ムーミン谷へ ようこそ ムーミン谷へ ようこそ
イラスト: トーベ・ヤンソン  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
ムーミン谷にくらす人々を紹介するパノラマ絵本

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・40代・兵庫県、男の子21歳 男の子18歳

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

3732件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 調理を体感  掲載日:2014/10/26
こっそりオムライス
こっそりオムライス 作: きむら ゆういち
絵: 江川 智穂

出版社: 世界文化社
レストランの見習いコックのきつねくん、まだ一人前でないのに、お友だちにオムライスを作ることに。
つい、任せとけって言ったものの、困ってしまったきつねくん。
でもね、お友だちが手伝いたいと言ってくれたので、無事、オムライスが完成するのです。
調理の場面が仕掛けになっていて、玉ねぎとウィンナーを炒めたり、
ケチャップでの味付けやご飯の投入などが、とてもリアルに体感できます。
そして、クライマックスの、卵でくるむ場面も、ほら、なんと鮮やかでしょう!
無事、面目もたち、ついでに、素敵なおまけまで。
きつねくんと一緒に喜びを分かち合いましょう。
小さい子向けおはなし会でも読んでみましょう。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい お菓子で顔を造形  掲載日:2014/10/26
おかおになあれ!
おかおになあれ! 著・絵: ふじもと のりこ
出版社: BL出版
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
『ケーキになあれ!』では、果物がおいしそうなケーキに変身しましたが、
今作では、お菓子が「顔」に変身します。
焼き菓子、チョコレート、おかき、せんべい、あめ、ポップコーンなどなど、
子どもたちにも馴染みのあるお菓子たちを、絶妙に配置すれば、
ほら、いろんな「お顔」ができあがり!
なるほど、斬新なアイデアです。
もちろん、日常生活で応用できそうですね。
マカロンもあるところが今風ですね。
スイーツ好きなママも思わずはまりそうです。
会心の作品の表紙の絵も、ちょっといじれば裏表紙のようになって、笑えますよ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 電話遊び  掲載日:2014/10/26
もしもーし
もしもーし 作: 山岡 ひかる
出版社: アリス館
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
もちろん、電話のおはなしです。
最新刊ですが、表紙の携帯電話、今の子どもたちにとっては、もうガラケーなのでは?と心配したのですが…。
いえいえ、スプーンやバナナ、歯磨きチューブなどで、受話器の真似ごとをする趣向です。
なるほど、受話器にちなんだいろいろなお誘いがあるわけですね。
子どもの生活に密着した展開がうれしいですね。
もちろん、生活の場面で取り入れることもできますね。
ラストなどは、おやすみ前にぴったりですよ。
考えてみれば、「もしもーし」という言葉かけも、
日本で電話が使われ始めた頃の言葉の名残り。
なかなか、奥が深いです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ぎっしりの中から、ミッケ!  掲載日:2014/10/26
じつはよるのほんだなは
じつはよるのほんだなは 作: 澤野 秋文
出版社: 講談社
夜中におもちゃたちが動き出す、というのは聞いたことがありますが、
本の中から挿絵たちが飛び出してきたら…。
しかも、ぎっしりと登場人物が描かれていた挿絵だったら…。
そう、その、大変なことが起こってしまったわけです。
動物図鑑や、昔話の登場人物が、迷子になってしまうというのです。
隣人の証言により、ぎっしり描かれた絵の中から探すのは、さながら「ミッケ!」。
しかも、突っ込みどころ満載の絵ですから、探しながら、唖然となってしまいます。
純和風の絵が、なんともコミカルです。
昔話のページでは、どんなおはなしなのか、読み解くのも一案です。
幽霊やシンデレラまで、探す羽目になるとは。
それにしても、描かれた和綴じの本がいいですねえ。
和グッズもなかなか。
確かにこんな古風な本棚、夜中に何か起こりそうです。
アイテム的には、小学生くらいから楽しめると思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 手話との出会い  掲載日:2014/10/26
てではなそう きらきら
てではなそう きらきら 作: さとう けいこ
絵: さわだ としき

出版社: 小学館
手話って何だろう、ということを体感できる作品のような気がします。
手をキラキラさせる、これも手話なんですね。
手話についてはほとんど知らなかったので、なるほど、でした。
手を上にあげて、キラキラ。
これって、見る拍手なんですって。
なんだか素敵な光景です。
手話に親しみを感じました。
小学生くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う マージョリー?  掲載日:2014/10/22
まじょのかんづめ
まじょのかんづめ 作・絵: 佐々木 マキ
出版社: 福音館書店
ハロウィンということで、魔女ものもセレクトして読んでみました。
女の子と犬が森で不審な家を見つけます。
家の中に入ると、変な缶詰から声が。
急いであけると、動物たちが飛び出してくるのです。
魔女が魔法で缶詰にしたというのですが、その魔女が帰ってきて、女の子と犬も缶詰に。
でも大丈夫、助けてもらった動物たちが一計を案じます。
古典的な造形の魔女が笑えますね。
しかも、さりげなく描かれたハガキより、バーゲンセールに出かけていて留守だったという事もわかります。
部屋にあった、変な彫刻、マージョリー:作って、この魔女のこと?
佐々木マキさんらしい、脱力系の魔女が愉快でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う お菓子をついつい  掲載日:2014/10/22
モリくんのハロウィンカー
モリくんのハロウィンカー 作: かんべ あやこ
出版社: くもん出版
こうもりのモリくんが主人公です。
こうもり?
でも愛らしくて、野菜などで車を作るのが得意なんですって。
今回は、ハロウィンバージョン。
もちろん、ハロウィンのかぼちゃで、見事なランタン型の車が完成。
早速仮装したお友だちと、「トリック オア トリート!」と、
お菓子をもらいに出かけますよ。
ところが、もらったお菓子をついつい、つまみ食いしたお友だちがいて、
大騒動となるわけです。
つまみ食いしたお友だちも許してあげる気持ち、素敵です。
子どもらしい展開が微笑ましかったです。
幼稚園で読みました。
ハロウィンものでしたが、怖さも程よく、ハロウィン行事も体感できてよかったです。
子どもたちも楽しんでくれましたよ。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 役に立つウンチ  掲載日:2014/10/22
ちきゅうがウンチだらけにならないわけ
ちきゅうがウンチだらけにならないわけ 作: 松岡 たつひで
出版社: 福音館書店
2014年読書感想文コンクール小学校中学年の部課題図書。
題名からしてインパクトがありますね。
動物たちのウンチの様子を前半で、それらの役割について後半で解説してあります。
ウンチの始末をしてもらう、飼い犬の独白、というのが、親しみやすいですね。
どんな形状?
どこでするの?
確かに興味深いです。
そして、何より、それらのウンチを食べて(栄養にして)いる生き物たちの存在も、
ある意味衝撃的ですよね。
実に見事な連係です。
なるほど、生き物描写の作品が多い、松岡達英さんならではの視点です。
ウンチのウンチク、ここにあり!
子どもたちの興味を引き出してくれそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 神様が出雲大社に集まる月  掲載日:2014/10/22
カミさま全員集合!
カミさま全員集合! 作: 内田 麟太郎
絵: 山本 孝

出版社: 岩崎書店
10月は神無月。
神様が出雲大社に集まる月だからです。
さあ、この行事を、内田・山本コンビはどう描くのでしょうか?
オオクニヌシノミコトが、出雲から、全員集合!と叫びます。
各地からはせ参じる、八百万の神々。
個性的な造形が面白いですね。
道中、人間たちの様子もうかがいつつ、参集した神様たちの議題は、
縁結び!
どのカップルが選ばれたかは、道中を考えれば、ピン!ときますよ。
神様への畏敬の様子もさりげなく描かれています。
日本古来の神様について、やはり知っておいてほしいと思いますから、
この作品で、そんな神様を感じてほしいです。
大人ももう一度、八百万の神、体感ください。
小学校のおはなし会で読みます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 礼儀作法を真似  掲載日:2014/10/22
いもごろごろ
いもごろごろ 作: 川村 たかし
絵: 村上 豊

出版社: 教育画劇
日本の民話です。
山の村の男衆が大阪見物に出かけますが、礼儀作法がわからず、
引率の庄屋さんの真似をして、滑稽な展開になるのですね。
落語でもあったような気がしますが…。
もちろん、軽快な関西弁。
突っ込みどころが満載ですね。
みんな一生懸命真似する姿がやはり面白いですね。
シンプルに笑えます。
幼稚園児くらいから楽しめそうです。
参考になりました。 0人

3732件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

出版社おすすめ


スペシャルコンテンツメニュー

全ページためしよみ
サイン本販売中