ななちゃんペンギン ななちゃんペンギン ななちゃんペンギンの試し読みができます!
作・絵: さかいあいも  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
ペンギンが大好きな、ななちゃんの小さな冒険物語
morimoriさん 30代・ママ

裏表紙まで!
ななちゃんはペンギンが大好きな女の子で…

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

4757件中 4651 〜 4660件目最初のページ 前の10件 464 465 466 467 468 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 木の実の織りなす不思議なおはなし  掲載日:2005/4/2
ガオ
ガオ 作・絵: 田島 征三
出版社: 福音館書店
さすが、田島征三さん!と思わず拍手です。
最近は自然の素材を使ったアート作品に取り組んでおられるとか。
この作品はその木の実の絵本。
木の実をうまく(計算尽くされた!)使った迫力の画面です。
発想が面白く、次男は思いっきりツッコミをいれていました。
最初から「山犬は大声で吠えたくなった」、
なんとなく気持ち、わかりますよね。
それからはめくるめく展開です。
木の実アート、大成功です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 桜の花香る夜、鳳凰は「笙」になった  掲載日:2005/4/2
光り降る音
光り降る音 作: かんの ゆうこ
絵: 東儀 秀樹

出版社: 講談社
雅楽の東儀秀樹さんの絵本。
「天から差し込む光」を表すという和楽器「笙」。
「光の音」を聞き取れないみんなのために、
鳳凰は美しい楽器に姿を変えます。
このおはなしでは唯一自然の音を聞き取れる白うさぎが主人公です。
白うさぎの嘆きが切ないです。
私達は果たして自然の音を聴き取っているのでしょうか?

大人向けに分類されている絵本ですが、
雅楽入門として子どもにも優しい物語になっていると思います。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う みんながやさしい心になるように  掲載日:2005/4/2
さくらうさぎ
さくらうさぎ 作: 安藤 和津
絵: 奥田 瑛二

出版社: 三起商行(ミキハウス)
ピンクの毛に青い目の子うさぎ。
待ち焦がれてうまれた我が子は仲間はずれにされます。
心を痛めた両親が願ったことは
「みんなと同じになること」ではなく
「みんながやさしい心になるように」だったのです。
この視点は大切だなあ、と思いました。
桜の季節、優しい心に触れたい時、
そっと手渡してあげたい絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 愛・地球博の絵本  掲載日:2005/3/26
もりのこえ
もりのこえ 作・絵: 田代千里
出版社: 伊藤忠商事
愛・地球博が開幕しました。
この絵本はそのキャラクター、モリゾーとキッコロのおはなし。
便乗本かなあ、とあまり期待していなかったのですが、
森の声に耳をすませよう、というメッセージが伝わってきて、
田代千里さんのなんともいえないほのぼのとした絵が絶妙です。
「自然の叡智」をテーマに、モリゾーとキッコロはどんな活躍をしてくれるのか
この絵本を読んで思わず期待してしまいました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 盲目の子ども達の感性  掲載日:2005/3/24
雨のにおい星の声
雨のにおい星の声 作: 赤座憲久
絵: 鈴木 義治

出版社: 小峰書店
目が見えなくとも、そのほかの感覚で物を感じることができるのです。

運動場に雨が降ると、土のにおいがする。
星はネコのなき声みたいな気がする。

子どもには少しピンとこなかったみたいですが、
その表現力は是非伝えたいと思いました。
やはり声に出して素敵な言葉の響きを味わってほしいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 障がい者が旅行するには  掲載日:2005/3/24
オラ、サヴァ、チェリオの地球冒険の旅 パリ祭(普及版)
オラ、サヴァ、チェリオの地球冒険の旅 パリ祭(普及版) 作: おそどまさこ
絵: エム・ナマエ
英訳: スネル 博子

出版社: 自由国民社
作者はトラベルデザイナー。
絵は盲目のイラストレーター。
この絵本では、障がい者同士が助け合って旅行する、というお話です。
電動車いすに乗った人、盲導犬を連れた人、口話のわかる耳の不自由な人。
飛行機に乗る、道を歩く、ホテル、食事・・・。
みんなで工夫します。

ふりがなもなく少し長いので、
小学校高学年以上の障がい者理解の参考絵本といった感じでしょうか。
点字地図もあります。

エム・ナマエさんのイラストもいいです。
おはなしはメルヘン調にすすみますが、しっかりとリアリティを踏まえています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 春がやってきた村  掲載日:2005/3/24
せかいいちうつくしい村へかえる
せかいいちうつくしい村へかえる 作・絵: 小林 豊
出版社: ポプラ社
前作でサーカスに入団するため村を離れたミラドー。
サーカスからもどったミラドーを待っていたのはすももの木だけでした。
村は破壊され、誰もいません。
でも、すももの木にはちいさなつぼみがついています。
絶望せずにいたミラドーはやがて友達のヤモと再会するのです。
二人は無人の村に戻ります。
また村が再生しますように・・・。
そんな祈りが静かに伝わってくるおはなしです。
ラストの言葉をぜひかみしめてほしいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 古代エジプトの神聖文字の世界  掲載日:2005/3/24
運命の王子
運命の王子 作・絵: リーセ・マニケ
訳: 大塚 勇三

出版社: 岩波書店
このおはなしは古代エジプトのパピルスに
象形文字である神聖文字で書かれたものより解読、
ラストは作者の創作ということですが、
文献を調べつくしての再構成のため、
古代エジプトの世界を鮮やかに描き出しています。
さし絵も発掘された浮彫から写し取っているとか。
神様が身近にいた時代、生まれながらに死を運命付けられた王子。
その運命に正面から挑む王子の姿は立派です。
丁寧に作られた、このような作品は素晴らしいと思います。
是非子ども達に届けたいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい もちよりパーティーはお気軽に!  掲載日:2005/3/24
アナグマのもちよりパーティ
アナグマのもちよりパーティ 作: ハーウィン・オラム
絵: スーザン・バーレイ
訳: 小川 仁央

出版社: 評論社
我が家では「持ち寄りパーティー」って何?でまず盛り上がりました。
このおはなしでは、自分は何を持っていくか、がポイント。
もちろん、モグラ以外の動物たちの「持ち寄り」もそれぞれ素敵ですが、
モグラが主催者のアナグマに薦められてもってきた「自分自身」も素敵。
アナグマさんが一番持ってきてほしかったものではないでしょうか。
モグラさんのうれしそうな顔と、アナグマさんの優しいまなざしが
静かに心に染み入ります。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 機械と人間が共生していた時代  掲載日:2005/3/21
マイク・マリガンとスチーム・ショベル
マイク・マリガンとスチーム・ショベル 作・絵: バージニア・リー・バートン
訳: 石井 桃子

出版社: 童話館出版
マイクのスチーム・ショベルにはメアリという名前があるのです。
蒸気機関の時代、機械はずっと人間に近い存在だったのかもしれません。
時代は流れ、最新の機械が出始めても、マイクとメアリの絆は固いのです。
このコンビの仕事ぶりは圧巻です。
しかも、一緒に働いている人たちの存在も、見物人の存在も大切に描かれます。
仕事きっちり!は見事ですが、最後は少しドキドキ。
でも、メデタシメデタシ、は作者バートンに乾杯!
物語の展開、計算尽くされた絵本としてのレイアウト、
やはり子ども達に届けたい名作だと思います。
参考になりました。 0人

4757件中 4651 〜 4660件目最初のページ 前の10件 464 465 466 467 468 ... 次の10件 最後のページ

もしあなたがシンデレラだったら?1人称童話シリーズ二作目登場

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット