レモンちゃん  レモンちゃん  レモンちゃん  の試し読みができます!
作・絵: さとう めぐみ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
レ、レ、レ、レモン、モン♪ ステキな おともだち できるかな〜♪

泣き虫ぐーちゃんさんの公開ページ

泣き虫ぐーちゃんさんのプロフィール

ママ・40代・静岡県、女の子9歳

泣き虫ぐーちゃんさんの声

150件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 女の子らしいお話  掲載日:2015/8/2
魔法の庭ものがたり(1) ハーブ魔女のふしぎなレシピ
魔法の庭ものがたり(1) ハーブ魔女のふしぎなレシピ 作・絵: あんびる やすこ
出版社: ポプラ社
字も大きく低学年のお子さんから楽しめると思いますが、簡単な漢字や一度出た漢字にはルビがふってないので、その点だけ気になる方がいるかもしれません。

お話はとてもかわいらしく、親として安心して与えられる児童書です。

まだシリーズは続いていて、どの巻から読んでも楽しめると思いますが、やはりとりあえずこちらの1巻は読んでおくとより楽しめると思います。

あんびるやすこさんの児童書は、1年生になってから今2年生になってもずっと好んで読んでいます。

他のシリーズも学校の図書館で借りてきて読んでいますし、娘もお気に入りのようです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う みんな仲間ってことだね  掲載日:2014/11/3
レインボーマジック7 むらさきの妖精ヘザー
レインボーマジック7 むらさきの妖精ヘザー 作: デイジー・メドウズ
訳: 田内志文

出版社: ゴマブックス
レインボーマジックシリーズの最終巻です。

バラバラに飛ばされた最後の妖精ヘザーを見つけ出し、
いよいよフェアリーランドを元通りに出来るかな?という内容です。

助けてくれた動物たちとのお別れや、
悪者ジャックフロストへの思いやりなど、子供に感じ取って欲しい奥深さがありました。

魔法は探してはいけない、自然に巡り合えるものだから

の言葉や、妖精の粉、フェアリーランドなど、
素敵な要素一杯のかわいらしいシリーズです。

ファンタジー好きな女の子にオススメです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 絵本の中に入っちゃう!?  掲載日:2014/11/2
レインボーマジック6 あい色の妖精イジー
レインボーマジック6 あい色の妖精イジー 作: デイジー・メドウズ
訳: 田内志文

出版社: ゴマブックス
1年生になったばかりの頃からシリーズで読んでいます。
漢字全てにルビがあり、長さもちょうど良いので一気に読んでしまいます。

今まで妖精を見つける時の魔法は自然な感じで
まぁステキ!くらいのかわいらしい印象でしたが、
こちらは絵本の中に入っちゃう、という事で、大人の私は
若干、魔法なら何でもありか・・・とひねくれた印象が(笑)

メルヘンチックで、このお話は活字よりも映像の方が楽しめるんじゃないかな?と思いました。

始終、絵本の中でストーリーが展開されてます。

ファンタジー好きな女の子にオススメです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 今までとはちょっと違う  掲載日:2014/11/1
レインボーマジック5 青の妖精スカイ
レインボーマジック5 青の妖精スカイ 作: デイジー・メドウズ
訳: 田内志文

出版社: ゴマブックス
1年生になったばかりの頃に、はまって読んでいたシリーズです。
全ての漢字にルビがあり、挿絵も多めなので、児童書への移行にオススメです。

今回は悪者ゴブリンたちとの対決よりも、色を失ってしまったスカイを助けることがメインのお話になっているようです。

カニも登場し、寒さで震える妖精スカイの為に、カモメの羽を集めて温めてくれたりします。
妖精っていろんな生き物に好かれているんですね^^

もちろん主人公のレイチェルやカースティ、他の仲間の妖精たちも
スカイを助けるために頑張ります。

ファンタジー好きな女の子にオススメです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ファンタジー要素で楽しめます  掲載日:2014/10/31
レインボーマジック4 みどりの妖精ファーン
レインボーマジック4 みどりの妖精ファーン 作: デイジー・メドウズ
訳: 田内志文

出版社: ゴマブックス
1年生の娘が絵本から児童書への移行のきっかけになったシリーズです。漢字に全てカナがあり、長さもちょうどよく一気に読んでしまいます。

今回探し出した妖精はみどりの妖精ファーンです。
前作同様に、妖精を見つけて、悪者ゴブリンから守って
他の仲間の妖精の所に連れて行くのが大まかな流れなのですが、
3巻ではハチ、4巻のこちらでは、りすやハリネズミ、鳥などが登場します。迷路から抜け出すために、森の動物たちが妖精を助けてくれる、というのがかわいらしいです。

妖精も好き、動物も好き、という娘にとっては、こちらの巻は他の巻よりも楽しめたようです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 妖精は虫とも仲良し  掲載日:2014/10/31
レインボーマジック3 黄色の妖精サフラン
レインボーマジック3 黄色の妖精サフラン 作: デイジー・メドウズ
訳: 田内志文

出版社: ゴマブックス
1年生になったばかりの娘がはまって読んでいました。
ちょうどよい長さで、漢字にもカナがふってあり読みやすいです。

今回の妖精はサフラン。
前作と同様に、二人の女の子が妖精を見つけ出す内容です。

悪者ゴブリンと戦うシーンがあって、妖精を救い出して、、
と若干ワンパターン化してきたかな?と思われるところに
今回は虫のハチが登場して、少しお話に花を添えてます(笑)

ファンタジー好きな女の子にオススメです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 妖精の登場シーンが素敵  掲載日:2014/10/31
レインボーマジック2 オレンジの妖精アンバー
レインボーマジック2 オレンジの妖精アンバー 作: デイジー・メドウズ
訳: 田内志文

出版社: ゴマブックス
1巻を読んで気に入ったので、シリーズで読み始めました。
小学1年になってはまって読んでいました。

漢字には全てカナがあり、本の厚さもちょうど良く読みやすそうです。

1巻を読んでいなくても楽しめますが、こちらを先に読むと、1巻が気になって読みたくなると思います(笑)

二人の女の子と妖精の夏休みの冒険のお話ですが、
こちらの妖精の登場シーンがかわいくてお気に入りです。

ファンタジー好きな女の子にオススメです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 児童書へのきっかけに良かったです  掲載日:2014/10/31
レインボーマジック 1 赤の妖精ルビー
レインボーマジック 1 赤の妖精ルビー 作: デイジー・メドウズ
訳: 田内志文

出版社: ゴマブックス
小学生になり、絵本から児童書への移行に良いのではと思い選んだ本です。
1センチ弱の厚さで、漢字に全てカナがふってあり、読みやすいと思います。娘はこちらのシリーズは一冊一気に読み終えてしまいます。

7冊でセットになっていて、こちらはシリーズ1作目の第1巻。

主人公の二人の女の子の出会いから始まるので
シリーズで読みたいお子さんには、やはりこちらの1巻から読むのがオススメです。

虹のはしっこで金のつぼを見つけ、そこで更に妖精に出会い・・
そこから二人の夏休みの冒険が始まります。

ファンタジー好きな娘にはぴったりはまったようで、
これを機会に児童書を読むようになりました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 楽しく読めます  掲載日:2014/10/22
なまけものの王さまとかしこい王女のお話
なまけものの王さまとかしこい王女のお話 作: ミラ・ローベ
絵: ズージ・ヴァイゲル
訳: 佐々木 田鶴子

出版社: 徳間書店
1年生になったばかりの子が自分で読みました。
読みやすいと一気に読んでしまいますが、こちらは少しずつ何日かかけて読み終えました。

大抵の漢字には読み仮名がついてるので、読めることは読めますが、ちょっとまだ難しかったかな?

登場人物もよく描かれていて(名前も 笑)
しっかりもののかわいいピンピと、父親なのにダメダメな王さまとの
やりとりが面白いです。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う 子供にとったら一大事  掲載日:2014/10/22
ロッテ ニューヨークにいく
ロッテ ニューヨークにいく 作: ドーリス・デリエ
絵: ユリア・ケーゲル
訳: 若松 宣子

出版社: 理論社
小さな子って、タオルやぬいぐるみ、これがないとダメ!っていうお気に入りがあるとなんだかかわいいですよね。

うちの子は特になかったので、このお話で楽しめるかな?と思いましたが、案の定あまり響かなかったようで、2〜3回読んであまり出番がないです。

お話の内容よりも、外国が舞台ということで、そちらの方に興味がそそられたようでした。世界に目を向ける良い機会になりました(笑)
参考になりました。 0人

150件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『たぬきがのったら へんしんでんしゃ』 <br>田中友佳子さんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット