アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

ぱ〜ぷるさんの公開ページ

ぱ〜ぷるさんのプロフィール

せんせい・50代・岩手県

ぱ〜ぷるさんの声

12件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい なってみたいな!  掲載日:2014/1/4
いちにちおばけ
いちにちおばけ 作: ふくべ あきひろ
絵: かわしまななえ

出版社: PHP研究所
「いちにち」シリーズはどれも大好きです。この「おばけ」は、
どのように人間を驚かすのか…と思っていたら違いました。
日本のおばけだけではなく、外国の怪物も登場していて、
これがまたインパクト大!
子どもたちは、美味しいものをいっぱい食べることができる
おばけが気に入ったようでした。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う お母さん、最強!?  掲載日:2012/12/17
おめでとうおばけ
おめでとうおばけ 文・絵: あらい ゆきこ
出版社: 大日本図書
意味はよく分からなかったけれど愉快な本です。
お母さんの表情の変化が面白いです。
また、平然とした結論も可笑しかったです。
化け物の絵は一見気持ち悪いですが、
慣れると可愛く見えてきたりして、楽しいお話です!
参考になりました。 2人

自信を持っておすすめしたい 丸ごと楽しい!  掲載日:2012/12/5
どんぐりむらのおまわりさん
どんぐりむらのおまわりさん 作・絵: なかや みわ
出版社: 学研
大好きなシリーズです。
相変わらず自転車でダッシュしているパン屋さんのママが
おかしかったです。
前作もそうでしたが、裏表紙まで続くストーリー、
そして、更に新キャラも登場していて、隅々まで楽しめます。
次の作品も期待します!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 可愛らしい〜  掲載日:2012/12/5
どんぐりむらのぱんやさん
どんぐりむらのぱんやさん 作・絵: なかや みわ
出版社: 学研
絵もストーリーも可愛らしくて大好きなシリーズです。
このお話では、朝の支度のページでママが連絡帳を書いたり
ダッシュで園に送っていく様子が、自分と同じで笑えました。
ナイトキャップ姿の親子も可愛いです。
巻末で紹介している「なかまたち」には新しいキャラクター
が加わり、何処でどのように登場しているか探しながら
読み直すのが楽しかったです!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 身に付けてほしいこと  掲載日:2012/12/5
テーブルマナーの絵本
テーブルマナーの絵本 作・絵: 高野 紀子
出版社: あすなろ書房
「ためしよみ」を利用させていただきましたが、子どもたちに
身に付けてほしいことが可愛いイラストと共に丁寧に書かれています。
私自身、知っているつもりで普段は特に気に掛けない事柄に、
大人の役割を考えながらじっくりと読んでしまいました。
「食育」は、学校や地域社会で学ぶ機会はありますが、この本なら
家庭で楽しく学ぶことができると思います。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う 許すこと  掲載日:2010/10/24
にんげんごみばこ
にんげんごみばこ 作・絵: のぶみ
出版社: えほんの杜
ショッキングなタイトルが気になり全ページ立ち読みを利用させていただきました。字も絵も小さい子向けのようですが、内容はこれまたショッキング。
読み終えたところのカバー部の「許すこと」との作者の言葉を読んでドキッとしました。自分も、許してくれる人たちがいるから存在しているのだなあと思いました。
内容がかなり重いので、読み聞かせする場合は年齢層を考慮したほうがよさそうです。
参考になりました。 3人

自信を持っておすすめしたい たこマフラーって気持ちいい!?  掲載日:2010/8/26
たこのななちゃん
たこのななちゃん 作・絵: なかがわ ちひろ
出版社: 徳間書店
絵もストーリーも素敵です!
学校の先生の柔軟さや大人たちの暖かい雰囲気に救われます。
読んでいるうちに学校にタコが居てもいいような気分になります。
そしてお別れのラスト、寂しさで終わってないところが最高!
その後を想像して楽しめます。

たこマフラーだけは肩が凝りそうですが…
私はこの本を一人で読んでニヤニヤしたいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 温もりのある場所  掲載日:2009/6/1
スマッジがいるから
スマッジがいるから 作: N.グレゴリー
絵: R.ライトバーン
訳: 岩元 綾

出版社: あかね書房
主人公のシンディは、無垢な娘さんですね。
やさしい心を持ち、仕事も精一杯こなす彼女には、
ホスピスの方々も好感を持っているのでしょう。
ホームで生活してはいますが、シンディにとっての
良い居場所とは、ホスピスなのではないでしょうか。
そして、スマッジにとってもネ!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい キミはキミだよ  掲載日:2009/5/29
ぼくはぼくだよ
ぼくはぼくだよ 作: 内田 麟太郎
絵: 藤井 克彦

出版社: あすなろ書房
正解のようなものを期待しながら読んでいましたが、
お父さんお母さんの答えにズッコケた!

ますます悩んでしまう「ぼく」…

クロヒョウをやっつけることができるキミは素晴らしいよ!
「森の色にも水平線の色にもなれるキミはステキだよ」と
声をかけてあげたくなりました。

この本を読んだ子ども達はきっと、大切なものを感じ取って
くれるに違いありません。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ネズミが・・・  掲載日:2009/5/28
おやすみゴリラくん
おやすみゴリラくん 作・絵: ペギー・ラスマン
訳: いとう ひろし

出版社: 徳間書店
いたずらっ子で茶目っ気たっぷりのゴリラくん。
ですが、私が気になったのは「ネズミ」!
ゴリラくんのオリに住み付いてるの?
展示動物ではないだろうネズミが、
自分の体より大きいバナナを抱えたり担いだり引きずったり…
しているのが愉快で不思議でハマってしまいました。
管理人さんの奥様もいい味出してます。
絵もわかいくて楽しい絵本です。
参考になりました。 0人

12件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

頬をひっぱったら?お子さん・お孫さんといっしょに!

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット