宮沢賢治の絵本 カイロ団長 宮沢賢治の絵本 カイロ団長
作: 宮沢 賢治 絵: こしだ ミカ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
「いいか。この団体はカイロ団ということにしよう」まんまとだまされたアマガエル たちは、強欲な団長にこきつかわれることに・・・

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県、男の子22歳 男の子20歳

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

4202件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 冬の始まりから、雪解けまで  掲載日:2016/2/10
雪のおしろへいったウッレ
雪のおしろへいったウッレ 作・絵: エルサ・ベスコフ
訳: 石井 登志子

出版社: 徳間書店
繊細な子どもの造形が素敵なベスコフの作品なら、と手に取りました。
冬の始まりから、雪解けまで、6歳のウッレ少年の冬体験が描かれます。
クリスマスの2週間前にやっと降った初雪。
誕生日にもらったスキー靴がやっと出番なのですね。
もちろん、行く先には不思議な人々との出会いがあります。
霜じいさんに、冬王さまのお城へ連れて行ってもらったり、
雪解けばあさんに出会ったり。
スキーにスケート、冬の遊び満喫です。
やや長いお話なので、小学生くらいから、じっくり読める時にどうぞ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい チョコレートを学ぶ  掲載日:2016/2/10
すがたをかえる たべものしゃしんえほん チョコレートができるまで
すがたをかえる たべものしゃしんえほん チョコレートができるまで 構成・文: 宮崎 祥子
写真: 白松 清之

出版社: 岩崎書店
すがたをかえるたべものしゃしんえほん10。
バレンタインデー近くのおはなし会では、チョコレート関連の絵本は読みつくし、
ちょっと趣向を変えて科学絵本としてセレクト。
チョコレートができるまでを、カカオ豆の収穫から追った写真絵本で、
まさに、チョコレートを学ぶ、にふさわしい本でした。
もちろん、私も興味深く学ばせていただきました。
時折聞く、カカオ豆、カカオバター、カカオニブ、カカオマス、といった言葉も、
こういうものか、と納得。
チョコレート工場の様子もワクワクですね。
詳しく知りたい方には、巻末にさらなる情報が。
長年疑問に思っていたホワイトチョコレートの製造法も、納得。
小学生くらいから、しっかり学べそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 魚から食材へ  掲載日:2016/2/10
おすしのさかな
おすしのさかな 写真: 古島 万理子 ほか
監修: 川澄 健(東京すしアカデミー) サンシャイン国際水族館

出版社: ひさかたチャイルド/チャイルド本社
子どもたちも大好きなお寿司から、食材のお寿司へ目を向けさせる、斬新な視点です。
寿司と水族館という専門家がタッグを組んでいるので、写真も本格的で、
迫力があります。
もちろん、解体やさばき方の様子もリアルです。
たくさんの職人さんの手を経てお寿司になるということもわかりますね。
大人にとっても案外勉強になりそうです。
幼稚園児くらいから、食育にもよさそうですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 我慢の行く末  掲載日:2016/2/9
ベティ・バニー チョコレートケーキだーいすき
ベティ・バニー チョコレートケーキだーいすき 作: マイケル・B.カプラン
絵: ステファン・ジョリッシュ
訳: 小峯 真紀 中川 典子 増野 綾希子

出版社: バベル・プレス
『BETTHY BUNNY LOVES CHOCOLATE CAKE』が原題。
そう、LOVEなんですね。
ベティ・バニーはわからずやさん、と冒頭から、一癖ありそうな少女が主人公です。
つまり、聞きわけがない、ということでしょうか。
もちろん、本人はそんなこと気に留めません。
さて、家でチョコレートケーキを食べたことで、ベティのチョコレートケーキ愛が
炸裂します。
学校でも泥団子の要領で作って食べてみるという行動は唖然ですね。
そしてとうとう、チョコレートケーキを我慢することになってしまいます。
でもでも、我慢の行く末は…。
ちょっとした道徳作品のような印象です。
我慢の大切さが伝わってきますね。
お母さんの諭し方も、子育て中のママにはヒントがいっぱいあるような気がします。
小学校のおはなし会で読みましたが、やはり子どもたちには大受けでした。
ケーキつながりということで、時間もちょうどよい、
かがくいひろしさんの『がまんのケーキ』と一緒に読みましたが、
相性抜群でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ペンギンの調べ学習に  掲載日:2016/2/9
動物大せっきん ペンギン
動物大せっきん ペンギン 著: イバ・ママチェク ジョン・イーストコット
監修: 小宮 輝之

出版社: ほるぷ出版
南極のペンギンの様子を追った夫婦の写真レポート、という構成です。
ペンギンって、案外じっくり観察することはないでしょうから、
じっくりかんさつすると、いろいろ発見がありそうです。
夫婦と一緒に、ペンギンたち間近に見ているような迫力です。
いきなり登場する、ペンギンの群生が、やはり圧巻です。
途中、ペンギンが飛べない訳などの解説もあるのがうれしいですね。
地球温暖化も、実はペンギンにとっても、大問題なんですよ。
小学校中学年以上の調べ学習にいいと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい みかんって奥深い  掲載日:2016/2/9
みかんのひみつ
みかんのひみつ 監修: 鈴木 伸一
写真: 岩間 史朗

出版社: ひさかたチャイルド/チャイルド本社
冬の果物、みかんを分析していきます。
みかんの花が咲いている♪という手遊びは小さい頃よくやりましたが、
そういえば、みかんの花って、見たことがなく、なるほど!でした。
みかん畑なども、よく光景では見たことがありますが、
実のなり方、すじの秘密も、嬉しい知識です。
ちょっとした仕掛け絵本的な構成も、子どもたちの興味を盛り上げてくれそうです。
幼稚園児くらいから、程よい科学絵本だと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う すっぽり雪の中  掲載日:2016/2/9
お化けの冬ごもり
お化けの冬ごもり 作: 川端 誠
出版社: BL出版
一応、お化けのおはなしなのですが、大丈夫、川端誠さんですから、
怖くありませんよ(笑)
お化けの住む屋敷に、お化けたちが続々やってきて、
早速雪遊び開始です。
雪合戦、かまくら作り、ほうら、子どもたちにも魅力的でしょう?
この時期ならではのお化け、雪女は、アイスクリームでおもてなしですって。
スタンダードなお化けたちですから、お化けの勉強にもなります(笑)
古風な屋敷にあるこたつや火鉢、はんてん、わらで編んだ雪靴など、昔風のアイテムも注目です。
かまくらのシーンはとても幻想的でうっとりです。
もちろん、作者ならではのオチも拍手!
この表現、気に入りました。
幼稚園児くらいから楽しめそうです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 意外なラインナップ  掲載日:2016/2/4
にっぽんのおやつ
にっぽんのおやつ 著: 白央 篤司
出版社: 理論社
『にっぽんのおにぎり』第二弾、なるほど、おやつですか。
前作同様、都道府県別に紹介されていますから、
まずは自分に馴染みのある県からチェックしてみましょう。
意外なラインナップもあり、色々突っ込みもできそうですね。
果物だったり、洋菓子だったり、粉モンだったり。
もちろん、有名どころから、全国的にはマイナーなものまで。
各地へ行った時お土産を買う時の参考にもなるかもしれません。
ちょっとした地理の勉強にもなると思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 壊れた右目  掲載日:2016/2/4
マイマイとナイナイ
マイマイとナイナイ 作: 皆川 博子
絵: 宇野 亜喜良
編: 東 雅夫(編)

出版社: 岩崎書店
怪談えほん2。
一見ファンタジーのようですが、実に生々しいストーリーです。
少女マイマイは、両親には見えない小さな弟ナイナイと出会います。
クルミの殻にナイナイを入れて出かけたマイマイは、
馬との接触事故で右目を壊してしまいます。
そこで、その右目にナイナイのいるクルミの殻をはめるのです!
夜の夢?
マイマイの心?
ずっとマイマイに寄り添うカタツムリは、マイマイの化身でしょうか?
とすると、殻が呼応します。
殻に閉じ込められた心。
宇野亜喜良さん独特の少女像が、ヒタヒタと迫ってきます。
散りばめられたアイテムが気になります。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 絶品のうめことば  掲載日:2016/2/4
うめじいのたんじょうび
うめじいのたんじょうび 作: かがくい ひろし
出版社: 講談社
まさか、まさか、かがくいひろしさんの新刊に出会えるとは、
ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。
第26回講談社絵本新人賞佳作受賞の作品を、蘇らせてくださったのですね。
そうそう、これこれ、と言いたくなる、かがくいテイストが溢れています。
今日はうめじい(梅干し)のお誕生日のようですが、
何歳になったのか、漬物たちが探る趣向です。
相変わらずとぼけたような展開は、滋味深いです。
そう、このうめじいが語る「うめことば」、絶品だと思います。
高齢者へのリスペクトすら感じてしまいました。
それにしても、このうめじい、なんとなくかがくいひろしさん本人に見えてしまうのは、
気のせいでしょうか?
幼稚園児くらいから、楽しんでほしいです。
参考になりました。 0人

4202件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

繊細な世界観を楽しんで!

出版社おすすめ


全ページためしよみ
サイン本販売中