かものはしくんのわすれもの かものはしくんのわすれもの かものはしくんのわすれものの試し読みができます!
作: かないずみ さちこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
わすれんぼのかものはしくん、でもでも、そんなものわすれちゃマズいでしょう!!

しほぞーさんの公開ページ

しほぞーさんのプロフィール

その他の方・30代・東京都

しほぞーさんの声

13件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 希望が持てる本です  掲載日:2011/5/17
シニガミさん
シニガミさん 作・絵: 宮西 達也
出版社: えほんの杜
誰かのために一生懸命になれることって素敵!!
と素直に思いました。
そして、そのことが報われることに、
この世の中ってなかなか捨てたもんじゃない!と思わせてくれるので、希望を持つことができて後味がとてもいいです。
絵も可愛らしくて、とても素敵です。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい もののけ姫を思い出しました。  掲載日:2011/5/17
ウェン王子とトラ
ウェン王子とトラ 作・絵: チェン・ジャンホン
訳: 平岡 敦

出版社: 徳間書店
復讐はより深い憎しみを呼び、憎しみの連鎖が、さらなる復讐を駆り立てるが、愛はすべての憎しみを包み込み、あらやるものを成長させるのだと教えられました。
子供にも読んでもらいたいですが、大人たち、特に、国を代表するような人たちが読んで学ぶべきだと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う いろんなおうちがあるんだなぁ  掲載日:2011/5/17
とんとんとん
とんとんとん 作・絵: あきやま ただし
出版社: 金の星社
かずきくんのおうちを探しながら、いろんなおうちを訪ねる度に、そこの家の子供が付いてきちゃうところが素敵だった。
きっと「じゃぁ僕も一緒に探してあげるよ!」とかいってついてきてくれたんでしょうね!
このおうちでは何をしているのかなぁ?とか、マンションのドアがいっぱいの絵を見て「ここはだれが住んでるかな?」とか、色々と話しながら楽しめる絵本だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい しりとりがユニーク  掲載日:2011/5/17
せきとり しりとり
せきとり しりとり 作: サトシン
絵: 高畠 那生

出版社: 文溪堂
単語ではなく、文章でしりとりになっていて、しかも物語にちゃんとなっているところがすごいです。
迫力ある絵も面白いので、一度見たら忘れられないでしょう!
これを参考に家族でしりとり会話をしたら、絶対におもしろいだろうなぁと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 絵がまた、すばらしい!!  掲載日:2011/5/17
ぼくんちカレーライス
ぼくんちカレーライス 作: つちだ のぶこ
出版社: 佼成出版社
最初にカレー教室を開いているインド人を見掛けたからカレーが食べたくなってしまったんでしょうか?
絵が面白くて、情報が盛りだくさんなので、お話だけじゃなく、絵を見ながら子供と色々話せる1冊だと思います。
お相撲さんがいたり、忍者がいたり、何でもありで面白かったです。
何度も楽しめる一冊になると思います。

参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 泣けました  掲載日:2011/5/17
おこだでませんように
おこだでませんように 作: くすのき しげのり
絵: 石井 聖岳

出版社: 小学館
大人が考えさせられる絵本だと思いました。
ついつい怒ってしまいがちですが、子供はいつもほめてもらいたいと思っているんだということを、常に心に留めておかないといけませんね!
勉強になりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい これは素晴らしい!!  掲載日:2011/5/16
まくらのせんにん そこのあなたの巻
まくらのせんにん そこのあなたの巻 作・絵: かがくい ひろし
出版社: 佼成出版社
動物たちが穴にはまっている様子がとてもユニーク。
この絵を見せて、「これは何の動物だろう?」と考えるのも面白そうだし、最後に読み手も参加できるのがとてもいい。
登場人物たちと会話のキャッチボールができたような気がして、とても楽しい気分になれました。
子供にも読ませたいし、自分でも、また読みたいと思う一冊です!!
参考になりました。 0人

ふつうだと思う リアルな絵が、とても美味しそう。  掲載日:2011/5/16
ハンバーグハンバーグ
ハンバーグハンバーグ 作・絵: 武田 美穂
出版社: ほるぷ出版
読み終わった感想は「だから、なんなの?」でした。
でも、絵がとても美味しそうだったので、ハンバーグがこうやってできるのね!ということが分かるという点ではとてもいいと思ったのですが、わたしだったら途中で「ナツメグ」をいれるか、「ナツメグ」のかわりに「美味しくなるおまじない」を入れたいな、と思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 色合いがとても美しい  掲載日:2011/5/16
もこ もこもこ
もこ もこもこ 作: 谷川 俊太郎
絵: 元永 定正

出版社: 文研出版
正直、大人の感性だと「???」な絵本です。
何が言いたいのかもさっぱり分からないし、どう向き合っていいのか分からない作品です。
でも、「にょき」とか「パク」とか擬音だけで、何が行われているか想像もできますし、説明がなくとも擬音からイメージを膨らませるトレーニングにはなると思います。
そして、とにかく色彩がきれいなので、そのあたりもお勧めです。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う ダジャレが多くて  掲載日:2011/5/16
うんこ!
うんこ! 文: サトシン
絵: 西村 敏雄

出版社: 文溪堂
ダジャレが多いのと、「うんこ」という単語で、子供は大好きだろうなぁと思いました。
首輪をつけている犬がリードもなく街を歩いていて、しかも道端で排泄してしまうことの方が気になってしまいました。
飼い主は何をしているんでしょうか。。。。。?
参考になりました。 0人

13件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

読んで笑ってつっこんで!家族みんなであたたまる絵本

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット