メリー メリー クリスマス! メリー メリー クリスマス! メリー メリー クリスマス!の試し読みができます!
作: 岡村 志満子  出版社: くもん出版
クリスマス準備で困っている人は、クリスマスおたすけ隊におまかせ! 親子で楽しいクリスマスが味わえる絵本です。光るページつき!  

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

4831件中 4591 〜 4600件目最初のページ 前の10件 458 459 460 461 462 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい テディベアと戦争  掲載日:2005/8/2
オットー 戦火をくぐったテディベア
オットー 戦火をくぐったテディベア 作・絵: トミー・ウンゲラー
訳: 鏡哲生

出版社: 評論社
作者の自伝的作品ということですが、
まずはウンゲラーの作品という先入観無しにお読みください。
ドイツの工場で作られたテディベアは誕生日プレゼントとしてデビッド少年と出会います。
オットーと名づけられ、
デビッドの親友オスカーとの楽しい日々もつかの間、
戦争が3人を離散させます。
ユダヤ人、黄色い星、強制収容所、防空壕、空襲・・・。
瓦礫の上で拾い上げたアメリカ兵の命を救い、彼の故郷へ。
そしてまたも数奇な運命でぼろぼろになったあげく骨董屋へ。
そして奇跡的にデビッドとオットーに再会するのです。
多くの人の手で縫い合わされ、補修されるオットーの縫い目が心に残ります。
戦争の現実、私たちもしっかりと受け止めたいです。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい ブックトークで使いました  掲載日:2005/8/1
そらいろのたね
そらいろのたね 作: 中川 李枝子
絵: 大村 百合子

出版社: 福音館書店
先日先生向けの学校図書館オープン講座なるものに図書館ボランティアとして
参加させてもらいました。
テーマはブックトーク、本の紹介の実技です。
概略の講義を受け、さて、来週は皆さんに実演してもらいましょう、
と抜き打ちで指名されてしまいました。
あわてて構成を考えていて、ふとこの絵本を思い出し、あ、ここからいっぱいつなげる!
おかげさまで、
トトロの「さんぽ」→中川李枝子→『ぐりとぐら』→『そらいろのたね』→『いやいやえん』おおかみ
と一気につなぐことができました。
この絵本のおはなしよろしく、そらいろのたねからそらいろのいえが完成!
の気分でした。
こういう絵を何倍も楽しめる仕掛けはうれしい限りです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ぜひ読んであげて!  掲載日:2005/7/31
いやいやえん
いやいやえん 作: 中川 李枝子
絵: 大村 百合子

出版社: 福音館書店
息子達はとにかくじっとしていなくて、当然絵本を読むなんて夢物語の幼児期でした。
ようやく絵本を読めるようになっても適正年齢よりも下のレベルしか無理。
ということでこれくらいのボリュームのお話が聞けるようになった時には小学生。
保育園が舞台だし、結局読みそびれて実に残念です。
私とて子どもの頃知らずに過ごしたのが悔やまれます。
身近な保育園生活と広がる想像。
絵は少ないけど、それだけにおはなしは膨らみます。
是非是非、お子様が小学生になるまでに読んであげてください。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う わけわからん、でいいよ  掲載日:2005/7/24
へんてこ美術館
へんてこ美術館 作・絵: 織茂 恭子
出版社: 福音館書店
ピカソの絵が好きな私は「なかなか!」という感想なのですが、
普通の方や子どもには「わけわからん」の感想だと思います。
いえいえ、それも立派な感想です。
へんてこな絵を引っさげた美術館がこともあろうに自らやってきて、
はいってみませんか、とお誘い。
軽快な詩で絵を紹介したら「さよーならー」と去っていくんです。
この展開だけでも口ポカーン状態でしょう。
ま、いいんです。直感で味わう絵本だと思いますから。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 五十年間米作り、でも五十回しか  掲載日:2005/7/24
田んぼのいのち
田んぼのいのち 作: 立松 和平
絵: 横松桃子

出版社: くもん出版
農家の老夫婦の稲作への想い。
「五十年間米をつくっている、でも五十回しかつくってなくて、いつも一年生の気分」
という表現がとても印象的でした。
奥さんの体調不良と対比した稲の成長が力強く描かれています。
立松さんの「いのち」シリーズの1冊。
静かなメッセージを子ども達に届けたいですね。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う 不思議なぼうし  掲載日:2005/7/24
ぼうし〈改訂版〉
ぼうし〈改訂版〉 作: トミー・ウンゲラー
絵: トミー・ウンゲラー
訳: 田村 隆一 麻生 九美

出版社: 評論社
とても上品なシルクハットには不思議な力があるのです。
ある日風に吹かれて老兵士のもとへ。
そこからおはなしは始まるのですが、実はその前にも持ち主がいて、ラストではまた・・・、
とずっと続いているようです。
風刺で有名なウンゲラーの作風がそこここにあって、
義足や「戦争のにおいだ!」というところが少し怖いですね。
事件発生で次々と解決していくぼうし。
乳母車が階段を暴走しているシーンは有名な映画のパロディとか。
私は『かいけつゾロリ』を思い出してしまったのですが・・・・。
老兵士をハッピーエンドに導いて、ぼうしはまた旅へ・・・。
ふりだしへ戻る?それとも今度はあなたのところへ?
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う エスキモーに伝わる詩  掲載日:2005/7/23
魔法のことば
魔法のことば 作: 金関寿夫
絵: 柚木 沙弥郎

出版社: 福音館書店
人間の存在の根源的なところを突いた世界観です。
自然に近いところで生活するエスキモーの人々らしいのですが、
「自然と人間」というように別のカテゴリーでしか考えられない現代人には新鮮です。
絵も原始的で、これは体感していただくしかありません。
その深いメッセージを味わってください。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 読み聞かせにチェック!  掲載日:2005/7/23
よかったねネッドくん
よかったねネッドくん 作・絵: レミー・シャーリップ
訳: やぎた よしこ

出版社: 偕成社
噂どおりおはなしのジェットコースター的展開が素晴らしかったです。
「よかったねネッドくん」という題名がピッタリです。
パーティーへの招待状が届くところから一気に惹きこまれます。
各ページが「よかった!」のカラーと「たいへん!」の白黒で実に明快です。
子どもに読んであげる前からこちらもワクワクしてしまいます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 見過ごしていた歴史  掲載日:2005/7/23
絵本玉虫厨子の物語
絵本玉虫厨子の物語 作: 平塚武二
絵: 太田 大八

出版社: 童心社
歴史で習う玉虫厨子(法隆寺の仏像を入れる置物)は有名ですが、
よおく考えてみればなぜ玉虫なんて名前がついているのでしょう。
そう、不思議な光沢を持つ玉虫の羽が実際に装飾に使われているからです。
当たり前なのですが、今まですっと聞き流していた事実が
目の前に立ち現れる、という印象を受けました。

歴史にあまり興味の無い長男の反応は今ひとつでしたが、
私は玉虫を使うという発想に感嘆しきり。
歴史物が印象的な平塚武二さんの文章に惹かれ、
太田大八さんの重厚な絵に法隆寺の世界を旅しました。
歴史好きな子には人気がある絵本のようです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 地球規模の水の循環システム  掲載日:2005/7/23
森が海をつくる
森が海をつくる 作・絵: 葉 祥明
英訳: リッキー ニノミヤ

出版社: 自由国民社
海の季節にはこんな絵本で環境問題を考えてみませんか?
おなじみのジェイク君が海さんや川さんから汚染の現状や解決策を
教えてもらう、というおはなしです。
雲から雨となって届いた水は森の木々によって受け止められ、
地下水となり、川から海へ。
人間によって破壊された森の木々をもう一度育てよう、
というメッセージが伝わります。
葉祥明さんの絵は美しいけどやや小さい絵が特徴です。
親子で本を囲んで語り合う、というスタイルがおすすめです。
「水」について学習する小学生にどうぞ。
参考になりました。 0人

4831件中 4591 〜 4600件目最初のページ 前の10件 458 459 460 461 462 ... 次の10件 最後のページ

世界傑作絵本に、英語と日本語の音声CD付きが登場!

出版社おすすめ

  • おでんしゃ
    おでんしゃの試し読みができます!
    おでんしゃ
    作:塚本 やすし 出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
    コンビニのおでんを見て思いついた楽しい知育絵本。おでんしゃ、出発しまーす!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット