貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

5050件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 命を伝える  掲載日:2018/5/21
ダンスをする魚のなぜなぜなぜ?
ダンスをする魚のなぜなぜなぜ? 作: かこ さとし
出版社: 小峰書店
トゲウオの生態から、命を伝える仕組みについて語ってあります。
ダンスをするという習性で、知的好奇心をくすぐられますね。
かこさとしさんが、丁寧な絵で、巣作りから子育てといった、魚の一生を見事に示してくれています。
そして何より伝わってくるのは、命を伝えるという、生物の本能。
もちろん、かこさん流のメッセージも整理してまとめてあります。
何より、あなたも大切な命ということが体感できると思います。
生物である人間。
今一度再認識したいものです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う レベルは高いです  掲載日:2018/5/21
あかえほん
あかえほん 著: Taji
出版社: 成美堂出版
小さい子向けに装丁されていますが、内容レベルはかなり高いです。
赤色の物を図鑑仕立てで紹介してあります。
野菜には赤玉ねぎ、果物にざくろ、植物にポインセチア、
さらには、赤色のある国旗まで。
ただ、やはり赤色は目を惹きますし、赤色を体感する、という意味では、
小さい子にもいいかもしれません。
あらためて、赤色って、バリエーションが多いと感じました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う かぞえるということ  掲載日:2018/5/21
かずのえほん
かずのえほん 作: いもと ようこ
出版社: 金の星社
乳児・小さい子向けおはなし会用にセレクト。
1から10まで、動物たちを数える趣向です。
もちろん、頭、匹など、数え方の種類は小さい子には難しいかもしれませんが、
かわいい動物たちを眺めているだけでも楽しめそうです。
むしろ、数えるということ、を体感する作品といえると思います。
数える楽しさを味わってほしいです。
10が指というのも斬新です。
もちろん、おはなしゆびさん風に発展してもいいですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 父子関係も  掲載日:2018/5/21
おかあさんといっしょ!おとうさんといっしょ!
おかあさんといっしょ!おとうさんといっしょ! 作・絵: いもと ようこ
出版社: 金の星社
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
題名そのまま、動物たちの母子・父子の様子を描きます。
やはり、いもとようこさんの紡ぎだす動物像が愛らしいですね。
注目は、父子像もしっかり描かれていること。
お父さんの口の中で育つ魚(テンジクダイ?)、
抱卵するタツノオトシゴ、
ひなをまもるペンギン。
ちょっとした科学絵本のようですね。
親子の絆をたっぷりと体感できそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 自然と一体化  掲載日:2018/5/21
さとやまさん
さとやまさん 文: 工藤 直子
写真: 今森 光彦

出版社: アリス館
題名がいいですねえ。
自然と人間が程よい関係にある里山を、「さん」付けすることで、
自然と一体化するような感覚です。
ナビゲーターは、生き物の息遣いを語るのが素敵な工藤直子さん。
自然を素晴らしいアングルで届けてくれる今森光彦さんの写真ですから、
息を呑む美しさです。
五感が澄まされる、そんな気がしました。
里山の四季と、そこここの、生き物たちの姿。
「ありがとう」というメッセージ、大切にしたいと思いました。
小学生くらいから、感性を澄ませて味わってほしいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 寒い日営業  掲載日:2018/5/18
ワタナベさん
ワタナベさん 作・絵: 北村 直子
出版社: 偕成社
表紙からピンときますね。
そう、鍋が主人公なのです。
黒電話にちゃぶ台のある、昭和なお店の鍋、ワタナベさん。
寒い日営業のお店には、鍋持参のお客さんがやってきて、
煮込み料理を買い求める、という訳ですね。
出来上がる様子はちょっとしたファンタジーですが、納得のクオリティ。
そんなお店に、ナポリタンを所望する男の子がやってくのですが、
ワタナベさんは見事、一つ鍋で完成させます。
もちろん、巻末にはレシピまで。
独特の風合いの画風は、まろやか、ほっこり。
やはり寒い日に読んであげたいですね。
幼稚園児くらいから楽しめそうです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う イヤイヤ期  掲載日:2018/5/18
すこしはきれいに
すこしはきれいに 作・絵: いとう ひろし
出版社: 講談社
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
イヤイヤ期全開の男の子の独白です。
そう、両親から注意されることの多い、衛生上のこと。
手洗い、うがい、お風呂などなど、確かに面倒ですよね。
そしてここからの妄想が子どもらしいというか…。
おさるさんと間違われて、って、確かにその比較、説得力ありますね。
改心する様子も、滑らか(笑)
何より、男の子自ら気づいているところが素晴らしいと思います。
きっと、読み聞かせているお子さんにも届くと思います。
そう、題名の「すこしは」がミソ。
無理強いさせず、少しずつ見守るまなざしが嬉しいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う パンツの良さ全開  掲載日:2018/5/18
ぱんつもいいな
ぱんつもいいな 作・絵: いとう ひろし
出版社: 講談社
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
トイレトレーニングに良さそうですね。
男の子の独白で進みます。
名残もあるけど、赤ちゃんや虫、鳥、魚、動物たちとは違うんだ!
パンツデビューしたての誇らしさが伝わってきます。
いとうさんが描くほんわかな造形に、この表情がいいですねえ。
最後、両親の反応も絶妙です。
子育てのヒントにもいいかもしれません。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おこさまランチへ  掲載日:2018/5/18
じかんだよー!
じかんだよー! 作: さいとう しのぶ
出版社: 白泉社
表紙から、おいしそうなキャラクターが躍動しています。
さいとうしのぶさんですもの、期待が高まります。
キッチンを舞台に、プチトマトの号令で、お皿にお料理が集合、ということですね。
ハンバーグ、オムライス、サラダ。
エビフライを探しに行くと、不思議な光景にも出会います。
フライヤーという調理器具が目新しいですね。
シンプルですが、調理の様子がよくわかります。
もちろん、メニューはおこさまランチ!
なんと、フェルトで作るお子様ランチの型紙付き。
作成手順も興味深いです。
軽快な展開に、ごちそうさま。
幼稚園児くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい とうもろこしの豆知識  掲載日:2018/5/18
やさいのがっこう とうもろこしちゃんのながいかみ
やさいのがっこう とうもろこしちゃんのながいかみ 作: なかや みわ
出版社: 白泉社
野菜の知識も学べる「やさいのがっこう」、今回はとうもろこしです。
なるほど、特徴的なひげを、髪と見立てたのですね。
転校生のとうもろこしちゃんとの交流で、その長い髪の秘密が明らかになります。
一本一本が、実のもとだとは、私も知らなくてびっくり。
もちろん、友情たっぷりの展開にほっこりです。
そして、「つやよし」「いろよし」「かたちよし」と評価してくれる、
やおやのおじさんの存在感が素敵です。
とうもろこし、今夏はよおく観察してみましょう。
いつもついている食育しんぶんも豆知識たっぷり。
大満足です。
幼稚園児くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

5050件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ

『こびと桃がたり』 なばたとしたかさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット