ぼくはめいたんてい(1) きえた犬のえ(新装版) ぼくはめいたんてい(1) きえた犬のえ(新装版) ぼくはめいたんてい(1) きえた犬のえ(新装版)の試し読みができます!
文: マージョリー・W・シャーマット 絵: マーク・シーモント 訳: 光吉 夏弥  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
レビューコンテスト開催中、たくさんのレビューお待ちしてます!

バーバショコラさんの公開ページ

バーバショコラさんのプロフィール

ママ・30代・神奈川県、男の子9歳 男の子6歳

バーバショコラさんの声

365件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 推理しながら読むのが楽しい  掲載日:2017/5/30
ぼくはめいたんてい(1) きえた犬のえ(新装版)
ぼくはめいたんてい(1) きえた犬のえ(新装版) 文: マージョリー・W・シャーマット
絵: マーク・シーモント
訳: 光吉 夏弥

出版社: 大日本図書
パンケーキが好きな名探偵というところが、とっても親しみを持てます。お友だちの消えた絵を探すために 聞き込みをしたりあれこれ調査。読んでいて、ここが怪しい気がする!あっ違った!等々推理しながら読むと楽しいです。本を読むことが好きな子なら1年生くらいから楽しめるでしょうか? 我が子で考えると3年生か4年生くらいから一人で楽しんで読みそうです。同じシリーズの他のお話も気になります。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ビッケの発想にワクワク  掲載日:2017/5/15
小さなバイキングビッケ
小さなバイキングビッケ 作: ルーネル・ヨンソン
絵: エーヴェット・カールソン
訳: 石渡 利康

出版社: 評論社
なんて賢いのでしょう!子どもで力はなくとも、ずばぬけた発想と頭の回転の早さで周りの大人よりも優れたバイキングとして活躍します。大人が力で石を運んでいる間にビッケは頭で石を運ぶという冒頭でのフレーズがビッケの実力を物語っていますね。
次はどんなアイディアでこの状況を打開するのだろうと、読んでてワクワク。このシリーズ全部読んでみたくなりました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ルパンおみごと  掲載日:2017/5/15
ルブランショートセレクション 怪盗ルパン謎の旅行者
ルブランショートセレクション 怪盗ルパン謎の旅行者 作: モーリス・ルブラン
訳: 平岡 敦
絵: ヨシタケシンスケ

出版社: 理論社
怪盗ルパンといえばアニメでたくさん見ましたが、本で読むのは初めて。さすがルパン、おみごとですね。え、この状況まずいんじゃないの?どうするの??と、ハラハラしますが、あざやかにうまくやってのけるので読んでて爽快です。小学生が読むなら高学年になってからの方が楽しめそうな気がします。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う 読み進めていくとどんどんひきこまれます  掲載日:2017/5/15
ぼくのなかのほんとう
ぼくのなかのほんとう 作: パトリシア・マクラクラン
訳: 若林千鶴
絵: たるいし まこ

出版社: リーブル
音楽家の両親をもつロバートという少年のお話。両親は音楽で忙しく、二ヶ月もの長期の演奏旅行へ行ってしまうため、ロバートは祖母のところへ預けられます。おいていかないでとか、さみしいとか そういうことを母親に言わないロバートに初めはなんでそんなにクールでいられるのかと思いましたが、読み進めていくうちに、頑張って成長しようともがいている心境や、さみしい気持ちを抱え込んでんいる姿にぐいぐいひきこまれていきます。
キャンプで起こったハプニングにも、不安をもちながらも勇敢に立ち向かい最善の判断をくだす場面のロバートは本当に素晴らしく、少年の大きな成長に感動します。
ラストの母親との会話には涙がでそうになりました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 素敵な夏やすみ  掲載日:2017/5/15
チュウチュウ通りのゆかいななかまたち 3番地 フィーフィーのすてきな夏休み
チュウチュウ通りのゆかいななかまたち 3番地 フィーフィーのすてきな夏休み 作: エミリー・ロッダ
絵: たしろ ちさと
訳: さくま ゆみこ

出版社: あすなろ書房
14匹の子どもたちを一人で育てているなんて本当にすごい!子どもたちが次から次へと起こすドタバタがおもしろいですが、渦中にいたら 気絶しそうです。こっちをみていたらあっちが大変なことにってあるんですよね。たまにはゆっくり夏休みを過ごしたいというフィーフィーと、ママを休ませてあげたいという子どもたちと周囲の仲間たちの思いやりに心がほっこりしました。
参考になりました。 0人

よいと思わない おドジなおてんばキティ  掲載日:2017/5/2
ブーツをはいたキティのおはなし
ブーツをはいたキティのおはなし 作: ビアトリクス・ポター
絵: クェンティン・ブレイク
訳: 松岡ハリス佑子

出版社: 静山社
猫って家猫でも、隙をみつけて外にでていってしまうことがありますが こんな大冒険をもし自分の飼っている猫がしていたらびっくりですね。でも素知らぬ顔ですましているのでしょうね、おうちでは。
おてんばキティの冒険は銃のうちかたを失敗したり、ドジなことがたくさんで思わずくすっと笑っちゃいます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おなじみの桃太郎を別目線から  掲載日:2017/4/30
桃太郎が語る桃太郎
桃太郎が語る桃太郎 絵: 岡村優太
文: クゲユウジ

出版社: 高陵社書店
桃太郎目線の桃太郎ってはじめて読みました!確かに考えてみれば、桃からうまれて 急に最強の男の子に成長するけど、内心すっごい こわごわ鬼退治にいったかもしれないですよね。
仲間になった犬やきじはどんな気持ちだったのかなぁとか 桃太郎に会う前は何をしてたのかなぁ とか 色々な目線で昔話を考えるのも楽しいですね
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ぶつかっちゃうことってありますよね  掲載日:2017/4/30
あいててて
あいててて 作: タナカ カツキ
出版社: パルコ出版
タイトル通りあいたた〜なお話です。そうなんですよね、外から見たら あーぶつかるー!よけてー!と、思っても 急にとんできたものに気がつかないでぶつかっちゃうことってあるある。あいたた〜なしょうねんふんだりけったりに見えますが、こうやって男の子達はたくましくなっていくんだなと思えるようなラストでした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい しょうねんの表情もよけかたも絶妙  掲載日:2017/4/30
あ、ひょい
あ、ひょい 作: タナカ カツキ
出版社: パルコ出版
色々なものがとんできて「あ、ひょい」とよけるお話なんですが、しょうねんの表情がなんともいえず思わず笑っちゃいます。とんでくるものもバラエティ豊富で、え こんなものまでとんでくるの?!予想外のものが次から次へととんできます。これがあたったらこうなっちゃうよ〜と想像するとハラハラします。ひょいと避けられたときは、よかったーと本当に安心します。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 親しみやすい  掲載日:2017/4/20
あかちゃんごおしゃべりえほん
あかちゃんごおしゃべりえほん 作・絵: かしわら あきお
監修: 小林 哲生

出版社: 主婦の友社
読みはじめてすぐに2才の子どもが興味津々、絵本にぐいぐい近寄ってきました。じーじ、ばいばーい、ぶーぶー、ちゅるちゅる、おいしい等々 いつも子どもが使っている言葉ばかりで親しみやすいのか、私が読むと子どもが絵を指差して真似して読んでいました。
もう一回!もう一回!と何度も読んでほしいとせがまれるほど。お気に入りの一冊になりそうです。
参考になりました。 2人

365件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

こどもに大人気!のりもの・はたらくくるまが大集合

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット