てぶくろ てぶくろ てぶくろの試し読みができます!
作・絵: いもと ようこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
寒い日に心がぽかぽかになる、うさぎの姉妹のお話

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・40代・兵庫県、男の子21歳 男の子19歳

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

3846件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 図書館入門  掲載日:2015/3/6
図書館のトリセツ
図書館のトリセツ 作: 福本 友美子
絵: 江口 絵理

出版社: 講談社
調べ学習が始まる小学校中学年くらいからでしょうか。
題名の通り、図書館の利用方法が易しく書かれてあります。
図書館のルール、本の探し方について、などなど。
もちろん、読書の楽しさへの誘いにもなっています。
小学生のトショくん、カンコちゃんの例で、調べ学習のポイントも学べるようになっています。
子どもだけではなかなか利用するのに勇気がいる、レファレンスコーナーも、
この本を読んだら、とても強い味方になってくれることがわかりますね。
なにより、図書館が、楽しい本の世界への入り口であることがたくさん伝わってきて、
うれしくなりました。
スギヤマカナヨさんの軽快な挿絵もあって、とても読みやすいですよ。
素敵な「トリセツ」に、拍手!
図書館司書や学校の先生方、保護者にもおすすめです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい どっちもおいしいから  掲載日:2015/3/6
じゃがいもじゃがじゃがさつまいも
じゃがいもじゃがじゃがさつまいも 作・絵: 長野 ヒデ子
出版社: 世界文化社
軽快な題名に惹かれ、思わず手に取りました。
お隣同士の、じゃがいも家族とさつまいも家族のおはなしです。
洋風のじゃがいもと、和風のさつまいも。
ということで、お互い力比べをするのです。
家族総出で、相撲にかけっこ、料理。
他の野菜たちも応援に審判に大賑わいです。
それぞれの特性を生かした展開が面白いです。
しかも、擬音たっぷり、ミュージカル風でもあります。
楽しく盛り上がるうち、美味しい芋料理が登場し、
どっちもおいしいから、と華麗に和解、芋の子洗いの入浴シーンへと、
ほっこりのフィナーレ。
やはり豪快に音読して耳で見楽しみましょう。
リズミカルな文章なので、読んでいるだけで雰囲気たっぷりです。
芋ほりが身近な幼稚園児くらいから大いに楽しめると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい たまねぎの底力  掲載日:2015/3/3
たまねぎちゃん あららら!
たまねぎちゃん あららら! 作・絵: 長野 ヒデ子
出版社: 世界文化社
『じゃがいもじゃがじゃがさつまいも』と一緒に小学校のおはなし会で読みました。
玉ねぎ家族がおさんぽしていたら、遠足中の子どもたちに出会います。
ところが、子どもたちは、「玉ねぎが大嫌い!」というではありませんか。
さあ、玉ねぎ家族が、美味しそうな玉ねぎ料理に変身し、
玉ねぎの底力を披露する訳です。
ちょっとしたミュージカル風に展開する文章は、とても楽しいですよ。
玉ねぎ料理って何がある?と、聞いていた子どもたちもワクワク顔でしたよ。
改めて玉ねぎの底力、私も再認識できました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子どもが作るちらし寿司  掲載日:2015/3/3
おひなまつりの ちらしずし
おひなまつりの ちらしずし 作: 平野 恵理子
出版社: 福音館書店
ひな祭りでボクが楽しみにしているのがちらし寿司。
今年はなお姉ちゃんがお母さんに教えてもらって作るのです。
大丈夫かなあ、という不安なボクのレポートです。
乾物を戻し、野菜を切って煮て、錦糸卵を作り、酢飯を作って、
本格的ですよ。
もちろん、ボクもお手伝い。
誇らしげなお姉ちゃんの姿もいいですね。
丁寧に描かれた手順は、立派なレシピにもなっています。
(分量は見返しを参照してね!)
ほら、春らしいきれいなちらし寿司、美味しそうでしょう?
お吸い物まであるから、立派なひな祭りメニューの完成です。
大人も参考になるクオリティだと思います。
裏表紙で、お父さんとボクが洗い物をしているのも印象的です。
小学校のおはなし会で読みます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい えっちゃんの強さ  掲載日:2015/3/3
なまえをみてちょうだい
なまえをみてちょうだい 作: あまん きみこ
絵: 西巻 茅子

出版社: フレーベル館
あまんきみこさんの短編集。
うめだえつこという女の子、えっちゃんが主人公です。
子どもらしさ全開で、強さを兼ね備えたえっちゃんの造形が清々しいです。
「なまえをみてちょうだい」
おかあさんにもらった赤い帽子にはえっちゃんの名前が刺繍してあるのです。
ところが、風に帽子を飛ばされて、探していると、キツネ、牛、大男に出会います。
自分の帽子への愛着がひしひしと伝わってきます。
「ひなまつり」
お母さんと一緒にひな人形を飾っていたえっちゃんは、太鼓が無いことに気づきます。
その夜、えっちゃんは、おひなさまたちが太鼓を探しに出かけているのに気付き、
一緒に探しに出かけます。
おひなさまとの交流が素敵ですね。
「あたしもいれて」
えっちゃんが公園のベンチに忘れてしまった動物絵本。
その夜、えっちゃんは不思議な夢を見るのです。
不思議な余韻が印象的です。
「みんなおいでよ」
ギンギンお日さまの暑い夏、えっちゃんは花たちの声に気づいて水やりをするのですね。
夏の日の水の心地よさが伝わってきます。
花たちと交流できるえっちゃんの感性にも拍手!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 自分たちで  掲載日:2015/2/28
おひなさまの いえ
おひなさまの いえ 作: ねぎしれいこ
絵: 吉田朋子

出版社: 世界文化社
着物生地のコラージュによる作品。
ひな人形のおはなしですから、和風のそのリアリティがいいですね。
人形屋さんで売れ残ったおひなさまたち。
もちろん、自分たちの家は自分たちで探すのです!
この発想、頼もしい限りです。
途中に流しびなにも出会い、川下りを体験するというのも、新鮮な展開です。
さあ、ボロ家ですが、住む家が見つかり、自分たちで大掃除!なのです。
このあたりも、働く喜びが伝わってきて、自分たちで作るひな祭り、という感じが素敵です。
あらあら、掃除の後はお風呂にも入るのですね。
題名に思わず納得です。
ディスプレイしてもいい感じですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おてんばなおひなさま  掲載日:2015/2/28
ひなまつりルンルンおんなのこの日!
ひなまつりルンルンおんなのこの日! 作: ますだ ゆうこ
絵: たちもと みちこ

出版社: 文溪堂
ゆずちゃんのうちに飾られたおひなさまのおはなし。
ゆずちゃん一家がお出かけしたので、退屈していたおひなさまが脱走してしまうのですね。
おっとりしたお内裏様たちが、後を追いかけます。
おひなさまはゆずちゃんちの猫に乗って野原へ。
もちろん、カラスに扇を取られたり大変な目にあいます。
でも大丈夫、お内裏様はやはりヒーローなのです。
おてんばなお雛様が、元気いっぱいの今時の女の子を象徴しているようで愉快でした。
ひな祭りについての解説もたっぷりありますから、
本格的な学びもできますよ。
もちろん、ひな祭りメニューや工作も。
親子にうれしい一冊だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 「イーヨ」と「ヤーヨ」のバランス  掲載日:2015/2/28
イーヨとヤーヨ
イーヨとヤーヨ 作: ささき まゆ
出版社: 是之堂
題名でピン!ときますね。
何でも「イーヨ」という優しいイーヨと
何でも「ヤーヨ」というひねくれもののヤーヨ。
耳の形が正反対という造形もおもしろいですね。
二人はそれでも仲良く暮らしているのですね。
一見イーヨの方がみんなに好かれてよさそうですが、
物語は意外な方向に。
要は、「イーヨ」と「ヤーヨ」のバランスということでしょうか。
なかなか奥が深いです。
いい子の欠点のようなことに気づかせてくれますね。
そう、自分の気持ちも大切にしなくては、ね。
このテーマ、なかなか示唆に富んでいると思います。
大人も少し、考えさせられます。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 「ちょっとまって」のバリエーション  掲載日:2015/2/28
ちょっとまって
ちょっとまって 作: ささき まゆ
出版社: 是之堂
「ちょっとまって」のオチがなんとも味わい深いです。
春先の、春眠暁を覚えずの頃に読むとぴったりですね。
冬眠明けのくまさん、まだまだ眠そうです。
月曜日から金曜日まで、動物たちがいろいろと誘いに来てくれますが、
「ちょっとまって」とぐずぐずしているのですね。
ところが、土曜日は誰も来ません。
そこで、くまさん、あることに気付くのです。
月曜日から金曜日の動物たちの行動がヒント。
さあ、日曜日には何があるのかな?
曜日の感覚と、ちょっとした推理があってこその物語展開なので、
やはり幼稚園児くらいからかなあ。
キュートな絵がオシャレです。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい パンダパン  掲載日:2015/2/27
パン ぱくぱく
パン ぱくぱく 作・絵: ふくざわ ゆみこ
出版社: ひかりのくに
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
『くだもの あーん』、『やさい もぐもぐ』の次は、パンですか。
最初はシンプルな食パンから。
いろいろな具材を、載せたり、はさんだり、揚げたり。
そう、パンって、七変化ですよね。
もちろん、どれも、とっても、お・い・し・そ・う!
最後には成形したオーブンで焼くパンまであります。
チョコレートで顔を描いたパンダパン!
小さい子でも楽しめそうでうれしいです。
擬音もたっぷり、耳で感じましょうね。
参考になりました。 0人

3846件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

出版社おすすめ


スペシャルコンテンツメニュー

全ページためしよみ
サイン本販売中