ぱかぽこはしろ! ぱかぽこはしろ!
作・絵: ニコラ・スミー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
おうまさんごっこは好き? しっかりつかまってね! そうしないと・・・・・・??

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

4714件中 4591 〜 4600件目最初のページ 前の10件 458 459 460 461 462 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 朝鮮の創世記  掲載日:2005/4/20
山になった巨人 白頭山ものがたり
山になった巨人 白頭山ものがたり 作: リュウ・チェスウ
絵: イサンクム
訳: 松居 直

出版社: 福音館書店
白頭山は中国と北朝鮮の国境にある実在の山です。
福音館書店創設者でもあり児童文学者でもある
松居直さんの思い入れたっぷりの編集によって
とても迫力のある絵本となっています。
朝鮮の歴史を考えると、この神話はとても重みがあります。
戦から朝鮮を守った白頭巨人はそのまま大地に横たわり、
山となって朝鮮の人々を見守るのです。
どっしりとした画面がとても力強く、説得力があります。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 音楽の可能性  掲載日:2005/4/20
ぼくにピアノがひけたら
ぼくにピアノがひけたら 作・絵: 栗山 邦正
出版社: 講談社
題名の問いかけがどんどん膨らんでいきます。
音楽はいろんな力を持っています。
そのことを作者はちゃあんと知っているのですね。
だからこそ、ピアノのこんな曲をプレゼントしよう、となるのですね。
たとえ実際にピアノは弾けなくても、イメージで演奏はできる、
そんなメッセージを感じ取りました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ヌルヌルベタベタドロドロ  掲載日:2005/4/19
みみずのオッサン
みみずのオッサン 作・絵: 長 新太
出版社: 童心社
目が覚めるような絵です。
長新太さんワールド全開です。
オレンジ色は元気が出る色だそうですが・・・。
ペンキと絵の具とクレヨンでベタベタになった町は圧巻です。
しかもオッサンという名のみみずがしたことは・・・。
最後は哲学的?でしょうか。

「オッサン」に反応した次男の感想は、
「ペンキの工場が壊れた時みみずにかかってきたペンキは
人間の足かと思った。
ペンキとかクレヨンを食べるみみずがおもしろかった。」
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい アレルギー理解の絵本  掲載日:2005/4/18
むっちゃんのしょくどうしゃ
むっちゃんのしょくどうしゃ 作・絵: 國本 りか
出版社: 芽ばえ社
アレルギーで除去食が必要なお子さんをお持ちの知人から薦められた絵本です。
給食が食べられないので、献立表によく似た除去食のお弁当を毎日学校に届けている知人。
クラス替えのたび、クラスメートに理解してもらうために、
担任の先生にこの絵本を読んでもらっているとか。
私も我が子がアトピーのため除去食を作っていたので
アレルギーについては共感しきり。
そう、自分に合った食べ物を食べることって本当は一番大切なことなんですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ちびくろサンボ、やっぱり素敵!  掲載日:2005/4/18
トラのバターのパンケーキ
トラのバターのパンケーキ 作: ヘレン・バンナーマン
絵: フレッド・マルチェリーノ
訳: せな あいこ

出版社: 評論社
黒人差別で問題になったおはなし「ちびくろサンボ」ですが、
主人公の名前は変わっていてもストーリーの面白さはやはり天下一品!
あのトラが事もあろうにバターになってしまう!
しかもそのバターでパンケーキを作って食べてしまう!の展開は
やはり名作です。
最後のオチも、今食べ盛りの息子を目の前に、大きく頷いてしまいます。
『ちびくろサンボ』復刊本も出たようですが、
まずは論争抜きでこの絵本の純粋な世界を楽しんで欲しいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 遠足=おべんとう  掲載日:2005/4/17
えんそくバス
えんそくバス 作: 中川 ひろたか
絵: 村上 康成

出版社: 童心社
いよいよ遠足シーズンです。
気分を盛り上げてくれるのはやはりこの絵本でしょう。
とにかく遠足の楽しさがあふれています。
園長先生の人柄もいいですねえ。
そして、何と言っても「おべんとう」がキーワード。
分け合うみんなの優しさが素敵です。
それにしてもすてきな「おべんとう」、そう、子ども達の笑顔付きだから。
少しばかりプレッシャー感じながら、さあ、おべんと作ろ!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う きつねの親子の心、篳篥(ひちりき)  掲載日:2005/4/7
星月夜の音
星月夜の音 作: かんの ゆうこ
絵: 東儀 秀樹

出版社: 講談社
「人間の声」を表す和楽器といわれる篳篥(ひちりき)。
それは葦を削って作ったリードを竹に差し込んだ縦笛だそうです。
その魂をゆさぶる音色をモチーフとしてこの絵本が生まれました。
引き裂かれたきつねの親子の悲しみが葦と竹に宿り、
優しく切ない旋律を奏でます。

雅楽の絵本三部作の完結編で、雅楽が聴きたくなります。
大人向けでしょうが、子ども達にも届けたいおはなしです。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う モンゴルの遊牧民の生活  掲載日:2005/4/7
ひつじみち
ひつじみち 作: こやま峰子
絵: 小林 豊

出版社: 佼成出版社
都会に出たいという兄バヤルへの、妹マラルの想い。
「モンゴルのかぜはいちばんきもちがいいとおもうけど」
というマラルの独り言が切ないです。

遊牧民の生活様式は今や貴重です。
大草原の風や、みんなで組み立てるゲル(丸い屋根の家)、
馬のフンを入れるストーブ、ヤギの乳・・・。
羊と共に生きる人々がこの世界にいること、
子ども達にも是非知ってほしいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 指差しあそびで盛り上がる!  掲載日:2005/4/4
きんぎょがにげた
きんぎょがにげた 作: 五味 太郎
出版社: 福音館書店
幼児健康診査で指差し行動ができるか、は大きな課題の一つです。
それをクリアーできなかった我が子を抱え、試行錯誤だった日々が懐かしいです。
そんな我が子も幼稚園の頃には人並みになり、
でもそろそろ赤ちゃん絵本は卒業、という頃にはまっていた絵本です。
さがす、というシンプルな展開が子どものツボにはまるのですね。

この絵本で五味作品デビューなさったら、
あとは、シンプル、カラフル、面白い五味ワールドへどうぞ。
いろんな作品そろっています。
子どもだけではなく、大人もはまりますよ。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う 2001.9.11ニューヨークの現実  掲載日:2005/4/4
しょうぼうていハーヴィ ニューヨークをまもる
しょうぼうていハーヴィ ニューヨークをまもる 作・絵: マイラ・カルマン
訳: 矢野顕子

出版社: リトル・ドッグ・プレス
ツインタワービルが壊れた瞬間を扱った絵本で、
ミュージシャン矢野顕子さんが翻訳しています。
ストーリーは古い消防艇ハーヴィーが人々に愛され、
ここぞという時に大活躍!というものですが、
その「ここぞという時」があの2001.9.11事件なのです。
ストーリー的には背景として扱われていますが、
世界史に残る事件だけに、やはりどこかで知っておいてほしいと思いました。
ともあれ、ハーヴィーの復活劇はしっかりと描かれています。
絵もアメリカ風ですが、動きがあります。
文章も絵の中でリズミカルに飛び跳ねます。
関心のある方は本物のハーヴィーに会いに行ってください!
そう、ハーヴィーは今も実在するんですよ!
参考になりました。 0人

4714件中 4591 〜 4600件目最初のページ 前の10件 458 459 460 461 462 ... 次の10件 最後のページ

『いちにちじごく』作者インタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット