たこやきようちえん たのしいえんそく たこやきようちえん たのしいえんそく
作: さいとう しのぶ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
たこやきようちえんの遠足は動物園! たこやき6人は、元気に出発しますが・・・。

クッチーナママさんの公開ページ

クッチーナママさんのプロフィール

ママ・40代・東京都、女の子14歳 女の子11歳 男の子9歳

自己紹介
母親になってよかったなと思うことの一つに、多くの素晴らしい絵本と出会えたことがあります。子どもを持つまでは知らなかった絵本の世界に、今は自分が一番どっぷりとはまっています。我が家には3人の子どもがいますが、長女はいわゆる本の虫。暇さえあれば一人で本を開いています。小学生になってからは読み応えのある児童書をガシガシ読んでいます。次女はナンセンス絵本が大好き。物語よりも絵やリズムを楽しむタイプのようです。乗り物大好きな長男は、やはり今は電車や車の本が好き。男の子の冒険ファンタジーなどをこれからたくさん読んであげたいです。
好きなもの
エッツ、ハッチンス、センダック、マックロスキー、バーニンガム、ベスコフ、フランソワーズ、リンドグレーン、バーバラクーニー、クエンティンブレイク、長新太、かがくいひろし、中川李枝子、五味太郎、せなけいこ、松岡享子、たかどのほうこ、柳原良平、安野光雅。
ひとこと
2011年の10月からこちらでレビューを書き始めました。
絵本の感想投稿も1000件を超え、ますます絵本と絵本ナビの魅力にはまっています。
ブログ/HP
絵本好きが高じて、ブックカフェを開くことにしました。まだまだ発展途上ですが、大人も子どももホッと一息できる空間を模索し続けたいと思っています。
Facebookページでは、「店主の絵本365日」と題して、ほぼ毎日、絵本の紹介をしています。ぜひ遊びにきてください。

クッチーナママさんの声

3766件中 3691 〜 3700件目最初のページ 前の10件 368 369 370 371 372 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 大きなやさしさを感じるちいさな絵本  投稿日:2011/11/25
100こめのクリスマス・ケーキ クリスマス・イブのおはなし2
100こめのクリスマス・ケーキ クリスマス・イブのおはなし2 作: 長尾 玲子
出版社: 福音館書店
刺繍で描かれた挿絵がとってもかわいい、
ちいさな手のひらにぴったりの絵本です。
99個のケーキが並ぶページは、感動ものです。

ケーキ屋さんのやさしさ、
そして、あっちゃんのやさしさ。
自分の大切な物をプレゼントできる、大きなやさしさを感じて、
とてもあたたかい気分になります。

お話がつながっている「サンタさんのいちにち」と
「あっちゃんのゆびにんぎょう」と一緒に3冊揃えて、
ずっと手元に置いておきたいです。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 大人も楽しめる美しい絵本  投稿日:2011/11/25
あいうえおの本
あいうえおの本 作: 安野 光雅
出版社: 福音館書店
昔、安野光雅展を見に行ったときに
その素晴らしい絵に感動し、
買ってきた本。
いつか子供が産まれたら、一緒に読もうと思って、
本棚に大切にとっておきました。

始めて娘と一緒にこの本を開いたときは、
感動しました。
まだ字も読めなかった娘も、
精密でキレイな絵に夢中になっているようでした。

その娘も、今年小学校に入学。
ひらがなの練習に、
思い出したようにこの絵本を開いていました。
宿題の「ことばさがし」のヒントにしている様子。

私も、なつかしく、また夢中になってページをめくりました。
それにしても、名を知らぬ植物がたくさん描かれています。
もっと植物の名前に詳しくなりたいなぁと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 4才からおとなまで  投稿日:2011/11/25
はじめてであうすうがくの絵本1
はじめてであうすうがくの絵本1 作・絵: 安野 光雅
出版社: 福音館書店
自分が数学が苦手で苦労したので、
子供たちには小さい頃から数学と仲良くなって、
理数系の人になってもらいたいな。
などと夢想して、シリーズの1から3までまとめて購入しました。

小さい頃にはあまり興味を示さなかった長女も、
小学校に入学した頃からは、
自ら本棚から引っ張りだして、
夢中になって、読んでいます。

4歳の次女はまた、長女とは別の読み方をしているようです。
精密な絵が楽しいらしく、
ページのはじのちいさな挿絵を見つめて、
宝探しのようにしています。
そしてはじから数を数えて、にやにや。

そして、私もまた、
日々の生活にすうがくがたくさん潜んでいることを知って、
新しい発見をたくさんしています。
めくるたびに違った発見があって、面白いです。

裏表紙に「4才からおとなまで」とありましたが、
まさに、そのとおりだなぁと感じました。

1では
なかまはずれ
ふしぎなのり
じゅんばん
せいくらべ
を題材に、
知ること、自分で考えることが「すうがく」であると教えてくれているようです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かずを覚える頃に  投稿日:2011/11/25
はじめてであうすうがくの絵本2
はじめてであうすうがくの絵本2 作・絵: 安野 光雅
出版社: 福音館書店
自分が数学が苦手で苦労したので、
子供たちには小さい頃から数学と仲良くなって、
理数系の人になってもらいたいな。
などと夢想して、シリーズの1から3までまとめて購入しました。

シリーズの中でも2は、
かずのだんごなど、
4才の次女でも分かりやすい内容が多いような気がします。

てんてんから絵になる様子や、
クロスステッチにも夢中になっていました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい まよいみちが楽しい  投稿日:2011/11/25
はじめてであうすうがくの絵本3
はじめてであうすうがくの絵本3 作・絵: 安野 光雅
出版社: 福音館書店
自分が数学が苦手で苦労したので、
子供たちには小さい頃から数学と仲良くなって、
理数系の人になってもらいたいな。
などと夢想して、シリーズの1から3までまとめて購入しました。

4才の次女は3では「まよいみち」にはまっています。
本に顔を近づけて、
指で行ったり来たり。

ひだりとみぎの概念も上手に教えてくれます。
小さい頃にこの本を読んでいれば、
私も、地図の読めない女にはならなかったのかな・・・
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい やはりセットで欲しい  投稿日:2011/11/25
はじめてであうすうがくの絵本セット
はじめてであうすうがくの絵本セット 作・絵: 安野 光雅
出版社: 福音館書店
自分が数学が苦手で苦労したので、
子供たちには小さい頃から数学と仲良くなって、
理数系の人になってもらいたいな。
などと夢想して、シリーズの1から3までまとめて購入しました。

本の裏表紙に「4才からおとなまで」とありますが、
まさに、そのとおり。
4才には4才の、
小学生には小学生の、
大人には大人の
楽しみ方がありそうです。

我が家も家族で楽しんでいます。
一人が読み出すと、みんなが読みたくなるので、
結局いつも奪い合いになります。

1、2、3とも
それぞれ素晴らしいので、
迷いなく、セット買いをオススメします。
入園、入学のプレゼントなどにもいいかもしれません。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ゆかいなゆかいなお話シリーズ大好き  投稿日:2011/11/25
うさぎがいっぱい
うさぎがいっぱい 作: P.パリシェ
絵: L.ケスラー
訳: 光吉 夏弥

出版社: 大日本図書
小学校1年生の長女は、
「ゆかいなゆかいなおはなしシリーズ」が大好きです。
そして、私も、大好きです。
ちょっとひねった笑いが大人も十分楽しめます。
ひとまねこざるシリーズやちびくろ・さんぼの翻訳者である
光吉夏弥さんが企画から参加されたと絵本ナビのページで知って納得。
本当にどれもゆかいなお話です。

もうすこしお値段が安かったら、
全巻揃えたいくらいなのになぁ(笑)

「うさぎがいっぱい」は
飼っているうさぎがどんどん赤ちゃんを産んで、
家中がうさぎだらけになって困ってしまうおばさんのお話。
困った困ったと言いながらも、
うれしそうなモリーおばさんがかわいい。

黒とオレンジの絵が、
ほんわか、やさしい雰囲気をつくっています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 私もすずめのくつしたが欲しい!  投稿日:2011/11/25
すずめのくつした
すずめのくつした 作: ジョージ・セルデン
絵: ピーター・リップマン
訳: 光吉郁子

出版社: 大日本図書
小学校1年生の娘が大好きな
「ゆかいなゆかいなおはなしシリーズ」。
私も大好きで、親子で楽しんでいます。

お話も楽しいのですが、
なによりイラストがすばらしいと思いました。
くつした工場の機械の素敵なこと!
おもわず釘付けです。

モノクロの絵に、
よこじまの靴下の赤が、とても愛らしく描かれています。
私もこの「すずめのくつした」が欲しくなりました。

町中の人たちが、
それから、いぬやねこまで
真っ赤なよこじまの、靴下をはいていたらと想像したら、
ほんとうにうれしい気分になります。

あたたかい靴下が恋しくなる冬によんであげたい1冊です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 英語版も読んでみたい  投稿日:2011/11/24
ベーコンわすれちゃだめよ!
ベーコンわすれちゃだめよ! 作: パット・ハッチンス
訳: 渡辺 茂男

出版社: 偕成社
男の子が、おかあさんにお使いを頼まれました。
カゴを下げて、犬を連れて買い物に行きます。

道々、頼まれたものを口ずさんで進むのですが、
つい、出会ったものに気を取られ、
次々に思い違いをしてしまいます。

帰り道に、本当の頼まれものを思い出す様が楽しくてしかたありません。
終始笑って、ページを進めました。

とっても楽しい絵本ですが、
やっぱり、原文でないと、言葉の入れ替わりの面白さが伝わらないかな?
英語の授業が始まる頃、
英語版の方を読んでもよいかもしれません。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい スマートでセクシーなうさぎ  投稿日:2011/11/24
うさぎさんてつだってほしいの
うさぎさんてつだってほしいの 作: シャーロット・ゾロトウ
絵: モーリス・センダック
訳: こだま ともこ

出版社: 冨山房
お母さんの誕生日のプレゼントを何にするか悩む女の子が、
「うさぎさん、てつだってほしいの」と頼んで、
一緒に考えてもらいます。
うさぎさんと、やり取りする中で、
お母さんへの素敵なプレゼントを思いつくというお話。

このうさぎさんが、とってもかっこいい。
「うさこちゃん(ミッフィー)」や「ピーターラビット」など、
うさぎといえば「かわいい」を連想しがちですが、
このうさぎさんは、スマートで、セクシー。
言動もとってもかっこいいです。

素敵な絵だなと思ったら、
センダックだったんですね。
水彩画もきれいで雰囲気あります。
参考になりました。 0人

3766件中 3691 〜 3700件目最初のページ 前の10件 368 369 370 371 372 ... 次の10件 最後のページ

親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

出版社おすすめ

  • ゆき
    ゆきの試し読みができます!
    ゆき
     出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
    雪が降るとだれもがくちずさむあの歌が、はたこうしろうさんのイラストで絵本になりました。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット