宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

カフェモカカフェラテさんの公開ページ

カフェモカカフェラテさんのプロフィール

ママ・40代・福岡県、男の子8歳

カフェモカカフェラテさんの声

2件中 1 〜 2件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う むし大好き。。  投稿日:2012/06/20
おなかのすいた ばったのトト
おなかのすいた ばったのトト 作・絵: 得田 之久
出版社: 福音館書店
虫大好きな息子にいただいた本です。庭にいるバッタに心惹かれながらも手を出せないでいる息子が、この本にとても興味を持ちました。いろいろな昆虫がでてくるので飽きさせません。おなかがすいてえさを探すというシンプルさが2歳の息子にちょうどよく、グロテスクさもなく、わかりやすく生態がかかれていて得田さんの初めの1冊としておすすめしたいです。今後も生物の成長を感じる、虫シリーズを購入していきたいです。ただ出てくる虫の名前を聞かれても、全部は答えられないので説明書きをつけてほしかったです。ので、☆1つマイナスにしました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 息子はメロメロでした!  投稿日:2012/06/19
バムとケロのそらのたび
バムとケロのそらのたび 作: 島田 ゆか
出版社: 文溪堂
虫と飛行機が大好きな息子のために購入しました。飛行機を組み立てて旅に出るバムとケロに大喜び、虫いっぱい、野菜いっぱい、怖い生き物(?)攻撃にメロメロで、何度くりかえし読んだことでしょう。残念ながらあまりに熱中したので、現在は飽きてしまったようです。でも本の宿命ですし、息子の中に確実にインプットされています。今度は自分で読める年のころまでお楽しみにしたいと思います。
参考になりました。 0人

2件中 1 〜 2件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

翻訳者 中井はるのさん、編集者 三輪ほう子さん インタビュー!

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット