すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

4800件中 4651 〜 4660件目最初のページ 前の10件 464 465 466 467 468 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 鳥獣戯画の絵本  掲載日:2005/5/11
かえるのごほうび
かえるのごほうび 作: 木島 始
絵: 梶山 俊夫

出版社: 佑学社
なんと、あの歴史の教科書に出てくる鳥獣戯画におはなしをつけてあるのです!
もちろん、文章が無くても、物語を絵が語っています。
絵巻の素晴らしさに、日本の絵本の原型を見る気がしました。

「日本は絵で物語を表現する伝統が非常に豊かである。」 
これはこの絵本の編集者松居直さんが言っていた言葉です。
松居さんが少年時代に心惹かれたのがこの絵巻。
それだけに、練られた仕上がりとなっていると思います。

残念ながら絶版のため図書館などでご覧になってください。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 天動説を信じている子ども達へ  掲載日:2005/5/10
天動説の絵本
天動説の絵本 作・絵: 安野 光雅
出版社: 福音館書店
2004年秋、国立天文台のアンケート調査で、
小学生の4割が太陽は地球のまわりを回っていると思っている、
との記事が話題になりました。
この絵本は、まさにそんな子ども達へのメッセージとなるのではないでしょうか?

作者はあとがきで「地動説の驚きと悲しみを感じてもらいたい」と書いています。
天動説が信じられていた頃の世界観が、
まるで中世の史料を感じさせる絵で語られます。
この世界観を知らずして、地動説を語る無かれ、でしょうか。
巻末にはしっかりとした解説もありますので、
ぜひ親子でチェックして欲しいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 年老いることと新しい命  掲載日:2005/5/10
ジオジオのかんむり
ジオジオのかんむり 作: 岸田 衿子
絵: 中谷 千代子

出版社: 福音館書店
年老いて独りぼっちになったライオン、ジオジオ。
彼は、巣作りの場所に困っている小鳥に自らのかんむりを提供するのです。
王の権威なんてしょせんさびしさには替えられない。
その権威の象徴でもあるかんむりを提供することで
ジオジオは新しい命という温かいものを手に入れるのです。
静かに流れるストーリーは味わい深いです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 教科書とは違う味わい  掲載日:2005/5/10
三つのお願い いちばん大切なもの
三つのお願い いちばん大切なもの 作: ルシール・クリフトン
絵: はた こうしろう
訳: 金原 瑞人

出版社: あかね書房
小学校4年生の教科書に載っている作品。
友情を描いたお話としてはとってもいい選択だなあ、と感心しました。
主人公ゼノビアとビクターの友情がとても素敵です。
親友ならではの会話に、こちらまでうれしくなります。
そして、お母さんの気持ちもホロリ、とわかります。

絵本があることを知って私も図書館に走ったのですが、
本当に印象がぜんぜん違います。
挿絵ではない絵の表現力に驚かされました。
お話の流れがとてもドラマチックに進んでいきます。

絵本や読み物が教科書に載っていることは、
本との出会いとしてはいいのですが、
しばしば教科書という空間で制限されて
原作の醍醐味が薄れてしまう事もあるようです。
恐るべし、絵本、です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う パパママ入門書  掲載日:2005/5/6
いないいないばあ
いないいないばあ 文: 松谷 みよ子
絵: 瀬川 康男

出版社: 童心社
なんとも不思議なコミュニケーション語「いないいないばあ」。
赤ちゃんとのコンタクトは不思議の連続!
だからこそ、初めてのパパママにはこんな絵本から慣れていってほしいですね。
ちなみに、世界にも「いないいないばあ」があるかとの安藤パパの質問の回答見つけましたよ!
(※事務局注 感想中のURL掲載不可ですので、残念ながらURLは削除させていただきました)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 優しさは、力強い  掲載日:2005/4/30
ひさの星
ひさの星 作: 斎藤 隆介
絵: 岩崎 ちひろ

出版社: 岩崎書店
いわさきちひろさんの絵本の中で一番印象に残っている絵本です。
とてもおとなしいひさの、なんと力強い行動でしょう。
優しさは、時にはとても力強いのですね。
内容的には悲しいお話なのですが、
それ以上に心に響いてくるものがあります。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う じいとばあの娘バージョン  掲載日:2005/4/30
つるのおんがえし
つるのおんがえし 作: 宮川 ひろ
絵: 太田 大八

出版社: にっけん教育出版社
「つるの恩返し」には2通りあり、助けたつるが貧しい若者の嫁になる話と、
じいとばあの娘になる話とがあるそうです。
この絵本は後者。
太田大八さんの絵に惹かれたのですが、
文章もリズムがあり、古典の良さを伝えてくれます。
やはり昔話は、ある程度のしっかりとした画風の方に
表現して欲しいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おねえさんルーシー  掲載日:2005/4/30
ベリンダのふうせん
ベリンダのふうせん 作・絵: エミリー・ブーン
訳: こわせ たまみ

出版社: フレーベル館
くまの一家のほのぼのピクニックのおはなしです。
乳母車に乗った妹のベリンダのお守りをするルーシー。
ところが喜ばせようとあげたふうせんと一緒にベリンダは空に吹き上げられるのです。
ああ、大変!おねえさんルーシーの気持ちを思うとキュンとなります。
最後はめでたしめでたしなのですが、
本当に家族水入らずの楽しいピクニックの情景がとても素敵です。
ルーシーのお姉さんぶり、さりげないお父さんお母さんの愛情にほっこりさせられます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 「あらしのよるに」ファンの皆様へ  掲載日:2005/4/28
しろいやみのはてで
しろいやみのはてで 作: きむら ゆういち
絵: あべ 弘士

出版社: 講談社
オオカミとヤギの友情が展開する『あらしのよるに』の特別編ということですが、
彼らの回想で話が進みます。
全6巻読まれた方は、同じくめくるめく回想に心が震えるでしょう。
ラストの絵は切ないです。
いいえ、それ以上に最後のせりふがまた余韻を残します。
いろいろな解釈ができますが、
読者の感性で自由に読んでこそ、このおはなしは生きてくると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ふきのとう  掲載日:2005/4/28
ふき
ふき 作: 斎藤 隆介
絵: 滝平 二郎

出版社: 講談社
大男の大太郎が春を嫌う訳、それはふきのとうに想い入れがあるから。
ふき、お父さん、お母さん、それぞれ優しく芯の強い個性が心を打ちます。
お父さんの木こりの仕事ぶりは史料ものでしょう。
青鬼の出現で物語はガラリと様相を変えます。
ふきの強い意志は雪崩を引き起こします。
形見となった金色のかんざしは雪の中に芽を出すのです。
力強い印象のお話です。
斎藤隆介さんと滝平二郎さんコンビの作品はやはり見事です。
参考になりました。 0人

4800件中 4651 〜 4660件目最初のページ 前の10件 464 465 466 467 468 ... 次の10件 最後のページ

本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット