アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

4863件中 21 〜 30件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 目が語る  掲載日:2017/12/1
サンカクさん
サンカクさん 文: マック・バーネット
絵: ジョン・クラッセン
訳: 長谷川 義史

出版社: クレヨンハウス
『どこいったん?』『ちがうねん』『みつけてん』のジョン・クラッセンさんの絵です。
文章は違いますが、長谷川義史さんによる、関西弁訳。
ほら、表紙から、この視線から逃れられません。
図形をキャラクター化した作品は今までにも他の作家さんでありますが、
そのどれとも違う、強烈なインパクトです。
そう、その目力!
目が語る、サンカクさんストーリーです。
三角仕様のおうちから出かけるサンカクさん。
なんと「シカクにわるさしにいくねん」ですって。
鋭角な容姿だけに、そのキャラクター、妙に納得です。
道中もやはり、図形要素が散りばめてあり、愉快です。
わるさといっても、たわいもないですが、関西弁だけにノリが味わい深いです。
注目はその視線と間合い。
絵本ならではの世界観です。
後半はシカクさんによる仕返し。
でも、滋味深いです。
邦訳はまだですが、続編がありそうですね。
期待大です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい お月さまへ  掲載日:2017/12/1
かえるぴょん
かえるぴょん 作: ささめや ゆき
出版社: 講談社
表紙のインパクトに吸い込まれました。
カエルが躍動する様子を描いた作品です。
色鉛筆でしょうか。
カエルの造形がマイルドなので、親しみやすいです。
池から飛び出し、次々と高いところへとぶ様子がワクワクです。
最後にはなんと、お月さまに!?
なんともドラマチックな光景です。
シンプルですが、俳句のような清々しさがあります。
奥深い味わいです。
幼稚園児くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 韓国の銭湯  掲載日:2017/11/28
天女銭湯
天女銭湯 作: ペク・ヒナ
訳: 長谷川 義史

出版社: ブロンズ新社
『ふわふわくもパン』で受けた衝撃がまた蘇ります。
しかも、表紙からこのインパクト。
作者は、自称人形いたずら作家だそう。
ということで、人形撮影による作品ですが、セットなどは、映画並みのクオリティ。
そのリアルさが、尋常ではありません。
主人公の女の子ドッチがお母さんと行った、行きつけの古い銭湯での出来事。
もちろん、舞台は韓国の銭湯で、アカスリなど、韓国らしい様子も描かれます。
なんと、水風呂ゾーンで自称天女のばあちゃんに出会ったのですね。
風呂上がりのヤクルト、なるほどです。
うーん、このばあちゃんの存在感、すごいです。
うん、やっぱり、どこかにいそうです。
銭湯が舞台ということで、ややきわどいですが、
小学生くらいからでしょうか。
長谷川義史さんの庶民的な訳文も、この世界観にぴったりです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 空を飛べる帽子  掲載日:2017/11/28
モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの
モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの 作・絵: ふくざわ ゆみこ
出版社: 文溪堂
モモンガのはいたつやさん、クリスマスバージョンです。
サンタさんへの手紙を集配して困っていたモモンガのはいたつやさんが出会ったのは、
トナカイさん。
サンタさんからもらった、空を飛べる帽子を紛失した様子です。
さあ、モモンガのはいたつやさんと一緒に探しましょう。
森のみんなにも聞いて回りますが、いい情報がありませんが、
ん?みんな不思議な落とし物を拾っていますね。
なるほど、紛失時の様子から、帽子のパーツだったことが判明。
親身になって探してくれる光景が素敵です。
もちろん、無事修復して、めでたし。
サンタさんも登場して、素敵なプレゼントに、ため息です。
まあ、なんておしゃれなんでしょう。
裏表紙まで、隅々まで丁寧に描かれた世界に、拍手です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 働くお母さん  掲載日:2017/11/24
天女かあさん
天女かあさん 作: ペク・ヒナ
訳: 長谷川 義史

出版社: ブロンズ新社
『天女銭湯』の衝撃が冷めやらぬ間にまた再会した天女。
でもまた違う天女のようですが、この人懐っこさは同じですね。
小学生のホホが発熱で早退した様子。
ホホのお母さんは慌てて、母親に電話をかけて世話を頼むのですね。
働くお母さんの状況が妙にリアルです。
ところが、混線のせいか、電話は天女につながったようで、
仕方なく、天女がホホの家にやってきての騒動です。
天女=美女の常識を覆される造形に唖然ですが、
その存在感は健在です。
天女の羽衣、忘れていたのに・・・。
何だかありそうなエピソードにほっこりです。
小学生くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい どんぐりと越冬  掲載日:2017/11/24
かしこくいきるしまりす
かしこくいきるしまりす 作: 手島 圭三郎
出版社: 絵本塾出版
北海道で生きるシマリスの生態を描きます。
木の上での生活、独り立ち、冬ごもりの準備。
越冬のため、1000個のドングリを貯めるとは、驚きです。
そして、天敵との戦い。
木版画の風合いが自然界の躍動感にぴったりです。
同時に、北海道の空気感も伝わってきます。
生きる姿があります。
小学生くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 長方形も  掲載日:2017/11/22
しかく みつけた
しかく みつけた 作: 大塚いちお
出版社: 福音館書店
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
四角いものに焦点を当てた作品。
四角と言えば、正方形を思い浮かべがちですが、長方形も入るのです。
そのあたりも体感できるといいですね。
もちろん、食パンやビスケットなど、正確には四角ではありませんが、
イメージとしては可、でしょうか。
やはり乗り物が出てくるのが、ワクワクポイントです。
図形的には、平行四辺形や台形も盛り込んでほしいところですが、
小さい子には難しいですね。
やや硬質なイメージの四角ですが、この作品で、親しみを持ってもらえそうです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 絵本と手が融合  掲載日:2017/11/22
おててを ぽん
おててを ぽん 作: ささがわいさむ
絵: 天明 幸子

出版社: 学研
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
点線の手形に手を置いて、見立て遊びをする趣向です。
一種の手遊びのようですが、なかなかのアイデアに拍手!です。
私的には、傘とワニ、トイレ(!)がお気に入りです。
もちろん、やや強引な感もありますが、手で遊べる可能性を再発見した思いです。
親子でいっぱい遊べそうです。
カタツムリが登場するので、梅雨の頃、季節本としても使えそうです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 三角?  掲載日:2017/11/22
さんかく みつけた
さんかく みつけた 作: 大塚いちお
出版社: 福音館書店
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
三角なものに焦点を当てた作品。
おにぎりや屋根、旗など、なるほど、なのですが、
数学的には完全な三角でないのが惜しいです。
ショートケーキも曲線がありますからね。
猫の耳もそうなんですが、これを三角ととらえる感性に拍手です。
実は三角って図形は、意外に奥深いもの。
そのあたりも感じ取ってほしいですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 丸いものに焦点  掲載日:2017/11/22
まる みつけた
まる みつけた 作: 大塚いちお
出版社: 福音館書店
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
題名の通り、「まる」に焦点を当てた作品。
時計やメロン、ボタンなど、丸いものに関心を向けるきっかけになりそうです。
絵は意外にリアルで、クオリティが高いです。
つややかな目玉焼きが印象的です。
地味でシンプルな展開ですが、不思議に心地よいです。
背景も、筆の跡が感じられて、温かさを感じます。
落ち着いた配色がうれしいです。
参考になりました。 0人

4863件中 21 〜 30件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

温泉場でくり出される、へんてこなおでん早口ことば

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット