ねがえり ごろん ねがえり ごろん ねがえり ごろんの試し読みができます!
作: 斉藤 洋 絵: ミスミヨシコ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ねがえり、できたかな?

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

4660件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 遺伝子でつながっている生き物  掲載日:2017/5/22
いのちのつながり
いのちのつながり 作: 中村 運
絵: 佐藤 直行

出版社: 福音館書店
生命誌をやさしく絵本化した印象です。
内容は、序盤で細胞や、誕生の仕組みなどを扱い、かなり本格的です。
地球における生命の誕生からのくだりは、本格的な生命誌。
恐竜なども出てきますから、そこは子どもたちにとってもワクワクでしょうか。
語り口は、子どもたちの探求心をくすぐるもので、良質の科学絵本だと思います。
生き物は遺伝子でつながっている、という視点が、なんとも壮大です。
小学校高学年くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 青い生き物たち  掲載日:2017/5/22
あおのじかん
あおのじかん 文・絵: イザベル・シムレール
訳: 石津 ちひろ

出版社: 岩波書店
フランス生まれの作家による作品。
題名と、表紙の深い青色に惹かれました。
日没から夜までの時間に、世界中の青い生き物たちを「感じる」感覚です。
青色と言っても、実はものすごくバラエティに富んでいるのですね。
何よりいいなあ、と思ったのは、生き物の色彩であること。
そして、これまた自然が作りだした空の変化の色と溶け合っていることです。
豊かな青色の世界です。
まるで生き物のような…。
一種のヒーリング効果もありそうです。
見返しには生き物たちの分布図や、青色のバリエーションがあり、
この世界を深めるのにうれしいですね。
小学生くらいから感じ取ってくれそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 本当のことを自分の目で見極める  掲載日:2017/5/22
ジャータカものがたり あわてんぼうウサギ
ジャータカものがたり あわてんぼうウサギ 絵: バーサンスレン・ボロルマー
文: 中川素子

出版社: 小学館
お釈迦様の善行を収めたジャータカ物語の322番目だそうです。
なんと、お釈迦様がライオンだった頃のお話。
あわてんぼうのウサギが、ヤシの木陰で寝転がっている時に、
ヤシの実が落ちて大きな音がしたのですね。
ちょうど、世界が壊れてしまったらどうしよう、と考えていた時だったので、
ビックリして逃げ出したところ、
他の動物たちも何事かと逃げだして大騒動になるのです。
その様子を見たライオン(お釈迦様)が、冷静に状況を確かめ、
本当のことを自分の目で見極める大切さを説くのです。
とても大切な教訓が物語と溶け合い、素敵だと思いました。
小学校のおはなし会で読みましたが、
子どもたちにもストンと響いたようでした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う パパはエンターテイナー  掲載日:2017/5/22
ぷくぷくどうぶつえん
ぷくぷくどうぶつえん 絵: 小坂タイチ
出版社: 交通新聞社
パパとよむわくわくえほん。
『ふわふわでんしゃ』と趣向は同じです。
いろんな色の風船を膨らませると、意外なものが出現するのですね。
なるほど、今回は動物園。
クイズ風ですから、これも一つのヒントですね。
ちょっと無理もありますが、パンダやクジャクなど、意外性が面白いです。
パパ向けの読み方の手ほどきもありますから、
パパはエンターテイナー!気分で読んでほしいですね。
でも擬音を読んでいるだけでも雰囲気はたっぷりありますから、
初心者でも安心です。
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ぴよっ  掲載日:2017/5/22
語りかけ絵本 ひよこ
語りかけ絵本 ひよこ 著: こが ようこ
出版社: 大日本図書
乳児・小さい子向けおはなし会用にセレクト。
3つの卵が登場し、ひよこが出たり隠れたりする趣向です。
コラージュっぽい絵が、仕掛け的な展開にちょうどいい感じです。
色彩も、優しい色合いで、嬉しいです。
やはりポイントは、「ぴよっ」という擬音でしょうか。
この響き、赤ちゃんもツボだと思います。
語りかけ絵本を銘打っているだけあって、読み方のコツまで明記してあります。
絵本初心者にはうれしいと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 生き物の歴史  掲載日:2017/5/22
いのちのひろがり
いのちのひろがり 文: 中村 桂子
絵: 松岡 達英

出版社: 福音館書店
一目置いている、生命誌研究家中村桂子さんの文章に、
生き物たちの絵では定評のある松岡達英さんの絵、
やはり素晴らしいです。
中村さんの文章は、語り口が優しくて大好きです。
内容は、現在から過去にさかのぼっての、「あなた」のルーツ。
細胞をキーワードに、遥かなる時間旅行です。
専門的な話題ですが、松岡さんの的確な絵が視覚的な学びへと導いてくれます。
生き物の歴史に包まれた、「いのち」という切り口が、愛おしいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 流れる時間  掲載日:2017/5/22
生きる
生きる 詩: 谷川 俊太郎
絵: 岡本 よしろう

出版社: 福音館書店
教科書にも載っている、谷川俊太郎さんの詩を絵本化したもの。
文章だけでは少し抽象的かもしれませんが、
そこは谷川俊太郎さんの詩です。
読者とのコラボで作品が出来上がるのではないでしょうか。
その一例のように感じました。
とても示唆に富んだ絵です。
死んだセミの死骸、そこここの生活、家族の姿など、サブストーリー満載です。
じっくり絵を読むといろいろなことが感じられると思います。
小学校の高学年くらいから、五感で感じてほしいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい パクリ!  掲載日:2017/5/22
語りかけ絵本 いちご
語りかけ絵本 いちご 文・絵: こが ようこ
出版社: 大日本図書
乳児・小さい子向けおはなし会用にセレクト。
イチゴが登場し、パクリ!と食べる趣向です。
面白いのは、ヘタだけ残る絵で、食べたことを体感させることです。
なかなか斬新だと思いました。
赤色のイチゴは、赤ちゃんの目を惹くアイテム、しかも味覚まで呼び起こされそうです。
もちろん、「パクリ!」という擬音も楽しみたいです。
たべちゃった、という表現も実感がこもっています。
語りかけ絵本ということで、文章も「語る」ことに重点があり、軽快です。
意外に、もう少し大きい子向けおはなし会でも、導入などで使えそうです。
やはりイチゴの季節に読んであげたいですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 手の指に着目  掲載日:2017/5/22
おやゆびさん
おやゆびさん 作: 風木 一人
絵: ひろかわ さえこ

出版社: 鈴木出版
身近な手の指に着目した視点に拍手!です。
親指、人差し指、中指、薬指、小指の関係性に着目した作品です。
といっても、くっつくかどうかで、「なかよし」という次元ですが。
意外にちゃんと観察したことはないでしょうから、
ぜひ一緒に関心を持ってみましょう。
絶妙な擬人化もほほえましいです。
注目は背景の色彩。
関係性に寄り添っているところが、素敵な演出です。
自分の身体を愛おしむきっかけにもなりそうです。
幼稚園児くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 月のうさぎ  掲載日:2017/5/16
おばけとおでかけ
おばけとおでかけ 作・デザイン: 新井 洋行
出版社: くもん出版
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
「えほんとあそぼ」シリーズの、いつものおばけたちと、
さあ、どこへお出かけするのでしょうか?
今回は乗り物編と言ってもいいかもしれませんね。
指示に従って、絵をこすったり、揺らしたり、掛け声かけたりしての、
参加型で進むストーリー。
難易度はやや高いですが、やはり乗り物って、テンション上がりそうですね。
最後にはロケットが登場するのですから、スケールは大きいです。
目的地を考えると、お月見の頃がいいかもしれませんね。
参考になりました。 0人

4660件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『とびだせビャクドー! ジッセンジャー』森田まさのりさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット