おいしそうなしろくま おいしそうなしろくま おいしそうなしろくまの試し読みができます!
作・絵: 柴田 ケイコ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
たべものの中にはいったてみたら、どんな感じかな?

アマアマ47さんの公開ページ

アマアマ47さんのプロフィール

ママ・40代・東京都

アマアマ47さんの声

325件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 英語版も面白いです  掲載日:2017/3/22
だんごをなくしたおばあさん
だんごをなくしたおばあさん 作: 小泉 八雲
絵: 平山 英三
訳: 光吉 夏弥

出版社: 大日本図書
日本文化紹介者として名高い小泉八雲の作品とあって、英語化された作品の読後、興味があり、読んでみました。

物語としては子供になじみやすく大変興味深い作品です。

ただ、日本人としてみると、笑い方、服装、文化など誤解を受けやすい内容であるなあと残念な思いも残る作品です。

英語版は1973年のコルデコット賞受賞作品として有名ですが、いまより40年以上前の作品ですが、当時日本はこのような印象だったのだなと思いやられました。

楽しんでいいのか、悲しんでいいのか、自分のなかで気持ちの決着をつけることが難しい、心に残る作品です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 絵を楽しむ文字のない絵本  掲載日:2017/3/8
A BALL FOR DAISY
A  BALL FOR  DAISY 出版社:
コルデコット賞。文字がないので翻訳されていなかったのですが、十分に楽しめました。

なんともユーモラスな子犬がボールで遊び、友達の犬にわられてしまい、落ち込むもまた新しいボールを手に入れるまでのショートストーリィ。

このデイジーがとぼけた表情、姿で、なんとなく気が抜けます。

日本にはない感じの雰囲気を味合うのにとても良いと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 生と自然と、色々と考えさせられた作品  掲載日:2017/3/8
ふうれんこのはくちょうじいさん
ふうれんこのはくちょうじいさん 作・絵: 井口文秀
出版社: 小峰書店
絵本にっぽん大賞。戦後間もなくの頃の風蓮湖で白鳥保護活動をした老人の物語です。

この絵本で、白鳥が色々な悲劇に見舞われている姿を知りました。人間に撃たれたり、自然の驚異にさらされたり。

特に自然は厳しいなと感じたのは、湖に足ごと凍りつかされてしまった白鳥の場面です。
そしてその傍らには、その白鳥を思い離れられなくなり、やはり同じように凍り付いてしまった白鳥。

はくちょうじいさんという、この工藤さんはそういった白鳥を助けてあげていたのですが、いつの間にか周囲を巻き込んで白鳥を助けるようになります。

そこでふと私にそれでいいのだろうかという迷いが生じました。

白鳥を助けたいという思いは悪い事ではないでしょう。

ただ、大変厳しい自然、生も死もそのなかにあって、人の力でそれをコントロールしようということは、果たして良い行為なのかどうか。。。
工藤氏の功績は功績として、そこに多数がよりかかってしまっていいものかどうか。

奇しくも、工藤氏自身も、作品のなかで白鳥センター建設の下りで逡巡する場面が見られます。

恐らく一人でやっていた頃には感じなかった、人間の傲慢さというか恐ろしさを途端に思い知ったのではないでしょうか。

私は絵本を読んだあと、そんな自分の迷いをあますところなく子供につたえました。

子どもは非常にまっすぐな瞳で『いいんだよ!白鳥を助けることはいいことなんだから!』と言ってました。

大人と子供で見解の相違がわかれた作品でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 絵本で知った昔の風習  掲載日:2017/3/8
こんこんさまにさしあげそうろう
こんこんさまにさしあげそうろう 作: 森 はな
絵: 梶山 俊夫

出版社: PHP研究所
絵本にっぽん大賞。

私はこの絵本ではじめて、のせぎょう、という風習があることを知りました。

冬一番寒い大寒のころに、キツネが山をおりて鶏等を食べないようにお供えにあずきめしやあぶらあげ、かわじゃこをあげるというのです。

この絵本はそののせぎょうのおかげで助かったキツネの親子の物語です。

おなかをすかせた子供のために駆け回る母狐に、やはりほろりとさせられる絵本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 本質を描いた骨太な物語  掲載日:2017/3/8
ユゴーの不思議な発明
ユゴーの不思議な発明 作: ブライアン・セルズニック
訳: 金原 瑞人

出版社:
コルデコット賞。19世紀末に実在したジョルジェ・メリエスを軸にした物語。

マーティン・スコセッシ監督が映画化して、有名な作品のようです。

これが絵本!?と思うほど、分厚く、地味で暗い本で、非常にとっつきにくい雰囲気です。

ところが、外見に反して、骨太で物事を正面から見据えたとてもよい物語で、息子と呼んで本当に良かったと思います。

なかに、世界を機械に例えて、この世にいらないものはないという話がでてくるのですが、そこのくだりなどは息子と読んでいて、心にぐっとくるものがありました。

幼児には少し難しい表現が多いのですが、息子も何かを感じ取ったようで、最後まで必死に聞いていました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 国際アンデルセン受賞作家  掲載日:2017/3/8
すきですゴリラ
すきですゴリラ 作・絵: アンソニー・ブラウン
訳: 山下 明生

出版社: あかね書房
カート・マシュラー賞、ケイト・グリーナウェイ賞。

国際アンデルセン受賞作家とあって少し気負ってしまいますが、表紙がやはり素敵です。

表紙は薄茜色の空にうかぶハナとゴリラ、そのなかでハナが履いている朱赤の長靴のあまりの鮮やかさに目を奪われてしまいました。

ゴリラが好きな女の子というシチュエーションはなかなかなさそうで、共感を抱きにくいかな?と感じましたが

このゴリラの瞳がとっても愛らしく、とてもよいのです。

最初はゴリラにはそんなに興味がないと思っていた私が一番ひきこまれていました。

子供達もこの絵本に出てくるゴリラは大好きなようです。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 本格的な海賊絵本  掲載日:2017/3/8
大型絵本 海賊日誌 少年ジェイク、帆船に乗る
大型絵本 海賊日誌 少年ジェイク、帆船に乗る 出版社: 岩波書店
ケイト・グリーナウェイ賞

18世紀独立前のアメリカ、船乗りのウィルおじさんと帆船に乗り込んだ少年ジェイクの物語。

大型絵本で、細かな文字で、なかなかに読みごたえがあります。

非常にリアルな絵本で、ムチを打つシーン、銃弾がのめりこんで足を切断するシーンなど、ちょっとおぞましい場面もちらほらあります。

情操教育にどうなのかと思ったのですが、当の息子はそういったシーンより、船の展開図などに目を奪われていましたので少し安心しました。

私も海賊の歴史を知ることができ、知識の幅を広げられるという意味では読んで良かったです。

ただ、息子も『ちょっとこれ長すぎるよ〜』とうんざりしていましたが。。。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う アールデコ風のパロデイ  掲載日:2017/3/8
スノー・ホワイト・イン・ニューヨーク
スノー・ホワイト・イン・ニューヨーク 作: フィオナ・フレンチ
訳: 麻生 圭子

出版社: 河出書房新社
ケイト・グリーナウェイ賞。

白雪姫ニューヨーク版である。ニューヨークでクラブデビューする白雪姫、7人のジャズメン、新聞記者の王子様、

なんともスタイリッシュな作品。直線的な絵で、我が家にはあまりなじみがないアールデコな雰囲気でした。

うちの子供達にはあまりうけなかったが、こういった絵本もあるのだなと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 子どもに触れさせてあげたい絵  掲載日:2017/3/8
くじらの歌ごえ
くじらの歌ごえ 作: ダイアン・シェルダン
絵: ゲイリー・ブライズ
訳: 角野 栄子

出版社: BL出版
ケイト・グリーナウェイ賞。

孫のリリーはおばあさんからくじらの歌ごえについての話を聞かされます。

おじはそんなくだらない話をするなと一喝するが、リリーはくじらの歌ごえが聞きたくて桟橋に出かけていきます。

最後にリリーはくじらが歌いながら踊る姿を目の当たりにします。

私は実際に海でくじらの歌声を聴いたことがあるので、この物語をとても現実味を持って味合うことができました。

特に絵が非常に素晴らしく、ただ可愛いだけのイラストとは一線を画しています。

子どもに見せてあげたい絵本の1冊です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ママもちょっとじーん。。。  掲載日:2017/3/8
いやだ あさまで あそぶんだぃ
いやだ あさまで あそぶんだぃ 作・絵: ヘレン・クーパー
訳: ふじた しげる

出版社: アスラン書房
ケイト・グリーナウェイ賞。我が家では娘に大人気のヘレン・クーパーの作品です。

なかなか寝ない子供の物語。寝ないで自動車に乗って冒険にでかけちゃいました。

トラに兵隊、次から次へと遊ぶ相手がでてきますが、いつまでも寝ないので、とうとう一人ぼっちになってしまった男の子。

それを迎えにきた黒い影の正体はやはりママ。ママがぎゅうっとわが子を抱きしめるシーンはなかなかの迫力です。

ママである私もちょっとじーんと感動してしまいました。
参考になりました。 0人

325件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

いないいない…ばあっ!で、とびきりの笑顔に♪

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット