しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

5050件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 様々な色に出会う  掲載日:2018/6/18
ホー ホー! きれいだな ミミズクのいろのえほん
ホー ホー! きれいだな ミミズクのいろのえほん 作・絵: ティム・ホプグッド
訳: たがきょうこ

出版社: 徳間書店
ミミズクのいろのえほん、と副題にある通り、
夜行性のミミズクの子が、昼間の世界を見て、様々な色に出会うストーリーです。
『WOW! SAID THE OWL』が原題。
朝焼け、太陽、空、草木、花、などなど、確かに色にあふれていますね。
ミミズクのこといっしょに一つ一つの色を体感してみましょう。
一種の色学習絵本としても使えそうです。
でも、何より、そこここの色を再認識できるのではないでしょうか。
そして、そのありがたさを実感できると思います。
ラストも印象的です。
英国出身の作者は、コンピューター・コラージュという手法で製作したとか。
なるほど、たしかに斬新な印象です。
幼稚園児くらいから、色を体感してほしいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 「WONDERFUL」のニュアンス  掲載日:2018/6/18
すばらしい みんな
すばらしい みんな 作: ボブ・シール&ジョージ・デヴィッド・ワイス
絵: ティム・ホプグッド
訳: アーサー・ビナード

出版社: 岩崎書店
のびやかな題名に惹かれ、それにふさわしい絵に共感しました。
『WHAT A WONDERFUL WORLD』が原題。
実は、ルイ・アームストロングがレコーディングした歌詞だそう。
その曲に触発されて作られた作品ということで、その感動が伝わってきます。
訳出は、日本語の名手、詩人でもあるアーサー・ビナードさん。
彼らのあとがきも是非読んでほしいです。
目にする、何気ない色彩のすばらしさを歌い上げてあります。
世界に存在するものへの賛歌、でしょうか。
確かにこの視点、大切にしたいです。
もちろん、巻末に英語の歌詞も添えられていますが、
意訳が滋味深く、ため息モノです。
「みんな」に込められた、共有という願いを体感してほしいです。
小学生くらいから、きっと、伝わると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 季節を体感  掲載日:2018/6/18
えほん七十二候 はるなつあきふゆ めぐるぐる
えほん七十二候 はるなつあきふゆ めぐるぐる 作: 白井 明大
絵: くぼ あやこ

出版社: 講談社
日本古来、季節を分ける二十四節気(にじゅうしせっき)、七十二候(しちじゅうにこう)を
易しく解説してあります。
注目は、それらを楽しい詩で表現してあることです。
耳に心地よいリズムで、スッと心に伝わってきます。
それは、季節のめぐりの中で感じることのできる、生き物たちの気配、
自然現象。
四季に恵まれた日本の良さを改めて実感します。
私も詳しくは知らなかったので、とても勉強になりました。
なんて豊かな言葉の世界でしょうか。
もちろん、関連する生き物たちの絵も添えられていて、
見ているだけでその季節が体感できるようです。
やや言葉が難しいので、小学校中学年くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 図書館×恐竜のコラボ  掲載日:2018/6/18
トリケラとしょかん
トリケラとしょかん 作: 五十嵐 美和子
出版社: 白泉社
雨の日、主人公の女の子が雨宿りしたのは、不思議な建物。
なんと、恐竜のトリケラトプスがいっぱいいる図書館だったというのです。
職員も利用者も、老若男女、角の生えた赤い容姿…。
でも、女の子は恐竜に詳しいらしく、違和感なし。
トリケラトプス語?で書かれていて読めないけど、
ちゃんと本も貸し出しもしてもらいます。
やっぱり、本好きなんですね。
そこがやはり嬉しかったです。
注目は、そのトリケラトプス語?の、翻訳表が見返しにあること。
どうやら解読できそうですが、ちょっと大変そうです。
幼稚園児くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 自分探しの哲学  掲載日:2018/6/18
ペツェッティーノ
ペツェッティーノ 作: レオ・レオニ
訳: 谷川 俊太郎

出版社: 好学社
「じぶんを みつけた ぶぶんひんの はなし」という副題に惹かれました。
『Pezzettino』が原題。
オレンジ色の四角がペツェッティーノ 。
自分を、誰かの部分品に過ぎない、と認識していたので、
その誰かを探しに行くのですね。
そして出会ったのが、不思議な生き物たち。
おそらく、動物や鳥や魚でしょうが、それらが、モザイク状の造形で登場します。
あたかも、部分品の集まりのような姿で。
もちろん、どの生き物たちも、自分ではない、とあしらいます。
思い余って訪ねた相手から、「こなごな島」へ行く事を勧めてもらい、
行った先での出来事が、なかなか衝撃的です。
自分探しの哲学、でしょうか。
さらには、ラストの光景が、何とも温かいです。
やはり後半の展開が滋味深いです。
やや抽象的で難しいですが、小学生くらいから大人まで、体感できると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 歌舞伎のリズムで  掲載日:2018/6/18
かぶきやパン
かぶきやパン 作: かねまつ すみれ
絵: 長野 ヒデ子

出版社: 童心社
何だか物々しい題名ですが、表紙の絵で納得。
パンたちが歌舞伎調で登場するようですね。
なるほど、パン屋「かぶきや」新規開店にて、
パンたちを歌舞伎風に紹介する趣向です。
私は歌舞伎に疎いですが、音読するだけで、自然と歌舞伎風読みが立ち上がるのがいいです。
新人絵本作家さんの受賞作品ですが、その物語に、
長野ヒデ子さんの作風が融合していい感じです。
ともすれば、パンのキャラクターはゲテモノになりそうですが、
和傘で名乗りながら特徴を見事にとらえてあり、いい塩梅がさすがです。
途中、小田原の外郎売りも登場して、愉快です。
観客の掛け声も歌舞伎らしさを盛り上げます。
やはり日本の伝統文化、こんな作品で、少しずつ興味を持ってもらいたいですね。
小学生くらいから、盛り上がりそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 図書館というアイデア  掲載日:2018/6/18
ティモシーとサラ ちいさなとしょかん
ティモシーとサラ ちいさなとしょかん 作・絵: 芭蕉みどり
出版社: ポプラ社
双子のこねずみ、ティモシーとサラ、今回も大活躍ですね。
なんと、図書館作りですって。
本好きにはたまらないと思います。
注目は、発案したのが、トムさんであること。
そう、『ティモシーとサラとたからのちず』で、宝の地図を作ったトムさん!
シリーズでおなじみになってきた、大工のリックなども、本領発揮ですね。
なにより、それに触発されて、ミニ図書館が村中にできたなんて、
素敵な光景です。
こんなアイデアの図書館なら、子どもでもできそうですね。
そして、またまたトムさんからのメッセージが滋味深いです。
本の可能性をきっと体感できると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 本当に宝物が!  掲載日:2018/6/18
ティモシーとサラとたからのちず
ティモシーとサラとたからのちず 作・絵: 芭蕉みどり
出版社: ポプラ社
双子のこねずみのティモシーとサラが、不思議な箱を見つけて、
宝探しをするストーリーです。
お隣のスーザンと一緒に、本格的な宝探しが始まりますが、
なかなか込み入っていて、見どころもいっぱいです。
宝の地図から場所を推理するって、ワクワクしますね。
銅像や噴水も、思わず突っ込みたくなる楽しさです。
そしてさらに、ミリーというお友だちもできます。
病床のミリーとの交流も素敵です。
もちろん、本当に宝物が!
これはうれしいです。
そして何より、発端のトムさんの存在感が素敵です。
実は、『ティモシーとサラ ちいさなとしょかん』で再登場するので、
ぜひセットで楽しんでほしいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 認知症の受け止め方  掲載日:2018/6/5
わたしを わすれないで
わたしを わすれないで 著: ナンシー・ヴァン・ラーン
イラスト: ステファニー・グラエギン
翻訳: 角野 栄子

出版社: マイクロマガジン社
『forget me not』が原題。
文法的に?ということで、調べてみたら、中世英語のようです。
ハイフンを付けたら、忘れな草。
それだけに、強い思いが伝わってきます。
おばあちゃんの認知症の様子を、孫娘ジュリアが語ります。
何でも上手なおばあちゃんが少しずつ変わっていく戸惑いと悲しみ。
車の運転ができなくなったり、ヘルパーさんを追い出したり。
ところどころに登場する忘れな草が切ないです。
結局施設に入ることになったおばあちゃん。
でも、ジュリアは、ちゃんと、自分にもできることを見つけたようですよ。
認知症の受け止め方をそっと教えてくれると思います。
小学生くらいからでしょうか。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 真綿  掲載日:2018/6/5
12ヶ月の色世界
12ヶ月の色世界 文: とっこちゃん
絵: 二木 ちかこ

出版社: 文芸社
表紙のアジサイの色彩に惹かれました。
蚕の成長とともに、各月の色を古来の美しい言葉で綴ってあります。
1月は雪景色の真綿色。
蚕の繭玉から取るのが、真綿、要は絹の繊維なんですね。
室町時代に木綿(コットン)が流通するまでは、綿=絹だったようですね。
なるほど、真綿色に光沢を感じますね。
若菜、すみれ、藤、若竹、瑠璃、藍、朱鷺、黄金、紅、金、白銀。
いずれも、筆者の生まれ故郷、新潟の光景だそう。
そして、あとがきに込められたもう一つの思い。
繭玉のような無垢な心で生まれた子どもたちへ、生命の尊厳を学んでほしい、ということですね。
そう、添えられた蚕の成長が、命を感じさせてくれます。
小学生くらいから、豊かな色の世界を体感してほしいです。
参考になりました。 0人

5050件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット