雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

4733件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 全て新訳!?  掲載日:2017/8/7
本の子
本の子 作: オリヴァー・ジェファーズ サム・ウィンストン
訳: 柴田 元幸

出版社: ポプラ社
不思議なテイストの作品です。
自分自身を、「本の子」と名乗る女の子が、その世界を語ります。
何がすごいって、絵の一部が、さまざまな物語の本文で描かれて!いることです。
波や道、モンスターだって!
実に絵に溶け込んでいる印象です。
文字がばらばらに崩されたり、3次元に捻じ曲げられたり。
このデザイン力に拍手です。
私のお気に入りは、シンプルですが、ラプンツェルのシーン!
大抵は本の題名が潜んでいるので、何の本かわかるのですが、
「わたしたちの世界」のシーンでは、何冊も散りばめてあり、
ヒントもない(一文あるかないか、またはキーワードだけ)ので、
かなりの難問です。(笑)
もちろん、原文は英語(アルファベット)ですから、これを訳出したなんて、
気が遠くなります。
しかも、全て自ら訳出されたそうで。
本好きな方なら、はまること間違いなし。
ただし、振り仮名もなく、ラインナップ的にも、中学生以上でしょうか。

参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 泣き顔から笑顔へ  掲載日:2017/8/7
わーらった
わーらった 作: 風木 一人
絵: 市原 淳

出版社: 講談社
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
表紙の靴の絵が印象的です。
靴やかばん、帽子などの、泣き顔から笑顔へ、というシンプルなストーリー。
馴染みのあるアイテムだけに、共感できると思います。
中表紙で雨の中の傘が描かれていますが、
空も登場するので、雨の日、雨上がりの日の絵本としてもいいかもしれません。
「わーらった」という言葉が、笑顔を引き出してくれるような気がします。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 浮遊感  掲載日:2017/8/7
海のぷかぷか ただよう海の生きもの
海のぷかぷか ただよう海の生きもの 写真: 高久 至
文: 寒竹 孝子

出版社: アリス館
ただよう海の生きもの、と副題にあります。
水中写真家による、海中で浮遊する生き物たちをとらえた写真絵本です。
といっても、ある意味図鑑レベルの解説もあり、読みごたえはあります。
手に取ってじっくり読む作品です。
ただ、その浮遊感が素敵で、その世界を楽しむのもいいかもしれませんね。
水中という環境ならではの、透明度の高い命の形は、やはりため息モノです。
独特のアングルにも、感謝です。
撮影者の、海の生きものたちへの優しいまなざしも感じられました。
小学校中学年くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ハイハイ期の赤ちゃんあるある  掲載日:2017/8/7
はいはい あかちゃん
はいはい あかちゃん 作: 斉藤 洋
絵: ミスミヨシコ

出版社: 講談社
乳児・小さい子向けおはなし会用にセレクト。
ハイハイ期の赤ちゃんの様子を描いてあります。
こけたりぶつかったり、おしゃぶりしたり。
この時期の赤ちゃんあるあるですね。
ラストでは、パパに抱かれて、たかいたかい!
これはポイントが高いですし、うれしいです。
最後の文章は、親子とも共感でしょうか。
『ねがえり ごろん』と同様、コラージュとスタイリッシュな背景が見事です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ぜったいに ぜったいに してはいけないんだ  掲載日:2017/8/7
いちにちじごく
いちにちじごく 作: ふくべ あきひろ
絵: かわしまななえ

出版社: PHP研究所
夏のお盆の季節に、あの世のことを想う時にいいかもしれません。
いつもの男の子が、あろうことか、地獄を体験してみるストーリー。
具体的な悪い行いを例に、本格的な地獄が次々と登場します。
ユーモアがあるので、ややマイルドですが、元々が凄惨なので、
読者の性格を考えてからの方がよいかもしれません。
中でもラストの阿鼻地獄では、実に深いメッセージを感じます。
この切実な叫びに、今回のテーマが凝縮しているように感じました。
「いちにち」だけの体験だから、安心して読める、とも言えます。
おチャラけていますが、地獄と極楽の描写はかなり本格的。
古来人々が、悪い行いを律するために練ってきた世界を知っておくことも
いいと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 受け止めてもらえること  掲載日:2017/8/3
ええたま いっちょう!
ええたま いっちょう! 作: くすのき しげのり
絵: 吉田 尚令

出版社: 岩崎書店
くすのきしげのりさんの作品です。
子どもの気持ちを見事に救い取る方ですから、思わず読んでしまいました。
小学生のぼくの独白で進みます。
小学校からの帰途、ぼくは汚れたボールを拾います。
一度は、学校でのイライラから蹴飛ばしますが、
お父さんの言葉を思い出し、交番に届けるのですね。
このお巡りさんが秀逸です。
ぼくの気持ちをしっかりと包んでくれます。
片親家庭であることを聞きだしたお巡りさんは、キャッチボールに誘います。
気持ちを受け止めてくれる象徴のようなシーンです。
繊細な感情を、吉田さんが細やかに描き出していて、それも素敵です。
小学生にしみじみ届けたいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う カピパラが主人公  掲載日:2017/8/3
たべてみたい!
たべてみたい! 作: いしい ひろし
出版社: 白泉社
とうとう、カピパラが主人公の作品が出るようになったのですね。
平穏な生活をしていた、カピパラのジョンくん。
ある日、旅するおさるさんの話を聞いて、「夢のような食べ物」を夢想するわけです。
ヒントは、白くて赤くて黄色、みんなで分けるともっと幸せになる。
このヒントを手掛かりに、ジョンくんが、探しに行くのですね。
読者もジョンくん同様、どんな食べ物?と思わせる展開が憎いです。
もちろん、一筋縄でいかないところもミソ。
答えは、案外あっさりとしたものですが、
頬張ったジョンくんのこの表情、たまりません。
ラストは、みんなで分けると幸せになる検証。
お見事です。
新感覚の脱力ストーリー、さすがです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う オオカミとヒツジ  掲載日:2017/8/3
おかしなこともあるもんだ
おかしなこともあるもんだ 作・絵: いしいひろし
出版社: PHP研究所
『かもめたくはいびん』でもただならぬオーラを放っていましたが、
こちらも妙に別ルートのオーラを感じます。
オオカミがお茶を飲んでいると、毛を失くして泣いているヒツジに気づくのですね。
もうこの段階で、まったりとした犬のようなオオカミの雰囲気にビックリです。
一緒に探してあげるのですが、その毛の正体も唖然です。
確かにヒツジ雲ってありますが…。
そうそう、このオオカミの絶妙な表情がたまりません。
題名に妙に納得です。
まったりとしたい時にいいかもしれませんね。
幼稚園児くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 空の旅を体感  掲載日:2017/8/1
つばめこうくう
つばめこうくう 作: もとやす けいじ
出版社: 佼成出版社
空の旅って、非日常でワクワクしますね。
そんな空の旅を見事に体感できる作品です。
見返しから、安全のしおり。
かなり本格的ですよ。
カバーに添えられた搭乗アナウンスの文章もお忘れなく。
空港の俯瞰図もユニークです。
蜘蛛の巣空港ターミナルも、お見事。
なるほど、旅客機はツバメが客室を背負っているのですね。
ということで、乗客は小動物たち。
その大きさならではの造形も、見どころ(突っ込み?)いっぱいです。
そうそう、搭乗までの手続き、たくさんありますからね。
ツバメならではのスマートな飛行がかっこいいです。
南の島へ、というのも、リゾート気分です。
無事任務を終えたツバメにも注目。
ほら、空の旅を満喫できたでしょう?
隅々まで絵を読み解くほうがいいので、小学生くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 夏の工作遊び  掲載日:2017/8/1
そらまめくんの はらっぱあそび
そらまめくんの はらっぱあそび 著: なかや みわ
出版社: 小学館
なつのいちにち、と副題にあります。
さあ、そらまめくんと一緒に、夏の野原で工作遊びをしましょう。
見返しには、原っぱにある植物図鑑があり、自然観察もできそうです。
早速、笹の葉で作った笹舟で出発です。
ちゃんと作り方まで指南してあるのがうれしいです。
もちろん、それだけではありません。
こんなにたくさん遊びがあると、科学絵本としても使えそうです。
見返しの植物全てが大活躍なんてすばらしいです。
ホタルブクロ、やってみたいです。
なんて豊潤な原っぱ遊び。
手元に材料がなくても、原っぱ遊びを疑似体験できそうです。
参考になりました。 0人

4733件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット