ぬけちゃった ぬけちゃった
作: スティーブ・アントニー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「スマホが手放せない」時代の子ども(と大人)へ……。 外の世界には、新しい冒険が待っている!

ねんねこしゃんさんの公開ページ

ねんねこしゃんさんのプロフィール

その他の方・20代・兵庫県

ねんねこしゃんさんの声

712件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 風にのって  掲載日:2017/9/8
かえでの葉っぱ
かえでの葉っぱ 文: デイジー・ムラースコヴァー
訳: 関沢 明子
絵: 出久根 育

出版社: 理論社
まず、表紙の美しさに心を揺さぶられてしまいます。

私は秋が好きです。
匂いや温度、それに色。秋を感じるとなぜか懐かしさや切なさが込み上げてきます。
赤橙黄の葉っぱが好きです。空気は冷たいのに、この色を見ると暖かい気持ちになるからです。
だから秋の散歩は最高です。

かえでの葉っぱの長い旅はとても素敵でした。
場所も変われば自分自身もどんどん変わっていく。
でもかえではそれを受け入れ、更に楽しみや喜びを見つけ出していきます。

かえでの姿から、時間の大切さや自分らしい生き方について考えさせられました。

灰色のクモの巣みたいな葉っぱも、なんて美しいのだろう。
命あるもの、最期のときまで美しいのですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 桃太郎は弱虫だった  掲載日:2017/7/14
桃太郎が語る桃太郎
桃太郎が語る桃太郎 絵: 岡村優太
文: クゲユウジ

出版社: 高陵社書店
まるで桃太郎の日記を読んでいるような気分になりました。

桃太郎は大人から子供まで、誰もが知っている有名な昔話ですよね。
それを前提に「桃太郎視点」のこのお話は、また違った面白さがあり感動があり、怖さがありました。

驚いたのは桃太郎が弱虫だったということ。
私の桃太郎のイメージは、最初から勇敢で怖いもの知らずでしたから。
仲間の存在が勇気になり、誰かのために強くなれる。
桃太郎も不安だったんだね。怖かったんだね。

この絵本で素晴らしいと思ったのは、桃太郎に共感できるということです。

大人になっても、怖い時や逃げたい時はあります。
そんな時、そっと開きたくなるはずです。
怖がってもいいよ。

とても勇気を貰える絵本ですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ゆるい〜!  掲載日:2017/7/13
ガーコとリチャードのあいことば
ガーコとリチャードのあいことば 文: 中川 ひろたか
絵: 佐々木 一澄

出版社: 文研出版
文章はなく、ガーコとリチャードの台詞のみ!
まるでコントのようですね!

ボケまくるガーコちゃんに、優しく…いやドライに?ツッコミを入れるリチャードに、思わず笑っちゃいます!
リチャード、ちょっと引いてる…?笑

表紙のふたりの表情がまたいいですね〜。
呆れ顔の優しいリチャードと、満足そうなガーコちゃん。

いいコンビです!
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい タオの言葉  掲載日:2017/4/14
されどオオカミ
されどオオカミ 作・絵: きむら ゆういち
出版社: あるまじろ書房
これは大人向けの絵本かもしれないですね。
バートルやタオの言動には、ハッとさせられました。

人間、動物、自然。
自分たちの事だけじゃなくて、まわりとどう共存していくか。
とても難しいけど、自分なりにしっかり考えなければいけないなと思いました。

「やっぱりおまえも…」

タオの言葉が重く響きました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 新しいお友だちは…  掲載日:2017/4/6
ひよよとおばけちゃん
ひよよとおばけちゃん 作: ひよよ
出版社: 三起商行(ミキハウス)
ひよよの新しいお友だちは、なんとおばけちゃん!
青い体の、かわいいおばけちゃん!

さすがひよよシリーズ。
おばけだって、とびっきりキュートです!

ひよよとおばけちゃん。
意外な組み合わせだけど、なんだか癒されます(笑)

次はどんなお友だちに出会えるかしら?
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 迷路みたい!  掲載日:2017/4/6
ひよよとおとしもの
ひよよとおとしもの 作: ひよよ
出版社: 三起商行(ミキハウス)
落とし物を届けようと一生懸命に走り回るひよよが、たまらなく愛しいです!

あっちかな?こっちかな?
友だちにも助けてもらって、なんとか落とし物を届けることに成功!
ひよよ〜!よくがんばったね〜!

色んな道があるので、見てるだけでも楽しいですね!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ふうせんふわふわ  掲載日:2017/4/6
ひよよとふうせん
ひよよとふうせん 作: ひよよ
出版社: 三起商行(ミキハウス)
シンプルだけど、とっても夢の詰まったお話です!

ふうせんに捕まって空までふわふわ〜なんて、誰もが一度は夢見たはず…。
ひよよ、なんて羨ましい!!

優しい色使いにも癒されますね。
大好きな友だちが迎えに来てくれるというのも、安心感があって好きです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 贅沢パフェ!  掲載日:2017/4/1
いろいろいちご
いろいろいちご 作: 山岡 ひかる
出版社: くもん出版
ツヤツヤふっくら、とっても美味しそうないちごたち!

お話が進むにつれ、ジャムになったりムースになったりアイスクリームになったり…。
どのページからもあま〜い匂いが漂ってきそう!

もちろんそのままでも美味しいけど、最後は全部まとめていちごパフェ!

読み終えた後は口の中いっぱいに、いちごの甘さが広がるようでした!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい そこに居てくれた事に感謝  掲載日:2017/1/11
大きなクスノキ
大きなクスノキ 作: みその たかし
絵: さとう そのこ

出版社: 高陵社書店
クスノキを守りたいという少女の想いが、とても温かくて優しい奇跡を起こすのです。

私も最近ある用事で母校へ行ったのですが、校門の前に立っているスギの木を見た時になんとも言えない気持ちになりました。
泣きそうなほど嬉しくて切なく…思わず触れました。

小学生の頃、学校から家に帰って来た時に感じたあの安心感。
また会えてよかった。まだそこに居てくれてよかった。

ラストは少女と同じ気持ちになれた事がとても幸福なんだと、胸が熱くなりました。
参考になりました。 0人

よいと思わない なんだかなぁ…  掲載日:2017/1/5
ニワトリぐんだん
ニワトリぐんだん 作: 風木 一人
絵: 田川 秀樹

出版社: 絵本塾出版
すみません。
私には最後まで笑える要素がありませんでした。

ニワトリは悪者で、人間が食べて退治したという事ですよね。
それが面白いとは思えませんでした。
何とも言えない嫌な気持ちだけが残りました。

深く読みとくと良い部分もあるんでしょうけどね…。

ただ子どもウケは良さそうですね。
参考になりました。 1人

712件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

楽しく手品を覚えて世界一のマジシャンを目指そう!

出版社おすすめ

  • おでんしゃ
    おでんしゃの試し読みができます!
    おでんしゃ
    作:塚本 やすし 出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
    コンビニのおでんを見て思いついた楽しい知育絵本。おでんしゃ、出発しまーす!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット