キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

4777件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 豊潤な日本語  掲載日:2017/8/20
つけたしことばの本
つけたしことばの本 書: だんきょうこ
絵: ニシワキタダシ

出版社: 高陵社書店
『おのまとぺの本』の次は、つけたし言葉ですって。
驚き桃の木山椒の木、のように、勢い余って言葉遊びのような付け足しがある言葉ですね。
確かにどこかで聞いたことがある物がたくさんあります。
もちろん、ナンセンスな付け足しですから、自分でも作ってみよう、という趣向です。
ただ、かなり高レベルであることに間違いありません。
でも、豊潤な日本語であるつけたし言葉、やはり知っておいてほしいですよね。
幼稚園児くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 影がポイント  掲載日:2017/8/20
みつこととかげ
みつこととかげ 作・絵: 田中 清代
出版社: 福音館書店
題名からして違和感がありますね。
女の子とトカゲが友だち?
さらに、中表紙では、不思議な影が!
なるほど、トカゲだけに、影がキーポイントのようです。
みつこがトカゲと散歩。
どうやらペットのようなんですが、このトカゲ、しっぽが青いのです。
そしてゆく先々で不思議な体験が待ち構えています。
よおく見てみると、ところどころ、影が平仮名を映し出しています。
そして、やはり、田中清代さんといえば、あのお方(『トマトさん』)
が堂々と登場しているではありませんか!
カラフルな鳥たち、カラフルなしっぽ、おばけたちなど、不思議な世界です。
一風変わった作風にビックリです。
幼稚園児くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 表情を楽しむ  掲載日:2017/8/19
お?かお!
お?かお! 作: ひらぎ みつえ
出版社: ほるぷ出版
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
ほるぷのしかけえほん。
顔を舞台に、口や鼻、舌を動かすシンプルな仕掛け絵本です。
題名も絶妙なネーミング、何より表情が面白いです。
表情というものに着目した点がいいと思います。
こんな仕掛けなら、小さい子でも指で動かして楽しめそうです。
あっかんべえ、もツボですが、ラストの表情はフィナーレに最適。
あっぱれです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 書家による字本  掲載日:2017/8/19
おのまとぺの本
おのまとぺの本 書: だんきょうこ
イラスト: ニシワキタダシ

出版社: 高陵社書店
書家による字本ということで手に取りました。
まず装丁が魅力的です。
糸綴じコデックス装、表紙は凸凹があり、文字がなぞれます。
また、紙質も絶妙に裏の気配があり、書の世界にピッタリ。
もちろん、字は、書の濃淡や筆質が存分に発揮井されています。
テーマはオノマトペということで、最初のページの字からその場面を想像し、
次のページで答え合わせ、というもの。
なんと、裏から逆バージョンで楽しめるようですね。
絵は、キャラも行動も脱力系ですが、味がありますね。
ラストの言葉にあるように、言葉と友だちになる作品。
オノマトペの楽しさも体感してほしいですよね。
おはなし会には少し難しいですが、小さい子から手に取って楽しめそうです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 電車の醍醐味  掲載日:2017/8/19
でんしゃガタゴト
でんしゃガタゴト 作: ひらぎ みつえ
出版社: ほるぷ出版
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
ほるぷのしかけえほん。
子どもたちの大好きな電車の醍醐味は、動いていること。
その動きを仕掛けで実現したのはすごいことですよね。
ただやはり、車窓や動きなどには限界があるようで。
厚紙仕立てで配慮されてはいますが、小さい子が動かすのにはやや難しいかもしれません。
ただ、ラストはなかなかの秀作。
車庫入りが実に見事で、フィナーレにもピッタリです。
何より、電車大好き父子の姿が素敵です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 夏の海の音  掲載日:2017/8/19
なつはひるね
なつはひるね 作: 村上 康成
出版社: フレーベル館
村上康成さんの水辺の絵が好きです。
表紙の大胆な構図のリアリティ、素晴らしいです。
南の海辺の光景を描きます。
独特のオノマトペが心地よいです。
波の音、海の生きものたち。
知らない生き物が出てきたら、調べてみましょう。
コブシメってイカ、初めて知りました。
ウメイロ、きれいな色の魚ですね。
そうそう、浜辺で雲を眺めたら、こんなこと、よくあります。
突然のスコールも迫力満点。
赤い鳥のアカショウビンの鳴き声、本物を聞いてみたいです。
でもやはり、こんな音たちをBGMに、ハンモックでの昼寝って最高です。
音読してこその作品、ぜひ五感で感じ取ってほしいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい シロクマだからこそ  掲載日:2017/8/19
あま〜いしろくま
あま〜いしろくま 作・絵: 柴田 ケイコ
出版社: PHP研究所
『おいしそうなしろくま』での強烈な印象も冷めやらぬうちに、
おやつバージョンですって。
よくよく考えたら、もうすでに、アイスで商品があるじゃないですか!
妙に納得してしまいました。
で、またまた表紙から、違和感なく鎮座しているシロクマくん。
おやつに同化して!?食べたいという妄想です。
中でも、かき氷やアイスクリームは、文句なしです。
もちろん、生クリーム、綿あめにも拍手!
ドーナツも楽しそう!
再びラストで、願いが成就とは、脱帽です。
家族愛もうれしい作品です。
幼稚園児くらいから、盛り上がりそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いとこたちが来てんやわんや  掲載日:2017/8/19
くりちゃんとピーとナーとツー
くりちゃんとピーとナーとツー 作: どい かや
出版社: ポプラ社
ハムスターのくりちゃんの世界。
いとこの、ピー、ナー、ツー、3人がやってきて、てんやわんやのくりちゃんです。
部屋遊びに外遊び、食事のリクエスト、くりちゃん大活躍ですね。
もちろんヘトヘトなんですが、なんとこの3人、
お片付けにマッサージ、皿洗い、と、意外なところで大活躍なんて、嬉しいです。
何より、このとびっきりの笑顔が素敵です。
ほっこりな生活がくりちゃんならでは。
癒されます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ひまわりの一生を絶妙なアングルで  掲載日:2017/8/19
ひまわり
ひまわり 文・絵: 荒井 真紀
出版社: 金の星社
馴染みのあるひまわりですが、種のでき方とかは意外に知らないのではないでしょうか。
ひまわりの一生を絶妙なアングルで丁寧に解説した作品です。
まるで語りかけるような文章が心地よいです。
リアルな絵はもちろんのこと、ポイントポイントで、分かりやすいアングルによる解説は
とてもありがたいです。
葉が重ならないように伸びるところは、下からのアングルで、納得の迫力です。
ひまわりの花って、二種類の花が集まってできているのですね。
それをばらして並べてある図は圧巻です。
もちろん、種を並べてあるページも、実際の大きさや数が体感できますね。
ひまわり、身近に感じると思います。
小学生から、ぜひ。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 登場音にワクワク  掲載日:2017/8/19
ぱかっ
ぱかっ 作: 森 あさ子
出版社: ポプラ社
はじめてえほん。
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
表紙の絵で分かるように、いろいろな物が「ぱかっ」と登場する趣向。
やはりこの登場音が魅力的です。
コラージュでしょうか、センスある配色がポップで楽しいです。
後半はやや高度ですが、はまると子どもたちにはツボになりそうです。
大人もやられた!と思いますよ。
参考になりました。 0人

4777件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ

どんぐりころころ どんぶりこ〜 まるごと、うたえる絵本!

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット