なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
まことあつさん 30代・ママ

本を読む醍醐味
なぞなぞ遊びが好きな息子たち。 しか…

クッチーナママさんの公開ページ

クッチーナママさんのプロフィール

ママ・40代・東京都、女の子14歳 女の子11歳 男の子9歳

自己紹介
母親になってよかったなと思うことの一つに、多くの素晴らしい絵本と出会えたことがあります。子どもを持つまでは知らなかった絵本の世界に、今は自分が一番どっぷりとはまっています。我が家には3人の子どもがいますが、長女はいわゆる本の虫。暇さえあれば一人で本を開いています。小学生になってからは読み応えのある児童書をガシガシ読んでいます。次女はナンセンス絵本が大好き。物語よりも絵やリズムを楽しむタイプのようです。乗り物大好きな長男は、やはり今は電車や車の本が好き。男の子の冒険ファンタジーなどをこれからたくさん読んであげたいです。
好きなもの
エッツ、ハッチンス、センダック、マックロスキー、バーニンガム、ベスコフ、フランソワーズ、リンドグレーン、バーバラクーニー、クエンティンブレイク、長新太、かがくいひろし、中川李枝子、五味太郎、せなけいこ、松岡享子、たかどのほうこ、柳原良平、安野光雅。
ひとこと
2011年の10月からこちらでレビューを書き始めました。
絵本の感想投稿も1000件を超え、ますます絵本と絵本ナビの魅力にはまっています。
ブログ/HP
絵本好きが高じて、ブックカフェを開くことにしました。まだまだ発展途上ですが、大人も子どももホッと一息できる空間を模索し続けたいと思っています。
Facebookページでは、「店主の絵本365日」と題して、ほぼ毎日、絵本の紹介をしています。ぜひ遊びにきてください。

クッチーナママさんの声

3755件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 今まで見たことのない  投稿日:2019/02/03
水の生きもの
水の生きもの 作: ランバロス・ジャー
絵: 市川 恵里

出版社: 河出書房新社
この絵本をお勧めしている方が、「手にとって見なければわからない」と称賛していたので、どうしても読みたかった本です。
一つ一つ手作りということにびっくりしました。
今まで見たことがない、手にしたことがない、とても雰囲気のある本でした。
ミティラー画のモチーフを用いて描いた水の生きものを、うっとりと眺めました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 今年も楽しみでした  投稿日:2019/02/03
MOE 2019年2月号
MOE 2019年2月号 出版社: 白泉社
毎年、moeの絵本屋さん大賞を楽しみにしています。
ページをドキドキワクワクした気持ちでめくりました。
今回も納得の絵本たちが並んでいました。
ヨシタケシンスケさん、やはり人気ですねぇ。
ここに発表されていた絵本の中で、まだ読んでいないものもあったので、これから探して読みたいと思います。
また来年も楽しみにしています。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 「におい」を時系列で  投稿日:2019/02/03
なんのにおい ふゆ
なんのにおい ふゆ 作: ビーゲン セン
絵: 永井郁子

出版社: 絵本塾出版
今の季節にぴったり!と思って読みました。
おでんやゆず湯、七草がゆなど、12月から2月の行事の「におい」に着目しながら、時系列に紹介してくれます。
絵本からいい匂いがしてきそうな感じがします。
読んだら、なぜかポカポカ暖かくなりました。
色のバージョンもあるようなので、そちらも読んでみたいと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 自分の子供とダブらせて  投稿日:2019/02/03
こんなかいじゅうみたことない
こんなかいじゅうみたことない 作・絵: 藤本 ともひこ
出版社: WAVE出版
表紙のカラフルで可愛らしいかいじゅうに惹かれて手に取りました。
有名な『かいじゅうたちのいるところ』という絵本の中の「こんなかいじゅう見たことない」というセリフから閃いたお話なんだとか。
保育園に通って成長を遂げるかいじゅうくんを見て、自分の子供とダブらせて読みました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 不思議な魅力  投稿日:2019/02/03
ピエールくんは黒がすき!
ピエールくんは黒がすき! 文: ミシェル・パストゥロー
絵: ローランス・ル・ショー
訳: 松村 恵理

出版社: 白水社
黒が苦手だったピエールくんが、その色の不思議な魅力に気がつくというお話。
私も今は黒がだいすきだけれど、確かに小さな頃は、黒は怖くて悪いイメージだったなぁと思い出しました。
黒の魅力、ちょっと大人向けかなと思いました。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 大人になると  投稿日:2019/02/03
こわくない
こわくない 作: 谷川 俊太郎
絵: 井上 洋介

出版社: 絵本塾出版
井上洋介さんの挿絵に惹かれて手に取りました。
お父さんは威張るものだからこわくない、先生は怒るのが仕事だからこわくない、という男の子のお話。
確かに大人になると怖いものが増えてくるのは確かになぁと思いましたが、
「誘拐は怖くない」という場面は、ちょっと怖かったです。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 見たことのない感じの絵  投稿日:2019/02/03
もりのうんどうかい
もりのうんどうかい 作: ビーゲン セン
絵: よしかわ ゆたか

出版社: 絵本塾出版
あまり見たことのない感じの絵。
色合いがなんとも言えず、惹きつけられました。
ユーモアのある可愛らしい絵です。
お話も、たくさんの競技が出てきて楽しかったのですが、動物の名前がわかりにくいのと、ラストが「?」でした。
イラストを楽しむ絵本かなと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う アホでよかった  投稿日:2019/02/03
あっ・ほっ
あっ・ほっ 作: 五味 太郎
出版社: 絵本館
表紙の男の子のアホっぽい(?)表情に惹かれて手に取りました。
それにしても、すごいタイトルです。
おしゃべりが止まらないページは読むのが大変。
何を言っているのかわからないけど、言いたいことはたくさんある、と言った感じがよく出ていました。
ラストの「アホでよかった」というセリフ、なんだか肩の力が抜けてよかったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おーい、こっちゃきて遊んでいけ  投稿日:2019/02/03
島ひきおに
島ひきおに 作: 山下 明生
絵: 梶山 俊夫

出版社: 偕成社
節分なので、鬼のお話を読みたくなりました。
昔話に鬼が出てくるお話はたくさんありますが、こちらは、なんとも切ない、だけれども心に残るお話です。
「おーい、こっちゃきて遊んでいけ」というセリフが耳に残ります。
たまにはめでたしめでたしではないお話を読むのもいいですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 猫やジュースも  投稿日:2019/02/03
ぼくのえんそく
ぼくのえんそく 作: 穂高 順也
絵: 長谷川 義史

出版社: 岩崎書店
楽しみにしていたえんそくの日に、熱を出してしまった男の子。
どうしても行きたい気持ちが体を飛び出して、雲にのってみんなと遠足を楽しみます。
がっかりだったはずなのに、逆に楽しい思い出になったようで、こちらも見ていて嬉しかったです。
自分だけでなく、猫やジュースが一緒に行くのが面白かったです。
参考になりました。 0人

3755件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ

大自然の中に遊びにいこう!米国で人気のシリーズ第四弾

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット