たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

4974件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 雪景色から春へ  掲載日:2018/3/29
とりのうた
とりのうた 作: すえのぶひろこ
絵: さこ ももみ

出版社: 教育画劇
作者はフィンランド文学の研究者のようですが、
美しい日本語が印象的です。
小鳥が見かけた、雪景色から春への情景を描いてあります。
小さい子向けの絵本の絵のほんわり感が印象的なさこももみさんが、
春の訪れを優しいタッチで描写しています。
前半は、雪景色の冬が丁寧に描かれ、後半の春の喜びへといざないます。
独特のリズムと丁寧な文章は、耳に心地よいですね。
たっぷりと春を味わいましょう。
幼稚園児くらいから、体感してほしいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい あ! たしかに!  掲載日:2018/3/29
おさかなどろぼう
おさかなどろぼう 作・絵: いしい ひろし
出版社: PHP研究所
ルラルさんシリーズのいしいひろしさんの作品です。
表紙から漂う、主人公の猫の、この何とも言えない表情がたまりません。
お魚泥棒って、おどろおどろしいですが、
いしいさんが描く猫は、脱力系のトラです。
ふむふむ、クマさんのお魚を狙っているようですが、一筋縄ではいかないのですね。
意外に神経質なトラの行動が面白いですね。
脱力系なのに、まさしく、ハラハラドキドキ。
それに対するクマさんの反応も自然体だけに絶妙です。
「あ! たしかに!」というセリフが効いています。
まあ、大団円の結末がお見事じゃあないですか。
幼稚園児くらいから、まったりと楽しみたい作品だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい やまんばの孫娘  掲載日:2018/3/29
だるまちゃんとやまんめちゃん
だるまちゃんとやまんめちゃん 作・絵: 加古 里子
出版社: 福音館書店
だるまちゃんの今度のお相手は、なんと、山姥の娘、やまんめちゃんです。
祖母(山姥)の病気を治すために薬草摘みしていたところでだるまちゃんと出会うのですね。
薬草は、昔の人々の知恵そのものです。
そのあたりも体感したいものです。
やまんめちゃんのおうちに行って、木の葉で作った鳥で遊ぶあたりも、
素朴なおもちゃが素敵です。
ところが、だるまちゃんが崖から転落するハプニング。
救出するくだりは、みんなの表情が必死で、自然と向き合う迫力を感じました。
お見舞いの品、お返しの品。
ちょっとした心遣いも感じ取りたいです。
おどろおどろしいイメージの山姥ですが、自然と一体化したような存在と思えば、
付き合えそうですね。
やまんめちゃんの造形も、素朴ながら、女の子らしい髪飾りなど、
意外にキュートです。
巻末の作者の言葉も滋味深いです。
共存共生の精神、大切にしたいです。
小学生くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おばけの集まり  掲載日:2018/3/29
だるまちゃんとはやたちゃん
だるまちゃんとはやたちゃん さく・え: 加古 里子
出版社: 福音館書店
福島に伝わる、猪早太(いのはやた)伝説から着想した作品だそうですね。
平安時代に鵺(ぬえ)退治した源頼政と従者猪早太がモデルですから、
だるまちゃんがはやたちゃんと出会い、おばけの集まりにやって来たのですね。
古めかしいおばけのオンパレードですが、それぞれ由来がありそうですね。
もちろんハプニングもありますが、唖然のラストにびっくりです。
桃源郷のような、混沌とした世界はお見事です。
日本古来のおばけの世界、体感してほしいです。
小学生くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい セルロイドのオルゴール人形  掲載日:2018/3/21
オルゴールのくるくるちゃん
オルゴールのくるくるちゃん 作: こみねゆら
出版社: 講談社
セルロイドの人形の、波乱万丈の物語です。
小さな女の子と暮らしていたお人形のくるくるちゃん。
いつしか時が流れ、博物館の中のオルゴール人形となっていたのですね。
ところが、セルロイドということもあり、他の陶器の人形とうまくいかず、
疎まれた挙句、風に飛ばされ、数奇な運命に。
転機はクリスマスの頃でしょうか。
老婦人が気付いてくれる、ドラマティックな展開です。
ずっと変わらない人形と、持ち主の時の流れが、実に対比的です。
小学生くらいから、しみじみ味わってほしいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい とんちん軒のラーメン  掲載日:2018/3/21
ふしぎなおきゃく
ふしぎなおきゃく 作: 肥田 美代子
絵: 岡本 颯子

出版社: ひさかたチャイルド
題名と表紙から、一気に引き込まれます。
とんちん軒のラーメンを食べに来る不思議なお客のエピソードです。
帽子を目深にかぶり、マフラーとコートで、表情が見えないのもミステリアス。
もちろん、終盤には、数々の謎がスルスルと明らかになります。
1981年初版ということもあり、昭和感たっぷりです。
でも、なんといっても、描かれたラーメンの素朴なおいしさが伝わってきます。
やはり冬場に読んであげたい作品でしょう。
小学生くらいから、共感できると思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 郵便体験  掲載日:2018/3/13
ゆうびんです!
ゆうびんです! 作: 日本郵便オフィスサポート株式会社
絵: play set products
監修: 日本郵便株式会社

出版社: フレーベル館
なんと、日本郵便監修の郵便理解作品なのですね。
マスコットキャラクター、ぽすワンちゃんが案内してくれますよ。
主人公の男の子がおばあちゃんに手紙を出すのですね。
郵便番号と住所を書いて、切手を貼って、ポストに投函。
考えてみれば、これだけでどこにでも届けてもらえるって、
この郵便制度の偉大さを実感しますね。
注目は、郵便局内の処理の様子も詳しく描かれていることです。
多くの人々によって支えられている郵便制度、あらためて感謝の念を抱きます。
昨今、手紙を書く機会が少なくなっている子どもたちにとっては
ありがたい作品だと思います。
空飛ぶ切手という造形が素敵ですね。
小学生くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 安心しておやすみなさい  掲載日:2018/3/12
ねんねのうた
ねんねのうた 作: えがしら みちこ
出版社: 講談社
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
題名の通り、ねんねの時、安心しておやすみなさい、のメッセージをたっぷり感じられる作品です。
こうちゃんが、いろいろな音の不安を訴え、ママが素敵なイメージで返答するストーリー。
確かにこんなふうに思えたら、安心して眠りにつくことができそうです。
不安なイメージは、おばけちゃんとして残りますが、
かわいいから親しみやすいですよね。
これはうれしいです。
お休み前にぴったりの作品だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 沖縄を体感  掲載日:2018/3/12
だるまちゃんとキジムナちゃん
だるまちゃんとキジムナちゃん さく・え: 加古 里子
出版社: 福音館書店
だるまちゃん、夏の沖縄体験記ですね。
だるまどんと、沖縄のいしみね先生を訪ねただるまちゃん。
お祭りを見学させてもらったり、森を探検してのエピソードですね。
そこで出会ったのが、赤茶けた体の子ども、キジムナちゃん。
ガジュマルの木の近くに住むなど、有名なキジムナーそのままの造形です。
後半は、だるまどんといしみね先生がハブに襲われた所を、
だるまちゃんとキジムナちゃんが助ける、スリリングな展開。
沖縄の様子がたっぷりと忠実に描かれていますね。
沖縄の古い神々の様子も体感できます。
小学生くらいから、沖縄学習にもいいと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 可視化がありがたい  掲載日:2018/3/12
あぶくたった
あぶくたった 構成・絵: さいとう しのぶ
出版社: ひさかたチャイルド
有名なわらべ歌で、メロディーもよく知られていると思います。
ただ、歌詞だけではイメージがわきにくいと思いますので、
絵本として可視化してくれたのはありがたいです。
お汁粉用の小豆を煮ている様子ですね。
作品としては、煮上がったところまでですが、
確か続きもあったはず、と調べたら、記憶にある歌も蘇ってきました。
そうそう、布団を敷いて、電気を消して、音が聞こえて・・・。
鬼ごっこのような遊びだったでしょうか。
やはりわらべ歌は大切にしたいものです。
それだけに、貴重な作品だと思います。
小さい子から紹介したいです。
参考になりました。 0人

4974件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ

『タヌタヌ探偵〜水玉シーツ事件〜』<br>アートユニット”uwabami”インタビュー

出版社おすすめ

  • はるがきた
    はるがきた
    作・絵:ロイス・レンスキー 訳:さくま ゆみこ 出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
    おひさま ぽかぽかかぜは さわやか
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット