アリとくらすむし アリとくらすむし
写真・文: 島田 たく  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
アリとくらす、知られざるむしたちにせまる写真絵本。アリに姿をにせて身をかくすむしや、アリと助けあうむしなど、驚きの姿を大紹介!

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

4699件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 好き嫌い  掲載日:2017/6/20
なにたべているのかな?
なにたべているのかな? 著者: とよた かずひこ
出版社: アリス館
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
「はなしかけえほん」シリーズ。
どちらかというと食育絵本だと思います。
いぬさん、ねこさん、たろうくんが食べているものを当てる趣向です。
文章を読んでいるだけで参加型になるのがうれしいですね。
後半は、意外にも、好き嫌いがテーマ。
たろうくんが嫌いなニンジンがどう扱われるか、
賛否が分かれるところだと思いますが、
ラストに描かれる寛容さも育児のポイントかもしれませんね。
「大きくなったら大丈夫」って、すごい視点だと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 流木の記憶  掲載日:2017/6/20
流木のいえ
流木のいえ 作: 石川 えりこ
出版社: 小学館
海岸近くに住む絵描きと流木の交流を描いた、大人テイストの作品です。
絵描きということで、アーティストとしての感性が、流木の心を開いたのでしょうか。
流木たちは、昔の自分の体験談について語ります。
それはとても不思議な光景です。
動物たちや人が宿っていますね。
子どもたちとウサギ先生のエピソードは、とても素敵です。
月の描写も一風変わっていて、味わい深かったです。
人生がにじみ出るような光景ですので、小学校高学年以上くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ホタル、星  掲載日:2017/6/19
こどものなかま
こどものなかま 作: レイン・スミス
訳: 青山 南

出版社: BL出版
『THERE IS A TRIBE OF KIDS』が原題。
子どもが、仲間についていろいろ夢想するストーリー、でしょうか。
いろいろな動物たちと触れ合い、その仲間の姿を体感していきます。
独特の画風が、とても美しいです。
まさに絵を感じる、でしょうか。
ホタル、星などが登場するので、夏に読んでほしいですね。
少し深く絵を読み取る力が必要なので、小学校中学年以上がいいと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい なかよし  掲載日:2017/6/19
うさぎのダンスタイム、はじまるよ!
うさぎのダンスタイム、はじまるよ! 作: エリー・サンドル
訳: 二宮 由紀子

出版社: BL出版
『EVERYBUNNY DANCE!』が原題。
言葉遊びが隠されたストーリーだけに、この原題にも、座布団一枚!
うさぎたちが集まって、お楽しみの時間が始まるのです。
ダンス、ミュージック、コーラス。
楽しそうな様子がとっても伝わってきます。
そこへきつねが登場し、急展開ですが、〜タイムが続いているのが面白いです。
そして、意外な方向に物語は進みます。
なんだか心がジーンとなります。
裏表紙の素敵な光景、嬉しいです。
文章に言葉遊びが隠されており、翻訳でここまで訳出した二宮さんに拍手!
小学生くらいから、楽しめると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 巣箱をめぐるノンフィクション  掲載日:2017/6/19
すばこ
すばこ 文: キム・ファン
絵: イ・スンウォン

出版社: ほるぷ出版
2017年度読書感想文コンクール小学校低学年の部課題図書。
巣箱をめぐるノンフィクションで、いろいろ考えさせてくれる作品です。
100年ほど前のドイツ、ベルレプシュ男爵のエピソードがメインです。
鳥のさえずりを聞きたいという、一種の趣味から巣箱を設置したのが、
ある害虫被害をきっかけにその効用が認められ、普及したのですね。
巻末にも詳しい解説があります。
巣箱の種類や設置方法も実にさまざまであることがわかります。
子どもたちでもやってみることができるレベルであることが嬉しいです。
程よいテイストの絵も楽しいです。
たくさんの驚きや発見に出会えると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 手を体感  掲載日:2017/6/19
ママのて
ママのて 作: やまもと ゆうこ
出版社: こぐま社
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
題名の通り、ママの手に焦点を当てて、その素敵な光景が描かれます。
おにぎり、折り紙、お絵かき。
後半は、究極のあの手。
うーん、見事なフィナーレです。
裏表紙の光景も素敵。
親子にはまねしてもらいましょうか。
手のぬくもり、再確認してほしいですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 四角に変身  掲載日:2017/6/19
かっくんこ!
かっくんこ! 作: 林 よしえ
出版社: アリス館
丸いものを、四角いトンネルに通したら、四角くなる趣向です。
「かっくんこ!」という表現が愉快ですね。
スイカやだるまなど、どうなるのかなあ、と考えさせるところは、
図形の勉強になるかもしれません。
後半は、意外な展開を楽しみましょう。
ちょっと夢があっていいですね。
四角いシャボン玉、ちょっと憧れます。
幼稚園児くらいからでしょうか。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う 言葉遊びと仕掛け  掲載日:2017/6/19
にらめっこ!
にらめっこ! 作・絵: 木曽 秀夫
出版社: フレーベル館
題名の通り、動物たちがにらめっこをするおはなしですが、
仕掛け仕立てでそれぞれの怖い顔と笑った顔が表現されています。
ポイントは、表情もさることながら、言葉遊びのセリフを言うことです。
一種のダジャレでしょうか。
ちょっと苦しいものもありますが、なかなかの完成度です。
最後はなかなかのフィナーレです。
うんうん、その気持ち、わかります!
だるまさんのメダルとか、裏表紙の絵とかに、
さりげなく、だまし絵が登場するのも面白いです。
見返しの絵も、手が込んでいますよ。
ダジャレはやや高度なので、小学生くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 雨?  掲載日:2017/6/19
えじえじえじじえ
えじえじえじじえ 絵: 佐藤 可士和
字: 谷川 俊太郎

出版社: クレヨンハウス
谷川俊太郎さんが、佐藤可士和さんの前衛的な絵に言葉を添えた作品。
もうこれは、純粋に感じてもらうしかありません。
表紙の色調からでしょうか、私は雨を感じました。
飛び散ったり、疾走したり。
添えられた言葉は、谷川さんらしく、感じたまま、自由です。
ただ、『ぽぱーぺぽぴぱっぷ』以上に難解です。
難読漢字やアルファベットも参戦し、音読はかなり難しいです。
ただ、絵とは意外にすんなり交信できたような気がします。
ということで、谷川さんが添えた文章にも共感できたような。
案外小さい子と感じる絵本かもしれませんね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 次へ  掲載日:2017/6/19
ねがえり ごろん
ねがえり ごろん 作: 斉藤 洋
絵: ミスミヨシコ

出版社: 講談社
乳児・小さい子向けおはなし会用にセレクト。
寝返りの赤ちゃんの様子を描いた作品なのですが、
実はページ展開で言葉がつながっています。
そう、『ペンギンたんけんたい』などの作品のある斉藤洋さんですもの、
洗練された言葉がうまいです。
一種の擬音っぽくて、音読すると心地よいです。
関係なさそうで、「次へ」というメッセージを感じます。
そうそう、赤ちゃんの成長は早いから、しっかりと見届けましょうね。
もちろん、寝返りの様子はやっぱり素敵です。
コラージュでしょうか、スタイリッシュな絵もいい感じです。

参考になりました。 0人

4699件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

人気デュオ ガーガーズのパネルシアターから生まれた絵本

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット