へっこ ぷっと たれた へっこ ぷっと たれた
構成・文: こが ようこ 絵: 降矢 なな  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
読めば自然とリズムがうまれる!わらべうたをもとにしたあかちゃん絵本

クッチーナママさんの公開ページ

クッチーナママさんのプロフィール

ママ・40代・東京都、女の子14歳 女の子11歳 男の子9歳

自己紹介
母親になってよかったなと思うことの一つに、多くの素晴らしい絵本と出会えたことがあります。子どもを持つまでは知らなかった絵本の世界に、今は自分が一番どっぷりとはまっています。我が家には3人の子どもがいますが、長女はいわゆる本の虫。暇さえあれば一人で本を開いています。小学生になってからは読み応えのある児童書をガシガシ読んでいます。次女はナンセンス絵本が大好き。物語よりも絵やリズムを楽しむタイプのようです。乗り物大好きな長男は、やはり今は電車や車の本が好き。男の子の冒険ファンタジーなどをこれからたくさん読んであげたいです。
好きなもの
エッツ、ハッチンス、センダック、マックロスキー、バーニンガム、ベスコフ、フランソワーズ、リンドグレーン、バーバラクーニー、クエンティンブレイク、長新太、かがくいひろし、中川李枝子、五味太郎、せなけいこ、松岡享子、たかどのほうこ、柳原良平、安野光雅。
ひとこと
2011年の10月からこちらでレビューを書き始めました。
絵本の感想投稿も1000件を超え、ますます絵本と絵本ナビの魅力にはまっています。
ブログ/HP
絵本好きが高じて、ブックカフェを開くことにしました。まだまだ発展途上ですが、大人も子どももホッと一息できる空間を模索し続けたいと思っています。
Facebookページでは、「店主の絵本365日」と題して、ほぼ毎日、絵本の紹介をしています。ぜひ遊びにきてください。

クッチーナママさんの声

3766件中 11 〜 20件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 森林浴できる  投稿日:2019/02/19
ぼくのまちにはもりがある
ぼくのまちにはもりがある 作: 日野市の子どもたちと蟹江杏
出版社: キーステージ21
図書館の新刊コーナーで見つけました。
中学生とアーティストがコラボレートして製作したという作品。
カラフルでおしゃれで味のある絵が並びます。
また環境への理解も高まりそうですね。
オノマトペで森のいろんな音を感じることができて、なんだかリフレッシュできました。
森林浴できる絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う そら豆の黒い線の秘密  投稿日:2019/02/16
まめとすみとわら
まめとすみとわら 文・絵: せな けいこ
出版社: 廣済堂あかつき
せなけいこさんのシンプルで可愛らしい表紙の絵に惹かれて手に取りました。
昔話の再話です。
このお話しを読んだら、そら豆の黒い線の秘密が分かりますよ。
すみとわらはどうなっちゃったんだろう?ちょっと心配です。
同じお話で、違う方の作品もあるようなので、読んでみたいです。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う いきなり俳句?!  投稿日:2019/02/16
ライオンの風をみたいちにち
ライオンの風をみたいちにち 作: あべ 弘士
出版社: 佼成出版社
表紙のかっこいいライオンに惹かれて手に取りました。
「風を見る」ことを子供達に教える父さんライオンの姿を描いています。
サバンナの壮大な雰囲気が味わえて、気持ちがいいです。
ただ、いきなり登場する俳句にちょっとついていけませんでした。
かっこいいお父さんのお茶目っぷりと理解すればいいのかな?
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 意外にもあったかい  投稿日:2019/02/16
やきいもやゴンラ
やきいもやゴンラ 作: 永井 郁子
絵: くすはら 順子

出版社: ポプラ社
インパクトのある顔に惹かれて手に取りました。
「ゴンラ」を「ゴジラ」に読み間違えそうになったり、表紙だけでもかなり面白いです。
でも中身のお話は、意外にもあったかい。
やきいもづくりに真摯に取り組むゴンラの姿には感動します。
ゴンラの焼いたやきいも、本当に美味しそうです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ねこを飼っている気分に  投稿日:2019/02/16
ねこはまいにちいそがしい
ねこはまいにちいそがしい 作: ジョー・ウィリアムソン
訳: いちだ いづみ

出版社: 徳間書店
表紙のオレンジ色に惹かれて手に取りました。
ほぼ真四角の本の形が、おしゃれだと思いました。
自由気ままに見えるねこたちも、実は一緒に暮らす家族のために頑張ってるんだと思ったら、ねこを見る目も変わってきそうです。
なんだかねこを飼っている気分になることができました。
1日のうちで一番好きな仕事が、「あったかい湯たんぽ代わり」になることだなんて、可愛いですねぇ。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 空から見る景色  投稿日:2019/02/06
あらかわ・すみだがわ
あらかわ・すみだがわ 作: 村松 昭
出版社: 偕成社
仙人と女の子が、空を旅しながら、川を案内してくれます。
あらかわと隅田川の分岐点がわかるなど、空から見る景色はとても新鮮です。
緻密な書き込みをじっくり見れて、子供よりも自分の方が夢中になってしまいました。
我が家にとってもっと身近な川なら、さらに楽しめたかなと思います。
赤いカヌーで川下りしている人たちを、ページごとに見つけたりと、隅から隅まで楽しめる内容でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 江ノ電の景色  投稿日:2019/02/06
えのでん タンコロ
えのでん タンコロ 作・絵: 倉部 今日子
出版社: 偕成社
おじいちゃんと男の子が江ノ電でお出かけ。
江ノ電に、1両の単行電車「タンコロ」が走っていた頃の景色を、おじいちゃんが回想しながらお話が進みます。
江ノ電からの景色は、私も大好きなので、とても楽しく読めました。
江ノ島や鎌倉は、昔の風情を残していますよね。
そういえば、最近、湘南の方へ遊びに行っていないなぁ。
子供を連れて江ノ島や鎌倉に出かけてみたくなりました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う こちらも可愛い  投稿日:2019/02/06
きいろちゃんあかちゃんくろちゃん
きいろちゃんあかちゃんくろちゃん 作・絵: 柏原 晃夫
出版社: 学研
同じシリーズの「ぴんくちゃんあおちゃんしろちゃん」がとても可愛かったので、こちらも読むのが楽しみでした。
こちらも3色でいろいろなものに変身していました。
あかちゃんがりんごになり、きいろちゃんがトラックの本体になり、くろちゃんがタイヤになると、リンゴを運ぶトラックになるといった具合。
メリハリが効いていて楽しかったです。
色遊びがしたくなる絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 知らないことがいっぱい  投稿日:2019/02/06
はっけんずかん でんしゃ・しんかんせん
はっけんずかん でんしゃ・しんかんせん 絵: 西片 拓史
監修: 松尾 定行

出版社: 学研
同じシリーズの「やさいとくだもの」が楽しかたので、こちらも読みたいと思いました。
電車好きの子には楽しくて仕方ないしかけえほんではないでしょうか?
めくると電車の内部が見えるだけでなく、線路をめくると夜作業している人の存在を知ることができたりします。
新幹線の上部のドームの中でパンタグラフを観察する人がいるんだ!とか、知らないことを知ることができる本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ビックサイズの仕掛け絵本  投稿日:2019/02/06
tupera tuperaのおおきなしかけ絵本 やさいさん
tupera tuperaのおおきなしかけ絵本 やさいさん 作: ツペラ ツペラ(tupera tupera)
出版社: 学研
ツペラツペラの絵本はみんな大好きですよね。
我が家もみな大好きで、小さい頃から親しんできました。
「やさいさん」も子供が小さい頃よく読みましたが、図書館でこのビックブックを見つけ、大興奮でした。
人気本を大きくしたビックサイズの絵本は、いろんなものが作られていると思いますが、ビッグサイズの仕掛け絵本というのは珍しいのではないかと思います。
おはなし会などで盛り上がること、間違いなしですね。
参考になりました。 0人

3766件中 11 〜 20件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット