たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

4660件中 4651 〜 4660件目最初のページ 前の10件 462 463 464 465 466 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 障がい者理解のために  掲載日:2004/12/28
だれも しらない
だれも しらない 作: 灰谷 健次郎
絵: 長谷川 集平

出版社: あかね書房
障がい者について子どもに教えるのは実は難しいです。
障がい者の、そのままのすがたをそのまま、そして、私達を励ましてくれる、
生きている姿の美しさを、この絵本は語ってくれます。
あの、灰谷健次郎さんが心を込めて、そして、自ら当事者でもある長谷川集平さんの絵が、絵本という形を通して、静かに語ってくれます。
家の本棚において、子どもが何気なく開いて読んでくれる瞬間を待ち、
感想を求めません。
きっと、心の片隅で感じてくれると確信するから・・・。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う やかまし村へようこそ!  掲載日:2004/12/21
やかまし村のクリスマス
やかまし村のクリスマス 作: アストリッド・リンドグレーン
絵: イロン・ヴィークランド
訳: おざきよし

出版社: ポプラ社
子ども時代に教科書で読んだ『やかまし村のこどもたち』を
この夏ふと思い出し、読み直してみました。
そうそう、こんなおはなし!
記憶にはっきりと残るおはなしだったんだ、と
とても感心しました。

ということで、最近復刊された
この『やかまし村のクリスマス』。
3軒しかないとはいえ、
こんなに子ども達がいるのは素敵なことです。
だからこそ、「ごきげんな」クリスマスなんです。
しょうがビスケット作りの台所。
焚き木集め、クリスマスツリーの調達・・・。
ケーキを前にみんなうれしそうなこと!

やかまし村のおはなし、
私から我が子へのクリスマスプレゼントです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 冬の日にほっこりと  掲載日:2004/12/19
子ぎつねふうた(1) ふうたのゆきまつり
子ぎつねふうた(1) ふうたのゆきまつり 作: あまん きみこ
絵: 山中 冬児

出版社: あかね書房
空色のタクシーの運転手、まついごろうさんが出会ったこぎつねのふうた。
かまくらに入りたくてためらっている姿がなんとも愛らしいです。
手伝ってあげるつもりのまついさんも、かまくらに一緒に入り、
ラストの「こんやはほんとうにいいよるだったよ」のせりふが印象的でした。
冬の日にほっこりとできるおはなしです。
もちろん、そのあとは、『車のいろは空のいろ』(あまんきみこ:作)で、まついさんワールドへどうぞ!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい マドレーヌも、ミス・クラベルも!  掲載日:2004/11/30
マドレーヌといぬ
マドレーヌといぬ 作・絵: ルドウィッヒ・ベーメルマンス
訳: 瀬田 貞二

出版社: 福音館書店
表紙のやや暗いトーンに最初は敬遠していました。
でも読んでみると、物語にぐんぐん魅かれていきます。

パリのある古い屋敷に住む12人の少女たち。
彼女たちの生活もまた独特です。
中でも一番元気なのがマドレーヌ。

このおはなしは、おぼれそうになったマドレーヌを
助けてくれた犬を飼うことになった少女たちの騒動記。
夜の巡回のミス・クラベルが部屋を出て行くと大騒ぎ!
私はこの場面が大好きで、もちろん、読み聞かせでも
受けるところです。
でも親代わりのミス・クラベル、厳格そうでいて
しっかり少女たちの気持ちに寄り添っているのです。
同じ保護者として、感心してしまうのです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う どうしよう!  掲載日:2004/11/30
ロバのシルベスターとまほうの小石
ロバのシルベスターとまほうの小石 作・絵: ウィリアム・スタイグ
訳: せた ていじ

出版社: 評論社
実は国際児童文学館で、この本のワークショップに
親子で参加したことがあるのです。
受付で魔法の石なるビー玉を受け取った私たち親子は、
シルベスターと同じく石になってうずくまりました。
会場は暗くなり、ナレーションが響いてきた時の
怖かったこと。
離れていた長男が孤独感に泣き出しました。
そう、だからこそ、ラストは感動なのです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい インパクトの強いおはなし  掲載日:2004/11/30
シナの五にんきょうだい
シナの五にんきょうだい 作: C・H・ビショップ
絵: クルト・ヴィーゼ
訳: 川本 三郎

出版社: 瑞雲舎
私が子どもの頃読んだ絵本で、
なぜか記憶に鮮明に残っています。
海の水を全部飲み込んでしまうなんて、
もう、目がまん丸の世界でした。
私も息苦しくなったのを思い出しました。
画面の使い方が迫力あるんです。

「シナ」は蔑視の表現とされていますが、
この絵本はやっぱり「シナ」を外せません。
祖父が中華料理をシナ料理、とよく言っていたのを
思い出します。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 色彩の美しさ  掲載日:2004/11/30
じぶんだけの いろ
じぶんだけの いろ 作・絵: レオ・レオニ
訳: 谷川 俊太郎

出版社: 好学社
私にとって、レオ・レオニに出会った作品。
色の魔術師と評されるレオニが色彩の延長で
カメレオンを選んだのは納得。
加えて文章がシンプルなんです。
それが彼の色彩にマッチしていて・・・。

おはなしは、でもとても深いです。
きっと子ども達の心に色彩とともに
じんわり染み入っていると思います。
最後に一緒にいてくれる仲間のいる幸せ。
大人には大人に、子どもには子どもに、
それぞれ違った味わいがある本です。

そして私はこの本を通じて、
『あおくんときいろちゃん』に出会いました。
あわせて読んで欲しいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ペレの満足そうな顔に拍手!  掲載日:2004/11/30
ペレのあたらしいふく
ペレのあたらしいふく 作・絵: エルサ・ベスコフ
訳: 小野寺 百合子

出版社: 福音館書店
ペレは大きくなって服が小さくなってしまうのです。
新調するのに、彼は自分で調達したのです!
羊さんから毛をもらって、糸をつむぎ、染め、織って
仕立てて・・・。
服の製作過程が見事に丁寧に書かれています。
出来上がったときのペレの満足そうな顔といったら・・・!

私も子どもの頃読んで、ひたすら感心した記憶があり、
再び出会った時は自信を持って子ども達に読み聞かせました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 絵の持つ想像力  掲載日:2004/11/30
アンジュール ある犬の物語
アンジュール ある犬の物語 作: ガブリエル・バンサン
出版社: BL出版
文章が無い!
モノクロ、鉛筆のデッサン。
それなのに画面の隅々にストーリーがあるのです。
絵本の「絵」の力をしみじみ感じます。
この本は読む人の心の感情や想像力を引き出して
それを物語にしてしまっているのです。
さすがに子どもに読み聞かせできませんでしたが、
この絵本が読み取れる日を心待ちにしたいなあ、
と思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい シンプル故に拡がる世界  掲載日:2004/11/1
あおくんときいろちゃん
あおくんときいろちゃん 作・絵: レオ・レオニ
訳: 藤田 圭雄

出版社: 至光社
この絵本に出会ったときの感動は今も覚えています。こんな単純な絵の中に、登場人物の表情や気持ちがいっぱい詰まっているなんて。即興で描いたというのが信じられないです。
参考になりました。 0人

4660件中 4651 〜 4660件目最初のページ 前の10件 462 463 464 465 466 次の10件 最後のページ

「いのち」の意味を考えさせてくれる絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。
  • つばめこうくう
    つばめこうくう
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    つばめの飛行機で、南の島へひとっとび! 乗り物好き・虫好き・旅行好きにおススメの楽しい絵本です。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット