なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

4500件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい お父さんが子どもの頃  掲載日:2016/12/8
おとうさんのクリスマスプレゼント
おとうさんのクリスマスプレゼント 著: スギヤマ カナヨ
出版社: 赤ちゃんとママ社
12月になったので、クリスマスツリーの飾りつけをしながら、
ぼくとお父さんがクリスマスプレゼントについて語ります。
注目は、お父さんが子どもの頃もらったクリスマスプレゼントの話題ということ。
お父さんにも子どもの頃があったということ。
当たり前ですが、子どもにとっては実に新鮮だと思います。
また、そのプレゼントも、昭和の香りがします。
でも、どれもこれも、一味違う、でも素敵なプレゼントです。
しかも、今にもつながっているところもいいですね。
ラストの言葉は、子どもたちには難しいかもしれませんが、
元子どもの大人にとっては心染み入るのではないでしょうか。
素敵な光景に拍手!
やはり小学生に届けたい作品です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 嫉妬  掲載日:2016/12/8
あくたれラルフのクリスマス
あくたれラルフのクリスマス 作: ジャック・ガントス
絵: ニコール・ルーベル
訳: こみや ゆう

出版社: PHP研究所
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリスマスバージョン。
『ROTTEN RALPH’S ROTTEN CHRISTMAS』が原題。
この味わいもなかなかですね。
『あくたれラルフ』で、少しは反省した様子のラルフですが、
やっぱりいたずらは止められないようですね。
でも今回は嫉妬心が原因のようですね。
まるで、下の子が出来た時の上の子の反応そのもの。
だからこそ、最後の顛末は安心できそうですね。
クリスマスバージョンということで、クリスマスアイテムもそこここにありますので、
そのあたりもチェックしたいですね。
幼稚園児くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 「生きる」を体感  掲載日:2016/12/7
にげた!
にげた! 絵・文: 宇治 勲
出版社: PHP研究所
表紙から切実感に圧倒されます。
そう、生き物たちが生きる!!ため逃げる様子を描いた作品です。
インパラ、マダコ、トノサマバッタ、などなど、
天敵から逃げる様は生き延びる姿そのもの。
巻末には解説もあります。
創作絵本ですので、やや誇張されている部分も含めても、
「生きる」を体感できると思います。
秀逸なのは裏表紙の絵。
読後に眺めると、納得です。
「にげた!」という言葉の奥深さに、脱帽。
幼稚園児くらいから感じてくれると思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う らくちんを体感  掲載日:2016/12/7
らくちんらくちん
らくちんらくちん 作・絵: 高畠純
出版社: アリス館
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
題名の通り、動物たちがらくちんなことを見つけて実践する趣向です。
そのアイデアがひらめいた時に発する言葉もそれぞれ、面白いです。
もちろん、うまくいった時のどや顔も見逃せません。
ナンセンスとも言えますが、ほのぼのですね。
小さい子にはシチュエーションがやや難しいかもしれませんが、
きっと感じ取ってくれると思います。
案外、スキンシップ遊びのきっかけにもなりそうです。
ぜひ親子で体感して遊んでほしいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい クリスマスへ  掲載日:2016/12/7
ゆうぐれ
ゆうぐれ 著: ユリ・シュルヴィッツ
訳: さくま ゆみこ

出版社: あすなろ書房
『よあけ』『ゆき』『あめのひ』とともに、しっとりと味わいたい作品です。
『DUSK』が原題。
おじいさんと散歩に出かけた男の子が眺めた、12月の夕暮れの様子を描きます。
沈んでいく夕日と、暗くなっていく町の様子が丁寧に描写されます。
人々の様子と、街の明かりがともっていく様子。
そこに現れたのは、そう、クリスマスに向けてディスプレイされた光の世界。
もちろん、そこここにサブストーリーが垣間見えます。
それも、夕暮れから見ているからこその感動がそこにあります。
幼稚園児くらいからじっくりと楽しんでほしいと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい だから、そこ!  掲載日:2016/12/5
くまさん どこ?
くまさん どこ? 作: ジョナサン・ベントレー
訳: 林 木林

出版社: 講談社
『WHERE IS BEAR?』が原題。
男の子がクマさんを探している様子を描きます。
ところが、読者は気づきます。
だから、そこ!
それがずっと。
ところが、後半で一気に解決!
意外な展開にビックリです。
うーん、これぞ絵本の醍醐味を逆手に取られました。
ある意味、クマさんだからこその展開。
その画力に脱帽。
幼稚園児くらいから盛り上がりそうです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う あるある?  掲載日:2016/12/4
あくたれラルフ
あくたれラルフ 作: ジャック・ガントス
絵: ニコール・ルーベル
訳: 石井 桃子

出版社: 童話館出版
『ROTTEN RALPH』が原題。
ROTTENの意味がなかなかなところを、あくたれ、と訳したところに唸ります。
悪たれ猫、ラルフの様子が綴られます。
表紙からもうすごい猫相でしょう?
もちろん、素行も相当なもの。
ということで、とうとう飼い主からもあきれられて、サーカスに置き去りにされてしまうのですね。
当然ひどい目にあって脱走するのですが、
飼い主には温かく迎えられるという、安心の展開ですが、
オチは健在です。
多少けばけばしい画風が、案外シリアスな内容をポップに収めている印象です。
子どものいたずらというキーワードで、共感できるかもしれませんね。
幼稚園児ぐらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 24家族のサブストーリー  掲載日:2016/12/4
うさぎマンション
うさぎマンション 作: のはな はるか
出版社: くもん出版
『たくさんのたくさんのたくさんのひつじ』の作者さんですね。
おお、表紙から同じようにたくさんのストーリーが伺えますね。
あるマンションにうさぎ一家が引っ越してきます。
24戸の部屋が見開きで一望できるのがすごいですね。
いろいろな職業の家族が住んでいるということで、
まさに24家族のサブストーリー。
引っ越してきたうさぎ一家の様子をメインに、同じ時間にみんなの様子がうかがえるのが圧巻。
よおく観察するとたくさんのたくさんのたくさんの発見がありますよ(笑)
屋上で引越しのお祝いパーティーというのも素敵。
なるほど、これだけの才能のあるうさぎたちなら、パーティーのクオリティも花丸。
幼稚園児くらいからたっぷりと味わいたいですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う シンプルになるほど!  掲載日:2016/12/2
かにのしょうばい
かにのしょうばい 作: 新美 南吉
絵: 山口 マオ

出版社: 鈴木出版
新美南吉さんのおはなしに、山口マオさんが絵を添えています。
いきなり、格調高く物語が始まります。
カニが床屋を始めようとするのですね。
なるほど、ピッタリの商売です。
初心者らしく、試行錯誤、といったところでしょうか。
たぬきの毛を刈るのですが、大変なことに。
オチは、シンプルになるほど!です。
あっけないとも言えますが、カニの様子の描写が必死なだけに、
妙に説得力があります。
わにわにシリーズでおなじみ、まったりした画風の山口マオさんの絵がよくお似合いです。
幼稚園児くらいから、シンプルに楽しめそうです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う かなり高度な方法(笑)  掲載日:2016/11/30
ねむれない ねずみくん
ねむれない ねずみくん 作: ベルナデット・フェナンド
出版社: KADOKAWA
表題のねずみくんが、眠る方法を探して森の動物たちを訪ね歩くおはなし。
おやおや、みんな眠れなくて困っていますよ。
そして大トリはフクロウ。
その究極策は!?
ドイツの作家さんなので、原題を探求できなくて残念です。
「ふくろうのふくろ」のニュアンスが知りたかったです。
要は親子でのおやすみタイムのツールというのが主目的なんですね。
ということで、参加型になるので、かなり高度な方法(笑)と言えそうです。
でも、そんな親子タイムを作るのも大切ですね。
参考になりました。 0人

4500件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット