ねずみくんのGIFTBOX ねずみくんのGIFTBOX
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
【数量限定発売】特製ニットチョッキを着た”ねずみくん”+持ち運びに便利なハンディータイプの絵本2冊付き

ありすさんの公開ページ

ありすさんのプロフィール

ママ・30代・広島県

ありすさんの声

24件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 心を豊かにしてくれました  掲載日:2013/10/18
ぐりとぐら
ぐりとぐら 作: 中川 李枝子
絵: 大村 百合子

出版社: 福音館書店
ぐりとぐら。名作ですが、私が子供の時には読んだ記憶がありません。
娘が生まれて、一緒にこの作品に出合えたことに心から感謝しています。耳に心地よいリズミカルな文章。優しい絵。なんといっても有名な大きなカステラ!!本当にページをめくると良い香りがしてくるんです。当時3歳だった娘はよだれがダラダラでした。私は本当に大きなカステラを食べさせてあげたくなり、フライパンで実際に作ってあげました。

それから何度読んでも飽きることはありません。娘は今5歳。ぐりとぐらシリーズは今でも手にとってみています。中川李枝子さんの他の本も全て読みつくしております。ぐりとぐらに出てきた動物達が他の本にも登場することがあり、親子で「あっ!いた!」と盛り上がってます。
絵本の素晴らしさを教えて頂きました。親子で本が大好きになりました。ありがとうございます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 空想と現実の世界  掲載日:2013/8/27
いやいやえん
いやいやえん 作: 中川 李枝子
絵: 大村 百合子

出版社: 福音館書店
5歳の娘に、初めての児童書でした。
難しいかな?という心配は不要でした。どんどん、どんどんと本の中へ入り込んでいくのがわかりました。そして毎日「読んで!」と持ってくるし、一人でも静かに読みふけていました。
この本のお話、全部実話だそうですね!登場人物もモデルの子がいて、『くじらとり』などの話も全部実際にあったとか。空想と現実を行き来する子供達の世界観、素敵ですよね。そんな世界に読者皆を導いてくれる本です。何十年も支持されて読み継がれているのがよくわかります。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 心地良いストーリー  掲載日:2013/8/27
おひさまはらっぱ
おひさまはらっぱ 作: 中川 李枝子
絵: 山脇 百合子

出版社: 福音館書店
中川李枝子さん・山脇百合子さんによる絵本、ただただ素晴らしいです。最強コンビです。文章がきれいでリズミカル。安心して心地よく読めます。
いやいやえんが好きな娘にこちらの本も購入しました。小さな頃から読み親しんできたぐりとぐらやその仲間たちも登場し、大喜びです。
我が家では毎晩二つずつストーリーを読んで眠るのが日課となってます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい すごい!最高!  掲載日:2013/8/27
パパ、お月さまとって!
パパ、お月さまとって! 作・絵: エリック・カール
訳: もり ひさし

出版社: 偕成社
なんとなく本のタイトルから話を想像してはいたのですが、ページをめくる度に感動が押し寄せてきました。そのスケールにびっくり!お月さまの大きさが変わっていくところも、納得のいくストーリーです。
長い長いはしごを持って娘の願いをかなえに行くパパ、とてもかっこいいです。同じようにお願いをされたお父さん、沢山いるでしょうね。
我が家は5歳の子に読みましたが、2歳くらいから読んであげられたらよかったなぁ・・とちょっと後悔しちゃいました。本当に夢があります。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ぐりとぐらファンの方、必見!  掲載日:2013/7/13
そらいろのたね
そらいろのたね 作: 中川 李枝子
絵: 大村 百合子

出版社: 福音館書店
『ぐりとぐら』シリーズが大好きだった娘が、この本と『いやいやえん』を同時に借りてきました。
種をまいたら家が生えてくるなんて!そこにまず引き込まれていました。すると、次々と家に集まってくるお友達や動物たちが、ぐりとぐらやいやいやえんに登場するキャラクターで!!自分で発見した娘は大喜びでした。
結末はふと意味を考えさせられる内容となっています。娘とは敢えて話し合わずにそっと本を閉じました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 娘のためにかかれた本(!?)  掲載日:2013/7/8
じっちょりんのあるくみち
じっちょりんのあるくみち 作: かとう あじゅ
出版社: 文溪堂
じっちょりんシリーズを知り、早速親子で全部読みました。
自然観察が大好き・現実と空想の世界を行き来している、そんな娘のためにかかれた本だと思いました。(図々しくてごめんなさい。でも多くの親御さんが同じように感じられたことでしょう。)
草花の名前が書いてあるのも非常に良かったです。絵本を楽しみながら図鑑の役目もあり、一石二鳥!!絵も精巧で美しく、いつまでも眺めていたい気持ちになります。ハート探しにも間違いなく夢中になりますよ!!

今まではコンクリートにまで生える雑草にうんざりでしたが、愛おしくなってきましたよ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 長谷川さんで楽しく読めます  掲載日:2013/6/21
かもとりごんべえ
かもとりごんべえ 文: 令丈 ヒロ子
絵: 長谷川 義史

出版社: 講談社
娘はこういった昔話にあまり興味がないのですが、この本は長谷川義史さんが大好きなので何度も何度も繰り返し読んでいました。途中、ケラケラと声を出して笑っていたほど。
最後にかちかちやまのお話が入っているのもお得感あります。このお話も長谷川さんでなければ怖がって読むことはなかったでしょう。
もっともっと長谷川さんの昔話が読んでみたい!と思った方、多いはずです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい だんごむし大好き  掲載日:2013/6/21
ぼく、だんごむし
ぼく、だんごむし 作: 得田 之久
絵: たかはし きよし

出版社: 福音館書店
だんごむし好きな子供たちに、ぜひ読んであげたい本です。親子でなるほど!!そうだったんだ!!!といった発見がぎゅっと詰まってます。
よく家付近で見かけますが、それにもちゃんとした理由があったんですね。
読み終えたら「だんごむし、飼ってみる!」と言いはじめる子が多いのでは?大事に育てて観察したくなることでしょう。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい なつかしい気持ちに。  掲載日:2013/6/21
ふとんやまトンネル
ふとんやまトンネル 作: 那須 正幹
絵: 長野 ヒデ子

出版社: 童心社
娘が幼稚園で読み、衝撃を受けて帰ってきた本です。「今日は夜ふとんやまトンネルする!!」と。
布団のトンネルをもぐってもぐって・・出た先はお日様が出ていてお友達もいっぱいいる。皆で好き放題に遊べます!

お父さんお母さんには怒られるけど、夜早くに寝たくなんてないし、お布団でも思い切り騒いで遊んでみたいし・・そもそも夜なんて来なければいいのに!っていう子供の時の気持ちを思い出し、ふふっと笑ってしまいました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 夢がひろがります  掲載日:2013/6/21
リサとサンタクロース
リサとサンタクロース 作: アン・グットマン
絵: ゲオルグ・ハレンスレーベン
訳: 石津 ちひろ

出版社: ブロンズ新社
とにかく絵が素敵で、大人も子供もうっとりすること間違いなし。
子供の頃思い描いていたサンタクロースの世界へ、リサが案内してくれます。大人はそれが想像の世界だとわかるけど、でも虜になることでしょう。
娘はロッカーの絵のページに飛びつき、「日本はここ?私のプレゼントはここだ!」と目をキラキラさせていました。

大型絵本でお値段もしますが、一家に一冊の価値あります。これだけ夢を与えてもらえるのだから。
参考になりました。 0人

24件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

出版社おすすめ


スペシャルコンテンツメニュー

全ページためしよみ
サイン本販売中