はたらくのりものえほん はたらくのりものえほん
作・絵: いしかわ こうじ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
ページをめくる楽しさいっぱい!あかちゃんから楽しめる、大人気しかけえほん。

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・40代・兵庫県、男の子20歳 男の子18歳

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
昨春からは市の学校支援地域本部より請われて、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
高校生になった我が子たちもつられて時折無言で絵本を読んでいます。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。
(2011.4.4)

レイラさんの声

3515件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 題名にキュン  掲載日:2014/4/18
おひざでだっこ
おひざでだっこ 文: 内田 麟太郎
絵: 長谷川 義史

出版社: 童心社
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
パンダ、たぬき、ねこ、ぞう、の親子が登場し、おひざでだっこする様子が描かれています。
一緒に絵本を読んだり、おなかをたたいたり・・・。
最後は一緒にねんねというのもいいです。
親子のコミュニケーションの参考にしてもらおうと思います。
なぜがトンボも登場。
秋になって、涼しくなったころに読むのもオツですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 裸木に魔法がかかる  掲載日:2014/4/18
さわってごらん! ふしぎな ふしぎな まほうの木
さわってごらん! ふしぎな ふしぎな まほうの木 作: クリスティ・マシソン
訳: 大友 剛

出版社: ひさかたチャイルド/チャイルド本社
裸木が一本。
ナレーションに従って、木の枝を触ったり、こすったりすると、
次のページで、木に変化が起こる趣向。
本をゆすって、花びらが落ちる様はやはり見事です。
息を吹きかけたり、手をたたいたりして変化するとは、仕掛けもないのに、
やはり魔法そのものです。
『まるまるまるのほん』と一緒に、小学校のおはなし会で読みました。
もちろん、みんな一緒に息を吹きかけたり、手をたたいたりしてくれました。
『まるまるまるのほん』とは、全く違う作者ですが、内容的には、少しバージョンアップ、といったところでしょうか。
1から10まで数えるところなどもありますからね。
でも、木の様子がとても美しいので、小さい子からでも、自然を体感する意味でも、
楽しめると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 試したくなる  掲載日:2014/4/18
まるまるまるのほん
まるまるまるのほん 作・絵: エルヴェ・テュレ
訳: 谷川 俊太郎

出版社: ポプラ社
新感覚の仕掛け絵本という事で読んでみました。
黄色の丸が登場、指示通り、その丸を押すと、次のページで丸が増えたり、
色が変わったり。
しまいには、配列や大きさが変わったり。
これはやはり体感してもらわないと、わかりません。
この語り口、谷川俊太郎さんの訳が軽快です。
仕掛けもないのですが、やはり、一種のマジックのような感覚になってきます。
小学校のおはなし会で読みました。
子どもたち、釘付けです。
もちろん、手をたたいて、とかは一緒にしてくれます。
おはなし会後も自分たちで楽しんでいました。
大人もはまると思います。
小さい子向けおはなし会でも、読んでみようと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ブルドーザー、ペイローダー、ダンプカー  掲載日:2014/4/18
バルンくんとおたすけ3きょうだい。
バルンくんとおたすけ3きょうだい。 作・絵: こもり まこと
出版社: 福音館書店
小さい子向きおはなし会用にセレクト。
『バルンくん』、『バルンくんとともだち』と読んでいたので、こちらもセレクト。
見返しにバルンくんの車種まであって、びっくりです。
オースチン・ヒーレー・スプライトという名の、英国製のスポーツカーですって。
実はなかなか本格的な造形だったのですね。
さて、散歩の帰りのバルンくん、いつもながら、緑色の車体がさわやかです。
と、がけ崩れで道が不通。
そこへ現れたのが、お助け3兄弟、というわけです。
ブルドーザーのブル兄さん、ペイ(ホイール)ローダーのペイ兄さん、ダンプカーのダンプくん。
見事な連係プレーはやはり見ごたえがあります。
擬音たっぷりで迫力満点。
安全も確認して、また快適なドライブ再開です。
程よい擬人化で、はたらくくるまの魅力が伝わってきます。
それにしても、題名の末尾の句読点は何を意味しているのでしょう?
少し気になります。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う かぶの形  掲載日:2014/4/16
かぶさんとんだ
かぶさんとんだ 作・絵: 五味 太郎
出版社: 福音館書店
五味太郎さんらしい色彩を楽しめます。
とっても天気のいいある日、突如として、あかかぶが飛んでいくのです。
続いて、しろかぶ、てるてるぼうず、たこ、かみなり、宇宙人も。
なるほど、よく似た形なんですね。
で、行く先は、「しらないよ。」ですって。
ラストの予想は、ちょっと笑えますね。
なかなかシュールですが、その気持ち、なんとなくわかります。
幼稚園児以上くらいから、感性で楽しんでほしいと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う だれにもしゃべってははいけない  掲載日:2014/4/16
にゅーっ するするする
にゅーっ するするする 作・絵: 長 新太
出版社: 福音館書店
長新太さんらしい作品です。
オレンジ色の沼のようなところから、突如腕が伸び、
車や人や、飛行機まで引きずり込んでしまう、それだけのストーリーです。
そして最後のセリフが絶品です。
この状況下での、指ならではのジェスチャーが見事です。
解釈は不要、ただ、このストーリーのスリルを味わってほしいです。
幼稚園児以上くらいから、子どもたちの感性とのコラボでしょうね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 標識から広がる世界  掲載日:2014/4/16
さんぽのしるし
さんぽのしるし 作・絵: 五味 太郎
出版社: 福音館書店
わが子たちは子どもの頃標識が大好きでした。
その頃出会っていたら、大喜びしていたと思います。
うーむ、残念、残念。
うさぎさんが散歩に出かけるのですが、行く手にはいろいろなしるし(標識)があるのです。
何だろうと推測しながら進むと、なるほど!の展開が待ち受けているのです。
五味さんならではの、自由な発想のしるしが面白いですね。
このうさぎさんも、ネクタイ締めているので、大人っぽくてコケティッシュ。
ラストは案外深い意味がありそうな気がするのは気のせいでしょうか。
幼稚園児くらいから楽しめると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 生き生きとした麺たち!?  掲載日:2014/4/16
めんのめんめん
めんのめんめん 作: 庄司 三智子
出版社: 岩崎書店
『おやおやおやつ』が面白かったので、こちらも手に取りました。
そう、麺のメニューが勢ぞろいという同様の展開です。
登場する麺料理はリアルに素敵で、すでにおいしそうですが、
それらにユニークな擬人化が施され、口上も凛々しい文章がたまりません。
うどん、そば、ラーメン、ナポリタンあたりはおなじみですが、
フォー、チャプチェなど、私もよく知らないメニューも出てくるところは奥が深いですねえ。
もちろん、番外編でもたくさんお目見えです。
どこまでご存知でしょうか?
言葉遊びはやや難易度が高いので、小学生以上くらいからでしょうか。
まあ、少々わからなくても、おいしそうな麺たちは魅力いっぱいです。
たっぷりと味わってほしいですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 兄の気持ち  掲載日:2014/4/10
あなぐまメルくん
あなぐまメルくん 作・絵: おおとも やすお
出版社: 福音館書店
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
あなぐまのメルくんはお兄ちゃんになったのです。
次々と訪れる来客に、メルくんも得意顔でしたが、
みんなの関心が赤ちゃんばかりにいってしまい、メルくんは大泣きしてしまうのですね。
下の子が生まれた時によくある光景です。
でも、両親の対応が素敵です。
気のすむまで泣かせてあげて、しっかり抱っこしてあげて。
ほら、メルくんはすっかり元気になりましたよ。
親にとっても子育ての参考になる作品だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 親子のほんわかエピソード  掲載日:2014/4/10
十二支のおやこえほん
十二支のおやこえほん 作: 高畠 純
出版社: 教育画劇
『十二支のことわざえほん』、『十二支のはやくちことばえほん』、『十二支のしりとりえほん』に続く作品です。
もちろん、高畠さんの脱力ダジャレ全開なのですが、テーマが親子、というのが、
やはりポイント高いです。
コントラバス、トランペット、トライアングル、トランプと造形した「とら」は、
座布団一枚!です。
でもなんといっても秀逸なのは、「たつ」。
その展開に涙が出そうな感動を覚えました。
やはり、親子の情景はいいものです。
幼稚園児以上くらいから、ぜひ、大人もどうぞ。
参考になりました。 0人

3515件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

出版社おすすめ


全ページためしよみ
サイン本販売中