ひよこさん ひよこさん
作: 征矢 清 絵: 林 明子  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

4597件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 感謝の気持ち  掲載日:2017/4/20
しあわせな ふくろう
しあわせな ふくろう 文: ホイテーマ
絵: チェレスチーノ・ピヤッチ
訳: おおつか ゆうぞう

出版社: 福音館書店
オランダの民話です。
仲良く寄り添う、フクロウ夫婦の表紙絵がなんとも印象深いです。
百姓家で飼われている鳥たちは、飲食のことばかり考え、ケンカして暮らしているのですが、
ある日、幸せそうなフクロウ夫婦に、その秘訣を尋ねるのですね。
フクロウの答えは、ただ、自然の移り変わりを愛でること。
でも鳥たちはその真意を知ろうともせず、馬鹿馬鹿しいととらえます。
フクロウの幸せの極意、それは、周りのいろいろなことに感謝することではないでしょうか。
それだけで、幸せな気持ちになることができる、という寓話のような気がします。
意外に奥が深いので、小学生くらいからがいいと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おつきさま  掲載日:2017/4/5
ばあ〜っ!
ばあ〜っ! 作: いしづ ちひろ
絵: くわざわ ゆうこ

出版社: くもん出版
乳児・小さい子向けおはなし会用にセレクト。
「はじめてであうえほん」シリーズです。
おなじみの赤ちゃんが探しているものたちが、「ばあ〜っ!」と出てくる趣向。
ちょっとしたいないいないばあ入門に、
月齢が進めば指差し練習になるかもしれませんね。
いづれも、赤ちゃんの大好きなものばかりというのがうれしいです。
ラストはやっぱり、大好きなあの方々!
安定感のある幸せを楽しんでほしいです。
おつきさまが出てくるので、お月見の頃や、おやすみ絵本としてもいいかもしれませんね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う その手があったか!  掲載日:2017/4/4
はりねずみのはりこ
はりねずみのはりこ 作・絵: なかや みわ
出版社: 福音館書店
キュートな絵がお気に入りのなかやみわさん、初期の作品でしょうか。
内容も絵もまだこなれていない感じもしますが、
ハートフルな展開は健在です。
森の洋服屋で、はりねずみのはりこは、おばあさんのお手伝い。
注文の品の配達をするのですが、自身は背中の針が邪魔して洋服が着られないのですね。
はりこの涙ぐましい努力が切実だけに共感してしまいます。
うーん、これはジレンマですね。
でも大丈夫、おばあさんがとっておきの解決策を考えてくれます。
なるほど、この手があったか!というアイデアです。
さすがはおばあさん!
こどもらしい、ほんわかした世界がほほえましかったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 実話から立ち上る思い  掲載日:2017/4/1
大きなクスノキ
大きなクスノキ 作: みその たかし
絵: さとう そのこ

出版社: 高陵社書店
縦長の装丁に、深いグリーンの背景、印象的な表紙絵に惹かれました。
心待ちにしていた入学式で小学校にやって来たウタちゃんが出会ったのは、
大きなクスノキ。
以来、仲良しになっていたのですが、6年生になったある日、
老朽化した校舎建て替えのため、クスノキが伐採されることになったのですが、
ウタちゃんが行動して、移植されることになったのですね。
クスノキに対する思いがストレートに伝わってきて、
もしやと思って調べたら、やはり実話がベースになっているようですね。
しかも、モデルとなったクスノキは今も実在するとか。
それだけに、メッセージにリアリティがあったのですね。
クスノキをめぐる、生き物たちとの関わりも知る事が出来ます。
何より、子どもにだってできることがあるということ。
その行動力に拍手したいです。
小学生に読んでいただきたいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う あの作品への入門書?  掲載日:2017/3/24
オニのサラリーマン
オニのサラリーマン 文: 富安 陽子
絵: 大島 妙子

出版社: 福音館書店
富安陽子さんが奏でるオニ!?
そうですね、素通りできません。
題名そのまま、オニのサラリーマンの一日を描きます。
仕事先は…地獄!?
いかにもマイホームパパだけに、びっくりですが、
もう出勤前から魔界の様子が徐々にテンションを上げていきます。
大島妙子さんの絵も、サブストーリー盛りだくさんで見ごたえがあります。
注目は、地獄を舞台にした、芥川龍之介のあの名作がさりげなく紡がれていること。
うーん、入門書?と思わせるほど、大胆です。
本編はいたってサラリーマン物語。
お父さんお疲れさま、を再確認する作品でしょうか。
地獄のわかる小学生くらいからですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい くーくー  掲載日:2017/3/23
くーくー ねむりんこ
くーくー ねむりんこ 作・絵: 南 椌椌
出版社: アリス館
乳児・小さい子向けおはなし会用にセレクト。
『にこちゃん』の絵が素敵だったので、こちらも手に取りました。
題名の通り、いろいろな動物などが眠っている様子を描きます。
独特のぼんやりした、なんとも言えない色調が優しいです。
加えて、夜の色でしょうか、背景も、暗すぎず、明るすぎずの心地よい色合いです。
文章はクイズ形式ですが、ここは親子の会話タイムですね。
なにより、くーくーという寝息音がいいですねえ。
作者の名前と共鳴します。
五感を研ぎ澄ませて、さあ、おやすみなさい。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 第九!  掲載日:2017/3/22
はじめてのオーケストラ
はじめてのオーケストラ 原作: 佐渡 裕
著・絵: はた こうしろう

出版社: 小学館
あの有名な指揮者、佐渡裕さんの原作です。
小学生になったみーちゃんが初めてオーケストラを聞きに行く様子を描いた作品です。
お父さんの指揮、演目は、ベートーベンの第九!
佐渡さんの実体験も入っているようですね。
さながらオーケストラ入門といったところでしょうか。
コンサートの雰囲気も、臨場感たっぷりです。
有名な第九も丁寧に楽章ごとにイメージを紡ぎます。
ああ、なんて素敵な空間でしょう。
そう、ぜひ、子どもたちにも体験してほしいですね。
小学生から大人まで楽しめると思います。

参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 3-1の転校生  掲載日:2017/3/22
たかこ
たかこ 作: 清水 真裕
絵: 青山 友美

出版社: 童心社
おじゃる丸の女の子バージョン?と思ったらさにあらず。
平安時代そのままの転校生少女、たかこのおはなし。
何と十二単に扇というビジュアルに、平安言葉。
それが、小学校生活の中に不思議と溶け合っているのが、新鮮な光景です。
圧巻は学級遠足。
突然の雹(ひょう)に見舞われますが、たかこの十二単で無事クリア。
さりげなく奥ゆかしい着物の色の名前まで学ぶことができます。
古臭い?
いえいえ、逆に新鮮です。
このひねりに脱帽です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 水中眼鏡で見る世界  掲載日:2017/3/22
海のなかのぞいた
海のなかのぞいた 作: よしのゆうすけ
出版社: 福音館書店
表紙の通り、水中眼鏡で見る海のなかの生き物たちを追った写真絵本。
お父さんと一緒に、水中眼鏡とスノーケルで観察、という訳ですね。
もちろん、水中写真で撮影されているのですが、その透明度にビックリです。
色鮮やかな世界はやはり、感動モノです。
子どもらしい疑問、それに対するお父さんの答えが的確で、こちらまでワクワクします。
体験型なので、触覚もフル回転。
そして、こちらまで伝わってくるのが、生き物の世界ということ。
絶妙なアングルも見事です。
このリアリティ、素晴らしいです。
小学生くらいから、届けたいクオリティだと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい スミレが咲いたら  掲載日:2017/3/22
もりのてがみ
もりのてがみ 作: 片山 令子
絵: 片山健

出版社: 福音館書店
春を待つ時期にぴったりの作品に出会いました。
寒い冬、ひろこさんは、森の動物たちや木々にお手紙を書くのですね。
もちろん、「スミレが咲いたら」会う約束をするのです!
丁寧に書かれた文章、様々な絵、手作りの切手も素敵です。
やがて、モミの木はひろこさんの下げた手紙でいっぱいになるのですが、
雪の季節を超え、思いは届くのです!
手紙を書く時のドキドキ感、春の訪れが、キュートに展開します。
ご夫婦による作品。
それだけに絶妙なハーモニーが見事です。
参考になりました。 0人

4597件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

0・1歳の赤ちゃんにぴったり☆親子で遊べる絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット