よるのさかなやさん よるのさかなやさん
作: 穂高 順也 絵: 山口 マオ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
魚屋が舞台の、ナンセンス絵本登場!
イカリサンカクさん 30代・ママ

夜になったら
このお話は、さかな屋さんが閉店した後の…

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県、男の子22歳 男の子20歳

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

4293件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい コックの夢  掲載日:2016/5/4
ぎょうれつのできるレストラン
ぎょうれつのできるレストラン 作・絵: ふくざわ ゆみこ
出版社: 教育画劇
フクロウのこども、ポーの夢は、木の上のレストランを営む両親のようなコックさんになることなのです。
まだ飛ぶことも未熟なポーには、遠い夢に見えましたが、
ひょんなことで、モグラさんのお芋屋さんの手伝いをすることで、認められるのですね。
実力を認められる嬉しさがいっぱい伝わってきます。
もちろん、ふくざわゆみこさんですもの、出てくるお料理はどれも本当においしそう!!!
ラストへ向けての意外な展開にも拍手です。
なるほど、行列たるゆえんです。
そう、優しさもいっぱいあってほっこりです。
ちょっとしたレシピも添えられていて、リアリティたっぷりなのも素敵ですね。
幼稚園児くらいから、きっと夢中になると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい コロッケプロジェクト  掲載日:2016/5/4
ポテトむらのコロッケまつり
ポテトむらのコロッケまつり 文: 竹下 文子
絵: 出口 かずみ

出版社: 教育画劇
じゃがいもがたくさん収穫できたからと、村を上げての巨大コロッケ作りプロジェクトが始動します。
村人総がかりで知恵を出し合い、工夫し、作り上げる過程がいいですね。
もちろん、描きこまれた様々な工夫をじっくりとご覧くださいね。
ええ、とってもおいしそうで、迫力があります!
作者紹介のところを見ると、どうやら、北海道や静岡県で実際にあったプロジェクトを参考にされたようですね。
うーん、なるほど、このリアリティはそこから来ているのかもしれませんね。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 色の実験  掲載日:2016/5/4
いろいろいろのほん
いろいろいろのほん 作: エルヴェ・テュレ
訳: 谷川 俊太郎

出版社: ポプラ社
『まるまるまるのほん』の色バージョンといったところでしょうか。
文章の指示に従って、本の画面をたたいたり手を当てたりしてその変化を楽しみます。
注目は、色の実験のように混色が実感できるということ。
本当に絵の具を混ぜているような感覚になるから不思議です。
そう、その様子が実に見事なのです!!
これはもう、体感するしかありません。
軽快な文章は、谷川俊太郎さんも一役買っていそうですね。
色彩の勉強にも、ぜひ。
幼稚園児くらいから、大人も夢中になりそうですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい コラボうどん  掲載日:2016/5/3
うどんのうーやん
うどんのうーやん 作: 岡田 よしたか
出版社: ブロンズ新社
うどんが主人公の、ぶっ飛びストーリー。
ええ、関西弁でまいりましょう。
人手不足のうどん屋さんのため、自ら出前に赴くうーやん。
もちろん、道中には様々なストーリーがてんこ盛りで。
擬人化されていないのですが、妙な存在感のうーやん。
困っている人を見過ごせない、吉本新喜劇のような味わいです。
かくして、きつねうどんのはずが、そうめんや梅干し、メザシ、その他いろいろが載ったお品に。
まあ、お客さんがおいしい、言うてはるから、ええんですけど。
ちょっと強引ですが、確かに面白い展開だと思います。
幼稚園児くらいから盛り上がりそうですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う お化けかぼちゃが食べちゃうぞ  掲載日:2016/4/29
ゆうえんちべんとう
ゆうえんちべんとう 文: 木坂 涼
絵: いりやま さとし

出版社: 教育画劇
『だっこべんとう』、『にんじゃべんとう』、『ともだちべんとう』に続いては、
なんと、遊園地!?
さあ、どうやってお弁当になるのでしょうね。
おむすびくんとうめぼしちゃんが、遊園地で遊ぶ趣向ですね。
魅力的な、食べ物仕様の乗り物も新鮮ですが、早速、遊園地でつきものの、
迷子ハプニング。
シンプルなうめぼしちゃんなので、探すのは意外に難しいですよ(笑)
でも大丈夫。
後半はお化け屋敷!!
おっと、急展開ですね。
なるほど、無事、お弁当に着地です。
スリル満点のお弁当でした。
ハロウィンの頃にもいいかもしれませんね。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい だっこ応用編  掲載日:2016/4/29
だっこれっしゃ
だっこれっしゃ 作: 春田 香歩
出版社: 偕成社
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
だっこを主題とした作品はたくさんありますが、これはなかなか斬新です。
赤ちゃんやぬいぐるみたちから抱っこをせがまれた女の子の秘策、
そう、表紙のこの体勢。
なるほど、これならみんなだっこできますね。
しかも、このままで、乗り物にも変身できるという優れもの。
どんどん広がる想像が素敵です。
これは夢?
いいえ、ちゃあんと、目が覚めてお母さんがおやつに持ってきてくれたサクランボ。
道中どこかでいただいたものではありませんか?
ええ、きっと、そうですとも!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う どんどん広がる想像  掲載日:2016/4/29
おうまさんしてー!
おうまさんしてー! 作・絵: 三浦 太郎
出版社: こぐま社
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
お馬さん遊びをしている父子の遊びがどんどん広がるストーリー。
そうそう、お馬役のお父さんだって、乗り物は大好きでしょうからね。
クマ、馬、ゾウ、そして、最後にはあのお方が!!!
確かに魅力的です。
最後のページはちょっとした仕掛け仕様になっています。
やはりお父さんが読んであげてほしい作品ですね。
もちろん、擬音は臨場感たっぷりとね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 何重にも楽しめる  掲載日:2016/4/27
いわんこっちゃない
いわんこっちゃない 作: スギヤマ カナヨ
出版社: 少年写真新聞社
表紙から、風変わりなおじいちゃん易者の話かな、と思ったら、さにあらず。
何重にも楽しめる、滋味深いおはなしでした。
ぼくが体験した、おじいちゃんの数々の忠告エピソードです。
そう、忠告を無視して痛い目に合う実体験です。
年長者の忠告のすごさを体感できそうですね。
「いわんこっちゃない」というたしなめに、大人たちの愛が感じられます。
加えて、ことわざも満載。
見返しのサブストーリーもしっかり連動しています。
楽しみながら、ことわざの教訓、実感してほしいですね。
小学生くらいから、調べ学習的にも使えそうです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 文房具の糊  掲載日:2016/4/26
のりののりこさん
のりののりこさん 作・絵: かとう まふみ
出版社: BL出版
なんとチューブ糊が主人公の文房具ストーリーです。
表紙のチューブ糊の佇まいから、気弱そうなオーラが感じられますね。
文房具たちが好き勝手に騒動を繰り広げる中、
チューブ糊ののりこさんは押され気味。
とうとう、ケンカの判定役を仰せつかってしまい、
仕方なく、思わぬ解決策を編み出してしまいます。
なるほど、これならみんな満足!
お絵かき、切り紙など、子どもたちの大好きなアイテムもたっぷりです。
なにより、文房具の色鉛筆やはさみ、マジック、鉛筆立てなどの造形も面白いです。
最後の作品は、伸び伸びした造形が素敵です。
文房具大好きな幼稚園児くらいから楽しめそうですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う みんながにっこりする使い道  掲載日:2016/4/26
おおきなおおきなにんじん
おおきなおおきなにんじん 文・絵: 刀根 里衣
出版社: 小学館
6匹のうさぎの兄弟が大きな大きな人参を見つけて、
みんながにっこりする使い道を空想するストーリーです。
最初から、うさぎだから、「6羽」が正しいのでは?と思ってしまいましたが、
調べてみれば最近では「6匹」でも正しいようですね。
なるほど、なるほど。
ともあれ、刀根里衣ワールドをたっぷり楽しみましょう。
よく出てくるうさぎの造形ですが、6匹それぞれ、ちゃんと個性のある造形で、見事です。
逆立ちの図などは、新鮮ですね。
やはり魅力的なのは、おはなばたけでしょうか。
ラストは意外にもストレートですが、シンプルのこう表現したところも
面白いです。
やっぱり、うさぎですからね(笑)
空想力もいるので、幼稚園児くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

4293件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

絵本選びはプロに聞こう!「えほんライブ」開催しました。

出版社おすすめ


全ページためしよみ
サイン本販売中