べるがなる べるがなる べるがなるの試し読みができます!
さく・え: 山村 浩二  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
NHK「おかあさんといっしょ」のエンディングテーマが絵本になりました!

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

4974件中 4651 〜 4660件目最初のページ 前の10件 464 465 466 467 468 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい ぐりとぐらに妙に納得  掲載日:2005/10/25
ぐりとぐらのうたうた12つき
ぐりとぐらのうたうた12つき 作: なかがわ りえこ
絵: やまわき ゆりこ

出版社: 福音館書店
姉妹編的な『ぐりとぐらの1ねんかん』が我が家でも大ヒットだったので、
同じスタイルのこの本もお気に入りです。
カレンダー式なのもポイントが高いですね。
1年中利用できるというものです。
特に読み聞かせでは導入にピッタリ。
2冊そろって最強ですね。
詩的な文章ですが、作者の主張はしっかりと表現されています。
ぐりとぐらが「おわりよければすべてよし」など語りかけるとなぜか妙に納得。
彼らの振りまくお話の中に飛び込んでいけるのが不思議ですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おはなしもまっすぐ  掲載日:2005/10/25
ぼくはあるいた まっすぐ まっすぐ
ぼくはあるいた まっすぐ まっすぐ 作: マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵: 林 明子
訳: 坪井 郁美

出版社: ペンギン社
男の子がおばあちゃんの家にひとりで行くのですが、
おばあちゃんの教えてくれた道順はひたすらまっすぐ。
途中には小川や丘もあり、ちょっとした冒険です。
やっと建物らしい物を見つけても実はそれは・・・。
ブラウンのほかの作品とは一味違うかも、と思ったのですが、
五感を働かせる展開はやはりブラウン作品の醍醐味です。
林明子さんの絵はここでも細部に到るまで丁寧で美しいです。
もちろん、中表紙から裏表紙もチェックお忘れなく。
おはなしもまっすぐすすんでいきます。
なんといっても冒険を終えた男の子のラストのあたたかさは絶品です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う よーく見てみると  掲載日:2005/10/20
シマウマだけどウサギ
シマウマだけどウサギ 作・絵: 本信 公久
出版社: くもん出版
シマウマの中にウサギ!?
ワニが輪になって!?
水草の中の魚の中の水草の中の魚!?
不思議な絵が続きます。
文章も詩的で、暗示的。
視覚的に楽しめる絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おばあちゃんの知恵  掲載日:2005/10/19
ばばばあちゃんのやきいもたいかい
ばばばあちゃんのやきいもたいかい 作・絵: さとう わきこ
出版社: 福音館書店
私の年代でもあまり体験したことの無いたき火。
ましてや焼き芋なんて。
だからこそ、こんな光景は今や貴重だけに、ぜひ子ども達に読んであげたいですね。
例によって、ばばばあちゃんの焼き芋では、何でもかんでも焼いてみよう!となるのです。
おかし、まんじゅう、カステラ、ばなな、チーズ・・・。
どうやらみかんは失敗のようですね。
食べ切れなかった物の活用方法はおばあちゃんの知恵。
干しいもなんていいですねえ。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 動物達のおしゃべり  掲載日:2005/10/19
うふふの動物たち
うふふの動物たち 作・絵: ひのかずなり
出版社: 福音館書店
動物の出てくる名画に、動物達の会話をつけています。
高尚な絵画が面白い空間に早変わりです。
ここの美術館長はなんとネコのぺぺ。
でもきちんとした解説をしてくれるので、お勉強にはなりますね。
それにしても面白い作品があるものです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ふわふわの感触  掲載日:2005/10/19
ふわふわ なあに
ふわふわ なあに 文・構成: 淺川 真紀
出版社: 福音館書店
ふわふわしたものを描いた絵がクイズ形式で紹介されています。
どれもふわふわ、感触を楽しもう!というわけです。
添えられた文章がキュートです。
古今東西、ちょっとした展覧会です。
ラストはお見事!おあとがよろしいようで・・・。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい さながら理科の実験  掲載日:2005/10/19
ばばばあちゃんのアイスパーティー
ばばばあちゃんのアイスパーティー 作・絵: さとう わきこ
出版社: 福音館書店
おなじみばばばあちゃんの避暑対策、それは何でもかんでも凍らせて
アイスパーティーをすること。
ジュースや果物といったノーマルな物からキャラメル、あめ、どんぐり、ミニカー!?
凍らせたお花はテーブルインテリアに素敵です。
缶ジュースを缶のまま凍らせてふくらんでる!
こ、これは危険じゃない?と思ったらちゃあんと注意書きがあって一安心。
ばばばあちゃんはさらに暑いお風呂に入ってもっとおいしく食べるアイスを実践。
さすが、ばばばあちゃん!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 耳を澄ませて  掲載日:2005/10/19
おへやのなかのおとのほん
おへやのなかのおとのほん 作: マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵: レナード・ワイズガード
訳: 江國 香織

出版社: ほるぷ出版
ぷるる ぱらら どうどう ざあざあ ふすふすふす
風邪をひいて寝ている小犬のマフィンの耳に聞こえてくる家の中の音。
なんてたくさんの音があるんでしょう。
お昼ごはんの音?
「とっても静かなカスタードクリーム」なんて、
素敵な表現でしょう?
最後には様子を見に来てくれる家族の足音、なんて、うれしい音もあります。
数色しかない微妙な色合いの絵が軽快です。
でもマフィンのかわいいこと!
思わずなでてあげたくなるほどです。
いろんな音、皆さんはどう表現しますか?
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 無条件の愛を  掲載日:2005/10/19
かあさんのこころ
かあさんのこころ 作: 内田 麟太郎
絵: 味戸 ケイコ

出版社: 佼成出版社
母のいないこぐまは寂しさばかりですが、
ある日気づくのです。
自分以上に悲しかったであろう母に。
最初からこぐまの寂しい表情がとても伝わってきます。
作者の自伝的作品だそうです。
「どの子も無条件に愛されて欲しい・・・。」
作者のメッセージが染み入ります。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい LD(学習障害)児だった作者  掲載日:2005/10/17
ありがとう、フォルカーせんせい
ありがとう、フォルカーせんせい 作・絵: パトリシア・ポラッコ
訳: 香咲弥須子

出版社: 岩崎書店
主人公のトリシャは作者の少女時代の姿です。
5歳になっておじいちゃんから本を読む儀式をしてもらって、
トリシャは素敵な読書の楽しみの世界へデビューするはずでした。
でも、何か違う、読めないのです。
それはトリシャにも理解できない症状でした。
5年生になってますますお友達から孤立する中、
必死に耐えるトリシャは新しい先生に出会います。
先生は見分けるのも難しいトリシャのLD(学習障害)を見抜き、
トリシャにあった指導をしてくれました。
その30年後、作者は子どもの本の作家になっているのです!
LD理解のみならず、読書の豊かさ、家族や先生の愛情など、
多くのメッセージを受け取ることができます。
また、LDでなくても、自分の欠点に悩む人への大きなエールではないでしょうか。
参考になりました。 0人

4974件中 4651 〜 4660件目最初のページ 前の10件 464 465 466 467 468 ... 次の10件 最後のページ

『寿命図鑑』『失敗図鑑』制作者インタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット