おとこのこトイレ おとこのこトイレ
監修: 江東区南砂さくら保育園 絵: jinco  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
パパ!ママ!必見♪【おむつはずし】の悩みをこの1冊で全て解決します!「おんなのこトイレ」も絶賛発売中。

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・40代・兵庫県、男の子20歳 男の子18歳

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
昨春からは市の学校支援地域本部より請われて、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
高校生になった我が子たちもつられて時折無言で絵本を読んでいます。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。
(2011.4.4)

レイラさんの声

3650件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 八百万の神  掲載日:2014/7/27
いえのなかの かみさま
いえのなかの かみさま 文: もとした いづみ
絵: 早川 純子

出版社: 光村教育図書
日本の神話を読んだところだったので、思わず読んでしまいました。
日曜日、両親と親戚の家に行ったともき。
古い日本家屋の家で、そこのげんとつぐみに部屋を案内してもらいますが、
東京育ちのともきにはびっくりすることばかり。
なんでも、家じゅうに神様がいるというのですから。
そして、ついに、納戸で、ともきは、その八百万の神に出会ってしまうのです。
確かにこの感覚、日本人なら大切にしたいです。
家に住む家族を見守る存在って素敵です。
幼稚園児くらいから感じ取ってくれそうですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 乗り物クイズ  掲載日:2014/7/27
なにが とおる?
なにが とおる? 作: おぐま こうじ ほりえ いくよ
絵: おぐま こうじ ほりえ いくよ

出版社: くもん出版
小さい子向けおはなし会でメンバーが読んでくれました。
道路の向こうから乗り物の音。
この音から乗り物を当てる趣向です。
答えのところはちょっとした仕掛けになっていますね。
三輪車、自転車、パトカーなどなど、子どもたちの大好きなアイテムばかりです。
もちろん、乗り物の音は、それらしく読んであげましょう。
できれば、日常生活で、実物を見た時に、あ、絵本にあったね、と共有できればいいですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 語りとしての「古事記」  掲載日:2014/7/27
子どもに語る日本の神話
子どもに語る日本の神話 訳: 三浦 佑之
再話: 茨木 啓子

出版社: こぐま社
日本人として、やはり知っておきたい神話。
『古事記』の研究者が現代語訳し、さらに、語りの名手が再話しているので、
心強いです。
国のはじまり、天の岩屋、ヤマタノオロチ、稲羽の白ウサギ、オオクニヌシ、海幸人と山幸彦、ヤマトタケルなどなど。
大らかな情景が見事に語られていきます。
子どもにとってはややどぎついストーリーも盛り込まれている古事記ですが、
そのあたりも実に見事にマイルドに描かれ、安心しました。
添えられた版画の挿絵も素朴で的確です。
やはり声に出して味わってほしいです。
耳で、いにしえの日本人と対話してみましょう。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい つぶれてしまっても、心配ご無用!  掲載日:2014/7/27
とまとさんがね・・
とまとさんがね・・ 作・絵: とよた かずひこ
出版社: 童心社
「おいしいともだち」シリーズ、第9弾です。
お、夏にぴったりのトマトが主人公ですか。
とまとさんたち、まげも凛々しく、お相撲ですって。
でもでも、大丈夫?
デリケートな身の上が、あっという間に…。
そこで、いつもの決め台詞!
「心配ご無用!」
え?オムライス???
そうなんです!
つぶれてしまっても、活躍できるといえば、そう、あの舞台!
おお!なんとおいしそうなフィナーレでしょう。
この鮮やかさ、やはりたまりませんね。
小さい子向けおはなし会で取り上げましょう。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 原作を感じて  掲載日:2014/7/27
雪の女王
雪の女王 作: アンデルセン
絵: バーナデット・ワッツ
訳: ささき たづこ

出版社: 西村書店
アンデルセンの『雪の女王』の原作に近いという事で読んでみました。
悪魔の鏡のかけらが子鬼たちによって、世界中にばらまかれてしまうプロローグから始まります。
そう、カイ少年はこのかけらによって、心をコントロールされ、氷のようになってしまうのですね。
そんなカイを心配して探しに行くゲルダ。
バーナデット・ワッツは、難解なこの雪の女王の世界を、丁寧に描写していきます。
サクランボの花、隠されたバラ、季節も刻々と移り変わります。
ゲルダの心の支えとなる「主の祈り」も物語のラストで大きな意味を持ちます。
大人になったカイとゲルダ、そして、バラの咲き誇る夏の光景。
長いお話ですが、やはり、この味わいは知っておいてほしいですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う カインの世界  掲載日:2014/7/27
雪の女王
雪の女王 文: ナオミ・ルイス
絵: エロール・ル・カイン
原作: アンデルセン

出版社: ほるぷ出版
アンデルセンの『雪の女王』を、ナオミ・ルイスが再話し、エロール・ル・カインが絵を添えています。
カインの絵はエキゾチックで、この童話の世界にぴったりなので、嬉しいです。
お隣同士のカイとゲルダですが、ある雪の日、カイが雪の女王にさらわれ、ゲルダが探しに行くのです。
原作にはないおばあさんの存在が、戻る場所を象徴しているようです。
雪の女王の造形、ゲルダが出会う人々の描写、幻想的な絵が印象的です。
原作の悪魔の鏡のかけらの描写は省かれていますが、
氷のかけらで「永遠」という文字を作るという課題は、そのエピソードに呼応しているようです。
長いお話ですが、雪の女王の世界を感じ取ってほしいですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 原作のエッセンスそのままに  掲載日:2014/7/22
紙芝居 雪の女王
紙芝居 雪の女王 絵: 岩崎 ちひろ
訳: 稲庭桂子
原作: ハンス・クリスチャン・アンデルセン

出版社: 童心社
小学校のおはなし会で読みました。
ディズニー映画「アナと雪の女王」がブームのうちに、原作の味わいも知ってほしかったのです。
実は、映画はほとんど原作とは異なりますし、原作はかなり長編で難解なので、
10分強のおはなし会では時間的に無理、ということで、
ちゃんとした要約版を探していたところ、この紙芝居がちょうどよかったのです。
お隣同士のカイとゲルダ。
おばあさんから雪の女王の話を聞いても信じられないのです。
ところが、実際、カイが雪の女王のそりに連れ去られ、ゲルダは必死に探しに行くのです。
山賊の娘と出会い、トナカイの助けを得ながら、雪の女王の城に向かうゲルダ。
一途なカイへの思いが伝わってきます。
ゲルダの熱い涙が感動的ですね。
昭和51年の画でやや古風ですが、さすがいわさきちひろさんの童画は
アンデルセンのおはなしの世界を素敵に描出していると思います。
子どもたちも引き込まれて聞いてくれました。
もちろん、原作もいつか読んでね、と紹介しました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 美術館の楽しみ方  掲載日:2014/7/16
びじゅつかんへいこう
びじゅつかんへいこう 文: スーザン・ベルデ
絵: ピーター・レイノルズ
訳: なかがわ ちひろ

出版社: 国土社
主人公の女の子が美術館に行って感じたことを描いてあります。
女の子は、バレリーナの絵を見て踊り子気分になったり、
考える人のような彫刻と差し向い、考えにふけったり。
そう、自由な感性で感じることが素敵な空間だという事を教えてくれるような気がします。
ところどころ、ムンクやピカソ、ミロのような有名どころの絵もどきも登場するのが
愉快です。
絵のピーター・レイノルズさんの作品もまぎれているらしいですよ。
印象的なのは、やはり、白紙に何も描かれていない絵。
うーん、奥が深いですね。
でも、感性が研ぎ澄まされることの楽しさが伝わってきます。
美術館、ぜひ、こんな感性で楽しんでほしいと思います。
小学生以上くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 反抗期だから  掲載日:2014/7/16
こわくないこわくない
こわくないこわくない 作: 内田 麟太郎
絵: 大島 妙子

出版社: 童心社
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
主人公は反抗期のまーくん。
お、『なのなの』のまーくんじゃあありませんか。
ちょっと大きくなったかな。
そう、なんでも反対の事を言ってしまうのですね。
そんなまーくんが嫁の中で遭遇したのは、なんとおばけたち。
でもね、おばけが「こわいか」と言っておどかしても、
そう、まーくんにかかったら・・・。
なるほど、説得力がありますね。
とうとう、おばけたちが根負けして、泣き出してしまうのですから、あっぱれです。
でもまーくんの本心は、やっぱりね。
『なのなの』同様、まーくんの涙目がなんとも言えません。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 自暴自棄な「る」  掲載日:2014/7/14
さる・るるる・る
さる・るるる・る 作: 五味 太郎
出版社: 絵本館
「さる・るるる」の第4弾です。
なるほど、こうきましたか。
前作で親子の情景を切り取っていましたが、今度はパパ?と子どもとのコラボです。
やんちゃな子どもたちがやってきて逃げるさるくん。
あれこれ煙にまこうとしますが失敗、自暴自棄になるのですね。
数々の作戦、あっぱれですけどね。
パパならちょっと共感できるかもしれませんが、でも、これも幸せなひと時だと思いますよ。
参考になりました。 0人

3650件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

出版社おすすめ


全ページためしよみ
サイン本販売中