っ…

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・40代・兵庫県、男の子21歳 男の子19歳

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

3871件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい お菓子作り指南書  掲載日:2015/3/25
はじめて絵本 すてきなおかし作り
はじめて絵本 すてきなおかし作り 絵: おおで ゆかこ
監修: 福田 淳子

出版社: 河出書房新社
「はじめて絵本」と副題がついていますが、初めてのチャレンジ絵本といった感じでしょうか。
大人と一緒に作るなら4歳くらいから、子どもだけで作るなら小3くらいから、
のお菓子レシピ集です。
パンケーキ、クレープ、ブラウニー、ベイクドチーズケーキ、
いちごのデコレーションケーキ、マーブルパウンドケーキ、
シュークリーム、アップルパイ、シフォンケーキ、プリン、ドーナツ、
バニラアイスクリーム、アフタヌーンティー、おかしの家。
ね、すごいでしょう?
お菓子作り初心者の大人でも役立ちそうです。
もちろん、基本の道具の使い方や、計量、注意事項、コツなどもやさしく解説してあります。
かわいい動物のキャラクターたちが一緒にお手伝いしてくれますよ。
見ているだけでも、お菓子に囲まれた幸せ気分に浸れると思います。
小学校で、チョコレートのおはなしと一緒に紹介しようと思っています。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 時の流れを感じる  掲載日:2015/3/24
はるにうまれるこども
はるにうまれるこども 作・絵: にしむら かえ
出版社: 絵本館
写真スナップのような、古今東西の光景がつづられた作品。
何気ない光景ばかりなのですが、そこここに時の流れを感じてしまいました。
特にラストの文章は、とても余韻がありました。
やはり、春だからこその感覚でしょうか。
センスのある雑貨店に、そっと置かれてあるような存在感です。
大人向けの作品のような気がします。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 白黒版画とほんのり朱が紡ぐ詩  掲載日:2015/3/24
どこへいってた?
どこへいってた? 作: マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵: バーバラ・クーニー
訳: うちだ りさこ

出版社: 童話館出版
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
バーバラ・クーニーのセンスある版画絵にほんのり朱が時々添えられた
シンプルな絵に、
マーガレット・ワイズ・ブラウンの研ぎ澄まされた詩のような文章が織り成す、
動物たちの様子。
登場するのは、ねこやりす、ことりなど、馴染みのある動物たち。
それらの何気ない行動を温かい目線でとらえます。
ラストのページが面白いです。
この絵本を見ているカラス!?
確かに!
不思議な魅力があるような気がします。
小さい子から大人まで、感じる事が出来る作品だと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おんどりとめんどりのとんでもない行動  掲載日:2015/3/24
とんでもないおきゃくさま グリム童話
とんでもないおきゃくさま    グリム童話 作: グリム
絵: バーナデット・ワッツ
訳: ささき たづこ

出版社: 西村書店
グリム童話の再話です。
おんどりとめんどりの、とんでもない行動を描写した作品です。
アヒルの丘のクルミを食べ散らかした挙句、抗議するアヒルを負かし、
車夫にし、
泊まった宿でも、無銭飲食、宿代も踏み倒して逃げるありさま。
グリム童話らしい、大らかな展開です。
ワッツの絵は、そんなとんでもない展開を描きつつも、
素朴なサブストーリを散りばめ、平穏な笑い話におさめているような気がします。
道徳的には問題があるかもしれませんが、
おはなしとして伝えられた、口承のメルヘンの雰囲気を感じることも
大切かもしれませんね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 親子で分類考  掲載日:2015/3/24
いるかはさかなじゃないんだよ
いるかはさかなじゃないんだよ 文: 平田 昌広
絵: 平田 景

出版社: 朔北社
水族館にやって来た、男の子とお父さんの会話で、生き物の分類について考えます。
そう、考えてみれば、水族館には、水中や水辺で生きる生き物たちがいますが、
必ずしも、魚類だけではないのですね。
その典型が、イルカ。
お父さんは、胎生か卵生か、と言った解説をしていますが、
もう少し科学的なしっかりとした解説があれば、と思いました。
ヘビに似ていて、〜ヘビという名前だけど、魚、という例が出ていたり、
子どもたちの興味は引き出せそうですが、知識としてはやや混乱させてしまうかも、とも感じました。
でも、水族館でこんな会話ができる親子の姿は素敵だと思います。
平田夫妻の作品らしい後半の展開も、面白いですね。
小学生くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 肉が食いたい!  掲載日:2015/3/24
おおぐいひょうたん
おおぐいひょうたん 絵: 斎藤 隆夫
再話: 吉沢 葉子

出版社: 福音館書店
西アフリカの昔話。
フライラは、お母さんと一緒に畑仕事の帰途、草むらに小さなひょうたんを見つけるのです。
すっかり魅せられたフライラは、お母さんに頼んで取ってもらうと、
そのひょうたんは勝手に転がりだすのです。
最初は面白がっていたフライラや村人たちでしたが、
実は、「肉が食いたい!」という、魔物だったというわけなのです。
羊や牛、ラクダまでを独特の擬音で飲み込む様子は、実に豪快で面白いですが、
やはりドキドキさせられます。
昔話らしく、意外な退治方法もダイナミックです。
吉沢葉子さんの再話は、アフリカ滞在の経験も盛り込んでいるようで、
軽快なリズムを感じます。
斎藤隆夫さんの絵は、『かえるをのんだととさん』同様、デフォルメも楽しく、
それでいてアフリカンでぴったりです。
幼稚園児くらいから楽しめそうです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ニューヨーク近代美術館への誘い  掲載日:2015/3/23
ぼくは建築家ヤング・フランク
ぼくは建築家ヤング・フランク 作: フランク・ビバ
訳: まえじま みちこ ばん しげる

出版社:
同じ建築家の孫と祖父、ヤング・フランクとオールド・フランクが、
ニューヨーク近代美術館へ行って、感銘を受けるストーリーです。
純粋な物作りをするヤングと、実直な物作りのオールドが、それぞれインスピレーションを受ける、
といったところでしょうか。
美術館に建築家の作品があるというのも驚きですが、
よく考えてみれば、建築物だって、デザインとして考えれば、立派なアート。
当然ですよね。
くねくねした椅子、ねじれたタワーなどなど。
物作りがワクワクするアイデアがいっぱいなんでしょうね。
ニューヨーク近代美術館(MoMA)、よく聞きますけど、あまり知らなかったので、
ちょっと調べてみようかな、と思わせてくれるストーリーでした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 宇宙人の正体は奥が深い  掲載日:2015/3/17
ルラルさんのえほん(7) ルラルさんのぼうえんきょう
ルラルさんのえほん(7) ルラルさんのぼうえんきょう 作: いとう ひろし
出版社: ポプラ社
ルラルさんシリーズ第7作目。
独特のほんわか感を持つルラルさん、今回は望遠鏡で星空観測のようですよ。
もちろん、いつものお仲間も一緒。
ところが、望遠鏡に、宇宙人もどきが映り込んだので、大騒ぎになるのですね。
さあ、確認のため、ルラルさんたちは備えも万全で出かけます。
この装備、やはりこの面々ならでは。
色々な妄想の結果、とりあえず逃げ去ったらしいと安心する一行。
ところが、ルラルさんがあることに気づきます。
それは、宇宙人の正体!
その後のルラルさんの行動には共感してしまいますね。
刻々と変わるみんなの表情が面白いです。
この正体、科学的にも少し調べてみるのもいいかもしれません。
なかなか奥が深いですよ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい あっぱれな擬音  掲載日:2015/3/17
しっぽが ぴん
しっぽが ぴん 作: おくはら ゆめ
出版社: 風濤社
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
しっぽが立ったり垂れたりする様子を「ぴん」「たらり」で表現した、
シンプルな作品。
きつねやねこ、かめが実演してくれますが、みんなとても得意そうです。
なにしろ、私たちにはしっぽがありませんからね。
うらやましいなあ、と実感してしまいます。
音読するとよくわかりますが、実にリアルな擬音です。
まさしく、あっぱれ!
そっと添えられた草花や虫たちも、見守り、ほほえんでいるような存在感です。
親子でしばらく、「ぴん」「たらり」がブームになるかもしれませんね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ホットケーキ&ジュース作りに参加  掲載日:2015/3/17
おばけとホットケーキ
おばけとホットケーキ 作: 新井 洋行
出版社: くもん出版
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
『おばけとかくれんぼ』の続編ですね。
カラフルなおばけたち、意外にキュートで、子どもたちにも安心です。
なんと、おばけたちと一緒に、ホットケーキ&ジュース作りに参加ですって。
材料を冷蔵庫から出して、フライパンで焼いて。
その過程で、掛け声かけたり、本を傾けたりゆすったり、と、いろいろ参加できるのがうれしいです。
とてもリアルなので、臨場感が伝わってきます。
後半は意外な展開に。
なるほど、おばけたちならでは!
でも面白い展開です。
このジュース、魅力的ですね。
参考になりました。 0人

3871件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

出版社おすすめ


スペシャルコンテンツメニュー

全ページためしよみ
サイン本販売中