ぼくはかさ ぼくはかさ
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
ぼくはかさ。たろうちゃんのおきにいりのかさだよ。だけど、このごろたろうちゃんは、おばけにばかりむちゅう。そうだ、ぼくも「かさばけ」になろう!

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

5015件中 4711 〜 4720件目最初のページ 前の10件 470 471 472 473 474 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 絵に耳を澄ませて  掲載日:2005/10/6
きこえる きこえる えのおと えのこえ
きこえる きこえる えのおと えのこえ 作・絵: 長谷川 摂子
出版社: 福音館書店
ピカソからモネ、与謝蕪村・・・。
絵から感じる音を基に、カレンダー風に構成されています。
とろりんこ ぷわりんこ たっぷ たっぷ るわ〜ん ゆよよ〜ん
これ、池の水の絵です。
こんな感性素敵ですね。
絵を二倍楽しめる方法、発見です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 赤とんぼの感性  掲載日:2005/10/4
あかとんぼ こんにちは
あかとんぼ こんにちは 作: くどう なおこ
絵: 村上 豊

出版社: 講談社
赤とんぼが出会った虫や自然。
赤とんぼが感想をつぶやきます。
工藤直子さんらしい詩的表現が素敵です。
村上豊さんの絵も情感たっぷりです。
たくさんの表現を学んだように思います。
さあ、皆さんも赤とんぼになって自然を観察してみませんか?
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 耳を澄ませる絵本  掲載日:2005/10/4
なつのいなかのおとのほん
なつのいなかのおとのほん 作: マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵: レナード・ワイズガード
訳: 江國 香織

出版社: ほるぷ出版
こいぬのマフィンは家族に同行して田舎に旅行。
電車に乗るために箱に入れられたマフィンはいろんな音に耳を澄ませます。
やがて到着して田舎に着いても、知らない音がいっぱい。
「いったいなんでしょう!」
いろんな音があふれる文章が心地良いです。
絵は青、緑、黄、茶色だけの不思議な色彩の世界です。
マフィンが何ともいえない筆致でこいぬそのものです。
どうぞ耳でご鑑賞ください。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ささぶね  掲載日:2005/10/4
こぎつねキッコ えんそくのまき
こぎつねキッコ えんそくのまき 作: 松野 正子
絵: 梶山 俊夫

出版社: 童心社
こぎつねキッコは幼稚園の子ども達の遠足についていきます。
おべんとうやすりきずなど、遠足アイテム満載です。
笹舟までまねして作って川に浮かべたら、あやうくみんなに見つかりそうになって・・・。
素朴な遠足風景が何ともいえないです。
幼稚園前のお子さんに、幼稚園の楽しさを教えてあげるのにいいかもしれませんね。
きつねの気配に気づきつつも、そっとしておく幼稚園の先生や園児達に、
なんだか温かい気持ちにさせられます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 北海道の秋の情景  掲載日:2005/10/2
ひぐまのあき
ひぐまのあき 作・絵: 手島 圭三郎
出版社: リブリオ出版
ひぐまの親子の秋。
木版画の表現が力強いです。
冬ごもりの準備でやまぶどうを食べ、
夜の月明かりの中こぐまははじめての鮭取りに挑戦します。
自分で取った獲物のおいしさが伝わってきます。
でも一人前になったようで、月明かりを大きな魚に見間違えるなど、
まだまだあどけないこぐまです。
手島さんにはこの他北海道などの生き物の作品がたくさんあるようです。
自然シリーズでチェックしたいですね。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい プラムを無駄にするな計画  掲載日:2005/10/1
ジャムおじゃま
ジャムおじゃま 作: マーガレット・マーヒー
絵: ヘレン・クレイグ
訳: たなか かおるこ

出版社: 徳間書店
作者がマーガレット・マーヒーなので手に取りましたが、
文句無し、傑作です。
カッスル一家のパパは妻が働き始めたので主夫業開眼。
この完璧な仕事ぶりは実に爽快です。
で、ここからが一大事。
家の裏のプラムの木、実もたわわ・・・ひらめいたぞ!
とばかりにプラムジャム作り。
とはいえ、完璧なパパのすることは、家中のビン、花びん、ティーポットまで
ジャムで埋め尽くしてしまいます。
そして、親子5人でたいらげよう、とのたまうのです。
やっと食べつくしたカッスル一家を待ち受けていたのは・・。
あちこちにある楽しそうなパパの笑顔が、ママや子ども達の神妙な表情をふっ飛ばします。
マーヒーの軽快な文章が見事に訳出されています。
どうぞ、香り高いお茶と一緒に味わってください。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 絵本の中の韓国  掲載日:2005/10/1
うさぎのおるすばん
うさぎのおるすばん 作・絵: イ・ホベク
訳: 黒田 福美

出版社: 平凡社
ベランダでうさぎがひとりでお留守番。
おや、鍵が開いている、ということはお部屋に入れるのね・・・。
ということでこのうさぎさん、いつも見ていたあこがれのことを
次から次へと試してみます。
人間のご飯、お菓子食べながらビデオ、お化粧、ローラーブレード・・・。
うさぎさんの無邪気な表情が何ともいえないです。
ラストは少し、理科のお勉強ね。
ポテチの袋がハングル、たんすの衣装がチマチョゴリ、とさりげない雑貨に韓国。
訳は韓国通の女優、黒田福美さん。
やわらかい訳文に拍手!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 運動会は楽しいな  掲載日:2005/10/1
こぎつねキッコ うんどうかいのまき
こぎつねキッコ うんどうかいのまき 作: 松野 正子
絵: 梶山 俊夫

出版社: 童心社
山の幼稚園の運動会を見ていて参加したくなったこぎつねキッコは・・・。
練習風景から本番まで、運動会の楽しさが伝わってきます。
絵も素朴で、キッコのイメージにぴったりです。
一緒に入りたくて離れたところでまねをするキッコのお母さんのまなざしが優しいです。
どうやらこのキッコのおはなしはシリーズであるようですね。
次男も早速「図書館に予約しよ。」
しばらくはキッコが我が家のブームになりそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 食欲の秋!  掲載日:2005/9/30
もりいちばんのおともだち
もりいちばんのおともだち 作・絵: ふくざわ ゆみこ
出版社: 福音館書店
まあ、表紙の絵からご覧ください。
やまぶどうのおいしそうなこと。
小さい物の好きな大きなクマさんと、大きい物の好きな小さなヤマネくんのおはなし。
森の秋の情景もさることながら、森のケーキ屋さん、かぼちゃにさつまいも、
まさに食欲の秋の展開です。
丁寧に描かれた画面はちょっとした自然観察にもなりますね。
ラストのかぼちゃがにくいですねえ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かわいいたこ  掲載日:2005/9/28
たこのななちゃん
たこのななちゃん 作・絵: なかがわ ちひろ
出版社: 徳間書店
漁師のお父さんが連れ帰ってきたのはけがをしたたこ。
足が1本無いから「ななちゃん」と名付けたかなこちゃんとの共生記録!?
かなこちゃんとたこのななちゃんの仲良しぶりは最高です。
もちろん、学校生活や家庭でも溶け込んでいる姿は圧巻。
それだけにラストはしんみり、でもさすが、お父さん!
このお父さん、やっぱりただものじゃないですぞ。

「8ぽんになってもななちゃんかな?」
これは次男の感想ですが、そう、海に帰っても、8本足に治っても、
ななちゃんはいつまでもみんなのななちゃん!
参考になりました。 0人

5015件中 4711 〜 4720件目最初のページ 前の10件 470 471 472 473 474 ... 次の10件 最後のページ

「きむらゆういち先生ミニトーク付おはなし会イベント」レポート

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット