おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

4699件中 21 〜 30件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 穴あきの仕掛け  掲載日:2017/6/19
ぞうさんの ふしぎな ぼうし
ぞうさんの ふしぎな ぼうし 作・絵: 木曽 秀夫
出版社: フレーベル館
ぞうさんが買った不思議な帽子が大活躍するストーリーです。
虹色というのがポイント。
つまりいろいろな色に変身できるということで、
ぞうさんが出合うハプニングで鮮やかな解決策になるという趣向です。
確かに見事なのですが、やや苦しい展開もあり、それはご愛嬌でしょうか。
ラストでみんながお礼をするところは、礼儀正しくて共感が持てました。
幼稚園児くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う いい天気  掲載日:2017/6/19
カエルのおでかけ
カエルのおでかけ 作・絵: 高畠 那生
出版社: フレーベル館
表紙のカエルの瞳が、なんとも奥深いです。
どうやら、カエルが主人公のようですが、何やら違和感があります。
そう、カエル仕様の部屋なんですね。
雨好きのカエルらしく、さあ、大雨(=いい天気!)の中をピクニックに出かけます。
なるほど、カエルらしい視点で愉快です。
傘だって、カエル仕様ではこんな使い方をするんですね。
梅雨を、こんなにポジティブに考えられるなんて、やはり脱帽です。
幼稚園児くらいから楽しめそうです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 源頼光の家来  掲載日:2017/6/19
日本名作おはなし絵本 きんたろう
日本名作おはなし絵本 きんたろう 作: 杉山 亮
絵: 竹内 通雅

出版社: 小学館
金太郎伝説はいろいろあるので、参考にと読んでみました。
相模の国(現神奈川県の辺り)の足柄山で生まれた、金太郎は、
怪力のエピソードがいくつもあるのですね。
クマと相撲して勝ったり、木を倒して橋を作ったり、
それを認められて源頼光の家来となり、酒呑童子を退治するという、
有名エピソードはすべて盛り込まれてあります。
私が子どもの頃読んだ金太郎絵本は格調高い日本画風でしたが、
こちらは子どもに親しみやすい絵かもしれませんね。
幼稚園児くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 絵本作家の生の声  掲載日:2017/6/19
Artist to artist
Artist to artist 著: エリック・カール絵本美術館 ほか
訳: 前沢 明枝

出版社: 東京美術
エリック・カール絵本美術館が編集した、23人の絵本作家からのメッセージ集。
それぞれの製作秘話などを語り、スケッチやアトリエ写真も盛り込んで、
とても読みごたえがあります。
エリック・カールはもちろんのこと、
レオ・レオニ(孫からのメッセージですが)、モーリス・センダック、オールズバーグなどなど、そうそうたるラインナップです。
日本人としては、安野光雅さんがなんとトップランナーを務めています。
エリック・カールさんの師がレオ・レオニさんだなんて、びっくりです。
絵本作品も収められ、それだけでもうれしいです。
ロバート・サブダさんの仕掛け絵もあり、その精巧さにため息です。
絵の道を目指す人たちへの、素晴らしいエールとなっています。
また、絵本好きの人にとっても、豊潤な本と言えると思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 真剣に遊ぶ  掲載日:2017/6/16
しんけんしょうぶ だるまさんがころんだ
しんけんしょうぶ だるまさんがころんだ 作: 武田 美穂
出版社: ほるぷ出版
題名に、「真剣勝負」とあります。
そう、だからこそ、ダイナミックな遊びになるのです。
「だるまさんがあそんだ」という遊び、
今どきの子どもたちもするのかどうかわかりませんが、
見返しに丁寧な解説があるので、知らない子も大体の感じがつかめるのではないでしょうか。
この遊びの特徴は、オニと子の駆け引き。
武田さんの絵から、その緊迫感が伝わってきます。
そうそう、この真剣度、子どもらしくっていいですねえ。
おはなし会でも盛り上がりそうですね。
幼稚園児くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 自立?  掲載日:2017/6/16
しげちゃんとじりつさん
しげちゃんとじりつさん 作: 室井 滋
絵: 長谷川 義史

出版社: 金の星社
『しげちゃん』の続編。
女優である室井滋さんの自伝エピソードのようですね。
小学生になったしげちゃんには、心配事がたくさんあるのですね。
おばあちゃんっ子であることから、「自立を!」と言われ、悩むわけです。
ということで、その悩みが「自立さん」というお化けで立ち上ります。
昔ながらの日本家屋ならではのエピソードでしょうか。
昭和の香りがします。
あとがきによると、おばあちゃんもそれなりに頑張ったようですね。
確かに、子どもとしては大変な体験談。
でもやっぱりほほえましいです。
長谷川さんの絵も、昭和テイストに寄り添って、軽快です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 奥が深い  掲載日:2017/6/16
たまごのカーラ
たまごのカーラ 作: 風木 一人
絵: あべ 弘士

出版社: 小峰書店
色々な方とコラボされている風木一人さん。
あべ弘士さんが絵を添えているのですが、
化学反応というのか、あべさんの新境地を見た印象です。
題名にまず惹かれました。
うーん、なるほど。
つやつやお肌のような容姿に納得。
そして、冒頭から衝撃的な展開が!
たまごのカラから、無事トカゲの子(!)が生まれますが、
お礼も言わずにさっさとどこかへ行ってしまうのですね。
その腹立たしさをエネルギーに(?)、カラはカーラと名乗り、
たくましく生きていくのです!
このあたりから、子離れした母のたくましさが感じられます。
自然界で生き抜く姿は、あべさんの絵が得意分野とするところ。
その迫力や美しさは逸品です。
ラストでは、まさかの再会。
その潔さがかっこよく、子の言動にもジーン。
実に奥の深い作品。
小学生くらいからでしょうが、思春期の子どもたちや大人にも、ぜひ。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 日中に起こる幻想  掲載日:2017/6/16
真昼の夢
真昼の夢 作: セーラ・L・トムソン
絵: ロブ・ゴンサルヴェス
訳: 金原 瑞人

出版社: ほるぷ出版
『IMAGENE A DAY』が原題。
『終わらない夜』を読んだ後だったので、その光がまぶしく感じました。
トリックアートなのですが、まさに白昼夢。
こんなに明るい世界で、こんなことが起こっていいの?と感じました。
決して違和感のある絵ではないのに、どこかで空間がねじれている?
とういうか、違う世界に溶け込んでいる、でしょうか。
私は内表紙の帆船がお気に入りです。
家の周りの堀も素敵です。
あ、ジグゾーパズルも、図書室も捨てがたいですね。
二次元の絵の情報から、読者の脳に取り込まれて三次元に再生される時の
トリック。
この驚きは、読者自身が作りだしたものなんですから、
まさに「IMAGENE」。
軽やかな世界を、じっくり楽しんでほしいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 次の瞬間  掲載日:2017/6/14
夢にめざめる世界
夢にめざめる世界 作: ロブ・ゴンサルヴェス
訳: 金原 瑞人

出版社: ほるぷ出版
『IMAGINE A WORLD』が原題。
そう、その壮大な世界を楽しみましょう。
ロブ・ゴンサルヴェスによるシュールな作品に、自ら文章を添えた作品。
それだけに、その世界観がよりクリアーになっている印象です。
文章に耳を傾けながら、絵に目を向けると、
次の瞬間、本来は存在しない空間が立ち上ります。
それは、ごく自然に、いつの間にか。
その飛翔が鮮やかです。
アインシュタイン?も座布団一枚!の鮮やかさです。
私のお気に入りは、図書室の光景。
「本の1ページから すべてがはじまる。」
金原さんのスタイリッシュな訳文に、ため息です。
表紙にもある絵もお見事。
1枚の絵で2枚以上の見ごたえです。
シュールな世界へ、五感を研ぎ澄ませてみませんか。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 見栄っ張りの腕自慢  掲載日:2017/6/14
狂言えほん そらうで
狂言えほん そらうで 作: もとした いづみ
絵: たごもりのりこ

出版社: 講談社
狂言えほん。
題名は漢字表記では空腕、つまりは、見栄っ張りの腕自慢ということのようですね。
もちろん、そこで騒動が起こるのが、狂言の笑いどころです。
おなじみの太郎冠者が、夕暮れ時に主人からお使いを頼まれます。
いつも強がりの言動に、刀も貸されて、しぶしぶ夜道を進みますが、
案の定、びびってしまう訳です。
心配な主人のいたずらも加わり、太郎冠者の見栄っ張りぶりが笑えます。
一種のとんち問答のような展開ですが、太郎冠者の頭の回転の速さに脱帽です。
小学生くらいから楽しめると思います。
参考になりました。 0人

4699件中 21 〜 30件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『へんてこレストラン』 <br>古内ヨシさん 竹内通雅さんインタビュー

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット