おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

ジョージ大好きさんの公開ページ

ジョージ大好きさんのプロフィール

ママ・40代・愛知県、男の子7歳

ひとこと
絵本を探すとき、じっくりみて確認するのではなく、パッと選んであえてお話の内容は確認しません。ペラペラ〜っと絵だけを確認してます。

そのほうが親子一緒に「初めて」読めるからです。時には好みじゃないタイプのものに遭遇することもありますが、それも出会い。

調べこんでから探すと、新しい出会いはありませんから。

おかげで幅広い種類のお話に出会いました。

ジョージ大好きさんの声

3551件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 最後がいいです  掲載日:2016/11/30
どろんこおおかみと7ひきのこやぎ
どろんこおおかみと7ひきのこやぎ 作: 柴田 愛子
絵: あおき ひろえ

出版社: アリス館
気に入って何度も読みました。

幼稚園で先生と子供たちが

おおかみと7ひきのこやぎのまねごとをして

遊ぶお話です。

少しアレンジされていておもしろいです。

最後の最後のページの絵、よく見ると

わっ!となる絵になっています。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う たのしいです  掲載日:2016/11/30
ぼくとねずみうみにもぐる
ぼくとねずみうみにもぐる 作・絵: 佐々木 マキ
出版社: 福音館書店
どう見てもミッキーマウスに見えるような

真っ黒なねずみがでてきます。

ねずみを助けてあげたことで

海の中を潜水艦にのっていきます。

潜水艦のことをせんすいきゅうと呼ぶところが

ねずみらしいと思いました。

ねずみのお母さんが最後に出てきますが、

豪快でいいと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う シンプルでいい  掲載日:2016/11/30
つみき つんで もっと つんで
つみき つんで もっと つんで 作・絵: 土屋 富士夫
出版社: 徳間書店
タイトルのままです。

どんどんつみきを積み上げます。

ちょっとやそっとではありません。

想像通り、積み上げます。

その途中で出会った動物たちも一緒に

積み木の上を歩いていきます。

世界一と思っていたが、宇宙一!

絶対ありえない設定だからこそ、楽しかったです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 少しこわかったです  掲載日:2016/11/30
ウーギークックのこどもたち
ウーギークックのこどもたち 文: 坂元 裕二
絵: 林田 秀一

出版社: 河出書房新社
読んでみたかったお話です。

ウーギークックという黒いばけものが

とても怖かったです。

子供の魂をたべて生きている。

それをしってしまったるるは怖がらずに

向き合っていました。

この女の子のやさしさと勇敢さに

感動しました。

「生」と「死」この難しいテーマを

子供用にアレンジしたものですが、

でもやっぱり難しかったです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おさるが動物園へ  掲載日:2016/11/30
おさるのジョージどうぶつだいすき
おさるのジョージどうぶつだいすき 原作: M.&H.A.レイ
訳: 福本 友美子

出版社: 岩波書店
ジョージが動物園へいくお話です。

じっとしていなさいといわれてじっとできる

ジョージではありません。

ドタバタしながら大騒ぎするのがジョージです。

でもジョージも動物なので、動物園でほかの

動物を遊んでいても、問題はないんですけどね・・。

サイの赤ちゃんをみつけることができて

よかったと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う うわーー  掲載日:2016/11/30
おさるのジョージ パレードにでる
おさるのジョージ パレードにでる 原作: M.レイ H.A.レイ
訳: 渡辺 茂男

出版社: 岩波書店
ジョージの絵本はいつもハプニングだらけ。

今回のお話も、読んでいて、次々とハプニングが

起きて、もうめちゃくちゃです!!

みんなに最初はいたずらざるだといって

捕まえられそうになりますが、最後はなぜかハッピーエンド。

にぎやかな街のイベントになったと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 同じだね  掲載日:2016/11/30
わたしのゆきちゃん
わたしのゆきちゃん 作・絵: いしい つとむ
出版社: 童心社
恥ずかしがり屋の女の子のお話です。

お友達が持っているぬいぐるみを気に入った

ようですが、そこに入っていく勇気がありません。

おなじぬいぐるみを買いに行ったけどない。

代わりとなったぬいぐるみを通して、

自分を変えていくお話です。

ひとりでは勇気がでなくても

誰かがいれば頑張れるんだということが

わかりました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 少し簡単でした  掲載日:2016/11/30
ポケモンをさがせ!7 ファイアレッド・リーフグリーン
ポケモンをさがせ!7 ファイアレッド・リーフグリーン 出版社: 小学館
7さいの子には少し簡単にも思えました。

ただ得意がって次々に見つけ出す姿は

楽しそうに見えました。

後のほうにあるおはなしもんだいが

おもしろいと思います。

ここは子供のほうが早く見つけていました。

表紙はリザードンが大きく描かれていて

迫力満点です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 楽しめます。  掲載日:2016/11/30
にたものランドのクリスマス
にたものランドのクリスマス 作・絵: ジョーン・スタイナー
訳: まえざわ あきえ

出版社: 徳間書店
パッと見た感じは、ミッケなどの絵さがしに

見えますが、この絵本は身近なもので

町をつくったものです。

最後のほうに何を使って町の風景を

作り出したか書いてありますが、

ものすごい数なので、自分たちで探すと

おもしろいと思います。

作者がどうやっていろいろなものを

あつめたかもびっしりと書かれていますので

そこを読むのもおもしろいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う こういうバージョンもあるのか  掲載日:2016/11/30
さんまいのおふだ
さんまいのおふだ 作: 水沢 謙一
絵: 梶山 俊夫

出版社: 福音館書店
さんまいのおふだは何回も読んだことがあります。

でもこれは私が知ってる展開とは違いました。

お札を三枚持っていくところからスタートではなく、

トイレに逃げ込んだ時にトイレの神様からお札を

もらっていました。

三枚は、大山、大水、火事でした。

私が知ってるバージョンはトイレで返事をするのと、

大山、大水だったので、こういうのもあるんだなと

初めて知りました。

でも鬼婆の怖さは変わりませんでした。
参考になりました。 0人

3551件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

ハッピーなおやすみのえほん!

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット