おばけとおでかけ おばけとおでかけ おばけとおでかけの試し読みができます!
作・デザイン: 新井 洋行  出版社: くもん出版
おばけの友だちに会いにいこう♪ 手と声で参加する楽しい絵本!

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

4660件中 4591 〜 4600件目最初のページ 前の10件 458 459 460 461 462 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい かもさん一家大行進  掲載日:2005/3/9
かもさんおとおり
かもさんおとおり 作・絵: ロバート・マックロスキー
訳: 渡辺 茂男

出版社: 福音館書店
モノクロ絵本で地味ですが、その分古典絵本の良さが感じられます。
かものマラード夫妻の何げない会話にも個性が出ていていいです。
かわいい子ども達が生まれて、さあ、お引越し!
なんとボストンの街中を、道路を横切って大行進なんです。
でもでも、おまわりさんをはじめ、周りの人々の優しいまなざし。
マラードさんご夫妻、子育て環境はバッチリですね!
なんとも愛らしいかもさん一家。
こちらまで心がほっこりしてきます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 未来に向かう絵本  掲載日:2005/3/9
せいめいのれきし
せいめいのれきし 作・絵: バージニア・リー・バートン
訳: 石井 桃子

出版社: 岩波書店
絵本としては非常に完成度の高い作品だと思います。
地球上に生命が誕生したときからの壮大な歴史を、
舞台仕立てで、さらには奥深く描き出しています。
一番の圧巻は幕が下りる直前のメッセージ。
歴史から未来へ、なんと強いメッセージでしょう。
絵本としてはかなりの長編ですが、
ぜひじっくりと読んでほしいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい スリランカのおはなしの世界へようこそ  掲載日:2005/3/9
きつねのホイティ
きつねのホイティ 作・絵: シビル・ウェッタシンハ
訳: 松岡 享子

出版社: 福音館書店
アジアンテイストいっぱいの絵本です。
出てくるご馳走のエスニックな味わいと香りを感じてしまいました。
おはなしはなんとも陽気でおおらかです。
お腹のすいたきつねのホイティが人間に変装しておかみさんたちに
ご馳走を分けてもらうのですが・・・。
おかみさんたちもとっても陽気ですねえ。
大きな笑い声まで聞こえてきます。
ホイティのいじらしい変装ぶりも注目!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 英語の勉強にもなりますね  掲載日:2005/3/8
どこへいくの?ToSeeMyFriend
どこへいくの?ToSeeMyFriend 作: エリック・カール いわむら かずお
絵: エリック・カール いわむら かずお

出版社: 童心社
あのエリック・カールさんといわむらかずおさんの共著!
と思わず手に取りました。
絵本は本自体の形態(大きさ、形、ページの流れなど)も実は作品なんです。
だからこそ、その特性を生かしたこの作品はお見事です。
お二人の意気投合した仕事の楽しさまで伝わってきます。
真ん中で出合っての見開きページは圧巻です。

エリック・カールさんは英語で書いていますが、
優しい英語なので、初級英語の勉強にもおすすめかもしれません。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 親子で凍りつきました  掲載日:2005/3/8
ハーメルンの笛ふき男
ハーメルンの笛ふき男 作: ロバート・ブラウニング
絵: ロジャー・デュボアザン
訳: 長田 弘

出版社: 童話館出版
題名はよく知っていましたし、
ペチュニアシリーズでおなじみのデュボアザンの絵ということで
何気なく借りてきました。

いつものように布団に寝そべりながら子ども達と読みました。
・・・読み終わって、子ども達は凍り付いてしまいました。
「・・・お母さん、これ、本当にあったおはなし?」

今から500年ほど前、ハーメルンの町はたくさんのねずみに困っていた。
そこへ現れたのが、奇妙ないでたちの笛ふき男。
うまくねずみを退治してくれたのに、お礼を渋ったために・・。

私も知らなかったのですが、
このお話の中にある「子どもの大量失跡事件」は
研究書もあるほど事実らしいです。

そのリアリティーが、ぐいぐいと私達を引き寄せます。

参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 自ら動く姿勢  掲載日:2005/3/7
半日村
半日村 作: 斎藤 隆介
絵: 滝平 二郎

出版社: 岩崎書店
世の中には批判はすれど自らは動かない人がたくさんいま
す。
一平が不平を言うのではなく、自ら行動で示した解決策。
子どもならではの発想ですが、
その純真さに人を共感させる力があったのでしょう。
しかも、皆が無理をせず、できる時にできる労力を出し合って
目標を達成しています。

一平のような一歩を積み重ねたいものです。
そんな思いを込めて、おすすめしたい絵本です。

参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 美しい日本語の世界へ・・・  掲載日:2005/3/7
手ぶくろを買いに
手ぶくろを買いに 作: 新美 南吉
絵: 黒井 健

出版社: 偕成社
美しい日本語を大切にされたい方は、
ぜひ新美南吉さんの作品をどうぞ。
もちろん、読み聞かせてあげてください。

しんしんと降る雪の情景に母の子守唄、なんて温かい世界でしょう。
買いに行くのが「手袋」というのがいいです。
応対してくれた店員さんの温かさも伝わってきます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 春の訪れにどうぞ  掲載日:2005/3/7
里の春、山の春
里の春、山の春 作: 新美 南吉
絵: 石倉 欣二

出版社: にっけん教育出版社
春を感じる絵本です。
冬から春に移り変わる季節、読み聞かせの導入にぴったりではないでしょうか。
何げない会話に、親子の愛情がふうんわりと立ちのぼります。
絵もその情景を優しく描き出しています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 卒業式の前に  掲載日:2005/3/7
プレゼント
プレゼント 作: おとたけ ひろただ
絵: さわだ としき

出版社: 中央法規出版
手と足のない6年生ユウタ。でも毎日元気に車椅子で登校しています。
このおはなしの主人公は、周りの人々だそうです。
ユウタくんとどのように関わっていくか、たくさんのメッセージを受け取ってください。
この6年生のクラスの群像、たまらなくいいです。

対象は小学校高学年でしょうか。
5年生の道徳の授業でも教材として使われていました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ハラハラドキドキの世界へようこそ  掲載日:2005/3/7
ゆらゆらばしのうえで
ゆらゆらばしのうえで 作: きむら ゆういち
絵: はた こうしろう

出版社: 福音館書店
ようこそ、きむらゆういちワールドへ。
『あらしのよるに』はまだ早いかな、と言う皆様は、
ウォーミングアップにどうぞ。
少し型破りな絵本サイズもさることながら
何というスリリングな世界。
子どもはもちろん、大人もはまるおもしろさです。
参考になりました。 0人

4660件中 4591 〜 4600件目最初のページ 前の10件 458 459 460 461 462 ... 次の10件 最後のページ

『こどものアトリエ』西巻茅子さんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット