しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ジョージ大好きさんの公開ページ

ジョージ大好きさんのプロフィール

ママ・40代・愛知県、男の子7歳

ひとこと
絵本を探すとき、じっくりみて確認するのではなく、パッと選んであえてお話の内容は確認しません。ペラペラ〜っと絵だけを確認してます。

そのほうが親子一緒に「初めて」読めるからです。時には好みじゃないタイプのものに遭遇することもありますが、それも出会い。

調べこんでから探すと、新しい出会いはありませんから。

おかげで幅広い種類のお話に出会いました。

ジョージ大好きさんの声

3494件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 楽しい思い出  掲載日:2016/8/19
うみへいこうよ!
うみへいこうよ! 作: 原 京子
絵: はた こうしろう

出版社: ポプラ社
大好きなシリーズのひとつです。

くまのべアールとちいさなタタン、

いいコンビだと思います。

ふたりで海に行くんですが、車ではなく、

自転車です、しかもタタンは子供乗せ自転車みたいに、

ハンドルのところにオリジナルのちいさないすみたいな

いたに乗るんです。

海への思いを胸に二人の会話がとてもいいなと

思いました。

ハプニングもありましたが、最初から最後まで

楽しい気分で読めました。

お勧めです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う もうリサったら!  掲載日:2016/8/19
リサ ジャングルへいく
リサ ジャングルへいく 作: アン・グットマン
絵: ゲオルグ・ハレンスレーベン
訳: 石津 ちひろ

出版社: ブロンズ新社
またやられてしまいました。

リサはいたずら好きだけではなく、

しょうもない嘘をつく子だってことを

わすれてました。

話をしっかり聞いていたのにそれに

気づきませんでした。

クラスメイトのひとことで、はっとなり

今回もまた騙された〜!と思いました。

もう少しましな嘘をついてねと思いましたが、

子供なので良しとします。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 季節にピッタリ  掲載日:2016/8/19
めかくしおに
めかくしおに 作: もとした いづみ
絵: たんじあきこ

出版社: ほるぷ出版
たまたま読んだお話ですが、おばけのお話でした。

途中からあやしい雰囲気になってきたので、

まさかと思いましたが、ちょっと不気味な

感じもしました。

子供ならではの不思議体験といった内容ですね。

でも絵を見る限り全くそんな感じはないので、

怖がらず読んで欲しいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 心優しいティモシー  掲載日:2016/8/19
ティモシーとサラの絵本 8 はながさくころに
ティモシーとサラの絵本 8 はながさくころに 作・絵: 芭蕉みどり
出版社: ポプラ社
このシリーズは大好きでよく読みます。

こんかいはティモシーの優しさが

とても伝わるお話でした。

病気で寝ている友達の家の窓のすぐそばに

花壇をうえてあげるというアイデア。

友達が退屈しないで楽しい気分になれる

ことを想像しながら作った花壇は、

とってもステキだなと思いました。

町の知り合いもみんなが協力してくれて、

ほんとにいいお話だと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う いいですね  掲載日:2016/8/19
ティモシーとサラの絵本 1 チューリップのにわ
ティモシーとサラの絵本 1 チューリップのにわ 作・絵: 芭蕉みどり
出版社: ポプラ社
にわにステキな花壇を作りたいなと

思うようなお話でした。

タイトルはチューリップのにわとなっていましたが、

それ以外にもたくさんの花を植えていて、

咲いた絵は色鮮やかでした。

みていて明るい気持ちになる絵本でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う これは作戦勝ち?  掲載日:2016/8/19
たなからぼたもち
たなからぼたもち 作: くすのき しげのり
絵: 澤野 秋文

出版社: 廣済堂あかつき
たなからぼたもちって言葉を説明するのは

割と簡単だと思います。

この絵本はだれにとって、たなぼたなのか

そこを考えるとおもしろいです。

偶然なのか作戦なのかわかりませんが、

みんなが得したな得したな思いました。

なんだかぼたもちたべたいな、そう思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 特にオチなし  掲載日:2016/8/19
ぎろろんやまと10ぴきのかえる
ぎろろんやまと10ぴきのかえる 作: 間所 ひさこ
絵: 仲川 道子

出版社: PHP研究所
10ぴきのうち1ぴきが重い病気にかかりました。

それなのにキノコで治せるなんて!!

しかもそれをみんなでとりにいくんですよ。

そのみちのりはとっても険しいですが、

仲間を思いながら頑張る姿がいいなと

思いました。

でもそのキノコの色がちょっと不気味にも

感じましたが、、、。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う いいアイデアですね  掲載日:2016/8/19
まるかいてピョン
まるかいてピョン 作・絵: 舟崎 克彦
出版社: そうえん社
森の◯◯やさんのシリーズを書いた人と

同じだと思います。

表紙の絵を見て選びました。

童話作家とうさぎのやりとりがとてもおもしろいです。

さっかのはなしはとても参考になり、こうやって一つのお話が

完成していくのかと思いました。

それとは反対にうさぎの考え方は自由で形にとらわれず、

それはそれはいいと思いました。

違う者同士、ミックスされてちょうどいいと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 不思議な豆  掲載日:2016/8/19
あしにょきにょき
あしにょきにょき 作: 深見 春夫
出版社: 岩崎書店
なんとも不思議なお話です。

でも単純というか、分かりやすい展開でも

ありました。

一番気になったのは緑色のセールスマン。

この人は一体何者なんだろう。

最後に後ろ姿の絵が描かれていましたが、

謎めいていてよかったです。

伸びた足のせいで、町中が混乱しているのが、

面白かったです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 何回も読みました  掲載日:2016/8/19
セッセとヨッコラ ヒョゴーどうくつのたんけん
セッセとヨッコラ ヒョゴーどうくつのたんけん 作: 高畠 那生
出版社: フレーベル館
おもしろくて何回も読みました。

おもしろいというかくだらないレベルで

子供には爆笑なんです。

この二人の絵本は他にも読みましたが、

もっともっとシリーズ化してほしいです。

名コンビというか迷コンビですね。

まともに絵本を読んでいって最後のオチに

思わずズッコケそうになりました。
参考になりました。 0人

3494件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『五味太郎絵本図録』五味太郎さんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
サイン本販売中