たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

ぷりこさんの公開ページ

ぷりこさんのプロフィール

ママ・40代・神奈川県、女の子15歳 男の子10歳

自己紹介
子供が生まれてから、絵本の読み聞かせをするようになり、
絵本を読むこと自体もとても楽しみになりました。
絵本の魅力にどんどん引き込まれ、今では、
図書館等で読み聞かせをさせていただくことになり、
絵本選びにこちらの絵本ナビさんを利用させていただいています。
娘や息子も絵本が大好きで、日々子供から絵本の魅力を教わって
います。
好きなもの
子供の笑顔。
ひとこと
絵本を読んでいると、絵本の世界に入り込めて楽しいです♪
たくさんの絵本に出会えるのが楽しみです。

お正月に読みたい本

公開

ぷりこさんの声

499件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 寝ないよって言っている子に  掲載日:2015/12/10
おやすみ、ロジャー
おやすみ、ロジャー 著: カール=ヨハン・エリーン
監: 三橋 美穂

出版社: 飛鳥新社
子供って、自分が寝た後に大人は楽しいことをしているんじゃないかと思っているふしがありますよね…。
だから、眠たくても、寝るギリギリまで、寝ないよって粘ってしまう…。
こんなとき、この絵本は、子供の眠気に拍車をかけてくれます。
子供の気持ちによりそった内容なので、共感しながら安眠できると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いろいろな読み方ができる一冊  掲載日:2015/12/10
みつけてかぞえて どこどこどうぶつ
みつけてかぞえて どこどこどうぶつ 著: ルース・ラッセル
訳: 小林 美幸

出版社: 河出書房新社
このシリーズを読むなら、まず第一弾のこの本からがお勧めです。
第二弾は、ちょっとレベルアップしています。
字を読んだり、書いたりして興味を持つ時期から読むのが、ベストタイミングだと思います。小学校低学年の息子は、面白いから何回も読みたいと言っていました。園児なら、一人読みにも、集団生活の中で友達と盛り上がるのもどちらでも楽しめる内容です。親子で読むのにもおススメです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 夢中になって探します  掲載日:2015/12/10
みつけてかぞえてどこどこどうぶつ わくわくどうぶつえん
みつけてかぞえてどこどこどうぶつ わくわくどうぶつえん 絵: ガレス・ルーカス
文: カースティーン・ロブソン
訳: 小林 美幸

出版社: 河出書房新社
絵がはっきりしていて、雰囲気はaccototoさんの「うしろにいるのだあれ」に似た感じです。内容は、ミッケのような感じでした。
はじめに、あそびかたが載っているので、初めて読む方にも矢印で説明してあって、親切丁寧です。
小学校低学年の息子は、夢中になって動物を探していましたが、どうしてもわからなくなると、私に助けを求めてきました。親の私でも捜すのが難しいものがありましたが、答えあわせがあるので、安心です♪
動物たちが、表情豊かで、見ていてワクワクしてきますよ。

参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 一目ぼれしちゃう絵本!?  掲載日:2015/10/21
プリンちゃんとブラウニーとうさん
プリンちゃんとブラウニーとうさん 文: なかがわ ちひろ
絵: たかお ゆうこ

出版社: 理論社
日常で、テレビ、パソコン、スマホ、ゲームと、親が使っているものを目にする機会が多くなっている子供たち。そんな生活に慣れている子供でも、この絵本は、カラフルで、可愛くて、クリスマスの内容にもなっているので、一目見て、気に入るのではないでしょうか。絵本に馴染みのない子供でも、とっつき易い作品ではないでしょうか。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ふまん爆発!?  掲載日:2015/10/21
ふまんがあります
ふまんがあります 作: ヨシタケシンスケ
出版社: PHP研究所
子供の気持ちを考えると、親から子への、不満というのは、よく言われるけれど、子供から親への不満は、なかなかいくつも並べ立てていうことは、少ないと思う。
子供だって、気を遣うこともあるのだ。特に、子供の相手をしていない、言い訳ばっかりのお父さんには!

子供からしてみれば、この絵本で、主人公のわたしが、自分の代わりにお父さんへ言ってくれてありがとうと思っているかもしれない(笑)
絵本の中のお父さんは、切り替えしがウマイ!

うちの息子は、前半「うそばっかり!」と言っていたのに、あついから、さむいから…のくだりで、プププッと笑っていました。

最後のところで、フサフサはという言葉は、狙いすぎかな〜?
と思いました。
親としては、この絵本から、子供って親をよく見てるから、こういう不満が出てくるんだろうな〜と思いました。うちも気をつけなくては(笑)
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う くるしまぎれ…  掲載日:2015/10/21
りゆうがあります
りゆうがあります 作: ヨシタケシンスケ
出版社: PHP研究所
はなをほじったときの、ちゃんとした理由を考える主人公のぼく。
一生懸命、お母さんを納得させられるように考えた答えは、子供らしい面白い内容ばかりで、思わず吹きだしてしまいます。

最後、お母さんが子供へ返した言葉に、中学生の娘が「くるしまぎれ!」とバッサリなコメント(汗)
見返しのところに、お母さんの癖が描かれているのですが、私もついついやってしまうな〜と、笑ってしまいました。
裏表紙に、鼻をほじった主人公の癖が載っていて、それを見た息子が、「ぼくは、鼻水でやってるよ〜♪」と言うではありませんか(汗)
りゆうを聞いたら、「水がなくなった時のためにだよ。」ですって…。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 魔女の事情  掲載日:2015/10/5
まじょがかぜをひいたらね
まじょがかぜをひいたらね 作: 高畠 じゅん子
絵: 高畠 純

出版社: 理論社
魔女がかぜをひいたら、こんなことになるんだね!と、プププッと笑ってしまいます。まさかの治し方に、おどろきと、ママの年齢に、びっくりします!娘が、「かぜの菌をうつすって、こういうことなんだ(笑)」と、つっこんでいました。私は、魔女が寝ているところと、遊んでいるところの表情がとっても可愛くて、微笑ましかったです♪ハロウィンの時期に、読みたい作品です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 日本人なら、知っておきたい行事  掲載日:2015/9/18
「和」の行事えほん2 秋と冬の巻
「和」の行事えほん2 秋と冬の巻 作・絵: 野 紀子
出版社: あすなろ書房
日本に生まれ、当たり前のように毎日の生活を送っていますが、あらためて行事のことを聞かれると、わからないことがたくさんあります。
そんな時、この本を開けば、詳しい内容が、わかりやすく書かれています。英語版もあるので、外国人の方へのプレゼントにも、最適です♪
おはなし会のときに、季節の行事にあわせて、子供たちにお話をするときは、大活躍しそうな一冊です。春と夏の巻もありますから、どの季節においても、調べられます。子供にも入りやすいように、動物の家族が、親しみやすく描かれています。
今日は何の日?と子供が聞いてくる年齢になったら、この本を読んであげるのにちょうどよいタイミングだと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 灯篭のシーン必見です!  掲載日:2015/8/26
おぼんぼんぼんぼんおどりの日!
おぼんぼんぼんぼんおどりの日! 作: ますだ ゆうこ
絵: たちもと みちこ

出版社: 文溪堂
日本の行事の中でも、ポピュラーなものですが、説明を求められると、なかなか答えるのが難しいお盆!この本を読めば、お盆のことが解説付きで、まるごと分かります。たちもとみちこさんは、ポップな絵で、可愛らしいものを描かれるイメージなので、一見、日本古来のお盆とは結びつかないように感じますが、灯篭のシーンがとても素敵で、綺麗でした。お盆の時期には、是非読んでいただきたい絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 女の子もすんなり読める虫の写真絵本  掲載日:2015/8/26
ダンゴムシみつけたよ
ダンゴムシみつけたよ 文・写真: 皆越 ようせい
出版社: ポプラ社
身近にいるダンゴムシでも、この本を読んでいると、ダンゴムシの意外な一面が見えてきます。うちの息子も、この本が大好きで、1年生のころ寝る前にこの本を読んでと言ったり、自分で読んで写真を興味深そうに見たりしていました。
昆虫の写真絵本ということで、虫の苦手な親御さんがいると思いますが、おはなし会で読んだとき、女の子も自然に聞いていました。是非お子さんには、読んであげてほしい作品です。
参考になりました。 0人

499件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

葉祥明さんの描く不朽の名作、好評につき第2弾

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット