すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

4602件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う おやすみ絵本?  掲載日:2017/3/3
しきぶとんさん かけぶとんさん まくらさん
しきぶとんさん かけぶとんさん まくらさん 作・絵: 高野 文子
出版社: 福音館書店
寝入る時、寝具にこんな視点があれば、ぐっすり眠れそうですね。
男の子が寝る時に、寝具たちに語りかけます。
もちろん、寝具たちも、任せとけ、とばかりに力強い返答をくれます。
おお、これは心強いですね。
子どもにとって、眠る時も、こんな悩みがあったとは。
なるほど、再発見です。
親にとっても、斬新な視点だと思います。
一種のおやすみ絵本とも言えますね。
シンプルですが、素敵な発想に、拍手!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 北からも南からも  掲載日:2017/3/3
しんかんせんでいこう 日本列島 北から南へ
しんかんせんでいこう 日本列島 北から南へ 作・絵: 間瀬 なおかた
出版社: ひさかたチャイルド
乗り物では一押しの間瀬なおかたさんが、新幹線!?
これはチェックしなくてはなりませぬ(笑)
日本列島北から南へ、と副題がついていますが、
なんと、裏からも、日本列島南から北へ、と読めるようになっています。
す、素晴らしい!
いつの間にか、日本列島いたるところに新幹線が出来ていたことに、
愕然です。
新幹線に注目した作品ですが、日本列島を細かく俯瞰した絵が秀逸です。
各地の名所や、私鉄などのローカル線までびっしり網羅されているので、
きっとお住まいの地域が見つかります。
かくいう、ローカル線の地元がしっかり描きこまれていて、感動しました。
ちょっとした地理の勉強にもなりそうです。
大人もうなるクオリティです。
旅行気分も味わえそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい すごい!  掲載日:2017/3/3
でんしゃのしりとり
でんしゃのしりとり 出版社: 交通新聞社
交通新聞社が出版しているとあって、気合を感じました。
電車の写真絵本なのですが、電車の名前がしりとりになっています。
そんなにバリエーションがあるのか!と感動しました。
ともあれ、有名どころはもちろんのこと、レアなものまでラインナップされているので、
大満足です。
もちろん、詳しい解説も添えてあり、大人でも読みごたえがあります。
電車好きの子なら、これで平仮名に親しむのも夢ではありません。
アングルもそれぞれ凝っていて、美しいです。
特に電車に関心がなくても惹きつけられるオーラがあります。
このクオリティに脱帽です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ご近所さんのラインナップがすごい  掲載日:2017/3/3
たのしいひっこし
たのしいひっこし 作: 岡田 よしたか
出版社: 小学館
題名は軽快ですが、岡田よしたかさんですもの、油断してはなりませぬ。
ほら、表紙から、ただならぬ予感が!
引っ越ししてきたはるおくん、早速街を探検します。
ご近所さんにご挨拶、なのですが、
しょっぱなから、不可解な犬と猫の家に遭遇。
その犬と猫からご近所さんを紹介してもらうのですが、
またさらに輪をかけたくせ者のご近所さんが登場します。
軽快な関西弁が、間の抜けた世界を、なんでやねん!と突き抜ける感じです。
ついには街の俯瞰図も登場しますが、まだまだ突っ込みどころがありますね。(笑)
奇想天外ですが、あっという間にご近所さんと仲良くなるはるおくんがあっぱれだ!
と思いました。
やはり小学生くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 作者の想い  掲載日:2017/3/3
ひげらっぱ
ひげらっぱ 作・絵: ザ・キャビンカンパニー
出版社: ひさかたチャイルド
ひげへの憧憬、でしょうか。
ぷーたくん(これまた妙なネーミング!)が拾ったラッパは
吹くと相手にひげを生えさせるのです。
ということで、いろいろな物にひげが生えてしまうということなんですね。
なるほど、ひげとラッパ、妙に相性がいいですね。
画風も無国籍です。
単純に、想像力を楽しむ作品だと思います。
作者のあとがきも滋味深いです。
なるほど、ひげって、奥が深そうです。
幼稚園児くらいから楽しめそうです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 言葉遊びも  掲載日:2017/3/3
すなばばば
すなばばば 作・絵: 鈴木 のりたけ
出版社: PHP研究所
砂場って、子どもにとっては魅力的な物ですから、
表紙から、そのワクワク感がたまりません。
表紙の女の子が、砂場遊びをしていたら、異界を体験するストーリー。
題名にもなっていますが、そこに言葉遊びも付随するわけです。
この砂、かなりさらさら度合いが高くて、抵抗感も少なそうです。
しかも後半には水分もプラスされますが、あくまで、さら砂が主役。
この点はかなりポイントが高いと思います。
発想の豊かさも申し分ありませんね。
幼稚園児くらいから、食いつきそうですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う みかん考  掲載日:2017/2/28
みかんです
みかんです 作・絵: 川端誠
出版社: 文化出版局
『りんごです』『バナナです』『いちごです』と同じ趣向ですね。
さながら、みかん考。
やはり、冬にみかんは外せませんね(笑)
みかんの種類とか、内容はやや高度なので、幼稚園児以上くらいからでしょうか。
こたつやあぶり出し、などはもう昭和世代の遺物かもしれませんが。
それでも、みかんに思いをはせてみるのも、いいですね。
きっぱりとした題名に、拍手!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 車両を地下に運ぶ方法  掲載日:2017/2/28
ちかてつのふしぎ
ちかてつのふしぎ 絵: 溝口 イタル
出版社: 交通新聞社
そう、誰でも疑問に思う地下鉄の謎、車両を地下に運ぶ方法が解説してあります。
な、なるほど、こういう手順なのですね。
観音開きのワイド画面での解説に、納得です。
ただ、東京の地下鉄を例にとって解説してあるので、
東京の鉄道に馴染みのない人には、ややとっつきにくいかもしれません。
でも、それだけに、東京の入り組んだ地下鉄の魅力もたっぷり実感できると思います。
地下鉄、やっぱりすごいです。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う 海水を飲み干す  掲載日:2017/2/28
うみのそこたんけん
うみのそこたんけん 文: 中川 ひろたか
絵: 澤野 秋文

出版社: アリス館
水中写真のような素敵な表紙の絵に、そんなイメージを抱いていたのですが、
さにあらず。
男の子が海の底を見て見たいと、念じたら、
海坊主(!)がその願いをかなえてくれたというのです。
なんと、海坊主が海水を飲み込んで、海底が出現するという、
大胆な展開です。
海の生き物を愛でるというよりは、海底もまた地球の一部であることを体感するイメージです。
この視点は、海だけを見ていたらなかなか実感できない発想ですが、
なるほど、一目瞭然、リアルです。
もちろん、酸素ボンベをつけたりなど小細工をしなくても、
深海の様子を目撃できますよ。
そう、この陸地感が大事だと思います。
海坊主の、おとぼけですが人懐っこい造形もツボでしょうか。
小学生くらいからがよいと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 名古屋発ですが、突っ込み満載(笑)  掲載日:2017/2/28
カレー地獄旅行
カレー地獄旅行 作: ひげラク商店
出版社: パイインターナショナル
カレー大好きですが、野菜嫌いのみちひとくんが迷い込んだ?カレー地獄の世界。
名古屋を拠点にする作家さんですが、とにかく、突っ込みどころ満載です。
要はダジャレが効いたネーミングがあちこちに。
スパイスの効いた食育絵本、といったところでしょうか。
かなりエグイ地獄描写もありますが、程よく笑いに変えている感です。
昭和なファッションや調度は、どちらかというと、大人受けするかもしれませんね。
かなり盛り込んであるので、小学生くらいからでしょうか。
参考になりました。 1人

4602件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ

「学研の幼児ワーク」<br>編集者・工藤香代子さんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット