べるがなる べるがなる べるがなるの試し読みができます!
さく・え: 山村 浩二  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
NHK「おかあさんといっしょ」のエンディングテーマが絵本になりました!

白井音子さんの公開ページ

白井音子さんのプロフィール

その他の方・60代・新潟県

白井音子さんの声

34件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい いつだって会える  掲載日:2018/4/1
せいちゃん
せいちゃん 作・絵: 松成 真理子
出版社: ひさかたチャイルド
ボランティア仲間が3人
たて続けに引越された淋しい春に出会った『せいちゃん』。

遠くに行っちゃえば、会えなくなっちゃえば
人間だから、忘れてっちゃうこともあるさ。
でも、一度つながった絆は、案外と頑丈で
会おうとさえ思えば
いつだって、いくらだって会えるんだよ
そう、せいちゃんとかっくんが教えてくれました。

だから
読み聞かせに行くマンモス校
来年度からふたつの学校に分かれることになって
毎日毎日、教室で会っていた友達とお別れする3年生に聞いてもらいました。

毎日は会えなくなっても、ずっと友達。
いつだって会いにいけるんだよって伝えたくて。
ちりん ちりん…こころに響いて届きますように。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 大きくて重宝  掲載日:2017/10/8
大きな大きな絵本 ドライブに いこう(チャイルド本社刊)
大きな大きな絵本 ドライブに いこう(チャイルド本社刊) 作・絵: 間瀬 なおかた
出版社: チャイルド本社
低学年中心に集まるおはなしかいで読みました。

谷川や滝では
みんなで赤いオープンカーとドライブファミリーを探しました。
「停まってた!」「いた!岩のとこ」

野原では「とんぼ捕ってる!」

森では、ふくろう、くま、いのしし…
たくさんの動物達を見つけて教えてくれました。

ブルルン ルンルン
快適に走ってきたドライブですが
雲の中は、助手席のお父さん(森から、お母さんと運転、交替してたんですね)も不安そう。
ブロロン ブルブル は声のトーンを落として読みました。

そうして、頂上!雲がはれて―
ジャーン!
4ページ分の見開きは壮観。
灯台のそばの出発点から
花畑→谷川→滝→湖→野原→森と
ドライブしてきたところを辿りました。

山と雲の形にカットされた頁が重なって
奥行きができて面白いです。

70人くらい集まったので
細かいところまでよく見える大型絵本は重宝しました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ともしびのよう  掲載日:2017/10/4
ぽちっと あかい おともだち
ぽちっと あかい おともだち 文: コーリン・アーヴェリス
絵: フィオーナ・ウッドコック
訳: 福本 友美子

出版社: 少年写真新聞社
あーこんなにも自然にミキとともだちになれてしまうなんて!
女の子がうらやましい。

言葉がなくても、いやむしろ、言葉がないから
かまえることなく、すぐにともだちになれてしまうのかな。

ミキ!私も少女に返って赤い手袋で会いに行ったら
一緒に遊んでくれますか?

「ぽちっとあかい」手袋も
「ぽちっとあかい」女の子も
雪の中に、ぽっと灯ったともしびのようです。
読み終えれば、私の心にもまた、ともしびひとつ灯ってた。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う りんごのあとから…は「ごはん」!?  掲載日:2017/9/8
おべんとうばこの なかから
おべんとうばこの なかから 文: 中川 ひろたか
絵: 岡田 よしたか

出版社: 世界文化社
朝の読み聞かせで3年生と読みました。

「〜のあとから」は、ひとつ前のページに引越しさせてもらって
ページをめくる前に読み
みんなの声を聞いてからめくりました。

なす、すいか、かきは、あちこちから声が上がり
当たるとニコニコ嬉しそう。
でも、かきのあとは、「きゅうり」でしたし
りんごのあとは、「ごはん!」「ごはーん!」。
そりゃそうだ。
おべんとうですもん、「ごはん」は外せませんよねぇ。

夏から秋にかけての食べ物が多いので
今がちょうど読み頃だったかなと思います。

悲しいかな、楽譜がうまくよめないので、歌えませんでした。
でも、最終頁は、思わず私作曲で歌っちゃいました。

参加型で一緒に読め
メインの本のまえに注目してもらえて重宝しました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 今はハルバルとうさん!  掲載日:2017/5/12
小さなバイキングビッケ
小さなバイキングビッケ 作: ルーネル・ヨンソン
絵: エーヴェット・カールソン
訳: 石渡 利康

出版社: 評論社
そうだった、そうだった!
ナイスアイディアがうかぶと、火花が飛び散るんでした。
なつかしーい!
♪ビッケビッケビッケは海の子バイキング♪
テレビアニメのテーマソングが
思わず口をついてでてきました。

本のビッケは、スラリとして
ちょっとお兄さんのイメージ。

ためし読みさせていただいた後
たまらず、図書館で借りてきて続きを読みました。

アニメで見ていた頃は、だんぜんビッケ応援団でしたが
今こうやって原作を読むと
自分も年を取ったせいか
ハルバルとうさんに心を寄せてしまいます。

ビッケと石運び競争をするときも
便利な文明の利器など考えも及ばず
コツコツと自分の手と足で仕事をするところ、
今どきの各種機器についていけない私を見るようで好感度アップ!
ビッケと本気で対抗するも、彼が「自慢の息子」ってところも。
イルバに頭が上がらないところもね、魅力的。

でも、そのイルバも、奥さん、お母さんの鏡。
ハルバルをどんなに言い負かしても
ちゃーんと尊敬して立てることを忘れない。
だからビッケも「ぼくのお父さんは最高」って言えちゃうんでしょうね。
お手本にしたいような一家です。

子ども達が、子供だった頃に
一緒に読みたかったな。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい スラスラ読むより  掲載日:2016/11/22
1つぶのおこめ
1つぶのおこめ 作・絵: デミ
訳: さくま ゆみこ

出版社: 光村教育図書
インドでうかぶのは二桁の九九。
算数の昔話があるのもうなづけます。

毎年、秋、新米のとれる頃になると
そうそう と思い
この本を読み聞かせに選びます。

初めて読んだ時には
前に借りた方が貼ったのでしょう、長〜い数のそばに付箋!
「五億三千六百八十七万…」と。
私もそのまま使わせてもらいましたが
何度も読むうち、すっかり慣れて
30日目は五億から とインプットされて
スムーズに読めるようになりました。

それでも、これ、スラスラ読むより
いちいち一十百千…と位を数えながら読んだ方が
子ども達に‘大きな数’が伝わるような気がします。
かごを積んだ鹿や牛やラクダ、象の絵で一目瞭然ですけどね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ヘリペロビピピラポレアナ  掲載日:2016/10/6
なわとびしましょ
なわとびしましょ 作: 長谷川 義史
出版社: 復刊ドットコム
「誰が入るか、よ〜く見ててね」と4年生に声をかけ
メインの長めの本の前に読みました。

「ペッタンペッタン なわとびしましょ おはいんなさい。」
リズムに乗って読んだらウキウキ楽しくなってくる。

入ってくる面々
おさむらい、ろくろっくび、うちゅうじん…にも意標を突かれるけれど
その名前がいちいち効いてます。
男の子達、入ってくるたび反応!
うちゅうじんは、読み手にとっては難関で
ヘリペロビピピラポレアナ、ヘリペロビピピラポレアナ…
家で何度も何度も練習して
何とかかまずにクリア。

「なわを ふんだの だれですか……。」に
あちこちから「おさむらい」「おさむらい」と。
「おさむらいの誰だっけ?」には
「なんとかざえもん?」
得意顔の私も、実は覚えていなかったのでした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 夢は自分で  掲載日:2016/9/27
夢は牛のお医者さん
夢は牛のお医者さん 作: 時田 美昭
絵: 江頭 路子

出版社: 小学館
テレビ局が夢ヘの歩みを取材し続け
映画になったと耳にしていました。
それが絵本と児童書になり図書館に入ったので
早速、借りてきました。

子牛を入学させてくれた校長先生
強子たちを出荷まで育ててくれた岡本さん
応援団のお父さん
まわりの大人たちが
ともみさんの夢の種をまき、育てたのでしょうね。

牛の治療に無制限にお金をかけられないこと
乳牛のお母さんに赤ちゃんがいないと肉にされてしまうこと
残酷とも思える現実に
それを食べて生きている人間としては
突き付けられるものがありました。
それと真っ向から向き合うともみさんは
まさに「強くてやさしいお医者さん」です。

15分という朝の読み聞かせには少し長め、ギリギリで
それでも是非聞いてほしくて、6年生に読みました。
奥付のページにある現在のともみさんのお勤め先も読んで伝えると
「えー、ほんとの話!?」
私たちの暮らす上越の診療所なので
子ども達は実話ということが実感できたのではと思います。

私自身も
夢は「叶いますように」ではなく
「自分で叶えるのだ」と教えられました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ほんとに  掲載日:2016/9/13
わんわん わんわん
わんわん わんわん 作・絵: 高畠 純
出版社: 理論社
あれ!?
左ページのなき声と、右ページの動物たちが、おんなじ位置!
文字の大きさで、声の大きさまでわかります。
なき声を読んだだけなのに、どうぶつ語の通訳になれた気分でした。

動物たちの白、黒、ピンクがシンプルで
バックの色がとてもきれいに映ります。
1羽と5頭が勢ぞろいでなくページは
バックの色も色とりどりで、にぎやか、にぎやか。

めへーめへー
やぎさんのとぼけた表情と
力の抜けたなき声に思わずクスッ。

ぞうさんが向こうからやってきて一同「ん!?」
でっかい「プオーン」を見送るまで無言。
その後、なき声爆発、大騒ぎ…にもクスクスッ。

「くすくすえほん」って、ほんとだなぁ。
「くすくす」えほんを楽しんだチビッ子ちゃんはきっと
「すくすく」育つんだろうな。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 文字がスキップ  掲載日:2016/7/21
ぼくの ベンチに しろいとり
ぼくの ベンチに しろいとり 作・絵: 葉 祥明
出版社: 至光社
うちの本棚にあるのは、題名『Jake』の英語版です。
学生の頃、葉さんの絵がそれはそれは大好きで
最初の絵本『ぼくのベンチにしろいとり』を探すも出会えず。
ある日見つけた『Jake』…きっとこれがそうだよね と。

今回、ン十年の時を経て
ためし読みで、比べながら読ませていただきました。

翻訳前の日本語で、気持ちが弾んだのはここ!
「ベンチ ベンチ ぼくのベンチ」の文字がスキップするよう。
「ち ちち」「わん わん わん」は
とりのさえずりと、ジェイクの吠える声が
あっちとこっちから聞こえてくるのが文字の踊り方でわかります。
「ぱた ぱた ぱた」も
とりが羽ばたくように散らし書きされ
読んでいて楽しくなりました。

ぼくのベンチを横取りしちゃって―と最初はおかんむりだったのに
話を聞いてあげ、
一宿はないけど一飯を提供し
一緒に仲間を探して、見送って…
最後のページ
ベンチに丸まり、ため息つきそなジェイクの表情。
ベンチを分け合いたいなって。

しろいとり
きっと、また来るよね、ジェイクに会いに。
参考になりました。 0人

34件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

しかけをめくると、大へんしん! 『ドアをあけたら』しまだともみさんインタビュー

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット