あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

4528件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい はばたけ!  掲載日:2017/1/19
鳥の島
鳥の島 作・絵: 川端誠
出版社: BL出版
トリ年ということで、図書館に別置特集されていました。
「鳥」と「島」?
よく似た漢字の組み合わせということで興味を引いて読んでみたのですが、
意外にも重厚な作品でびっくりしました。
軽妙な作風の川端誠さんの初期の作品だそう。
創作のマグマを感じました。
群れをつくって保守的に暮らす鳥たち。
でも、中には海の向こうへのあこがれを抑えきれずに飛び出す鳥もいたのですね。
そして、やはり力尽きて海に落ち、それが続いたある時、奇跡が起こるのですね。
実はデザイン的にも非常に計算つくされた作品です。
何気にまわりを埋め尽くしていた模様、だんだんと変化し、
ほら、あの姿に!
そして一斉に飛び立つ鳥たちの群像が圧巻です。
大きな夢?
とてもシュールな展開で、いろいろな感情を想起させます。
小学校高学年以上から、様々なメッセージを受け取れると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 素敵な読み聞かせの時間  掲載日:2017/1/19
きょうのえほん
きょうのえほん 作: いもと ようこ
出版社: 金の星社
読み聞かせの魅力がギュッと詰まった作品です。
寝る前にお母さんに絵本の読み聞かせをしてもらうたっちゃん。
もちろん、終わるとすぐに寝入るのですが、
ご一緒するぬいぐるみのくまさんは起きだして、
おもちゃたちにそっくり再現してあげるのですね。
なんとそのあとにも、クレヨンたち、野菜たち、食器・鍋たちにも!
ほうら、みんな目がキラキラしています!
素敵な光景にほっこりです。
余韻の残るラストはうれしいです。
読み聞かせの時間の楽しみが増えそうですね。
幼稚園児くらいから、親子でほっこりしてほしいです。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 新感覚の体操  掲載日:2017/1/19
パンダ なりきりたいそう
パンダ なりきりたいそう 作: いりやま さとし
出版社: 講談社
『パンダ ともだちたいそう』と同じ趣向かと思っていたら、
いい意味で裏切られました。
愛らしいパンダが、チューリップやバナナ、こまなどになりきった体操を披露します。
どれも簡単ですので、幼児にはうれしいレベルです。
そう、「なりきる」のがポイントです(笑)
ラストはほっこりのフィナーレ、さすがでうれしいです。
親子でたっぷり楽しめそうです。
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 話さぬと良いことが  掲載日:2017/1/19
はつゆめはひみつ
はつゆめはひみつ 作: 谷 真介
絵: 赤坂 三好

出版社: 佼成出版社
まさしく題名の通り!とうなってしまいました。
鹿児島の話がベースになっているようですが、長野の話も混じっているとか。
人々に伝えられた滋味を感じます。
大金持ちのお手伝いだった久助は、旦那さんから初夢を聞かれますが、
話さなかったため、解雇されるのですね。
実家に帰っても話さなかったので、勘当状態で海に流されてしまい、
鬼たちの島へ。
食べられそうになったところを、抜群の機転で脱出して、
そこからはまさかの展開。
昔話らしいめでたしめでたしです。
ききみみずきんなどのテイストも感じますね。
いづれにせよ、説得力のある展開に、初夢の重みを体感できると思います。
小学生くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 確かに、宝  掲載日:2017/1/19
おたからパン
おたからパン 作・絵: 真珠 まりこ
出版社: ひさかたチャイルド
ほうら、表紙のおいしそうなパンに、食いしん坊は釘付けですね(笑)
「おたからパン」というパン屋さんに泥棒に入った男が主人公。
ええ、宝がありそうだと思ったのですね。
夜に忍び込んだものの、店の親方に見つかり、ここで働くように諭されるのです。
宝に目がくらんだ行動でしたが、男は心から泥棒ではなかったようですね。
一種の更生ストーリーです。
しかもそれがまたつながっていく、嬉しい展開です。
何より、美味しいパンがキーワード。
丁寧な工程をしっかりと体感してみてください。
少し長いですが、幼稚園児くらいから、美味しそう!と体感してくれると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 築城プロジェクト  掲載日:2017/1/11
大坂城 絵で見る日本の城づくり
大坂城 絵で見る日本の城づくり 作: 青山 邦彦
監修: 北川 央

出版社: 講談社
大河ドラマでも話題になった大坂城の築城の様子を描いた作品。
もちろん、フィクションですが、子ども忍者三人が築城の様子を探ってくるという視点で描かれるので、
まさしくドキュメンタリーを見るようです。
しかも人力を駆使しての作業は圧巻です。
ということで、人、人、人。
その中に子ども忍者も描かれていますので、探すのはかなり大変です(笑)
下部には工法の解説も詳しくあり、まさしく学べる本となっています。
もちろん、建築に精通した青山邦彦んのクオリティは素晴らしいです。
ところどころで起こるハプニングも、見どころの一つです。
小学校高学年から大人まで、じっくり楽しんでほしいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 七福神に親近感!?  掲載日:2017/1/11
しちふくじん
しちふくじん 作: 立川 志の輔
絵: 中川 学
編: 倉本 美津留

出版社: 岩崎書店
お正月気分で思わず読んでみました。
かくし芸大会で悩む男の子の部屋に現れた、七福神。
男の子が神頼みした結果ですが、
あの手この手で案を授ける様子が面白いです。
個人的にはえびすさまの算数問題が興味深いです。
男の子の部屋は、昭和の面影残る団地の一室。
細かい描写もじっくりチェックしたいものです。
もちろん、古式ゆかしくいわれがある神々ですから、
親近感がわいたら、この際、調べてみましょう。
小学校のおはなし会で読んでみます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う お月さまの寂しさ  掲載日:2017/1/5
わたし、お月さま
わたし、お月さま 文: 青山 七恵
絵: 刀根 里衣

出版社: NHK出版
大人テイストの、幻想的なストーリー。
お月さまは寂しがり屋で、以前訪ねてくれた宇宙飛行士さんに会いに地球にやってくるのですね。
地球を体感しながら、やっと会えた宇宙飛行士は、気づいてくれこそはしませんでしたが、
大切なことを教えてくれたようですね。
かなり大胆な発想ですが、不思議とすんなり心にストンと届きます。
お月さまの造形は、刀根里衣さん。
さすがの空気感です。
どこかでちゃんと覚えていてくれる人があるって素敵です。
やはり小学校高学年くらいから、しみじみ感じ取れるでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大掃除の後で  掲載日:2017/1/5
ないしょでんしゃ
ないしょでんしゃ 作: 薫 くみこ
絵: かとうようこ

出版社: ひさかたチャイルド
題名の「内緒」の響きに惹かれますね。
子どもたちも大好きな電車というのもうれしいです。
雪のシーズンとなり、森の鉄道は雪解けの春まで運休のようですよ。
大掃除も済んで、座席でうたた寝していた駅長さんが見たのは不思議な光景。
なんと、ないしょでんしゃとなり、雪だるまさんが運転!?
制帽やマフラーには、前ページに伏線がありますから、要チェック!
擬音も楽しく、雪だるまたちの電車は素敵な旅を続けますよ。
ええ、もちろん、内緒。
このコンセプトがたまりません。
雪の季節に楽しみたい作品です。
小さい子から楽しめそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 色と形を楽しむ  掲載日:2017/1/5
カラフル
カラフル 作: 新井 洋行
出版社: 岩崎書店
乳児・小さい子向けおはなし会用にセレクト。
さながら、色と形であそぼう!という構成です。
さまざまな色と形が登場、擬音も楽しく遊んでいるようですよ。
目にやさしい色彩、絶妙な表情は、新井洋行さんならでは。
躍動感があるのも魅力です。
やはり、ツボはラストでしょうか。
たまりません。
でも、美しいのが匠の技です。
もちろん、音読で楽しみも倍増です。
参考になりました。 0人

4528件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

寝かしつけに最適な水中絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット