くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

4976件中 4591 〜 4600件目最初のページ 前の10件 458 459 460 461 462 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 文化人類学者が描く時間の流れ  掲載日:2005/12/12
ことりをすきになった山
ことりをすきになった山 作: アリス・マクレーラ
絵: エリック・カール
訳: ゆあさ ふみえ

出版社: 偕成社
岩山ははじめて見る小鳥ジョイを好きになります。
ずっといてほしいと願う山に、ジョイは自分の命の続く限り、
生まれる小鳥にも代々受け継いで春に山にやってくることを約束するのです。
待ち焦がれる山の涙が川となり、ジョイの運ぶ種が木々を作り、
岩山は緑ゆたかな、生き物の住む山となるのです。
とても壮大なストーリーです。
ジョイが何代も引き継いできた命の連携と、山の悠久の時間の流れが素晴らしいです。
エリック・カールさんのコラージュがとてもマッチしています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 新約聖書の世界  掲載日:2005/12/12
クリスマスのものがたり
クリスマスのものがたり 作・絵: フェリクス・ホフマン
訳: 生野 幸吉

出版社: 福音館書店
クリスマスのお話は多いけれど、やはり押さえておきたいキリスト生誕のおはなし。
宗教的な部分はさておき、知っておきたい、語り継がれた有名な物語。
だからこそ、この絵本のように丁寧に描かれた文章と絵は大切です。
クリスマス物語の美しさはやはり、誕生という出来事の素晴らしさ。
それは親にとっても、子どもにとってもかけがえのない喜びの瞬間。
クリスマスについてきちんと教えてくれる絵本だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 広島弁のサンタクロース  掲載日:2005/12/12
サンタのトナカイがいなくなったクリスマス
サンタのトナカイがいなくなったクリスマス 作・絵: シド・ホッフ
訳: たにかわともこ

出版社: 新世研
仕事を終えてほっと一息のサンタさん、
新鮮なニンジンを8本小屋に持っていくと、
トナカイが一頭足りません。
さあ、行方不明のトナカイのプランサーを探しに出かけます。
街中でやっと見つけたプランサーが旅の途中で抜け出した訳は?
単純なストーリーなんですが、サンタさんはなんと広島弁です。
程よいなまり加減がサンタさんの人柄とあいまって絶妙な味わいです。
ぜひ声に出して読んでみてください。
サンタさんもうれしいクリスマスです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい わたしってあったまいい!  掲載日:2005/12/12
リサとガスパールのクリスマス
リサとガスパールのクリスマス 作: アン・グットマン
絵: ゲオルグ・ハレンスレーベン
訳: 石津 ちひろ

出版社: ブロンズ新社
私の住んでいる地域のデパートのクリスマスは
2年連続『リサとガスパール』シリーズでウィンドーディスプレイ。
『リサとガスパール』シリーズはきっとおしゃれな絵本だろうな、と思いきや、
なかなかリサ、やりますね。
先生へのプレゼント計画でリサとガスパールが考えたのが
なんとカーテンでレインコートを作ること。
工作感覚でのりを使って大騒動。
そう、我が子たちも何でもセロテープで修理できると信じていた時期がありましたもの。
バスルーム、ドラム式洗濯機に外国のテイストを感じますね。
クリスマスカラーの赤の効いた絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ウェディング・クリスマス  掲載日:2005/12/12
ぺチューニアのクリスマス
ぺチューニアのクリスマス 作・絵: ロジャー・デュボアザン
訳: 乾 侑美子

出版社: 佑学社
がちょうのぺチューニアは散歩途中に金網囲いの中の雄のがちょうチャールズと出会います。
チャールズはクリスマスのごちそうにされるため、丸々と太っています。
さあ、チャールズに一目ぼれしたぺチューニアの救出作戦とは?
ぺチューニアの健気な奮闘ぶりが素敵です。
このハチャメチャぶりが、ぺチューニアシリーズの魅力なんですが、
ラストのぺチューニアの美しい展開に感動すら覚えました。
ぺチューニアの魅力、全開の作品です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 少年が語りつぐ南北戦争  掲載日:2005/12/12
彼の手は語りつぐ
彼の手は語りつぐ 作・絵: パトリシア・ポラッコ
訳: 千葉 茂樹

出版社: あすなろ書房
原書は「Pink and Say」。
南北戦争中に出会った黒人のピンクスと白人シェルダンの実話。
生き残ったシェルダンが語りつぐという形の絵本です。
北軍の兵士セイ(シェルダン)は負傷して動けなくなったところを
同じ制服を着た少年ピンク(ピンクス)に助けられ、
彼の家に避難させてもらいます。
ところが、彼の母は二人をかくまったところで殺されます。
そして二人も程なく収容所で別れ別れに。
生き残ったセイは最後に握り合った手を忘れず、
ピンクのことを語りつごうと決意します。
戦争に対する使命感や嫌悪が鮮やかに描かれます。
実話の持つ力強さでしょう。
絵本ですが、内容的に小学校高学年にも難しかったようです。
でも、いつかもう少し大きくなって、もう一度再会してほしいと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい まじめなおじさんを笑わそう作戦  掲載日:2005/12/12
まじめなフレッドおじさん
まじめなフレッドおじさん 作・絵: ティム・イーガン
訳: もきかずこ

出版社: エムオン・エンタテインメント
まじめなフレッドおじさんは笑わないのです。
農場の動物達はあの手この手で笑わせようとするのですが、
ことごとく失敗。
ついにはみんなして農場から脱走するのです。
連れ戻しにきたおじさんの一言がいいです。
おもわず、かいけつゾロリを呼んできたくなりました。
ともあれ、おじさんの言葉にジーンときた動物達が戻って一件落着。
全編通じて笑わないおじさんや動物達の表情が絶妙です。
いろんなまじめなメッセージを感じてほしいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい サンタさんの優しさと助っ人のいる温かさ  掲載日:2005/12/9
クリスマスのおくりもの
クリスマスのおくりもの 作・絵: ジョン・バーニンガム
訳: 長田 弘

出版社: ほるぷ出版
クリスマス・イブに仕事を終えてベッドに入ろうとした
おじいさんサンタさんの目に飛び込んだのは
届け忘れのプレゼント。
届け先の子どものことを考えるとパジャマの上からサンタ服、
疲れきったトナカイは休ませて一人歩いて出かけるおじいさんサンタ。
でも届け先の子どもの家は遠いのです。
途中飛行機や車、スキーの人々に助太刀してもらいますが、
すぐに挫折。
クリスマスまでに届けなきゃ、のタイムリミットがスリリングです。
男の子の名前や住んでる山の名前がユニークでお話にリズムがあります。
だからこそ、男の子の所に無事届けた時の充実感はなんともいえません。
ラストのおくりもの、みんなで想像して楽しみましょう。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 雪が降る!  掲載日:2005/12/9
ゆき
ゆき 作・絵: ユリ・シュルヴィッツ
訳: さくま ゆみこ

出版社: あすなろ書房
灰色の空より雪が降り始める瞬間から降り積もるまで、
その描写が実に見事です。
男の子の視点は大人にとっても懐かしい感情です。
「わあーい」とばかりに飛び出す男の子。
おやおや、不思議なお友達も仲間入りですよ。
ゆき、ゆき、ゆき!
自然の恵みを楽しんでください。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ふゆめ?  掲載日:2005/12/9
ふゆめがっしょうだん
ふゆめがっしょうだん 作: 長 新太
写真: 冨成 忠夫 茂木 透

出版社: 福音館書店
「ふゆめ」の意味がわからなかったのですが、
木の芽の冬姿、だそうです。
落葉した葉の枝がついていた跡の写真が延々と続くのですが、
なんともいろんな顔に見えるんです。
「がっしょうだん」のネーミングがお見事です。
添えられた文章もリズミカル。
冬の自然観察をそそられる写真絵本ですね。
参考になりました。 0人

4976件中 4591 〜 4600件目最初のページ 前の10件 458 459 460 461 462 ... 次の10件 最後のページ

本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット