ねがえり ごろん ねがえり ごろん ねがえり ごろんの試し読みができます!
作: 斉藤 洋 絵: ミスミヨシコ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ねがえり、できたかな?

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

4660件中 21 〜 30件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい ことば考  掲載日:2017/4/30
ことばのかたち
ことばのかたち 作: おーなり 由子
出版社: 講談社
話すことばについて、そっと考えさせてくれる問いかけがいっぱい詰まっています。
ことばが視覚されていたら、どんなかたち?どんな色彩?
淡い幻想的な絵が、そっとイメージに寄り添います。
ことば考、と言ってもいいかもしれません。
ということで、小学校高学年以上向きでしょうか。
道徳の教材としてもいいかもしれません。
大人も、そっと考えたいテーマだと思います。
実は昨年、素敵な絵本美術館で原画を見る機会があり、印象に残っていました。
このご縁に感謝です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい なんだかとってもあったかい  掲載日:2017/4/30
ひよこさん
ひよこさん 作: 征矢 清
絵: 林 明子

出版社: 福音館書店
乳児・小さい子向けおはなし会用にセレクト。
かわいいひよこさんストーリーです。
夕暮れに出かけたひよこさん。
案の定暗くなって、野宿しますが、なんだかとってもあったかいのですね。
そう、にわとりかあさんが迎えに来てくれたという訳です。
母に守られている温かさが伝わってきます。
夜の光景がメインということもあり、ひよこさんの黄色が実に鮮やかに映えます。
植物のシルエットも美しく、見どころでしょう。
にわとりも、地鶏っぽい造形で、ならばこんな光景もありかな、と思いました。
画面構成が一定で、それもまた、穏やかなメロディーのようです。
夜空の色調も暗闇という怖さを感じさせない、優しい変化が見事です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 華やかな美しさ  掲載日:2017/4/30
どのはな いちばん すきな はな?
どのはな いちばん すきな はな? 文: いしげ まりこ
絵: わきさか かつじ

出版社: 福音館書店
乳児・小さい子向けおはなし会用にセレクト。
様々な花が登場しますが、どれも華やかな美しさです。
デザイナーでもある方の絵なので、造形は大胆かつシンプルですが、
不思議と魅力的です。
添えられた文章もリズミカルで心地よいです。
私は花の名前に詳しくないので、タンポポやスズラン、チューリップ、アジサイくらいしか
分からなかったのが残念です。
でも、色彩を愛でるだけでも、満ち足りた気持ちになりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 桜やたんぽぽ  掲載日:2017/4/30
はるかぜさんぽ
はるかぜさんぽ 作: えがしら みちこ
出版社: 講談社
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
女の子のお散歩の様子を描いてありますが、春の光景がいっぱいです。
まずは見事な桜が素敵です。
タンポポ綿毛もワクワクです。
もちろん、ダンゴムシも蝶々も。
一面の野原を体感、でしょうか。
心地よい春風を感じます。
女の子の、お気に入りのワンピース、新しい靴、かばんにも注目ですね。
そうそう、ちゃんと帽子もかぶっていますね。
春をいっぱい五感で感じてほしいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 世界でいちばん大事なもの  掲載日:2017/4/30
まるいものの なかに
まるいものの なかに 作: 藤 真知子
絵: 荒井 真紀

出版社: ポプラ社
はじめてえほん・11。
このシリーズのほかの作品とは異なり、どちらかというとママ向けかもしれません。
文章は、詩と表記されています。
さまざまな、丸い物が登場し、その中に、大切なものがあると提示します。
大切なもの、それは命。
めしべやおしべ、種、蝶の羽化、鳥のひな、そして、胎児。
これらのアイテムはややレベルが高いので、
本質を読み取れるのは、小学生以上でしょうか。
絵は、実写のような画風が美しい荒井真紀さんが、
それはそれはリアルに描いています。
命を見つめる学びの時にもいいかもしれません。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 参加型で変顔遊び  掲載日:2017/4/30
カメカメカメラ
カメカメカメラ 著: もろ かおり
出版社: ポプラ社
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
はじめてえほん・10。
なるほど、カメがカメラマンなのですね。
なかなか本格的なメカですよ。
ということで、出会ったみんなを写真にとるのですが、
出来上がった写真は、なぜか変顔!?
なかなかの迫力ですので、覚悟してください。(笑)
で、最後の被写体は、「そこのあなた」!
さあ、どんな展開になるのでしょうね。
聞き手とのコミュニケーション次第で、盛り上がりは千差万別、
難易度は高いかもしれません。。
でも、パシャ!というシャッター音、病みつきになりそうです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う またねー!?  掲載日:2017/4/30
ぱっくん ぱっくん
ぱっくん ぱっくん 作: 長 新太
出版社: ポプラ社
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
はじめてえほん・7。
長新太ワールド全開です。
題名から、食育っぽい展開かと思ったら大間違い。
動物たちが次々と食いつかれる趣向です。
ええ、大小、お構いなく。
ナンセンスですが、ノーマルな擬音が妙に楽しいです。
もちろん、ラストへ向けて急展開。
またねーって、これは遊びだったのですか?
長さんらしい、ぱっくん遊びに脱帽です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子うさぎから母うさぎへ  掲載日:2017/4/30
ちいさなうさぎのものがたり
ちいさなうさぎのものがたり 文: アルヴィン・トレッセルト
絵: レナード・ワイスガード
訳: 安藤 紀子

出版社: ロクリン社
『THE RABBIT STORY』が原題。
巣穴で生まれたリトル・ラビットが、様々な経験をしながら成長していく姿を、
古風ですが味わい深い絵が語ります。
畑に迷い込み、人間につかまったり、ややスリリングですが、
野生のうさぎらしく脱走し、元の生活に戻るところなどは、
たくましさを感じます。
ラストは、あたかも、最初の光景を思い出させます。
命の連続は神々しいですね。、
水墨画のような一色で描かれた作品なのですが、
不思議とカラーのような色彩を感じさせてくれるのが不思議です。
やや長いお話なので、小学生くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 本物の宇宙飛行士が月面に  掲載日:2017/4/27
くらやみのなかのゆめ
くらやみのなかのゆめ 作: クリス ハドフィールド
絵: ザ・ファン・ブラザーズ
訳: さくま ゆみこ

出版社: 小学館
『THE DARKEST DARK』が原題。
そう、つまり、暗闇が主題なのですね。
カナダの宇宙飛行士による、実話のようですね。
クリスは宇宙飛行士にあこがれる男の子ですが、
エイリアン(!)の空想が過ぎて、夜の暗闇が怖くて眠れないほど。
ところが、その恐怖が一転します。
1969年、月面着陸のテレビ中継です。
それが、宇宙飛行士の道を決定づけるのですね。
良質の伝記としても読むことができます。
小学校高学年くらいから、共感できると思います。
宇宙の描写がとても美しいので、天体の勉強としても、いいですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 生きる姿  掲載日:2017/4/27
たんぽぽ
たんぽぽ 作・絵: 甲斐 信枝
出版社: 金の星社
たんぽぽの生態を、写実的で美しい絵の甲斐信枝さんが描きます。
身近な植物ですが、案外詳しくは知らないものです。
ぜひ、じっくりと向き合いたいものです。
葉を広げ、じっと春を待ち、着々と成長するたんぽぽ。
やはり、あの綿毛の様子が圧巻です。
旅立ちに称されるのもうなづけます。
なにより、その生きる姿の力強さ。
絶妙なアングルもさることながら、絵の表情から伝わってきます。
素晴らしい作品だと思います。
参考になりました。 0人

4660件中 21 〜 30件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

出版社おすすめ

  • オヤジの海
    オヤジの海の試し読みができます!
    オヤジの海
    作・絵:さくらせかい 出版社:自由国民社 自由国民社の特集ページがあります!
    『いしゃがよい』のさくらせかいこれが幻のデビュー作品!
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット