雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

4602件中 21 〜 30件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 花が咲いていく  掲載日:2017/3/22
しろいちょうちょがとんでるよ
しろいちょうちょがとんでるよ 作・絵: 村上 康成
出版社: ひさかたチャイルド
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
春先にぴったりの作品を見つけました。
表紙から春風を感じさせてくれますね。
題名の通り、白いちょうちょが飛んでいる情景を描いた作品ですが、
なんと、花が咲いていくのです。
シンプルな文章は、ゆったり春風のようで心地よいです。
同様に絵も実にシンプルですが、とても豊かに感じられます。
きっと親子でお話しできそうな間合いがあります。
色合いも素敵です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい きゅーっとだっこ  掲載日:2017/3/22
ふんふんなんだかいいにおい
ふんふんなんだかいいにおい 作: 西巻 茅子
出版社: こぐま社
親子ともにほっこりするストーリーを、西巻茅子さんが温かい色彩で語りかけます。
さっちゃんは朝ごはんもそこそこに、野原へ急いでお出かけ。
だから、あちこち朝ご飯の残りで汚れていて、それが、動物たちを引き寄せるのですね。
なるほど、子どもらしい展開です。
そして、さっちゃんの目的も素敵です。
お母さんへのお誕生日プレゼントのためのお花摘みなんですよ。
春の野原でしょうか。
子どもの気持ちにぴったり寄り添う存在感がいいですね。
後半はもちろん、親子の愛がいっぱい。
動物たちもおすそわけ、って素敵だと思います。
そう、おおかみの子のように、寂しい子もいるということをそっと教えてくれます。
なにより、お母さんの対応が秀逸です。
こうありたいものです。
1977年初版。
出会えてよかったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 実体験から  掲載日:2017/3/21
ぽかぽかすずめ
ぽかぽかすずめ 作: 山岡 ひかる
出版社: アリス館
作者自身の、すずめ保護体験がベースになっているようですね。
それだけに、リアリティが感じられます。
寒い冬の朝の、雀の兄弟、チャロ、チョコ、チュンのエピソード。
寒いからこそのけんかが、小雀らしくてほほえましいです。
でもそこは、自然界。
カラス、犬、猫との関係は、スリリングで考えさせられます。
雀たちと犬の交流は、とてもほっこり気分になりました。
やや複雑な関係性ですので、幼稚園児くらいから、でしょうか。
いつもながら、コラージュの絵に独特の立体感と奥行きがあり、
アングルも見事です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ひなまつりを学ぶ  掲載日:2017/3/21
おばあちゃんのひなちらし
おばあちゃんのひなちらし 作: 野村 たかあき
出版社: 佼成出版社
小学生のきりちゃんが、おばあちゃんと一緒に行事食を作るシリーズですが、
今回はひな祭りのひなちらし作りです。
もちろん、ひな祭りについてのあれこれも学ぶことができます。
人形を出す日、雨水(2/19前後)については、初耳でした。
菱餅の色のウンチクも、なるほど!です。
おばあちゃんも含め、やや昭和テイストですが、
行事食に木版画の絵が、なんともピッタリです。
やはり、春色あふれた華やかなひな祭りはいいですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい キノコの秋に読みたい  掲載日:2017/3/21
ほしじいたけ ほしばあたけ じめじめ谷でききいっぱつ
ほしじいたけ ほしばあたけ じめじめ谷でききいっぱつ 作: 石川 基子
出版社: 講談社
『ほしじいたけ ほしばあたけ』の続編です。
枯れた味わいが何ともよかったので、期待大です。
さあ、おなじみ、干しシイタケの老夫婦に、またまたハプニングという訳ですね。
乾物の宿命で、カサカサになったが故、風に飛ばされてたどり着いたのが、
じめじめ谷。
うっかり温泉に浸かることになり、若返ったほしじいたけに、危機が迫ります。
対峙するのは、巨大ナメクジ!
その造形がお見事です。
もちろん、大活躍は、ほしばあたけ!というのも爽快です。
乾物という地味な存在に光を与えた偉業に拍手!
ちょっとした食育絵本にもなりそうです。
幼稚園児くらいから楽しめそうですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ビターテイスト  掲載日:2017/3/21
3月のおはなし ひなまつりのお手紙
3月のおはなし ひなまつりのお手紙 作: まはら 三桃
絵: 朝比奈かおる

出版社: 講談社
ひな祭りのおはなしですが、なかなか重厚です。
なにしろ、小学生のゆいちゃんが、お行儀に厳格な、元高校校長のおばあちゃんと一緒にひな人形を飾るのですから。
それだけに、人形の解説などはかなり本格的です。
後半は、お道具に隠れていた手紙が、おばあちゃんの子どもの頃を映し出します。
時空を超えてのつながりがとても素敵です。
ひな人形、やはり奥深いです。
読んでいるだけで、立派な雛飾りに対峙している気分が味わえると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ゴボウの花!  掲載日:2017/3/21
やさいの花
やさいの花 写真: 埴 沙萠
文: 嶋田 泰子

出版社: ポプラ社
なんとも鮮烈な写真に惹きつけられてしまいました。
ちなみにゴボウの花ですって。
野菜の花を収めた写真絵本です。
確かに、野菜の花という視点は新鮮です。
白菜も蕪も大根も、菜の花の仲間というのも、花を見れば納得です。
その他にも、いろいろな野菜のウンチクもあり、勉強になります。
ピーマンの苦みの秘密もなるほど、です。
野菜ならではの特性、知恵、そして、人間の好み。
何より「いのちをつなぐ」役割を実感できます。
おまけの、「野菜の芽生え」フォトは、まるで赤ちゃんの誕生のようです。
植物の世界の奥深さを体感できると思います。
小学生くらいから、ワクワクしてくれると思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 妙にリアルなキャラクター  掲載日:2017/3/21
はずかしがりやの バナナくん
はずかしがりやの バナナくん 作: 岡田 よしたか
出版社: PHP研究所
あらあら、また新キャラクターの登場のようですね。
岡田よしたかさんの造形は強烈で、やはり素通りできませんね。(笑)
今回の主人公は、はずかしがりやのバナナです。
特に擬人化していないにもかかわらず、妙にリアルなキャラクターが立ち上ってきます。
常連のキャラクターもご愛嬌。
流暢な関西弁が、会話だけでボケと突っ込みを体現します。
要は緊張のほぐし方、ですが、笑いの中にそのヒントも垣間見えますね。
すっかりハードルを越えたバナナくんのはじけぶりは、清々しくもあります。
幼稚園児くらいから盛り上がりそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 春がやってくる音に耳を澄ませて  掲載日:2017/3/21
はるのやまはザワザワ
はるのやまはザワザワ 作・絵: 村上 康成
出版社: 徳間書店
春の訪れの頃に読みたい作品です。
こぐまのグルルに語りかける、春の訪れの様子の描写です。
山に満ちている様々な音に耳を澄ませ、命の躍動感を感じましょう。
村上康成さんらしい、シンプルかつ大胆な構図の絵は、
不思議に透明感に満ちてキラキラ輝き、奥行きを感じます。
本当に山で五感をフルに刺激されているようです。
詩のような、流れるように美しい文章も心地よいです。
春の訪れをを満喫できると思います。
小学生くらいからのほうがいいでしょう。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 名前のありがたさ  掲載日:2017/3/21
ゆりちゃんのおひなさま
ゆりちゃんのおひなさま 作・絵: 花山 かずみ
出版社: PHP研究所
ひな祭りの朝、ゆりちゃんが体験した、おひなさまとの素敵なエピソード。
ゆりちゃんが、ぬいぐるみたちにおひなさまを紹介していると、
なんと、おひなさまたちがしゃべりだしたのですね。
おひなさまたちの願いは、「名前を付けてたもれ」。
アニメなどで有名な平安言葉?が、なんともかわいらしいです。
もちろん、ゆりちゃんはネーミングしてあげ、
お礼におひなさまの世界に案内されるのです!
桃の花が咲き誇る、まさしく桃源郷のような光景は、なかなか迫力満点です。
何より、名前のありがたさがしみじみわかりますね。
古風なイメージのおひなさまも、ネーミング次第で、ほら、お友だちになれそうですよ。
うーん、なかなか奥が深い作品だと思います。
参考になりました。 0人

4602件中 21 〜 30件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『いっさいはん』minchiさんインタビュー

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。
  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット