新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり

TOP500

クッチーナママ

ママ・40代・東京都、女の子19歳 女の子17歳 男の子14歳

  • Line
自己紹介
母親になってよかったなと思うことの一つに、多くの素晴らしい絵本と出会えたことがあります。子どもを持つまでは知らなかった絵本の世界に、今は自分が一番どっぷりとはまっています。
今は学校図書館に勤務し、多くの本と格闘しながら、絵本ライフを楽しんでいます。

好きなもの
エッツ、ハッチンス、センダック、マックロスキー、バーニンガム、ベスコフ、フランソワーズ、リンドグレーン、バーバラクーニー、クエンティンブレイク、長新太、かがくいひろし、中川李枝子、五味太郎、せなけいこ、松岡享子、たかどのほうこ、柳原良平、安野光雅。<BR>
ひとこと
2011年の10月からこちらでレビューを書き始めました。<BR>それから約10年…<BR>2021年4月投稿レビューは5000を超えました。<BR>こんなにもたくさんの絵本と出合えたことは、私の財産です。<BR>子どもたちは大きくなり、絵本を卒業してしまいましたが、私は絵本の魅力にどっぷりとハマり、今は自分のために絵本を開いています。<BR>
ブログ・SNS

クッチーナママさんの声

8410件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 勇気をもらえる  投稿日:2024/04/08
ひとつぼし
ひとつぼし 作: 菊田 まりこ
出版社: 白泉社
道徳の教科書に掲載されているとのことで、読みたいと思いました。
「ひとつぼし」とは君だけの中にある君だけの光。自分には何もないと思っていても、何かのきっかけで気がつくことがある。今でなくてもいつか見つけることができるよと優しく伝えてくれます。
大人もじーんとしてしまいました。
周りと比べて、落ち込んでしまうこともあるけれど、自分らしくいようと勇気をもらえるお話です。
イラストもとてもかわいいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大人にもおすすめ  投稿日:2024/04/08
めいわくなボール
めいわくなボール 作: 牡丹靖佳
出版社: 偕成社
同じ作家さんの作品『おうさまのおひっこし』が大好きなので、こちらも読んでみたいと思いました。
大人っぽい色使いのおしゃれなイラストで、読む前からワクワクします。
ホームランボールがえんとつに入ってしまい、家中をコロコロと転がります。ただそのせいで水浸しとなり、インクが壁に……と大変なことに。
ラストもまたおしゃれでした。
大人にもおすすめの絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい こんなキッチンカーに出会いたい!  投稿日:2024/04/08
キッチンカーです
キッチンカーです 作・絵: オームラ トモコ
出版社: 教育画劇
『なんのぎょうれつ?』『なんのじゅうたい?』など、オームラトモコさんの細かく隅々まで描きこまれたイラストが大好きで、いつも新しい作品が出るのを楽しみにしています。
「キッチンカー」というだけででもワクワクしてきますが、こちらの作品では、パトカーも、消防車も、ミキサー車もキッチンカーになってしまいます。
観音開きになるページもあって楽しさ倍増!
こんなキッチンカーに出会いたい!と思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おしゃれな乗り物えほん  投稿日:2024/04/08
くるまのえほん ぶるばびぶーん
くるまのえほん ぶるばびぶーん 作: ささきしゅん
出版社: 福音館書店
タイトルにひかれ、手に取りました。
「よっこらぶーん」「ぶるばびぶーん」と赤いくるまが進みます。
リズムの良い短いセンテンスは、声に出して読むと、とても気持ちがいいです。
イラストも、シンプルだけれど動きの特徴をうまく捉えていて、本当に動いているように見えるから不思議です。とてもおしゃれに描かれているので、大人も楽しめました。




参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大人にもおすすめ  投稿日:2024/04/08
ともだちのなまえ
ともだちのなまえ 作: 内田 麟太郎
絵: はしもとみお

出版社: 教育画劇
表紙の彫刻で作られたイグアナとカモメが気になり、手に取りました。
ストーリーとしては、イグアナとカモメが出会い、そして別れの時が来るまでをシンプルに描いているのですが、その彫刻の存在感が半端なく、1ページ1ページにインパクトがあります。
とてもおしゃれです。大人にもおすすめです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 1日1日を大切に  投稿日:2024/04/08
なんていいひ
なんていいひ 作: リチャード・ジャクソン
絵: スージー・リー
訳: 東 直子

出版社: 小学館
『なみ』や『かげ』のスージー・リーさんがイラストを描いている作品ということで、読みたいと思いました。
「なんていいひ」「くるくるおどり」「くるくるまわり」と、短いセンテンスの文字のみ。あとはイラストが語ります。
はじめはモノクロに少しだけ色がついているだけなのですが、だんだんと色数が増えて鮮やかになっていく様子が、とても素敵でした。
1日1日を大切に過ごそうと思える作品です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい そのこぶしが  投稿日:2024/04/08
ボクサー
ボクサー 作: ハサン・ムーサヴィー
訳: 愛甲 恵子

出版社: トップスタジオHR
絵本ナビサイトの「みどころ」を読んで、興味を持ちました。
ボクサーの一生を、大胆な構図で描いた作品。力強く、ちょっと物悲しい感じもする場面たちが、心に残ります。
「さいしょのレッスンはこぶしをあげるまえに、そのこぶしがなにを打つのか考えることだ」というセリフがかっこいいなと思いました。
大人にもおすすめの作品です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい みんながそれぞれ自分ごととして考える  投稿日:2024/04/05
こねこのはなしではないおはなし
こねこのはなしではないおはなし 作: ランドール・ド・セーヴ
絵: カーソン・エリス
訳: 石津 ちひろ

出版社: Gakken
タイトルにひかれ、手に取りました。
「こねこはよごれていてはらぺこでびくびくしていて一人ぼっちでさびしそうにニャーニャーないておうちがひつよう」
というセリフが繰り返されながらお話が進んでいきます。
こねこのはなしでもないし、他の人の話でもない……。でも読み終わると、みんながそれぞれに自分ごととして考え、みんなで力を合わせることの大切さに気づきます。
イラストもおしゃれだなと思ったら『わたしのいえ』や『なずずこのっぺ』を描いた作家さんでした。
全体的な雰囲気がとても素敵です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい マシュマロのゆき  投稿日:2024/03/31
あったらいいね
あったらいいね 作: 多田 ヒロシ
出版社: こぐま社
タイトルが気になり、手に取りました。
「いろんなもようのしゃぼんだま」「サドルがのびるじてんしゃ」などなど、小さな子が「あったらいいな」と思うようなことが、多田ヒロシさんのユーモラスで温かなイラストで語られます。
「マシュマロのゆき」というのは私も考えたことがあるので、なんだかとてもうれしくなりました。
子どもらしい素直な発想って素敵だなと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 自由なおおかみに憧れるおほしさま  投稿日:2024/03/31
いっぴきおおかみとおほしさま
いっぴきおおかみとおほしさま 作: まつむら まいこ
出版社: 小学館
キラキラと光る凝った表紙に惹かれ、手に取りました。
自由きままないっぴきおおかみと、空に輝くおほしさまとの出会いのおはなしです。
いつも同じ場所にいることに疲れたおほしさまは、自由なおおかみに憧れていたのです。
ちょっと驚きの展開でしたが、ラストは温かな気持ちになりました。
幻想的で美しいイラストを存分に楽しめる作品です。
参考になりました。 0人

8410件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット