たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

4757件中 21 〜 30件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい ひまわりパーティー  掲載日:2017/8/19
くりちゃんとひまわりのたね
くりちゃんとひまわりのたね 作: どい かや
出版社: ポプラ社
どいかやさんが描くハムスターのくりちゃんの世界。
ハムスターといえば、大好物はひまわりの種、ということで、
くりちゃんは種を手に入れるためにひまわりを育てるのですね。
なかなか、科学絵本っぽい展開です。
とても大きくなったこともあり、動物たちに手伝ってもらうところがいいですよね。
そして、盛大なひまわりパーティー!
一つ一つ、課題を考えるくりちゃんの姿が、健気で素敵です。
ひまわりを育ててみたくなるかもしれませんね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 若いライオンの視点  掲載日:2017/8/19
ひとりになったライオン
ひとりになったライオン 文・絵: 夏目 義一
出版社: 福音館書店
表紙の絵の、ライオンのまなざしに惹かれました。
親離れしたばかりの、若いライオンの視点で、狩りの様子が描かれます。
たてがみの色も薄く、鼻先も黒くない容姿に、エールを送りたくなりますね。
最初の狙いはシマウマのこども。
でも、たくさんの群れに阻まれます。
もちろん、どちらも必死です。
リアルなライオンですが、表情がわかるのが、絶妙な味わいです。
救いは裏表紙の絵。
やっと餌にありつけたようで。
でもこの背中、哀愁が漂っています。
自然界の緊張を描いていますが、マイルドなシーンなので、
幼稚園児くらいから、その世界を体感するにはいいと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい トマトのお菓子  掲載日:2017/8/19
くりちゃんとエーメさんのトマト
くりちゃんとエーメさんのトマト 作: どい かや
出版社: ポプラ社
ハムスターのくりちゃんの世界。
隣に住む、ヤギのエーメさん夫妻は畑でいろいろな野菜を作っているのですね。
トマトが大豊作で、くりちゃんがレシピを考えるのですね。
トマトメニューは奥さんが作っていますから、
くりちゃんが考えた末のアイデアは、トマトのお菓子!
なるほど、ですが、なかなか斬新なレシピ。
でもうまくいったようで一安心です。
いつもながら、持ちつ持たれつのご近所さんの様子にほっこりです。
ラストのオチもなかなか。
うーん、難題です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う シンプルな仕掛け  掲載日:2017/8/19
たべもの へんしーん
たべもの へんしーん 作・絵: わらべ きみか
出版社: 教育画劇
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
いろいろな形の穴があり、ページをめくると違うものに変身する趣向です。
リンゴやホットケーキなど、子どもたちに馴染みのあるアイテムがうれしいです。
赤ちゃん絵本ではシンプルな造形で一目置いていた、わらべきみこさんの作品。
優しい色合いといい、いい塩梅です。
シンプルな仕掛けですが、この年齢の子どもたちにもちょうどよいと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 全て新訳!?  掲載日:2017/8/7
本の子
本の子 作: オリヴァー・ジェファーズ サム・ウィンストン
訳: 柴田 元幸

出版社: ポプラ社
不思議なテイストの作品です。
自分自身を、「本の子」と名乗る女の子が、その世界を語ります。
何がすごいって、絵の一部が、さまざまな物語の本文で描かれて!いることです。
波や道、モンスターだって!
実に絵に溶け込んでいる印象です。
文字がばらばらに崩されたり、3次元に捻じ曲げられたり。
このデザイン力に拍手です。
私のお気に入りは、シンプルですが、ラプンツェルのシーン!
大抵は本の題名が潜んでいるので、何の本かわかるのですが、
「わたしたちの世界」のシーンでは、何冊も散りばめてあり、
ヒントもない(一文あるかないか、またはキーワードだけ)ので、
かなりの難問です。(笑)
もちろん、原文は英語(アルファベット)ですから、これを訳出したなんて、
気が遠くなります。
しかも、全て自ら訳出されたそうで。
本好きな方なら、はまること間違いなし。
ただし、振り仮名もなく、ラインナップ的にも、中学生以上でしょうか。

参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 泣き顔から笑顔へ  掲載日:2017/8/7
わーらった
わーらった 作: 風木 一人
絵: 市原 淳

出版社: 講談社
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
表紙の靴の絵が印象的です。
靴やかばん、帽子などの、泣き顔から笑顔へ、というシンプルなストーリー。
馴染みのあるアイテムだけに、共感できると思います。
中表紙で雨の中の傘が描かれていますが、
空も登場するので、雨の日、雨上がりの日の絵本としてもいいかもしれません。
「わーらった」という言葉が、笑顔を引き出してくれるような気がします。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 浮遊感  掲載日:2017/8/7
海のぷかぷか ただよう海の生きもの
海のぷかぷか ただよう海の生きもの 写真: 高久 至
文: 寒竹 孝子

出版社: アリス館
ただよう海の生きもの、と副題にあります。
水中写真家による、海中で浮遊する生き物たちをとらえた写真絵本です。
といっても、ある意味図鑑レベルの解説もあり、読みごたえはあります。
手に取ってじっくり読む作品です。
ただ、その浮遊感が素敵で、その世界を楽しむのもいいかもしれませんね。
水中という環境ならではの、透明度の高い命の形は、やはりため息モノです。
独特のアングルにも、感謝です。
撮影者の、海の生きものたちへの優しいまなざしも感じられました。
小学校中学年くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ハイハイ期の赤ちゃんあるある  掲載日:2017/8/7
はいはい あかちゃん
はいはい あかちゃん 作: 斉藤 洋
絵: ミスミヨシコ

出版社: 講談社
乳児・小さい子向けおはなし会用にセレクト。
ハイハイ期の赤ちゃんの様子を描いてあります。
こけたりぶつかったり、おしゃぶりしたり。
この時期の赤ちゃんあるあるですね。
ラストでは、パパに抱かれて、たかいたかい!
これはポイントが高いですし、うれしいです。
最後の文章は、親子とも共感でしょうか。
『ねがえり ごろん』と同様、コラージュとスタイリッシュな背景が見事です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ぜったいに ぜったいに してはいけないんだ  掲載日:2017/8/7
いちにちじごく
いちにちじごく 作: ふくべ あきひろ
絵: かわしまななえ

出版社: PHP研究所
夏のお盆の季節に、あの世のことを想う時にいいかもしれません。
いつもの男の子が、あろうことか、地獄を体験してみるストーリー。
具体的な悪い行いを例に、本格的な地獄が次々と登場します。
ユーモアがあるので、ややマイルドですが、元々が凄惨なので、
読者の性格を考えてからの方がよいかもしれません。
中でもラストの阿鼻地獄では、実に深いメッセージを感じます。
この切実な叫びに、今回のテーマが凝縮しているように感じました。
「いちにち」だけの体験だから、安心して読める、とも言えます。
おチャラけていますが、地獄と極楽の描写はかなり本格的。
古来人々が、悪い行いを律するために練ってきた世界を知っておくことも
いいと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 受け止めてもらえること  掲載日:2017/8/3
ええたま いっちょう!
ええたま いっちょう! 作: くすのき しげのり
絵: 吉田 尚令

出版社: 岩崎書店
くすのきしげのりさんの作品です。
子どもの気持ちを見事に救い取る方ですから、思わず読んでしまいました。
小学生のぼくの独白で進みます。
小学校からの帰途、ぼくは汚れたボールを拾います。
一度は、学校でのイライラから蹴飛ばしますが、
お父さんの言葉を思い出し、交番に届けるのですね。
このお巡りさんが秀逸です。
ぼくの気持ちをしっかりと包んでくれます。
片親家庭であることを聞きだしたお巡りさんは、キャッチボールに誘います。
気持ちを受け止めてくれる象徴のようなシーンです。
繊細な感情を、吉田さんが細やかに描き出していて、それも素敵です。
小学生にしみじみ届けたいです。
参考になりました。 0人

4757件中 21 〜 30件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『おいしそうなしろくま』柴田ケイコさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット