くろくまくん トイレで ち〜! くろくまくん トイレで ち〜! くろくまくん トイレで ち〜!の試し読みができます!
作・絵: たかい よしかず  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
むず むず もじ もじ してきたら…くろくまくんと一緒にトイレトレーニング♪
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

トイレトレーニング
全頁試し読みで読みました。2歳9ヶ月に…

ジョージ大好きさんの公開ページ

ジョージ大好きさんのプロフィール

ママ・30代・愛知県、男の子5歳

ひとこと
絵本を探すとき、じっくりみて確認するのではなく、パッと選んであえてお話の内容は確認しません。ペラペラ〜っと絵だけを確認してます。

そのほうが親子一緒に「初めて」読めるからです。時には好みじゃないタイプのものに遭遇することもありますが、それも出会い。

調べこんでから探すと、新しい出会いはありませんから。

おかげで幅広い種類のお話に出会いました。

ジョージ大好きさんの声

2961件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 寝かしつけには読まないで!  掲載日:2014/12/18
よーい、ドン!
よーい、ドン! 作: 中垣 ゆたか
出版社: ほるぷ出版
楽しい!その言葉につきます!

絵が細かいのは表紙をみて、気づきます!

めくっていっても、細かい、細かい!

いろんなものの表情やしぐさを見て笑うことができます。

絵さがしの絵本のように、探すように促す文章は

少ないですが、自然と探してしまいます。

寝る前に読んでしまったので、とっても楽しくなってしまって、

時間がずいぶん経ってしまいました。

でもいいんです、大人も楽しめますから!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ゆかいな絵でお勉強!  掲載日:2014/12/18
あしってエラい!
あしってエラい! 文: 中川 ひろたか
絵: 大島 妙子

出版社: 保育社
足は生き物にとってとっても大事。

当たり前のように毎日使っていますが、

その大切さを教えることができる絵本って

出会ってなかったかもしれません。

我が家の息子は足が大きくなるのが早い方で、

しっかりしてますから、1歳になるよりもずっと前から

歩いています。あの土踏まずがなくペチャンコの足が

懐かしく思いました。

この絵本を読むと、生きていくうえでどれだけ

足が大切か伝わると思いますので、

たくさんの方に読んでほしいです。

足の説明をしているのは、とってもおもしろい

キャラクターで、そこだけ取り上げてもゆかいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 読んでいてなんだか違和感  掲載日:2014/12/18
アンパンマンとくろゆきひめ
アンパンマンとくろゆきひめ 作・絵: やなせ たかし
出版社: フレーベル館
くろゆきひめというフレーズが何度もでてきます。

読んでいて、何か違うような・・・と感じました。

でも何が違うのかピンときません。

最後までいって、あー!と思わず声を出しました。

黒と白、この対象が今回のテーマです。

良と悪、それを含めて読んでほしいと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 意味が伝われば問題なし!  掲載日:2014/12/18
さかさのこもりくんとおおもり
さかさのこもりくんとおおもり 作・絵: あきやま ただし
出版社: 教育画劇
こうもりは常にさかさになってぶら下がっている。

だから言葉も、逆の言葉で言う。

ふざけているように思えますが、

元の意味が分かっていれば、さらにおもしろいと思います。

ちょっとわかりにくいような気もしましたが、

思っていることの逆の言葉が次々に

でてくるので、子供としてはおもしろかったようです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う その誤算がおもしろい  掲載日:2014/12/18
くまくんと6ぴきのしろいねずみ
くまくんと6ぴきのしろいねずみ 作・絵: クリス・ウォーメル
訳: 吉上 恭太

出版社: 徳間書店
白いねずみが6ぴきいます。

怖い敵から逃れるために、助けを求めます。

それがくま?なんでくまなの?

くまに助けを求めるなんて、珍しい。

そう思いました。

でも偏見っていけませんね。

くまはしっかりと敵からねずみをまもってくれたんです。

あれこれ嘘を言っていましたが、

ウソも方便ってこういうことをいうんですね。

ハッピーエンドです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 今の時代だからこそ!  掲載日:2014/12/18
どん!
どん! 作: 西村 敏雄
出版社: 金の星社
中身も確認せず、西村さんの絵本と

いうだけで選びました。

太鼓のキャラクターが威勢よくどんどこと

自分自身を叩き、軽快に動きます。

不景気で暗くなっている今、まさにこういった

明るくて、楽いキャラクターは持って来い!

みんなで楽しい気分になって、楽しい世の中に

変えてほしいと思う一冊だと思います。

表紙の絵も、あらよっ!と言わんばかりに

勢いがあっていいと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 雨のおと  掲載日:2014/12/16
あめ ぽぽぽ
あめ ぽぽぽ 作: ひがし なおこ
絵: きうち たつろう

出版社: くもん出版
私、雨苦手です、ううん、キライです!

ジメジメしてるし、どこも行けないし・・

いいことなんて何にもない!

そう思っていましたが、子供って雨が大好きなんです。

長靴はいてみずたまりにジャップーン。

傘さして雨がポトン。

雨って実はいろんな音を奏でるんですよね。

子供と過ごすうちに、雨に対する気持ちが

少しずつ変わっているかも・・と思っていましたが、

この絵本を読んで、やっぱり変わってる!と確信しました。

雨は情緒あふれるいいものだと思える絵本でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う これは助かりました  掲載日:2014/12/16
スージー・ズー はみがきだいすき
スージー・ズー はみがきだいすき 作・絵: スージー・スパッフォード
訳・文: 三原 泉

出版社: BL出版
歯磨き絵本って2〜3歳くらいによく読んでいましたが

5歳の今あえて読みました。

だってちゃーんと磨いてくれないんですもん!

テレビを見ながらダラダラ・・。

ただ口に入れてるだけ・・。

毎日毎日仕上げしないと!と思いながらも

なかなかそこまでかまってあげられなくて・・

そのもどかしさで少しイライラしてました。

歯磨きしてばかりだというのに、お菓子を食べたいなんて

平気でいう子供に、ハミガキの大切さと楽しさを

教えてあげたくて、読みました。

心に響いてくれればうれしいです。

この絵本の中では、みんな楽しく磨いてました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う パーティは最高!  掲載日:2014/12/16
スージー・ズー エリーファントのティーパーティー
スージー・ズー エリーファントのティーパーティー 作・絵: スージー・スパッフォード
訳・文: 三原 泉

出版社: BL出版
大人でいうと、飲み会、女子会と一緒で

子どももパーティと名のつくものは大好きだと思います。

誕生日、クリスマスなど、お祝いをパーティと呼べば、

すべてが最高なイベントなります。

この絵本は文字数こそ、少なくないですが、

ページ数は少な目です。

でもここに出てくるみんながパーティを楽しんでいることは

その数ページの絵本でも十分伝わります。

集まってみんなで騒ぐ、それはすべてパーティですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ありえないけどおもしろい  掲載日:2014/12/16
ねじまきバス
ねじまきバス 作: たむら しげる
出版社: 福音館書店
小さいバスにどんどんお客さんが乗っていくのは

いいですけど、明らかに大きくて乗れない生き物も

乗せてくださいというあたりが、絵本ぽくっていいと

思います。

ぎゅんぎゅんになっていて、少し変形しているバスが

とても不安定で笑ってしまいました。

もぐらやかえるの体の一部分が

飛び出して、まるで車の一部みたいになっている

ところが一番笑えました。
参考になりました。 0人

2961件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

出版社おすすめ


スペシャルコンテンツメニュー

全ページためしよみ
サイン本販売中