もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

4797件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい ふれふれぼうず  掲載日:2017/10/16
くすのきだんちのあめのひ
くすのきだんちのあめのひ 作: 武鹿 悦子
絵: 末崎 茂樹

出版社: ひかりのくに
くすのきだんちの梅雨バージョンです。
なるほど、雨の日ならではの、住人の過ごし方が興味深いですね。
なんといっても、主役は8階のかえる。
表紙の絵から窓が開いていて、嬉しさ全開です。
極めつけは、ふれふれぼうず!?
なかなか斬新ですが、なるほど、気持ちが伝わります。
退屈した子どもたちにてんやわんやのかけす一家、
おはなし会で過ごすとは、ナイスアイデアです。
さりげなく心を寄せ合うコミュニティ、健在です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う あっぱれな「へんてこ」  掲載日:2017/10/12
へんてこレストラン
へんてこレストラン 文: 古内 ヨシ
絵: 竹内 通雅

出版社: 絵本塾出版
題名を見て、「へんてこ」と言うからには、と気合を入れて読んでみましたが、
ここまで来るとあっぱれですね。
動物たちや怪獣、おばけたちのレストランを描きます。
お互いにシェフになったり、お客になったり、とにかく、「へんてこ」のオンパレードです。
ある意味突っ込みどころ満載、でしょうか。
食べ物ネタだけに、食欲が無くなるかも!?
ちょっぴりホラーテイストが効いているので、ハロウィンの頃にでも。
幼稚園児くらいからでしょうか。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい お父さんの存在感  掲載日:2017/10/12
なんにもできないおとうさん
なんにもできないおとうさん 作・装幀: ひがし ちから
出版社: あかね書房
なかなか衝撃的な題名ですが、なんのことはない、いろいろなことができ始める女の子の世界です。
三輪車が得意のみーちゃんが、お父さんと公園に遊びに行きます。
休日のお父さんらしく、寝坊しているところを起こされ、
幼児の遊びができず、「なんにもできない!」と娘に言われる姿がほほえましいです。
でも、ほら、みーちゃんのどや顔を引き出しているではありませんか。
この存在感がいいですねえ。
ラストのエピソードは、この父娘の宝物ではないでしょうか。
幼稚園児の親子に。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 父と息子  掲載日:2017/10/12
あいたくなっちまったよ
あいたくなっちまったよ 作: きむら ゆういち
絵: 竹内 通雅

出版社: ポプラ社
『あらしのよるに』のきむらゆういちさんが紡ぎだす、父と息子の姿です。
仕事帰り?のやまねこが、子ねずみに出会います。
この子ねずみ、とても威勢がいいのです。
自分の父ちゃんが自分を助けてくれる、と熱弁をふるいます。
でも、現れた父ねずみはどうにも貧弱で、
やまねこは思わず、同情してしまうのですね。
それも、自身が父親であり、自分の息子の姿を重ねたから。
このデリケートなシチュエーション、さすが、きむらゆういちさんです。
加えて、独特の画風で、その心情を描いた竹内通雅さんも見事です。
目に映る親子の姿が印象的です。
やまねこの口調も、このシチュエーションにピッタリ。
まるで映画のワンシーンを見ているような読後感でした。
幼稚園児くらいから共感できると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい お祭りでの弟エピソード  掲載日:2017/10/12
おさるのこうすけ
おさるのこうすけ 作・絵: 武田 美穂
出版社: 童心社
表紙の絵を見て納得しました。
おさる?
いえいえ、浴衣姿の女の子の幼い弟のようですね。
小学生?の女の子の独白で進みます。
弟のこうすけは、「わたし」にとって、おさるのような存在なのです。
そうそう、この頃なら、お姉ちゃんに付いてきてばかりで、うんざりなんですね。
武田美穂さんの絵が、妙にリアリティたっぷりです。
お姉ちゃんの大変さをたっぷり体感できそうです。
で、お祭りの日に付いてきたこうすけおさるのエピソード。
この光景は、うーん、共感できますね。
こうすけおさる、なかなか大物です。
いえいえ、きっと、このお姉ちゃんがいてこその、この性格。
お姉ちゃん、やっぱり、素晴らしいです!
きっといい姉弟になると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 全員生還の実話  掲載日:2017/10/11
シャクルトンの大漂流
シャクルトンの大漂流 作: ウィリアム・グリル
訳: 千葉 茂樹

出版社: 岩波書店
1914年、南極探検を目指すも氷に阻まれて船を失い、2年ほど漂流するも、
全員生還した、シャクルトン隊の実話を描いた作品。
船の整備、隊員たちの選考などから、航海・漂流・脱出までの隊員の様子まで詳しく描かれており、
さながら映画のドキュメンタリーを見ているような情報量です。
何より、究極のサバイバルの中、シャクルトンはリーダーとして、様々な角度から、
隊員たちを統率していきます。
一種のリーダー論にも通じるかもしれません。
絵日記のような軽いタッチの絵ですが、サバイバルの様子がありありと提示されます。
まさに極限の世界での、人間の姿を体感しました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 朝顔  掲載日:2017/10/11
しゃぼんだま ぷわん
しゃぼんだま ぷわん 作: こわせ・たまみ
絵: おかべ りか

出版社: 鈴木出版
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
女の子がシャボン玉で遊んでいる姿を描きます。
シャボン玉って、あの不思議な色合いや、動きが魅力的です。
特に、割れる瞬間!
だからこそ、子どもたちにも大人気なんですね。
小鳥たちや猫、犬も寄り添っていますね。
何気ない光景に、シンプルな展開ですが、ほっこりです。
朝顔の花が印象的でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 「漢字」を感じる生活風景  掲載日:2017/10/8
みんな生きている
みんな生きている 文: 中川 ひろたか
絵: きくち ちき

出版社: 小学館
小学校1年生で学習する漢字80字すべて使った文章となっています。
それでいて、子どもたちの生活風景が余すところなく描かれているのが素敵です。
寄り添うのは、きくちちきさんのピュアな絵です。
題名に呼応するかのように、生命力を感じさせてくれます。
注目は、控えめですが、漢字も絵の一つであること。
手書き文字がなんとも味わい深いです。
ほら、小学校生活の楽しさまで伝わってきます。
そのうえで、「生きている」ことを体感させてくれるなんて、素晴らしいです。
小学生におすすめです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 雄大な草原で繰り広げられる、お弁当箱  掲載日:2017/10/8
おべんとうばこの なかから
おべんとうばこの なかから 文: 中川 ひろたか
絵: 岡田 よしたか

出版社: 世界文化社
はらぺこしりとり、と副題にあります。
そう、お弁当箱の中身でしりとりをする趣向です。
といっても、栄養学的にはやや問題があるのが難ですが、
まあ、そもそもナンセンスな展開ですから仕方ないですかね。
ともあれ、お弁当の定番、ウィンナーから始まって、果物やクリ、渋いところでこんにゃくも。
で、ウィンナーの「う」に戻るという、きりなししりとりです。
登場の仕方に擬音たっぷりで、もちろん面白い仕草ですので、
笑いどころでしょうか。
私的には、アマノジャク視点から、キリンやゾウもいる雄大な草原で繰り広げられるということで、
背後にも着目。
なるほど、こんな舞台なら、飛び跳ねたい気分も分かります!?
幼稚園児くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 月から科学  掲載日:2017/10/8
月へ行きたい
月へ行きたい 文・絵: 松岡 徹
出版社: 福音館書店
お月さまを見たら、こんな本で月への行き方を考えるのもよいのではないでしょうか?
男の子と女の子が、月への生き方について考えます。
空想的な物もありますが、小学生が3億人つながってようやく着く、というような感覚が素敵です。
そして、一気に科学の領域へいざないます。
ロケットの仕組み、月への旅程で必要なものなどなど。
そう、まだまだ研究中、という所が魅力的だと思います。
高度な内容もありますが、じっくりと何年もかかって読み解いてくれると思います。
参考になりました。 0人

4797件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

おこづかいの見方が変わるかも!?親子で楽しめるお金絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

全ページためしよみ
年齢別絵本セット