レモンちゃん  レモンちゃん  レモンちゃん  の試し読みができます!
作・絵: さとう めぐみ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
レ、レ、レ、レモン、モン♪ ステキな おともだち できるかな〜♪

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

4891件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
ふつうだと思う NDCは726.5  掲載日:2018/1/18
えんとつ町のプペル
えんとつ町のプペル 著: にしのあきひろ
出版社: 幻冬舎
お笑いコンビ、キングコングの西野亮廣さん作ということですが、
立ち位置としては、イラストレーターを多数そろえての、総合プロデューサーという印象です。
図書館でのNDCは726.5、なるほど、イラストレーションという分類は妥当でしょう。
時はハロウィン、煙突だらけで空が見えない町が舞台です。
ゴミ山で、落し物の心臓で出来上がった、ゴミ人間と、
煙突掃除屋のルビッチ少年の交流を描きます。
ルビッチに「プペル」と名付けられたゴミ人間の造形が切ないです。
いじめ、ルビッチ少年の父親とのエピソード、美しい星空、などなど、
映画のような感動どころを盛り込んでいますが、
今一つ、物語が滑らかにつながりません。
もう少し、丁寧なストーリーであれば、と残念です。
イラストは、アングルや光の加減など、かなりのクオリティを感じるのですが。
コンピュータグラフィックスの映画を見ているようです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う やや高度  掲載日:2018/1/18
あけてびっくりしかけえほん いっせーの ばあ
あけてびっくりしかけえほん いっせーの ばあ 作: 新井 洋行
出版社: KADOKAWA
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
やや高度な、いないいないばあ、でしょうか。
「いっせーの」とタメを作り、ページを上に開いて、「ばあ」という趣向。
意外にありそうでなかった仕掛けにうなります。
トピックスは海の生きものが多いですが、バラエティに富んでいます。
アイテム的にやや高度かな、という印象です。
いつもながら、軽快な造形が素敵です。
おばけたちだって、このかわいさ!
ラストのアイテムは、少し説明が必要でしょうか。
でも、この展開、水遊びの時に応用できそうですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 奥が深い文様  掲載日:2018/1/18
文様えほん
文様えほん 作・絵: 谷山彩子
出版社: あすなろ書房
ブックトークで、獅子舞のお題をいただき、胴体の毛卍紋なども調べていたところでしたので、
実にタイムリーでありがたかったです。
女の子がおばあちゃんの家で見つけた模様から、文様について学ぶストーリー。
歴史、植物・動物・自然といった分野別、季節別、そして、日常生活の中にある文様の数々。
なんて奥の深い世界なんでしょうか。
こんな視点に気づけば、ほら、あちこちで文様ワールドを楽しむことができますね。
大人も十分楽しめるクオリティ。
小学生中学年くらいから、じっくりと読んでほしいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 同じという嬉しさ  掲載日:2018/1/18
おんなじおんなじ ももんちゃん
おんなじおんなじ ももんちゃん さく・え: とよた かずひこ
出版社: 童心社
ももんちゃんの冬バージョンといったところでしょうか。
安定の可愛さ、ももんちゃんが雪だるまを作っていますね。
お友だちの、きんぎょさん、さぼてんさん、おばけさんも一緒に、
軽快な作業が楽しいです。
この雪だるま、ほら、よく見ると、ももんちゃんそっくり。
後半は、さらに、同じ度合いがアップ!という訳です。
帽子、手袋、長靴、雪色に赤色が映えます。
同じという嬉しさが伝わってきます。
そして、ほら、雪だるまも、お友だち!
ラストはなかなか衝撃的ですが、ママの笑顔にほっこりです。
乳児・小さい子向けおはなし会用にセレクト。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ビルくんのために  掲載日:2018/1/18
ビルくんとはたらくくるま
ビルくんとはたらくくるま 作・絵: 新井 洋行
出版社: ひさかたチャイルド
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
無機質なビルですら、キュートなキャラクターにしてしまうのが、
新井洋行さんの魅力。
加えて、働く車が大活躍のストーリーです。
一人ぼっちのビルくんが寂しそうにしていると、働く車たちがいい物を作ってくれるのですね。
ショベルカー、ダンプカー、クレーン車。
擬音も頼もしく、その働きにワクワク感が盛り上がります。
だんだん出来上がっていく様子が臨場感たっぷりで醍醐味です。
庭と思いきや、公園というアイデアに拍手です。
そう、一大プロジェクトだったのですね。
さらには、ビルくんのために、という思いがいっぱい伝わってきて、
微笑ましく思いました。
巻末には、その他の働く車の一覧も。
みんな穏やかな表情で、親しみやすいのが素敵です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おすそ分け、の意味  掲載日:2018/1/18
おふくさんのおふくわけ
おふくさんのおふくわけ 作: 服部 美法
出版社: 大日本図書
『おふくさん』のほっこり感そのままの、続編です。
10人で仲良く暮らしているおふくさんのところへやって来た鬼が、
「うまいもん食わせろ」というのですが、残りの食材はお芋一つきり。
さあ、鬼を巻き込んでの、アイデアクッキングですね。
おにまんじゅうって、共食い?とも思ってしまいますが、
鬼をも笑わせてしまうおふくさんたちに拍手です。
蒸しあがるまでのやりとりも絶品です。
おふくわけって、造語かと思ったら、国語辞典にも掲載の言葉です。
奥ゆかしい言葉も学んで、満腹です。
幼稚園児くらいから楽しめそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 神無月(10月)もとい、神在月に  掲載日:2018/1/17
オニのサラリーマン しゅっちょうはつらいよ
オニのサラリーマン しゅっちょうはつらいよ 文: 富安 陽子
絵: 大島 妙子

出版社: 福音館書店
『オニのサラリーマン』続編です。
鬼のお話ということで、節分に読みたいところですが、
実は、神無月(10月)もとい、神在月のエピソードですから、
その頃に取り上げたいものです。
ご存知、鬼のおとうちゃん、オニガワラ・ケンの、サラリーマン出張奮闘記。
出張先は、神様が集まる出雲、任務は警備という訳ですね。
神無月と言われる10月ですが、出雲では逆に神在月。
おお、直行便も、出雲神話にちなんだ「ヤマタノオロチ」号。
造形もきちんとその容姿(8つの頭と8つの尾)を伝えていますね。
八百万の神、と言われるように、たくさん描かれた神々はかなり本格的です。
もちろん、紛れ込んだ外国の方々も、ネタ満載で笑えます。
あしらい方もお見事です。
そこここのサブストーリーをじっくり味わってほしいです。
私的には、出雲で外せない勾玉ネタを、裏表紙で発見し、嬉しかったです。
家族愛もしっかり描かれ、主人公の人柄も伺えます。
富安陽子さんならではの、神々、鬼、妖怪などのキャラクターに、
こなれた関西弁、敬服いたします。
小学生くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 触覚をくすぐる  掲載日:2018/1/17
こねて のばして
こねて のばして 作: ヨシタケシンスケ
出版社: ブロンズ新社
あの、ヨシタケシンスケさんが、こねてのばして、ですって!?
そりゃあ、期待してしまいますね。
表紙から察するに、本格的な料理本?
いえいえ、何かわかららないのですが、こねてのばすバリエーションです。
思うに、発酵して膨らんでいるから、パン生地のようですが。
もちろん、一筋縄ではいきません。
究極は、「あやまって」です。
この感性に脱帽です。
でもやはりツボはラストでしょう。
もうこれは真似するしかありませんね。
こねるということが、触覚をくすぐります。
そう、実は、スキンシップ絵本なのですね。
同様な展開は、『ピッツァぼうや』にもありますが、
こちらの方がシンプルで応用が効きそうです。
裏表紙で、また余韻が深まります。(笑)
小さい子から楽しめそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 保護犬との交流  掲載日:2018/1/12
7日だけのローリー
7日だけのローリー 作・絵: 片山健
出版社: 学研
飼い主がいない犬を保護した一家の物語です。
えさをやり、看板を作り、近所の人たちもチラシを作ったりして手を尽くすのですが、
飼い主が現れないのですね。
一家で内緒の名前を付けますが、それが、ローリー。
お母さんが好きな歌手、って、あの・・・?
結局、うちで飼おうか、ということになった期限の日に持ち主が見つかるのですが、
やはり、切ないですね。
別れの場面での、ローリーの行動も、印象的です。
犬を飼うということについて、いろいろと問題提起してくれそうです。
小学生くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う お風呂クイズ?  掲載日:2018/1/10
おふろ
おふろ 作: いもと ようこ
出版社: 金の星社
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
いもとようこさんが描くかわいい動物たちと子どもたちがお風呂に入る様子を描いてあります。
注目は、泡だらけの動物をあてっこするクイズ仕立てになっていること。
なるほど、ね。
今どきというか、動物に合わせたボディーソープの容器がキュートです。
洗って、シャワーで流すことに親しみを感じると思います。
子どもたちはワンランクアップでシャンプーのシーン。
苦手意識が無くなるといいですね。
もちろん、湯船の気持ちよさも、たっぷり味わいましょう。
参考になりました。 0人

4891件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット