ほげちゃん まいごになる ほげちゃん まいごになる ほげちゃん まいごになるの試し読みができます!
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
10月中旬発売『ほげちゃん』の続編、ついに刊行!

ジョージ大好きさんの公開ページ

ジョージ大好きさんのプロフィール

ママ・30代・愛知県、男の子5歳

ひとこと
絵本を探すとき、じっくりみて確認するのではなく、パッと選んであえてお話の内容は確認しません。ペラペラ〜っと絵だけを確認してます。

そのほうが親子一緒に「初めて」読めるからです。時には好みじゃないタイプのものに遭遇することもありますが、それも出会い。

調べこんでから探すと、新しい出会いはありませんから。

おかげで幅広い種類のお話に出会いました。

ジョージ大好きさんの声

3097件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う すごいぞミッキー  掲載日:2015/3/25
ミッキーの巨人たいじ
ミッキーの巨人たいじ 文: 上地 ちづ子
原作: ディズニー

出版社: 講談社
グリム童話の巨人伝説の話のミッキー版です。

噂が大きくなって、ミッキーがいつのまにか、

とっても強いということになってしまいます。

仕立て屋をしていたことで、身を助けます。

ミニーがミッキーに何回もキスをするシーンが

あるんですが、ミッキーの顔にキスしたあとがいっぱい。

ここが一番気に入っていました。

巨人にやられてしまいそうで、やられなかったミッキーは

ステキでした。

応援しながら読みました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ただの乗り物絵本ではなかった  掲載日:2015/3/15
しょうぼうじどうしゃじぷた
しょうぼうじどうしゃじぷた 作: 渡辺 茂男
絵: 山本 忠敬

出版社: 福音館書店
表紙を見る限り、しょうぼうじどうしゃのお話

なんだと思っていましたが、意外と奥が

深いと思いました。

大きいもの、強いもの、長く生きているものが

一番ではありません。

小さくたって、弱くたって、長く生きてなくても、

時には活躍することもあります。

それまで見向きもされなかったのに、あることが

きっかけで注目が集まる。

それもいかがなもんかな?と思いますが、

誰にでもチャンスはフェアであってほしいですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う そういうお話でしたか  掲載日:2015/3/15
いすが にげた
いすが にげた 作: 森山 京
絵: スズキ コージ

出版社: ポプラ社
ただ単にイスがにげていくお話だと思って

読んでいましたが、ちょっと違いました。

捕まえても捕まえても逃げるイス。

やっとの思いで捕まえたイスを

見守るように逃がしてやったおばあさんの気持ちには

心打たれました。

母心っていうんでしょうか・・・いいお話でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 不思議なエレベーター  掲載日:2015/3/15
よりみちエレベーター
よりみちエレベーター 作・絵: 土屋 富士夫
出版社: 徳間書店
一通り読みましたが、特に反応はありませんでした。

なんていうか、話がぶっ飛び過ぎていて

ピンとこなかったようです。

おばあちゃんに届けるアイスクリームが溶けるのが

あんなにイヤだったのに、おばあちゃんと過ごす時間は

短くあっという間でした。

私もいまいちはまりませんでした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う わかります!!  掲載日:2015/3/15
おたすけやたこおばさん
おたすけやたこおばさん 作: 高林 麻里
出版社: 偕成社
おたすけやという商売を始めたたこの

おばさんのお話・・というよりは、

新しい場所で、どう地元の人と交わるか、

そこだと感じました。

引っ越しが多い環境ため、いやでも

新しい場所に溶け込まないと生きていけないと

いう環境にあります。

なので、このたこおばさんが苦戦している様子が

心に響きます。

何かひとつ、たったひとつのきっかけで

溶け込むことができるんですが、

大人になればなるほど難しい

なのでこのたこおばさんと気持ちがよくわかります。

新しく来た者を気持ちよく受け入れることの

大切さを感じました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 和みますね〜  掲載日:2015/3/15
おっとどっこい しゃもじろう
おっとどっこい しゃもじろう 作: もとした いづみ
絵: 市居 みか

出版社: ひかりのくに
いつも大事に誠意をこめて接すると

何かの時にかえってくるんですね、

それが物だとしても!!

母となった今、子供も小さいので

病気になったら正直アウトです涙

助けてくれる人もいなければ、

我が家を運営する人もいません。

この絵本を読んで、こんな小道具達が

いたら、風邪をひいて寝込むことも

アリかな?なんて思ってしまいました。

この絵本の中の道具達は

日頃、主に大事にされているということが

大前提なので、そんな結果をうんでも

間違いないですが、私は風邪などで

体調を崩さないよう気合いを入れようと

改めて思いました!!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 解説が必要となります  掲載日:2015/3/14
あかちゃんたんていラプーたんじょう!
あかちゃんたんていラプーたんじょう! 作・絵: ベネディクト・ゲッティエール
訳: 野崎歓

出版社: クレヨンハウス
絵本というよりも、がっつりとしていて

内容も濃いので、今のはどういう意味なの?と

漫画を読んであげてるみたいに、コマ割りの吹き出しを

説明したり、今のはこの子が言った言葉だよとか

説明が少しいります。

でもでも、このお話小さい子はかなり好きだと思います。

どうしてかというと、少し下品な部分が

ありますから。

最終的にそこばかり気になってしまいますが、

お話自体はとってもおもしろく、楽しかったです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う さすがリサ!  掲載日:2015/3/14
リサ ニューヨークへいく
リサ ニューヨークへいく 作: アン・グットマン
絵: ゲオルグ・ハレンスレーベン
訳: 石津 ちひろ

出版社: ブロンズ新社
リサって少し背伸びをしているというか

大人びているところが、私は好きです。

表紙を絵だって、船にのって首の赤いスカーフを

風になびかせて、渋い顔をしてるあたりが

何ともにくいです笑

リサのお話なので、大好きなガスパールは

出てきませんでしたが、ガスパールにお土産を

選ぶところがとてもよかったです。

リサはよくハプニングに遭遇しますが、

解決の方法が、ちょっと特殊!

でも、まぁ彼女の大人ぶっているけど

やっぱり子供だったという部分を

かわいく思いたいと思います
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 悲しい、その一言です  掲載日:2015/3/14
たったひとりのともだち
たったひとりのともだち 作: 原田 えいせい
絵: いもと ようこ

出版社: 金の星社
表紙をみるとカラスを触っている少年の絵です。

少年は目をつぶっています。

これだけ見て「この絵本、悲しい絵本の気がする・・」

そういわれたとき、えっ、そうかな?と感じました。

でも、悲しいお話でした。

最初からずーっとずーっと悲しいお話でした。

目が見えない少年でもうすぐ死んでしまうという

設定です。

悲しいことに、この少年と一羽のカラスが友達として

心が通じているんです。

自分のことを友達だといってくれた少年に対して

今まで以上に感情を抱いたカラスの気持ちが

手に取るようにわかります。

カラスのイメージはあまりよくないですが、

この絵本の中のカラスは、とてもけなげでした。

つい最近O・ヘンリーの最後の一葉を

読んであげたばかりなので、余計に心に

響きました。

こんな切ない話、世の中に必要なの?って

思いたくなりますが、心に響くお話なら

必須なんだと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ステキとほめてくれる友達  掲載日:2015/3/14
ちびうそくん
ちびうそくん 作: 乾 栄里子
絵: 西村 敏雄

出版社: PHP研究所
人気者を羨むことは誰しもあると思いますが、

それが妬み、嫉みにならなければ問題ないと思います。

でも無理にそこに近づかなくても、

あなたはあなたでステキです!

こう言ってくれる人がいれば、ホント幸せです。

この絵本はパンダにあこがれるかわうそのお話です。

パンダって動物園でも大人気の動物ですから

納得できますが、かわうそのちびうそくんには

かものはしのかものくんという素晴らしい友達が

いますから、それでいいと思います。

裏表紙を見ると、最後の最後にまた

幸せな気分になれます。

ギスギスした部分はまったくなく

最初からずっとおだやかなお話でした。
参考になりました。 0人

3097件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

出版社おすすめ


スペシャルコンテンツメニュー

全ページためしよみ
サイン本販売中