ありとすいか ありとすいか
作・絵: たむら しげる  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
ある夏の午後、すいかを見つけたありたちは、巣に運ぼうとしてみんなで力を合わせて押しますが、びくともしません。そこで − − − 。

ままハムさんの公開ページ

ままハムさんのプロフィール

ママ・30代・福島県、女6歳

自己紹介
結婚して子供が授かるまで、かな〜り長い期間がありました。妊娠してからは、つわりもなく、だれもがやさしく・親切にしてくれ、幸せなひとときを過ごしました。こんなにのんびりとした時間は、出産後にはありえません。それに早く気がついて、もっといろんなことをやっておけばよかった・・・好きだった映画も久しく見ていませんしね〜。娘が分離してからは、まるごと母親修行です。
好きなもの
鮮やかなトーン・色彩が好きです。人が音楽に合わせて踊ったり・歌ったりしているのを見ているのが好きです。スケート・バレエ・HIPHOP・演劇 etc・・・あと、
人間ドキュメント的な番組はいいですね。本が好きです。本屋さんなら何時間でも時間をつぶせます。図書館は子供のころから好きでした。文章を書くことも意外と好きかも。昔話や伝説、過去にあったお話にはワクワクします。知らない土地に行くために、ソノ場所を調べることに集中します。だから、口コミってたよりになります。
ひとこと
思っていることを言葉にして伝えるのは、けっこう難しい。本当に言いたいこととニュアンスが違ったりね・・・たくさんの日本語の中から、コレ!と今の自分にぴったりの語彙を選択できるようになりたいわ〜。

ままハムさんの声

222件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 5歳の娘も大うけです!  掲載日:2008/9/11
くだもの だもの
くだもの だもの 作: 石津 ちひろ
絵: 山村 浩二

出版社: 福音館書店
 娘の通う幼稚園で、先生に読んでいただいたその日、面白かったらしく、帰ってきてから、この絵本の話になりました。

 どれどれ〜そんなに言うなら借りてこよう!と図書館へ・・・

 なんと、対象が2歳からとなっていましたが、開くと、とっても味わいのあるくだもの達のオンパレード。

 私は、ミカンがかめにかじられるところがかわいくて好きです。

 娘はやっぱり、バナナはなんばん?のページで数えていました。

 くだもの だもの のタイトルをごらんのように、言葉遊びのフレーズがたくさんあって、リズム感よくすすみます。

 フルーツのおいしい季節ですもの!本を閉じたあとは、絶対に食べたくなっちゃいます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい たくさんの絵本の中で・・・  掲載日:2008/6/17
ヘンゼルとグレーテルのおはなし
ヘンゼルとグレーテルのおはなし 作: グリム
絵: バーナデット・ワッツ
訳: 福本友美子

出版社: BL出版
 ヘンゼルとグレーテルの物語は、この絵本以外でもたくさん出版されています。正直、どの絵本を選んだらよいのか?迷いました。

 決め手となったのは、やはり、絵!です。いま、はやりのくっきり・はっきりした、漫画ちっくな絵ではありません。

 バーナデット・ワッツ氏が、日本の子ども達にむけて、書き下ろしてくれた絵本だそうです。

 繊細で柔らかな色調、メルヘンという言葉がぴったりくるやさしい色合いの絵です。

 5歳の娘に、そろそろグリム童話を・・・と思い、選びました。

 食べたくなっちゃうお菓子の家に、各ページに現れる小さなうさぎやねずみや小鳥達、娘もすっかりお気に入りです。

 原作に忠実なので、読み手が安心して、子どもに語ってあげてくださいね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 愛する気持ちが・・・  掲載日:2008/6/16
きぜつライオン
きぜつライオン 作: ねじめ 正一
絵: 村上 康成

出版社: 教育画劇
 一生懸命なライオンの姿に、心をうたれるお話です。

 誰かのために、じーっと耐えることは、愛するゆえの行動でしょうから、そんなに思われて、ちょうちょさんがうらやましいぐらいです。

 でも?そんなこととは露知らず?のちょうちょさんでもあるのです。

 思う人には思われず・・・人間の世界だって、あるある!た〜くさんあるものです。

 きぜつ・・・の意味が最後に判明します。

 タイトルにひかれて、手にとりましたが、大人が読んでも、ちょっと考えてしまう?深〜い絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 色々まぜすぎると!カラス色になるんだね。  掲載日:2008/6/16
ふくろうのそめものや
ふくろうのそめものや 作・絵: 山口 マオ
出版社: 鈴木出版
 「そめものや」っていう言葉が、なんだか?なつかしく思えるのはなぜでしょう?

 ふくろうが営むお店に、カラスがやってきて、体の色を染めてくれ〜てなお話です。

 え!カラスは最初、真っ白だったの?そうなんだ〜って娘と感心したりして・・・

 カラスがわがままを言う場面の、ふくろうの「ぎょっ!」とした表情がなんともリアルで笑えます。

 ふくろうのそめものやが傾いた姿もわびしくて、うらめしそうなカラスの目つきも物憂げで、めでたしめでたし・・・じゃないお話も、たまにはいいな〜なんて思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 切実です!  掲載日:2008/6/15
海をかえして!
海をかえして! 作: 丘 修三 長野 ヒデ子
出版社: 童心社
 諫早湾の干拓事業のことは、テレビのニュースで知っていましたが、この絵本を見て、そのことの重大さを改めて感じました。

 ムツゴロウやシオマネキ、あさりなど、干潟に住む生物の涸れてゆくさまが心をしめつけます。

 5歳の娘も「かわいそう・・・」とつぶやくだけ。

 本当に、海をかえして!という気持ちになりました。

 社会派の読み物ですね。

 子どももですけど、自然から遠ざかっている大人にも、ぜひ!手に取ってほしい絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい んーかわいい!  掲載日:2008/6/15
999ひきのきょうだい
999ひきのきょうだい 作: 木村 研
絵: 村上 康成

出版社: ひさかたチャイルド
 村上康成さんの描く、かえるやへびがかわいいんです。
 実際のかえるやへびはグロテスクなんだけど、その野生味あふれるするどい感じがまったくありません。
 なので、こわがりの子でも大丈夫。

 お話は、999匹のかえるの卵のうち、最初の一匹が(長男?)なかなか孵らず・・・やっとおたまじゃくじになって大活躍する・・・というものです。

 途中、しかけのページがあって、ハラハラ・ドキドキする場面もありますから、読み手もしっかり楽しめます。
 5歳の娘と読みましたが、もっと小さいお子さんと読んでも面白いと思いますよ。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う なんで?どうして?星人に・・・  掲載日:2008/6/15
しりたがりのこひつじ
しりたがりのこひつじ 作: アーノルド・サンドガード
絵: エリック・カール
訳: くどう なおこ

出版社: 偕成社
 子羊とちょうちょ、そしてお母さん羊が登場します。

 絵は、はらぺこあおむしで有名な「エリック=カール」さん。
 たんぽぽ・ひまわりなどとても色鮮やかできれいです。

 我が家の娘は、なぜなに?星人で、答える方も一苦労でしたが、この絵本の子羊と、娘が重なって、なんだか微笑ましく思えてきました。

 どんなことにも興味津々なんですよね〜きっと。
 それが、この絵本では「ちょうちょ」だったわけです。

 手のひらにのるサイズのミニ愛憎版で楽しみましたが、今度は、ふつうサイズの絵本を読んでみたいと思います。

 最後は、お母さん羊の元に落ち着く子羊・・・帰る場所があるってこんなに幸せなことなんですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 「あいうえお」を面白く!  掲載日:2008/6/6
どうぶつはやくちあいうえお
どうぶつはやくちあいうえお 作: きしだ えりこ
絵: 片山健

出版社: のら書店
 大人の手のひらをくっつけたぐらいのサイズで、他の方もおっしゃっているように、携帯できる便利さがあります。

 あいうえおを覚えた子も、そうでない子も、読み聞かせるとたちまち、とりこになっちゃう絵本です。

 我が家の娘は、5歳ですが、「たんこぶできた ぶうぶう」で爆笑! 「しまうまの しまのうんこ」では、もう体をよじりながら「しまのうんこ〜」「それって何よ〜」を連発して喜んでいました。

 私は、てんとうむし・・・のフレーズが早口言葉として、しっくりきましたが。
 
 動物好きな子どもなら、きっと気に入るはずです。絵が見開きで、目に飛び込んでくるので、ページをめくるたびに、新鮮でしょう!

 親子で、言葉遊びを楽しんでみてくださいね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子どもとの時間・・・  掲載日:2008/5/28
きんようびはいつも
きんようびはいつも 作・絵: ダン・ヤッカリーノ
訳: 青山 南

出版社: ほるぷ出版
 いいな〜これ!

 毎週金曜日の秘密

 大事な大事な親子の対話

 お父さんは会社に行く少し前に時間を取って、息子は学校に向かう前に同じように?ちょっと時間を取って、2人でお気に入りのカフェに行くのだ!

 そして、まわりがどんなに急ぎ足でも、2人の間には、ゆったりした「信頼」という時間が流れている。
 
 自宅を出てから、その秘密のカフェに向かうまでも、とってもいい感じ。

 こうやって、親子の時間を紡ぎだすのってすばらしい!

 日常生活を楽しめる工夫は、たくさんあるんだ・・・いつだって、しみじみと幸せになれるんだな〜って思える絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大人の絵本?  掲載日:2008/5/25
よあけ
よあけ 作・絵: ユリ・シュルヴィッツ
訳: 瀬田 貞二

出版社: 福音館書店
 絵がすばらしい!
 まさに絵の本です。

 5歳の娘は、「わ〜」と言って言葉はありませんでしたが、美しいものが描かれてあるのは感じてくれたように思います。

 山と湖に日がだんだんと入るシーンは秀逸です。

 言葉が少なく、大人向けの癒し絵本といった感じでしょうか。
 是非、開いてみて、実感してほしいと思います。
参考になりました。 0人

222件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

「あかちゃんといっしょに作ったあかちゃんのための絵本」創刊記念インタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット