マスク マスク
作: 福井 智 絵: 林 なつこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
自分じゃ気がつけない、すてきなところ【絵本テキスト大賞受賞作】

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

4778件中 4591 〜 4600件目最初のページ 前の10件 458 459 460 461 462 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 「泣く」って?  掲載日:2005/6/10
ないた
ないた 作: 中川 ひろたか
絵: 長 新太

出版社: 金の星社
子どもの視点からの「泣く」って?
前半はいろんな場面での「泣く」。
後半は大人の「泣く」って?
素朴な疑問がかえって味わい深いです。
お布団の中でのお母さんの涙って???
大人にとっても、泣くことについてしみじみ感じさせられる絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい スウェーデンの子ども達の夏  掲載日:2005/6/8
おひさまがおかのこどもたち
おひさまがおかのこどもたち 作・絵: エルサ・ベスコフ
訳: 石井 登志子

出版社: 徳間書店
北欧の子ども達が自然のなかでに伸びやかに生活している様子が描かれています。
子ども用の畑での野菜作り、野いちご摘み、水遊び・・・。
べスコフの絵は自然や子ども達の様子を優しいまなざしで描いています。
兄と妹二人、それぞれの個性が面白く、さりげない妹への気配りがうれしいです。
また、「夏至まつり」という北欧の行事も描かれます。
ラストは白夜に注目。
まだ空が明るいのに「おやすみなさい」の時間なんです。
ちょっとした北欧体験ができますね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う やってきました、雨の季節  掲載日:2005/6/8
あめあめあれれ
あめあめあれれ 作: 梅田 俊作 梅田 佳子
出版社: 童心社
梅雨の時期は降り続く雨に親子共にうんざりしませんか?
そんな時には発想を変えて、この絵本のように雨を楽しんでみませんか?
耳を澄ませば、いろんな雨のメロディーが聞こえてきます。
レインコートを着た女の子はいろんな音と戯れます。
梅田夫妻の優しいまなざしがそこここに感じられます。
そうそう、中表紙からお話は始まっています。
裏表紙もしっかり見届けてください。
文章では一言も出てきませんが、
この女の子はお父さんに傘を届けに行ったのでした。
どうりで大きな傘です。
残念ながら雨は上がったけど、
お父さんは娘を肩車し、傘をさして、
きっと娘の体験談にうんうんと目を細めているのでしょうね。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 暗唱したくなる楽しさ  掲載日:2005/6/6
あしたのてんきは はれ? くもり? あめ?
あしたのてんきは はれ? くもり? あめ? 作・絵: 野坂勇作
出版社: 福音館書店
天気は一番身近な自然観察です。
この絵本では「ゆうやけは、はれ」
「かさぐもは、かぜとあめ」
「おつきさんがかさをかぶると、くもり」
など、実際に空の様子や雲などを見て天気予報するのです。
是非声に出して読んでみましょう。
詩的だけど生活に役立つ文章ばかり。
思わず子どもと一緒にノートに書き留めました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 天気予報ってたのしいな  掲載日:2005/6/6
やまださんちのてんきよほう
やまださんちのてんきよほう 作: 長谷川 義史
出版社: 絵本館
天気予報の言葉遊び、でしょうか。
やまださんちの天気はめまぐるしく変わります。
どんなのかはお楽しみに!です。
「ごごいちじ にわかあめ」など、どんな絵を想像しますか?
それぞれ展開する絵の中の隠れストーリーをお楽しみください。
天気予報の表現の豊かさをしみじみ感じます。
表紙の裏には「あさやけはあめ」など、天気予報の豆知識もあります。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 体の中の水  掲載日:2005/6/6
水を食べる!
水を食べる! 作: 足立 己幸 越智 直実
絵: ひろのみずえ

出版社: 大日本図書
『かがくだいすき』シリーズの1冊、ということで、小学生中学年以上向けでしょうか。
栄養の一つとしての水について、家族の会話形式でわかりやすく説明してくれます。
食育絵本としてもいいですね。
水分を取ること、そして野菜を取ることの大切さなど、親子で納得できます。
「水を食べる」、なかなか素敵な視点だと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい アートな街へようこそ  掲載日:2005/6/5
絵のあるまちバルセロナ
絵のあるまちバルセロナ 作: 森枝雄司
絵: なかがわ ちひろ

出版社: 福音館書店
『びじゅつのゆうえんち』シリーズの1冊。
街中芸術作品であふれるスペインのバルセロナ。
その魅力を写真で紹介しています。
厳密には絵本とは言いがたいのですが、
どの写真もアート!
まさに絵本の中に迷い込んだようです。
ガウディやミロ、ダリなどの画家の紹介もあり、
まさに美術の遊園地です。
無名の人が日常的に浜辺で砂の彫刻をしていて、
それは見事な作品ですよ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 生き物がいっぱい!  掲載日:2005/6/3
みんないきてる みんなでいきてる!
みんないきてる みんなでいきてる! 作・絵: エリック・カール
訳: くどう なおこ

出版社: 偕成社
『はらぺこあおむし』エリック・カールさんと詩人の工藤直子さんのコラボレーション。
ページ数が多いのですが、ぐいぐい読めます。
見ごたえたっぷり、大満足です。
原作は『Animals Animals』なんですが、
これを『みんな いきてる みんなで いきてる!』
としたところが見事です。
工藤直子さんの詩はリズミカルで、着眼点が面白く、
エリック・カールさんの絵の魅力が倍増されます。
いろんな生き物が出てくるのも魅力。
ラストの「みんな いきていこう みんなで いきていこう」
がとても印象的です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 名画の中の「空気」  掲載日:2005/6/3
くうきのかお
くうきのかお 作・絵: アーサー・ビナード
出版社: 福音館書店
古今東西、と言うのがしっくりする名画に、
リズミカルな文章が踊ります。
詩人が着目したのは、画面の中の空気。
哲学的な文章は子どもには少し難しいかもしれません。
でも、名画を見るときの視点について、
感覚的に指南してくれるような気がします。
そう、絵は時間も空間も飛び越えるのだから。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う アイヌ民族の熊送りの儀礼  掲載日:2005/6/3
イオマンテ めぐるいのちの贈り物
イオマンテ めぐるいのちの贈り物 作: 寮 美千子
絵: 小林 敏也

出版社: パロル舎
私達は命を食べ、そして命はめぐってゆく。
熊送りの儀礼はそんなめぐるいのちをまざまざと見せてくれます。
アイヌの少年は父親がしとめた母熊を食べ、
子熊を育てて心も通じ合ってはいても、子熊を送る(食べる)のです。
かなり長いお話なので、小学生高学年向きでしょうか。
食べ物に宿る命について考えさせられる絵本です。
参考になりました。 0人

4778件中 4591 〜 4600件目最初のページ 前の10件 458 459 460 461 462 ... 次の10件 最後のページ

『はみがきれっしゃ』『パジャマでぽん!』くぼまちこさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット