もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

5050件中 4651 〜 4660件目最初のページ 前の10件 464 465 466 467 468 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい みんなで歌いましょう!  掲載日:2006/1/8
世界中のこどもたちが103
世界中のこどもたちが103 作: 平和を作ろう!絵本作家たちのアクション
出版社: 講談社
評判を聞いて図書館で借りてきました。
楽譜もあり、どうやら歌のようなので
ピアノ好きな長男に、弾いて、と頼んだら、これ知ってるよ、だとか。
ついでに次男までも、あ、俺も知ってる!
どうやら、6年生を送る会やら1年生を迎える会なんかで全校生で歌ったらしいのです。
え?まだ新しい曲でしょう?すごいですねえ。
そうそう、楽しい曲ですよ。どうぞご一緒に!
本題の絵本ももちろん負けていません。
なんと103人の絵本作家の合作なんですから。
絵本好きにはたまらないことでしょう。
絵本作家の皆さんだからこその、子ども達への優しいまなざしが感じられます。
平和へのアクション、感謝の限りです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 鉛筆画による手の表情  掲載日:2006/1/8
ハルばあちゃんの手
ハルばあちゃんの手 作: 山中 恒
絵: 木下 晋

出版社: 福音館書店
鉛筆画、ということですが、その深い表現力にびっくりです。
ハルという女性の生まれてからの営みが静かに語られます。
赤ちゃんの時から手にあったほくろが象徴的です。
戦争時代をはさみ、人生そのものを手の表情が物語ります。
夫であるユウキチさんの存在感がとても素敵です。
晩年は少し寂しい展開ですが、穏やかな表情でいられるのも
夫婦愛のおかげですね。
そういえば、うちも息子二人、私も他人事ではありませんね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う よにもめずらしいリサとガスパール  掲載日:2006/1/8
リサとガスパールのはくぶつかん
リサとガスパールのはくぶつかん 作: アン・グットマン
絵: ゲオルグ・ハレンスレーベン
訳: 石津 ちひろ

出版社: ブロンズ新社
クラスのみんなと博物館に出かけたおなじみリサとガスパール。
例によってガスパールのひらめきはとんでもない展開に・・・。
博物館独特の雰囲気がスリリングでもあり、面白いです。
ガスパール、少しは懲りたかしら?
ちょっとアカデミックな背景も味わいたいですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いつまでも、まんげつのよるでいてほしい  掲載日:2006/1/8
まんげつのよるに
まんげつのよるに 作: 木村 裕一
絵: あべ 弘士

出版社: 講談社
あの壮大なお話の本当の完結編を読むというのは
厳粛な気持ちになります。
ああ、スリリングな展開は健在、そしてラストはお見事です。
もともといろいろな解釈があり、
映画化でまた新しい評価も出ています。
それだけ、奥深い、味わい深い作品です。
せりふ一つ一つも重みがあります。
まさしく読者とのコラボレーション。
さあ、みなさんはどのように味わいますか?
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子ども達のワクワク感  掲載日:2005/12/23
もうすぐゆきのクリスマス
もうすぐゆきのクリスマス 作・絵: ターシャ・テューダー
訳: ないとうりえこ

出版社: 株式会社KADOKAWA メディアファクトリー
古い家に住むセスとベサニーとマフィン。
この3人の子ども達の、クリスマスを迎えるまでの日常生活が綴られます。
暖炉の火で焼きりんご、家中駆け回るねずみ、小鳥のためにパンくずをまき、
スケート、インディアンごっこ・・・。
最後のクリスマスツリーが素敵です。
もちろん、ねずみ君達のこともお忘れなく。
ターシャ・テューダーの絵が味わい深いです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい みんなの主張に納得!  掲載日:2005/12/22
クリスマス・オールスター
クリスマス・オールスター 作: 中川 ひろたか
絵: 村上 康成

出版社: 童心社
おお、こういうクリスマスもなかなかですね。
次男は早速「こらこら!」と突っ込みを入れています。
表紙の鮮やかなクリスマスカラーから、ハッピーの予感がします。
おはなしは実に明快です。
クリスマスに縁遠い、雛人形やこいのぼり、節分のオニ、玉入れからうきぶくろなどなどが、
私達もクリスマスしたい!と言い出すのです。ラストのドンちゃん騒ぎは見事!
作者のひろたかさんらしいおっちゃんやさつまのおいも!に拍手です。
さあ、他の作品も読んでみましょうね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 動物達が見守るクリスマス  掲載日:2005/12/22
うまやのクリスマス
うまやのクリスマス 作: マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵: バーバラ・クーニー
訳: まつい るりこ

出版社: 童話館出版
有名なイエス様誕生の場面。
ブラウンらしい音に満ちた文章、クーニー独特の色調がとても素敵です。
聖書に忠実ですが、そこにはねずみ、うま、ひつじ、ろば、うしがいて、
やさしく見守っています。
その多くのやさしいまなざしがあたたかいです。
訳文もリズムがあり、ブラウンらしさがうまく邦訳されています。
おはなしが簡潔なので小さいお子様にもおすすめですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 幸せはこぶゆうびんやさん  掲載日:2005/12/21
ゆかいなゆうびんやさんのクリスマス
ゆかいなゆうびんやさんのクリスマス 作: ジャネット・アルバーグ アラン・アルバーグ
絵: ジャネット・アルバーグ アラン・アルバーグ
訳: 佐野 洋子

出版社: 文化出版局
手紙を受け取ることって、とてもうれしいことです。
だからこそ、ゆうびんやさんって素敵ですよね。
そんなゆうびんやさんが運んでくれたお手紙の数々、一挙大公開!
届けながら会話を交わし、ゆうびんやさんは軽快に自転車で雪道を走ります。
その手紙はさまざま、カード、ゲーム、ジグゾーパズル・・・。
図書館で借りてきたのでジグゾーパズルができず、
次男は地団駄を踏みました。
そうそう、ゆうびんやさんだってお手紙もらわなくっちゃ。
わ!すごいのぞき絵手紙。
ゆうびんやさん、いつもありがとうございます!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 表情が絶妙  掲載日:2005/12/21
クリスマスの三つのおくりものセット
クリスマスの三つのおくりものセット 作・絵: 林 明子
出版社: 福音館書店
評判を聞いて手にしたのですが、そのかわいい手のひらサイズにびっくり。
でもそこはまぎれもしない林明子ワールド。
ちょっとした表情がなんとも絶妙な味わいです。
三人きょうだいがそれぞれ主人公になったおはなしが3冊おさまっています。
かすみちゃんの「ふたつのいちご」。
もっくんの「ズボンのクリスマス」。
れいちゃんの「サンタクロースとれいちゃん」。
とにかくどれもほっこり笑顔になる素敵なクリスマスです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい サンタクロースを信じる?  掲載日:2005/12/18
急行「北極号」
急行「北極号」 作・絵: クリス・ヴァン・オールズバーグ
訳: 村上 春樹

出版社: あすなろ書房
サンタクロースを信じるかどうか、瀬戸際に立つ次男が微妙な表情で読んでいました。
サンタを信じる「僕」はクリスマスイブの夜、
サンタのそりの鈴の音のかわりに蒸気機関車の音を耳にするのです。
それは北極点へと旅する急行「北極号」。
終点の北極点の町でサンタからほしいものを尋ねられて・・・。
絵がとても幻想的です。
北極点の凛とした空気を感じさせます。
サンタからもらったそりの鈴の音は、「僕」の心そのもの。
最後のメッセージが染み入ります。
参考になりました。 0人

5050件中 4651 〜 4660件目最初のページ 前の10件 464 465 466 467 468 ... 次の10件 最後のページ

『あーん』イベント&おうちレポート

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット